きみどりママ さん プロフィール

  •  
きみどりママさん: ハピフォトライフ
ハンドル名きみどりママ さん
ブログタイトルハピフォトライフ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/happyphotolife/
サイト紹介文写真と共に綴るハッピーライフ。コンテストやコンクールに挑戦中。ごくたまに懸賞も…
自由文妊娠を期に読者モデル、出産を境にフォトコンテストに挑戦。

遊びも教育も親子で楽しみながら、なにかしらチャレンジしている生活の記録です。^0^/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 309日(平均2.5回/週) - 参加 2017/01/16 10:35

きみどりママ さんのブログ記事

  • 親心、子心
  • すごく、すごく よいことがありました。受賞の お知らせが複数届いたのですが、うち二つ、子ども達自身が受賞しました。大きな賞です。名前が掲載されることもあり、詳しい内容を記事にすることは控えると思いますが、非常に嬉しい・・・・・・!!やはり子どもの受賞は、感無量ですね。子どもを育てて、いつも感じるのは、大きな喜び、安らぎ、そして寂しさ。寂しいという気持ちは贅沢かもしれませんが、どうしても、成長する子ど [続きを読む]
  • 和みの時間
  • 今は便利だなー と思うことに、ネットとネットオークションがあります。情報が簡単に手に入るし、塾に通わずとも、塾のテキストから模試問題まで入手できる・・・ というわけで、通塾しないで(定期的に無料の模試だけ体験させていますが)本日は、娘にネットで購入した全国模試を、時間を計って解かせてみました。5年生用の新小学問題集が、あと30ページで終わる娘。(新小学問題集もネットオークションで2冊100円ほどで購入) [続きを読む]
  • 夢の中で♪
  • 坊は夜中に目が覚めると、「ママァ〜」と呟いてから、ダダダ! と走ってパパとママのベッドに入ってきます。ダダダ! と走るのは、階段からカヤ子と貞子が手を伸ばし足を掴まれ 引きずりおろされる危険があるから・・・だそうです。でも、8歳ともなると、3人一緒に寝るのは狭くてツライ!!(身長130センチを超えている坊)仕方がないので私は坊のベッド(娘の横)に移動して寝ているのですが、再び眠りに付いた坊が「パパ!見 [続きを読む]
  • 最高の教材■今解き教室
  • ついに、ついに!今解き教室の添削でA判定。半年目にして やっと・・・ 前回のテーマは選挙についてだったのですが、娘の文 ↓『テレビや新聞の報道にかたよりを感じることがあります。先日のテレビ番組では、安倍首相が登場し、衆議院解散についてくわしく説明しようとしましたが、スタッフの「モリカケ問題!」という声が入ったとたん、元・新聞記者とアナウンサーの人が、衆議院解散の話から問題を切りかえてしまいました。それ [続きを読む]
  • 【追記&追加写真あり】昭和臭漂うハロウィン
  • 台風のため、ハロウィン の お出かけはしなかった わが家ですが、特別なハロウィンイベントなしでも、子ども達は お菓子の交換さえできれば大満足。初めて交換する お友達には、事前に お母さんにアレルギーなどないか確認・・・(← 今時よね)「いってきま〜す」と言って出かけた坊は、寒空に素足にクロックスで、ジャンパーも着ていない。手に持っているのは、お箸で作った輪ゴムを飛ばす銃という・・・・・・・・今時いる?そ [続きを読む]
  • TV取材とHP掲載の話
  • 東京オリンピックが近づいているためか、娘と息子の通う公立小学校の特別授業が増えました。オリンピック選手とスポーツしたり、プロスポーツ選手と交流したりといった体験授業です。イベントで こういった企画に参加したこともありますが、身近な学校で いろいろな体験ができるのは ありがたいことです。しかも、なんと!テレビ取材が入ったそうです。娘は選手に選ばれたのでチラッとでも映っていそう。交流イベントの方は、企業 [続きを読む]
  • しんじろう&まゆまゆ
  • 昨日は台風の中の選挙でしたね!風雨が酷くならないうちに、午前中に投票に行ってきました。自由な民の党へ一票 選挙の前、パパは街頭演説する小泉氏を目撃したそうで、「写メった?」と聞く私に、「ものすごい人で無理だった 」大人気ですね。将来 首相になる人なんだろうな。その もっと前には、遊びに出かけた先で、坊と娘が一躍有名になった まゆまゆに遭遇したらしく、「ママー!ハゲの人に会ったよー!!」と目をキラキラさ [続きを読む]
  • 勉強に夢中になって派生した特殊能力
  • 受験勉強・・・適性検査の方ですが、「楽しい」と言って勉強しています。(そこは“楽しい”であって「得意か?」と問われれば、まだまだミスが多い )中でも娘は『分析』が大好き。いくつかの資料から特徴を見つけ、その背景にあるものを考える。見えないものを見る!! という作業。時折 書き方に難があって、「この表現は子どもすぎるよ」と注意すると「だって子どもだもん」 ← ちょい反抗期。と いうこともありますが、どう [続きを読む]
  • 坊のコイバナ
  • 恋バナに花を咲かせていた娘ですが、最近は そうでもないみたいです。好きな人がいないのに無理やり作って話に参加していたものの、自分を偽るのに限界を感じた5年生・・・(笑)一方、3年生の坊、「誰か好きな子いるの?」興味本位で聞いてみる母。「いな〜い」即刻回答。そうなんだー。草食系を感じる坊だけれど、「昨日 釣った鯉はね、70センチ以上あったんだー!!」坊のコイバナは、鯉の方!!語りに熱が入りますよ〜。↑ [続きを読む]
  • まちがった英語教育
  • 「今でしょ」の林先生を尊敬&敬愛する私ですが、英語教育に関しては、林先生は ちょっと古いなぁと思ってしまいました。新大学入試にはスピーキングも入るでしょ!昔と違うよ!!“今”だよ!!!と。子どものころから勉強しておいて、絶対 損はないと思いますけどね〜・・・超一流大学に入学する人々は、勉強の仕方が効率的だし、英語でも高い偏差値を出すけれど、『後からネイティブ』は そう多くない。むしろ、“勉強ができる [続きを読む]
  • 理科の自由研究に抱えるジレンマ
  • 各学校の代表に選ばれた子どもたちの理科の自由研究を見に行ってきました。すごいなぁ!(特に上位入賞の作品の数々)とは思うものの、子どもだけで果たして ここまで できるだろうか?と疑問に思う出来栄えのものばかりでした。今回、娘と息子にとって出品したのは初めてで、とにかく他の子どもたちの作品を見ることが目標だったため、私たち親子の目標は達成されたわけですが、『入賞することを目標』に置くと、様々なジレンマが [続きを読む]
  • 誕生日に竹下通りデビュ〜
  • 11歳の誕生日の お祝い に、伯父さん伯母さんに原宿へ連れて行ってもらった娘です。まるでプリティ ウーマンのように、プレゼントの入った紙袋を いくつも持って帰りましたよ!!ティーンに人気のブランドの服が たくさん!バッグに靴に・・・  お菓子まで。ものすごく嬉しそうでした!!↑ LINEで送ってもらった写真。インスタでも有名な レインボーわたあめ TOTTI CANDY FACTORY (トッティキャンディーファクトリー)原宿 [続きを読む]
  • 娘が感じるスクールカースト(!?)
  • 小学校5年生ともなると、子ども達の間にパワーバランスが生じてくるようです。そう、スクールカースト(!?) を俄かに感じ始めるという・・・娘の場合、クラスに感じるのではなく、特にグループ内に感じるそうなのですが、(低学年では あまりなかった“グループ”というものが、確実に できあがっていますね)どういった子がジョックとかクインビーに当たるのか?ズバリ、運動神経 なのだそう。クラスには、『運動が得意な子のグル [続きを読む]
  • 進研ゼミの好きな本の全プレがスゴイ!!
  • 久々の更新です。ネットにつながらず、プロバイダーの不具合かと思っていたら、ケーブルが抜けていただけでした。さてさて、先週 子ども達に うれしいプレゼントが。夏休み前に学校から用紙をいただき、応募していた進研ゼミの『お子さまの世界を読書で広げよう』という企画にてお願いしていた本が届いたのです!!無料で 好きな本がいただけるという、驚きの企画なんですよ。↑ 左が娘の希望した本。右が息子。学年ごとにオススメ [続きを読む]
  • 一喜一憂
  • 「今日は とってもザンネンだった 」学校から しょんぼり帰宅した息子。どうしたのか尋ねると、「小太鼓のオーディションで、手を上げた数人の中で ぼくだけ落選したの 」オーディションはリコーダーを演奏して決めたそうで、緊張した坊は失敗してしまった・・・と。(笑)翌日、打って変わってウキウキと帰宅した坊は、「今日は、とっても いいことがあった 」タンバリンに立候補した十数人のうち、たった一人に選ばれた・・・と [続きを読む]
  • 意外性のある男
  • 同じ3年生の男の子のママ友が、当惑したように「最近 息子の口が悪くなって・・・ 」と言っていました。「デブ」とか「ブス」とか言うのだそう。(もちろん本気ではないと思われます)坊は、乱暴な性質ではないため、言葉が悪かったり、誰かをいじめたりということは今まで一度もないのですがやんちゃっ子にはまちがいないです!給食時間や掃除時間など ふざけて、止まらなくて、「こら!」と先生に怒られるタイプ。そして狩りに [続きを読む]
  • 楽しかった地引網体験と岩井海岸
  • 今年の運動会では、4年生と合同でロックソーランを踊った坊。ソーラン節 → 漁ということで、行ってきました。地引網体験!!今回参加したのは、千葉県の岩井民宿組合様が行っている地引網体験。関東近郊で地引網体験のできる場所を探すと、比較的多いのが団体向け用。そうすると、けっこうな お値段になってしまいます。人数も集めなくてはいけないですしね・・・こちらは個人でも申し込めて、とってもリーズナブル。宿泊と地引 [続きを読む]
  • リビング学習の弊害
  • よくランチ を ご一緒するママ友は、一緒にいて とても居心地がいい。なぜって「この後、うち来る?」とは決して言わないからだ。呼ばれたら、呼ばなきゃいけない。「ねぇねぇ、リビング学習してるよね?」ママ友が ふと聞くので「うん」と答えると、「うちのリビング、すっごい汚いんだけど!」「うちもだよ!」心に湧き起こる ものすごい共感の嵐・・・確かにリビング学習していると、片づけが やっかい。問題集やら、新聞やら [続きを読む]
  • まさかの落選!!からの、次のステップ
  • 夏休みの自由課題で、読書感想文と理科研究と両方 学校代表に選ばれたのは、坊です。(↑ 『まさかの』は、ここに付けるべき?!)意外です。娘の方は、読書感想文が学校代表にも選ばれず、落選!昨年・一昨年と都道府県審査で特選だったのですがまさかの、最初の関門を突破できなかったという・・・娘が がっかりしていたのは、4年生代表に決まったのが、夏休み中に「作文の書き方教えて」と言われ、娘が指導した子だったこと。 [続きを読む]
  • 理科の自由研究に四苦八苦
  • この夏休みは、理科の自由研究と、作文の数々に手こずりましたが、 先日 理科の研究は、学校代表に選ばれた・・・という連絡がありました。努力 報われる。(※ 親子の)理科の研究は、今年から全員参加になりまして、めんどうくさい 大変そう と、今まで避けて通ってきたため初めての体験です。やるからには、中途半端にしてはいけない!と、ネットで検索するも、模造紙の書き方について踏み込んでいるものが少ない・・・結局「 [続きを読む]
  • ぐんぐん伸びる
  • 娘、この一年で身長が10cm伸びました!パパ方、ママ方の おばあちゃんの身長は超えています。来年当たり、私の身長(162cm)に近づくかな?靴のサイズも23cm。6歳で20cmになっていたので、こちらは急成長というわけでもないですが・・・まだまだ大きくなるなぁ。それでも、クラスで一番 大きいというわけではないらしいのですが(一番 背の高い女子160cm)運動会の組体操では、もちろん下の段。林間学校でボートを漕ぐのにもハマ [続きを読む]
  • 夏期講習の効果のほどは…
  • 中学受験を目指す4年生から3年間の塾代 平均230万円也 とのこと。それだけ諭吉を総動員するならば、家族みんなで世界一周旅行したいと思っている私ですが、夏期の集中講座だけ、娘を参加させました。朝から夕方までビッチリと詰まったスケジュールで5日間という短期間。交通費は浮くな・・・と。そして、「どんな教え方しているか偵察してきて!」と。勉強しにいく<<<教え方を盗むそんな感じ。スパイ気分の娘は、バスと電車 [続きを読む]
  • インスタ映え★ココチホテルのデザイナーズルーム
  • 今回、東京方面から浜松に向かい、ウミガメ放流会に参加した後、沼津まで戻って宿をとりました。沼津駅北口ロータリーにある『ココチホテル沼津』というビジネスホテルです。ウミガメ放流会についての記事はコチラ http://blog.livedoor.jp/happyphotolife/archives/25024566.html浜松 無料お出かけスポットいろいろについての記事はコチラ http://blog.livedoor.jp/happyphotolife/archives/25052699.htmlなぜ ここにしたかといえ [続きを読む]
  • 感動ウミガメ旅〜浜松 無料おでかけスポット巡り〜
  • 昨日 ウミガメ放流の記事を書きましたが、ブロ友さんの一人から早速 予約したという ご連絡をいただいたので、ご参考までに、私たちが辿った行き先について書こうと思います。ウミガメ放流会が午後3時から3時30分までの受付だったので、午前中は まず航空自衛隊 広報館 エアパーク へ行きました。エアパークは浜松の人気お出かけスポットなので、混雑を予想していましたが、9時の開場時間に合わせて行ったので、駐車場も広報館 [続きを読む]
  • 感動ウミガメ旅〜放流会の是非を問う〜
  • 受験するとなると塾の先生が よく言うのは、「受験前は海外旅行なんて ご法度。勉強に打ち込むべきだ」といったフレーズ。確かに受験は甘くない(中学受験・高校受験・大学受験とフルコース経験した私)けれど、『受験』に関してはそうかもしれませんが、『人生』という長いスパンで考えたら、子どものころに、『受験』のために“大切な何か”を諦めることの方がもったいない気がしてしまいます。夢中になれること。友達との時間。 [続きを読む]