オダズナ さん プロフィール

  •  
オダズナさん: 日米株での配当金生活を目指して
ハンドル名オダズナ さん
ブログタイトル日米株での配当金生活を目指して
ブログURLhttp://www.odazuna.com
サイト紹介文日本・アメリカの連続増配株に投資し、複利で資産を増やすことにより経済的自由を手に入れます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供541回 / 365日(平均10.4回/週) - 参加 2017/01/15 01:44

オダズナ さんのブログ記事

  • Googleに巨額制裁金
  • 欧州連合がGoogleに5,700億円相当の巨額の制裁金を支払うことを命じたようですね。携帯電話向けのOSであるアンドロイドを使って、自社の検索サービスを不当に優遇したというもので、独占禁止法に違反したという理由です。昨年も3,200億円以上の制裁金の支払いを命じれていましたので、2度目です。Googleの親会社のアルファベットは手持ちの現金が10兆円あるので、すぐには経営に響かないとのこと。Googleの優位はまたまだ継続する [続きを読む]
  • 生活のゆとりは減っている
  • ニューズウィーク日本版の記事によると世帯主が20代の9割、30代の3割が借家に住んでおり、仮家世帯の平均年収は1993年は414.6万円だったものが2013年だと358.3万円に下がり、家賃の年額が年収に占める割合は12.9%から18.1%に上昇しているとのこと。headlines.yahoo.co.jpちなみに2013年ですと、東京都の家賃割合が22.3%、青森県が13.1%になっているゆようですね。平均給与は国税庁の調査等で下がっていることを目にしていま [続きを読む]
  • MOかPMを購入予定
  • 配当金再投資、インデックス投資、どちらにも共通していることは基本暇なことです。定期積立の基本的なルールさえ決めてしまえば、あとは継続するだけ。今月は個別株購入の月でアルトリアグループ(MO)かフリップモリス(PM)を1,500〜1,700ドル購入予定です。アルトリアの配当利回りは4.9%、フィリップモリスは5.5%と投資妙味はありますね。暑い日が続きますね。睡眠・休養をしっかりとって、本業に集中し、種銭を確保し参 [続きを読む]
  • 自分年金を作る
  • アラフォー世代の目下の課題は、子供の教育費をどう確保するか、自分の老後の収入をどう確保するかではないかと思います。教育費(大学卒業まで)については文部科学省が纏めておりますが、幼稚園から大学まで全て公立のケースで、大学は自宅通勤で818万円、下宿だと1,037万円かかります。幼稚園大学は私立だと、大学は自宅通勤で1,163万円、下宿ですと1,436万と膨れ上がります。1人でこの金額ですから、子供が2人いる場合 [続きを読む]
  • ウェルズファーゴの反転なるか
  • 米金融大手ウェルズファーゴが13日に発表した2018年4〜6月第二四半期決算は良くなかったです。融資残高が前期比69億ドル減少で約2年ぶりの低水準。商業融資と消費者融資の双方が落ち込んだようです。純利益は前年同期比11%減の52億ドル、1株利益は1.08ドルでアナリスト予想の1.12ドルに届きませんでした。米国における利上げは金融機関にとって追い風ですが、米国景気が好調な間にウェルズファーゴも不祥事から立ち直れるか [続きを読む]
  • 【悲報】J&Jに懲罰的賠償
  • 医薬品大手J&Jですが、米ミズリー州の裁判所が計46億9000万$(約5300億円)の懲罰的賠償を命じたようですね。J&Jは医薬品以外に日用品も扱っており、バンドエイドやリステリンで有名ですが、今回はベビーパウダーの原料に含まれていたアスベストが卵巣がんを引き起こす可能性があるというのが、賠償命令の理由のようです。J&Jといえば、マイクロソフトと同様最上位格付会社かつ、半世紀以上に亘って連続増配を継続してきた、エクセ [続きを読む]
  • アルトリアグループから配当金を受領
  • 米たばこ大手アルトリアグループから配当金32.21$受領しました。 私自身たばこは吸いませんが、安定的にキャシュを生み出す事業はキャッシュカウですね。 アルトリアの直近の1年間のリターンは-26.4%で、紙煙草の本数減少やオーストラリアでのたばこブランドを掲載しない簡易包装での販売をWTOが支持するなど逆風です。 アルトリアは過去から訴訟の歴史が長いものの、売上減少を値上げで乗り越え、設備投資があまりかからない事業 [続きを読む]
  • メルクから配当金を受領
  • 米医薬品大手メルクから配当金27.65$受領しました。メルクは増配年数が6年と短いですが、最近はがん治療薬の「キルトイーダ」が好調で、2018年度通期で貢献しそうです。化学合成よりバイオ医薬品が主力となりつつある製薬業界で、新薬の開発は年々困難となってきています。過去の実績があてになるか分かりませんが、ジェレミー・シーゲルの「株式投資の未来」では1957年から2003年の米国での運用成績でメルクは年率15.9%の輝か [続きを読む]
  • ひょんなことから読まれる記事
  • 1年もブログを継続していて、当初はブログ村から本ブログに来ていただいている方が多かったのですが、最近はGoogle経由でお越しいただくことが多くなってきました。その中でSUBARUとベトナム株の記事はちょこちょこ検索いただいているようです。どちらも既に換金して米国株にしてしまっているのですが、メインではない投資先が読まれるというのが、また面白いです。配当金日記と化している本ブログですが、今後もめげずに書き [続きを読む]
  • 何に投資するか迷っているならVTIだけでいいと思う
  • 投資の最初のハードルはまず始めることだと思うのですよね。周りに本腰で投資をしている人が少ない中で、NISAもiDeCoも良く分からないし、何から始めていいか分からない。ただ、老後に対しては漠然とした不安があるという人は多いと思います。そんなときはバンガード社のバンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)1本に絞り、余裕資金がある際に買い増ししていくだけでもいいと思います。VTは世界の約8,000銘柄に分散 [続きを読む]
  • iシェアーズコア米国高配当株ETFから配当金を受領
  • iシェアーズコア米国高配当株ETF(HDV)から配当金2.88$受領しました。あまり株数はないので、微々たる配当金ですね。HDVはDVYと同様にブラックロック社が手掛けるETFで、いいETFですが、差最近は専らバンガード社のVYMを高配当ETFでは積み立ててます。好みだと思いますが、VYMの方がエネルギー株の構成率が低めですね。ドル建資産を気軽に積立できる高配当ETFですが、米国との2重課税を取 [続きを読む]
  • コカ・コーラから配当金を受領
  • ディフェンシブ株の王道コカ・コーラから配当金22.74$受領しました。世界的な健康志向の高まりで需要が落ちているというコーラ。ただ、配当利回りが3.5%弱あることと、55年連続連続増配、潤沢なフリーキャッシュフローを生み出せるブランド力は健在だと思っています。ボトリング事業のスピンオフは順調に進んでいるようですね。さて、最近米国・中国の報復関税問題が取り上げられておりますが、コーラは米国の象徴でもあるだ [続きを読む]
  • トランプ関税発動
  • ついに日本時間6日の13時にトランプ関税、米国の中国に対する340億$相当の関税が決行されましたね。今後関税の応酬になるのでしょうか。株式市場は荒れるかもしれないですが、淡々と毎月の定期購入を実行していくだけです。FANGやハイテクの構成が多い方は正念場になるかもしれないですね。 [続きを読む]
  • VOOから配当金を受領
  • バンガードS&P500ETF(VOO)から配当金21.87$を受領しました。VOOはバンガード社の商品で、アメリカの代表的な株価指数であるS&P500に連動するETFです。VOOは今年から投資し始め、今回が2回目の配当となります。S&P500ですが、ここ10年で3.6倍となっています。もちろん配当を再投資していれば、もっと大きい資産になっていますね。S&P500ETFはアメリカの企業の成長に賭ける銘柄です。過去のパ [続きを読む]
  • 白銅から配当金を受領
  • 金属商社の白銅から配当金11,953円を受領しました。 半導体や液晶製造装置向けの金属加工が拡大ということで、最高益更新で3年連続増配となっております。増配年数短いですね。配当利回りは3.3%弱、1株配当はここ5年で33円⇒48円⇒45円⇒58.5円⇒75円となっております。2倍以上になってますね。 自己資本比率は50%弱あり、電気自動車の需要拡大や、液晶・半導体製造装置の需要も伸びることでしょう。中国が米メモリー大手マイクロ [続きを読む]
  • iシェアーズ好配当株式ETFから配当金を受領
  • iシェアーズ高配当株式ETF(DVY)から配当金34.62$受領しました。DVYはブラックロック社が手掛けるETFで、最近私の主力はVYMですが、いくらかDVYも保有しています。設定来のパフォーマンスは8.25%で銘柄数は99なので、VYMよりは分散されていません。分配金利回りは3,37%弱となっています。組入上位10社は下記ですが、エネルギー関係銘柄が多いです。高配当ETFがバンガードのVYMとブラックロック社のD [続きを読む]
  • 大和ハウス工業から配当金を受領
  • 大和ハウス工業から配当金4,941円受領しました。ここ数年顕著に配当金を増配してくれている期待銘柄です。配当利回りは現在株価からですと2.8%弱です。1株配当のここ5年の推移は50円⇒60円⇒80円⇒92円⇒107円と5年で2倍となってますね。配当性向は30%弱でまだ余裕があります。事業は戸建て、賃貸物件の建設・運営、商業施設の運営、物流施設の運営と多岐に亘っています。自宅近くの駐車場の運営も大和ハウスのグループ会社で [続きを読む]
  • 国には頼れない
  • Blogosは良質な記事が多いです。若い世代は国に依存せず、自己防衛を図ることが自身・家族のために必要ですね。そのために米国株が最適なことには同感です。一番危ないのは間違いなく日本円の預金ですね。http://lite.blogos.com/article/308170/?axis=&p=1 [続きを読む]
  • オリックスからふるさと優待・株主カード
  • オリックスからふるさと優待と株主カードが届きました。ふるさと優待はオリックスが付き合いのある業者の商品約60種から選べます。今年はジャムにしようかと思ってます。株主カードはふるさと優待以外に送られてくるカードで、これがあると色々な優待サービスが受けられます。東京・神奈川近辺にお住まいであれば、すみだ水族館・新江ノ島水族館、京都近辺にお住まいであれば京都水族館を10%引きで利用できますので、小学生以下の [続きを読む]
  • これから投資を始めるのであれば(VTI・VT・VOO)
  • 自分が老後のときに年金で生活できるか不安。投資は必要とは思うものの、何から始めたらいいか分からない。あるいは投資なんで博打を思っている日本人は多いと思います。ただ、年金に関しては現状より改善する見込みは日本の財政からすると望み薄で、20〜30代で投資の勉強をして実際に実行に移す人とそうでない人には恐ろしい差が生じる可能性があることは間違いありません。というのも投資は経過年数が大きくなればなるほど指 [続きを読む]
  • 定期購入:バンガード米国高配当株式ETF
  • バンガード米国高配当株式ETF(VYM)を6月は23株、1,944$分購入しました。 SBI証券では一般NISAでの米国ETF購入手数料が無料なので、6月の日本株の配当をせっせと住信SBIネット銀行に移してドル展し、再度SBI証券のハイブリット口座に戻して購入資金としています。 VYMは米国の高配当株にフォーカスしたETFで設定されてからのトータルリターンは7.74%、現状の配当利回りは3.01%となっています。現状は379株に分散投資されて [続きを読む]
  • 蔵王産業から配当金を受領
  • 清掃・洗浄機器の輸入販売商社である蔵王産業から配当金を受領しました。配当利回りは3.7%弱ですね。ここ5年の1株配当は46円⇒50円⇒55円⇒55円⇒61円となっており。2017年度は6円増配となりました。有利子負債はゼロで自己資本比率は85.7%あり、いい企業ですよね。かなりニッチですけど。特に売る理由もなく、今後もマッタリ配当金を受け続けます。 [続きを読む]
  • 2018年6月の受取配当金
  • 2018年6月の受取配当金です。保有株は連続増配が多いため、日本株は不動産に振り替えた影響で大きくマイナスでした。米国株はVYMのコツコツ積立効果のおかげで、昨年のナショナルグリッドの特別配当分を補ってプラスになりましたね。やはり、一定金額を定期的に積み立てていく必要性を改めて感じます。今月の配当金は全てVYMの購入に充てます。◆日本株オリックス 6,216円ユー・エス・エス 1,937円沖縄セルラー電 [続きを読む]