ぐりゅーんガーデン さん プロフィール

  •  
ぐりゅーんガーデンさん: お気楽グリーンガーデン
ハンドル名ぐりゅーんガーデン さん
ブログタイトルお気楽グリーンガーデン
ブログURLhttp://okirakugreen.blog.jp/
サイト紹介文家庭菜園や庭のお手入れ、DIYについて「お気楽に」実践できるアイデアなど書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2017/01/17 15:35

ぐりゅーんガーデン さんのブログ記事

  • ブルーベリーの根に白いカビ
  • 「ブルーベリー(パウダーブルー)」が数日で枯れてしまいました。1ヵ月前まで元気だったのに突然です。原因を探るため根を掘り返してみると、下の写真のとおり根塊の中心部から「白いカビ」のような菌糸がびっしり貼りついていました。クモの巣ではありません。きのこ類の菌糸のような分布の仕方です。主幹にも白いカビ状に分布。調べてみると「白紋羽病(シロモンパ病)」と言うそうです。リンゴなど果樹に感染し木を枯死させてしま [続きを読む]
  • 生理的酸性肥料や生理的塩基肥料とは?
  • 先日、ブルーベリーに効く肥料で硫安の事について調べていたところ、「生理的酸性肥料」という言葉があり気になり調べてみました。ついでにそれと対の「生理的塩基肥料」や「生理的中性肥料」についても記載。 生理的酸性肥料植物が吸収した後に残された副産物により酸性に傾く(酸性の副成物を残す)肥料のこと。肥料その物の化学的性質の?と一致しない肥料もあります。【例】化学的?⇒生理学的?硫安:中性⇒酸性塩安:中性⇒酸 [続きを読む]
  • イワタバコの開花
  • 以前、軽石にミズゴケから山野草用土に変更して植えたイワタバコ。その後元気がないので結局鉢植えにしていました。そのイワタバコが数日前から開花し始めました。まだまだ、葉に元気なツヤが戻って来ませんが一応復活です。 [続きを読む]
  • ジャガイモ(きたあかり)収穫
  • 「きたあかり」の収穫が出来ました。例年より一個当たり大きさが小さかったです。原因は日照不足か株間の距離不足だったと思います。2週間前に試し掘りしてまだ小さかったので、地上部が枯れるまで放置してみました。2週間後も若干大きくなったものの劇的な変化はなく、このまま梅雨時期に突入すると腐る恐れがあり本日全株を掘り起こしました。 [続きを読む]
  • おおまさり定植
  • 「おおまさり」の苗が発芽してからだいぶ大きくなりポットから根が出るようになったので、畑へ定植したいと思います。ポットには3株づつ植わっていましたが、「おおまさり」は生育サイズが大きくなるので畑へは1株づつに分けて植えました。 [続きを読む]
  • 落花生の発芽 (おおまさり など)
  • 落花生の「おおまさり」を撒いてから、もうすぐ2週間です。その時の記事は>>おおまさり(落花生)の種まき今の所は植えた種の?ほど発芽しているようです。落花生は全般的に発芽率が悪く50〜60%だそうなので今回はまぁ満足かな。今年は気温が高いのと湿度が高そうなので播種前の水浸をしなかったのが良い結果になったのかもしれません。いくつかの種が土を持ち上げ頭を出しています。持ち上げていた土に水をかけ落としてあげまし [続きを読む]
  • おおまさり(落花生)の種まき
  • そろそろ蒔き時になる落花生の種を蒔きました。去年収穫して取っておいた落花生の種の他に今年は「おおまさり」という品種をわけて戴いたので、こちらも蒔いてみることに。サヤ付きで保存しておいたのと、サヤ無しで保存の発芽率の違いを見るのにラベルをつけました。“種蒔... [続きを読む]
  • おおまさり(落花生)の種まき
  • そろそろ蒔き時になる落花生の種を蒔きました。去年収穫して取っておいた落花生の種の他に今年は「おおまさり」という品種をわけて戴いたので、こちらも蒔いてみることに。サヤ付きで保存しておいたのと、サヤ無しで保存の発芽率の違いを見るのにラベルをつけました。“種蒔の前に水に一晩浸けておく”と紹介されている事もありますが、私は浸けないで蒔いた方が成績が良かったので今年もそのまま蒔きます。植える深さ1cmくらいが [続きを読む]
  • 自作スリット鉢をブルーベリー用に通気性アップ
  • 以前作成した自作スリット鉢 (試作2号)をブルーベリー用に通気性アップの加工をしました。ブルーベリーは、わりと土の浅い所に細根を充実させる特徴があります。自作スリット鉢の底の方はスリットのおかげで通気性が良いのですが、肝心の鉢の上部はいまいち通気性が悪く苔も生えていたので今回の加工で改善を図りました。スリットを長くすると水抜けが良すぎてピートモスが乾燥してしまうため、今回はスリットは未加工で鉢の中間 [続きを読む]
  • ポリポットの停滞水対策
  • 水やり後にポリポットの底に停滞する水をうまく排水できないかと考えて、排水と通気性をかね横穴を開けてみました。ライターで炙り熱した釘の頭でポリポットに穴を開けます。縦に3つずつ四方に穴を計12ヵ所に開けました。これで停滞水は減り特に鉢底部は劇的に改善されると思います。既製品のポリポットは底部1ヵ所の穴だけなので、地面に直接置いてしまうと穴を塞ぐことになり排水がいまいちでしたので今回の対策でどのくらい違 [続きを読む]
  • ポリポットの停滞水対策
  • 水やり後にポリポットの底に停滞する水をうまく排水できないかと考えて、排水と通気性をかね横穴を開けてみました。ライターで炙り熱した釘の頭でポリポットに穴を開けます。縦に3つずつ四方に穴を計12ヵ所に開けました。これで停滞水は減り特に鉢底部は劇的に改善されると... [続きを読む]
  • レンガの種類
  • レンガの種類について紹介していく前に、サイズについて少しお話したいと思います。良く見かける赤いレンガ(写真だと一番上)にはサイズに規格があり、日本では現在JIS規格で決まっていますが以前はいろんなサイズのレンガがありましたが今は下記のとおり長さ:210mm(±5mm) 幅:100mm(±3mm) 厚さ:60mm(±2.5mm)この様に(±○○mm)と許容範囲まで決められているんです。そして種類は、輸入レンガも入れるとかなりの種類がありま [続きを読む]
  • レンガの種類
  • レンガの種類について紹介していく前に、サイズについて少しお話したいと思います。良く見かける赤いレンガ(写真だと一番上)にはサイズに規格があり、日本では現在JIS規格で決まっていますが以前はいろんなサイズのレンガがありましたが今は下記のとおり長さ:210mm(±5mm) ... [続きを読む]
  • レンガの積み上げ方の種類
  • レンガを積み上げて作られた壁ってアンティーク風でおしゃれですよね。そんな街中などでも見かけるレンガで作られた壁を良く見ると積み上げ方にも種類があるんです。良く見かけるのが互い違いに積み上げた「長手積み」といわれるものです。その他にも数種類ありますが一部を... [続きを読む]
  • レンガの積み上げ方の種類
  • レンガを積み上げて作られた壁ってアンティーク風でおしゃれですよね。そんな街中などでも見かけるレンガで作られた壁を良く見ると積み上げ方にも種類があるんです。良く見かけるのが互い違いに積み上げた「長手積み」といわれるものです。その他にも数種類ありますが一部を紹介したいと思います。レンガの積み方バリエーション長手積みまずは良く見かける目地を互い違いにし積む長手積み。ある程度の強度があり使うレンガの数もあ [続きを読む]
  • レンガの敷き方パターン
  • レンガのレイアウトパターン街の中や公園など何気なく敷いてあるレンガですが、レンガの並べ方ってよく見ると色々なレパートリーがある事に気付きますよね。今回はその一部を紹介したいと思います。ジャック・オン・ジャック通称“イモ”とも言います。単調でシンプルなデザインですが強度的に弱いです。ランニング・ボンド通称“馬踏み”とも言い公園やお庭など良く見るパターンです。一列目と二列目のレンガを半分ずらして配置し [続きを読む]
  • レンガの敷き方パターン
  • レンガのレイアウトパターン街の中や公園など何気なく敷いてあるレンガですが、レンガの並べ方ってよく見ると色々なレパートリーがある事に気付きますよね。今回はその一部を紹介したいと思います。ジャック・オン・ジャック通称“イモ”とも言います。単調でシンプルなデ... [続きを読む]
  • 割竹と完熟たい肥を使った土壌改良法
  • 樹木を植えてから年月が経ち樹幹周辺の土壌が固くなると、通気性や透水性が悪く木の樹勢が衰える(元気がなくなる)ことがあります。そんな時に手軽に試せる救済方法があり「縦穴式 割竹挿入法」と呼ばれる土に竹の筒を挿し通気透水性を向上しようと言うものです。準備するも... [続きを読む]
  • 割竹と完熟たい肥を使った土壌改良法
  • 樹木を植えてから年月が経ち樹幹周辺の土壌が固くなると、通気性や透水性が悪く木の樹勢が衰える(元気がなくなる)ことがあります。そんな時に手軽に試せる救済方法があり「縦穴式 割竹挿入法」と呼ばれる土に竹の筒を挿し通気透水性を向上しようと言うものです。準備するものは・長さ1メートルの竹を必要ヵ所分 (直径は小さすぎなければ入手しやすいサイズで可。約4cm〜 )・完熟たい肥 (完熟したものでないと不可。樹木の種類や状 [続きを読む]
  • 常緑樹は寒がり屋?!
  • 常緑樹の特性からくる剪定時期についての事なのですがタイトルどおり、『モクセイやシイ,クスノキなどの「常緑樹」は比較暖かい地域出身のため寒さに弱いのです。』そのため冷たい風からカラダを守るのに冬でも葉を付けています。そんな寒がりな常緑樹の剪定適期は春から... [続きを読む]