コーヒータイムにしませんか さん プロフィール

  •  
コーヒータイムにしませんかさん: コーヒータイムにしませんか
ハンドル名コーヒータイムにしませんか さん
ブログタイトルコーヒータイムにしませんか
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/riko4531
サイト紹介文ここで一息入れてコーヒタイムでお話しましょう 溢れる好奇心があれば、人生はいつも楽しい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/01/15 19:49

コーヒータイムにしませんか さんのブログ記事

  • 濃霧注意
  • 昨日,出勤時の風景です沖縄では珍しい程の濃霧です、朝の8時半というのにこの暗さいつもウォーキングして通ってた道、川の向こうの建物がうっすらと見えますいつもはこんな感じいかに霧が濃かったか一目瞭然ですね無事,会社の駐車場につきました、その日は「おはよう、今朝の霧すごかったね」がみんなの開口一番の声!帰途に着く午後には晴れて25度の暑さ目まぐるしく変わる天気初夏に向けて季節は進んでいます。もうそろそろ [続きを読む]
  • 2月の読書本
  • 早いですね!もう3月、県内では今日は高校の卒業式です卒業生の皆様、御父兄の皆様、おめでとうございますテレビ見ていてもジーンとくるものがありますねお天気も快晴、気持ちの良い日ですね、北中城村の荻堂では、ひまわりが咲いていると聞いてスケッチブックを持って早速行ってきましたひまわりって、見る人を元気にさせてくれるですね2月に読んだ本は2冊去年、ノーベル賞受賞して一躍日本でも有名になったカズオ.イシグロ作 [続きを読む]
  • 城巡り,勝連城址
  • たまに、一人でスケッチブックを持ってブラッとドライブに行きます。場所を探して,製糖工場の建物面白そうだなと、でも通り添いなので車止められずそのままはしっていると勝連城址がみえてきました。勝連城跡、石垣で仕切られた三の郭から一の郭までが階段状に連なり、頂上の一の郭になると標高約百メートルの丘になっていますそしてこのお城の最後の城主が阿麻和利です。勝連城の城壁に沿うように右側から旋回して上がる構造にな [続きを読む]
  • 与儀公園の桜
  • お弁当つくって与儀公園に、お花見行ってきましたガジュマルの木の陰で、まずは腹ごしらえガジュマルは樹木に宿る火の精霊として伝説されているキジムナーが有名ですが、会えると幸せを呼び込むといわれてます。川沿いに植えられた緋寒桜と背景にあるヤシの木との対比ここにもソテツヤシと桜、いかにも南国ならでは公園内には400本の桜が植えられており那覇市内では桜の名所になっています青空に鮮やかなピンク色が映えます、初 [続きを読む]
  • 絵本作家の講演会
  • 沖縄市民会館で、絵本作家のくすのき しげのりさんの講演会に行ってきましたあいにくの沖縄マラソンで通状の道路は通れず迂回しながら、やっと会場に入ることができましたが、難儀しながらもホントに来て良かったという講演内容でした。講演会ではプロジェクターを使って大きなスクリーンでの先生自らの読み聞かせです。作品解説では絵本に込められる思いは文章だけでなく絵で語ってもらう事も多いという改めて絵の細かい描写力に [続きを読む]
  • 平昌オリンピック
  • 平昌チャンオリンピックもたけなわとなってきました昨日は、怪我から復帰した羽生結弦選手が見事な演技を見せてくれました彼に続く宇野昌磨選手との今日のフリーが楽しみですウインタースポーツはこの地ではなじみがなく普段目にする機会もないのでオリンピックならではの競技についテレビの前で日がな1日暮らしてますそれにしても、開会式素晴らしかったですね韓国と北朝鮮の合同入場は、強い平和のメッセージだしドーピング問題 [続きを読む]
  • 世界遺産の中城城址ではツワブキ満開!
  • 今年、未だ中城城址(なかぐすくじょうし)のツワブキを見てなかったので、枯れずに咲いてくれていたらいいなあと思いつつ来てみました12月にはツワブキ祭りも開催されるほど公園内は黄色く染まります来て良かった!まだ咲いていました。花言葉は「いつも笑顔で変わらない」ですって!今日は、あいにくの曇り空で時折小雨も降る中でもこのあざやかさ!自然の岩石や地形にツワブキが映えます更に桜も咲いていて、春爛漫です [続きを読む]
  • 1月の読書本
  • 年が明けたと思ったら、早1か月が過ぎさろうとしています。今月読んだ本「ヌーチェの水桶」作:神沢利子 絵:赤羽末吉 作者の神沢利子さんは幼少の頃樺太で過ごした経験があり,そこからの創作絵本ですヌーチェという少年はお母さんとの2人暮らしです。北国のツンドラという厳しい土地に住んでいて、男の人は狩りをして食料を確保する中、少年ヌーチエの勇気と優しさと機転のある行動が生き生きと描かれています。読み聞かせで3 [続きを読む]
  • 全琉音楽祭
  • 音楽の祭典、「全琉音楽祭」が沖縄市民会館で開催されました。県内各地から選ばれた小学校、中学校、高校、大学と最終選考までに残った学校、個人が出場しました孫の通っている比屋根小学校6年生も出演するので、予選,本選と鑑賞しに行ってきました比屋根小学校は合唱奏で作詞,作曲が指揮をしている中尾頼晃先生です沖縄の音階をいれた「青い島」三味線の前奏からはじまり6年生全員が合唱,合奏するという先生の力って凄いです [続きを読む]
  • 楽しい旅でした。
  • 無事大阪旅行も行ってきました。雪が少し降るだけで孫達は大興奮でした「雪だ、雪だ」と言ってるまに止んでしまって私達は極暖ヒートテック、セーター、コートと着こんで更にコートの中にもカイロ貼って寒さ対策万全の着ぶくれ状態今回のユニバーサルはハリーポッターとミニオンが主役想像以上に楽しくハリーポッターの世界に大満足そしても一つの目的がグルメ前もって予約してないと入れない「俺のフレンチ」にも行ってきました一 [続きを読む]
  • ムーチービーサ
  • 明日は「カーサームーチ」ムーチーとは「餅」の事で餅粉をこねて白糖や黒糖などで味付けをしてサンニン(月桃)の葉で巻いて蒸したお菓子です健康祈願の為の縁起物としての行事ですがこの時期、ムーチービーサといって沖縄では最も寒い時期ですといっても最低気温が16度!ニュースでは日本全島が明日は数年に一度の最強の寒波がやってくると聞くとゾッとしてしまいます東京にも雪が降り交通マヒになっているようで更に今日は草津白 [続きを読む]
  • 梅が満開です。
  • 先週 金曜日には、あられが降る程の寒さでしたがポカポカ陽気に誘われてドライブへ行ってきました桜には早いけど、梅は見頃だろうと名護市北東部にある源河川に沿って有銘林道走ります此処は、夏はピクニックに年が明けると真っ先に梅を見にくる好きな場所です。道幅が狭いので対向車に気をつけながら奥へ奥へと進んでいくと有銘林道の奥深くにオオシッタイ(大湿帯)という集落がありますそこには梅の並木道があって、今年は見事に [続きを読む]
  • 成人式
  • 私達時代の感覚では1月15日といえば今日が成人式というイメージが強いのですが今年はもう成人式は終わったんですね、毎年成人式には事件がおきていますが、それは成人する当事者がやんちゃして起こす事件でしたのに、今回の事件は、成人式を食い物にしたような卑劣な事件で、振袖を着る事が出来ないお嬢さん達が何ともかわいそう、現金で払えば値引きするといってまんまとお金をだまし取ったのですから、メルカリに大量の振袖が [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます青空の元、穏やかな2018年がはじまりました。昨日は息子、娘家族と共に新年を祝い、孫たちにお年玉をあげ、そして私も子供達からお年玉をもらい60歳からは毎年、お年玉もらうようになりました。年をとるのも良いものね!今日は、何処にも行かず家で音楽聞きながら絵を描いています今、聞いているのも、紅白歌合戦で気にいった『不協和音」昨日、孫達に「知っている?」って聞いたら「え〜グー [続きを読む]
  • 大晦日
  • 2017年も後少しで終わり今年も、あっという間の1年間でした。家族全員,健康で過ごせた事に感謝です。私も30日が仕事納めで最後の日まで良い仕事ができました。今日は朝から買い物して、我が家では中身汁ではなくイナムルチを作ります。田芋でんがく紅白なます、クーブイリチを作りおきしておきました。明日は孫達のリクエストの手巻き寿司パーティですのでパヤオ漁港でマグロ,サーモン、イカも買ってきました。夕方からは [続きを読む]
  • 浮世絵美女100人から読み解く江戸の暮らし
  • 師走です。今年も残す所あと1週間だというのに風邪で忘年会にも昨日の孫達とのクリスマスパーティも行けず、一人読書三昧、未だ年賀状も描いてません。やっと今日元気な朝をむかえ、あらためて健康のありがたさを感じています。明日は沖縄市民会館で音楽発表会があり、6年生の孫もでますしチケットも買っていたので「行けるよ」って言ったら喜んでいました。この1年間振り返ってみても何かをしたという記憶もないけど、孫達の成 [続きを読む]
  • 親子3世代で観るスターウォーズ
  • 12月15日からスターウォーズ/エピソード8「最後のジェダイ」が上映されました。1977年にエピソード4「新たなる希望」を観たのが40年前、幼い息子、娘を連れて行ったのがスターウォーズとの出会い、1980年のエピソード5「帝国の逆襲」1983年のエピソード6「ジェダイの帰還」までは親子で観に行ってましたその頃は子供達、ライトセーバーで遊んでいたものです。1999年のエピソード1からは子供達も友人と [続きを読む]
  • 怖い絵の中でも、最も怖いなと思った絵
  • 今年10月頃、上野美術館で「怖い絵展示館」が開催されているというニュースを何度かとりあげていましたが、何ともユニークな企画で怖い絵だけを集めて見る、そういう発想もあるなと感心しつつ、又すぐに会場へ行ける人達がうらやましいなと思いながらテレビ見ていました。先日図書館で偶然「怖い絵展」を主催した中野京子筆「新 怖い絵」の本を見つけたので読んでみました。表紙の絵はジョン.エヴァレット.ミレー作「オフィーリ [続きを読む]
  • 美術好きな方にお勧めの1冊です。
  • 原田ハマさんの美術小説今回はアンリールソーの世界です。ニューヨーク近代美術館の学芸員ティム、ブラウンはスイスの大邸宅でありえない絵を目にします。ニューヨーク美術館が所属する、アンリールソーの大作「夢」とほぼ同じの構図、タッチの作品がそこにはあります。持ち主の大富豪は、この絵がほんものなのか、贋作なのか調べて欲しいとティム、ブラウンと日本人、早川織絵の2人に依頼します。さらに「この絵を正しく判定した [続きを読む]
  • 古宇利島〜屋我地島
  • 朝はパラパラと雨がふっていますが、朝の読み聞かせを終わってドライブ決行です。せっかくのお休みですからね!古宇利島まで行ってきました。古宇利島にはコウノトリが飛来するのですが、その季節には未だ早いかなと思いつつ観見れたらラッキー!ハートロックという岩もあり恋島とも呼ばれていて、今日は月曜日ですが、相変わらず観光客で賑わっています。島を一周して今回のランチは島にあるレストラン エルロタです高台にあり、 [続きを読む]
  • 相撲
  • 毎日のように日馬富士が貴乃岩に暴力をふるったというニュースが流れていますが相撲の話題でも今日は、相撲の歴史を面白可笑しく話してくれる時代考証の山田順子さんの相撲の話の紹介です。国技といわれ、日本の伝統文化である相撲ですが、人間の闘争本能である力比べや取っ組み合いから発生したスポーツです。相撲はその年の農作物の収穫を占う祭りの儀式として、毎年おこなわれてきたのが後に宮廷の行事となり300年続くことに [続きを読む]
  • 読書の秋
  • 原田ハマにしか書けないアートの世界「太陽の棘」戦後まもない沖縄に、ニシムイ美術村と名付けられた画家たちのコロニーがありました。画家たちの多くは米軍の依頼により風景画や肖像画を描いて生計を立てながらも同時に独自の創作活動していました。軍医として派遣された若き精神科医と画家達との交流をアメリカ兵の視点で描いています。そこには画家達の魂の交流もあり、軍医との友情もあり、アメリカ兵への嫌悪、仕打ちに怒りを [続きを読む]
  • ピザハウスレストラン
  • ピザハウスレストラン何年振りかしら訪れるの初めて訪れたのが20歳の頃です。当時ピザハウスは宜野湾市大山にあり、勤めている会社が大山にあったので当時の社長から月に一度ランチを御馳走になったものです。社長が頼むのが毎回、中華ランチ、ほの暗い店内は20歳の私には分不相応に思え、好きなのを頼みなさいと言われても毎回社長と同じものと中華ランチを食べていました。春巻きとフライドチキンが美味しく満足な贅沢なランチで [続きを読む]
  • 小さい秋をみつけに
  • 東の空が朝もやです、気持ちの良い休日、お弁当つくってドライブです何年ぶりでしょう、羽地ダム公園に出かけましたミィンミィンと夏の終わりを惜しむように蝉がないています松ぼっくりが木に実っています。ダムの下にある羽地大川下流でサンドイッチとクラムチャウダーでランチタイム日差しは強いですが、吹く風が心地よく、しばし蝉の鳴き声に聞き入っていました今日はもう一つの目的地、涼しくなったので大浦湾の遊歩道を歩いて [続きを読む]
  • 原田マハさん講演会
  • 恩納村文化センターで開催された原田マハさんの講演会に行ってきました。人生の宝物「私を作った文學とアート」というテーマ何とも興味深いテーマです。原田さんの作品は「奇跡の人」を読みましたが「ヘレンケラーの日本版」なんでしょうが描写力が明確で映像まで浮かんでくるようで引き込まれました。沖縄に縁のある人でデュビュー作の「カフーを待ちわびて」は初めて沖縄を訪れた時、すすめられるまでに伊是名島に渡り浜辺で犬を [続きを読む]