秒速100User さん プロフィール

  •  
秒速100Userさん: こうして僕らは腐る
ハンドル名秒速100User さん
ブログタイトルこうして僕らは腐る
ブログURLhttp://www.byosoku100.com/
サイト紹介文雑記ブログ。イギリス留学予定。映画、本などのレビューもあります
自由文イギリスに移住したらばそれを中心にブログを書こうと思っております。現在は社会批評などを中心とした雑記ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供256回 / 279日(平均6.4回/週) - 参加 2017/01/17 16:46

秒速100User さんのブログ記事

  • 【イギリス留学記】125日目(Fri) FCEのテストが難しすぎて泣く
  • 金曜日は恒例のテストの日。FCEクラスに移籍して初めてのテストだ。多少は勉強したし大丈夫だろうと思っていた。甘かった。激ムズやないか。今までのクラスでは1週間に習ったことの復習程度のテストだったので、取り立てて何かをしなくても7割、8割くらいは取れていた。今はFirst Cambridge Englishのテスト対策クラスだけあって、本番っぽい模擬試験が行われたのだ。Reading7割、Listening3割の配分のテストだったが、 [続きを読む]
  • 日本人に負け犬根性が染みついているんじゃないかと不安になる
  • 貧困が嫌いだ。友人の貧困も、家族の貧困も、国家の貧困も見たくない。日本が貧困化しているというならそうだろう。貧困というのは絶対に戦わないと行けない相手だ。貧乏だけど幸せ、みたいなのはありえない。やせ我慢みたいなもんだ。あるいは偶然だ。貧困状態でもささやかな幸せはあるかもしれない。だけどある時、体を壊して何にもできなくなったなら、ひたすら不幸である。健康と人間関係を維持できればという条件つき [続きを読む]
  • 【イギリス留学記】123日目(Wed) 充実した授業
  • FCEコース2日目だが、中々良いクラスだという印象。集中して英語を聞いていなければ何をやっているかわからなくなってしまうぐらいには先生の英語はスピーディーだ。それこそが僕が求めていたものでもある。Intermediate Classは留学当初は効果的というか、Listening力が弱い時は難しく思えたが、今となっては簡単すぎるし、先生も手加減しすぎでモチベーションが下がっていた。FCEクラスはGrammarよりSpeaking中心のクラスで [続きを読む]
  • ロンドンの語学学校はどんな英語を勉強しているのか
  • 日本の英語教育はダメだとくさす人が多いように思う。結論から言えばその通りだろう。もっと言えば実践的ではない。ところでロンドンの語学学校はどういった勉強をするのだろうか。僕はロンドンの英語教育と日本の英語教育なら100%ロンドンを支持する。当たり前だ。非ネイティブが英語を鍛えようと思ったらUKが最初の候補にあがる。ありとあらゆる国から英語の勉強のためにUKにやってくる。その中でもロンドンは群を抜いて [続きを読む]
  • ロンドンにいる最も美人な女性達の出身国はどこか
  • ロンドンはコスモポリタンな移民の街です。ありとあらゆる国から移民が来ている。ところで美人モデルの産地なんて言われる国があります。だがモデルというのは選りすぐりの人たちであって大抵の国はとても美人だ。だが一般人となるとどの国が美人なんだろう。ここでは僕の体験談から決定したい。結論から行こう、圧倒的美人な国が多いのはイタリアダントツ、ブッチギリで美人が多い。なんでなの?って言うぐらい美人。 [続きを読む]
  • 【イギリス留学記】120日目(Sun) iPhoneの充電機能がヤバくなる
  • 最近ちょっとiPhoneの充電がヤバイな、と思っていた。僕はLightning ケーブルがそろそろ寿命なんだな、と思っていた。安定して充電できるが、時折反応しなくなっていた。それが今日唐突にほとんど反応しなくなって、まーたLightning ケーブルはこれだからカスだなあ、なんて思ったわけだ。日曜だけど、仕方なしにWarren Street Station近くのCurrys PC Worldという電化製品屋さんにいった。そこでLightningケーブルを買うわけ [続きを読む]
  • リベラルってなんだ?本当の意味を知ろう
  • リベラルって使われすぎて本来の意味がわからなくなってしまった。juangotoh.hatenablog.comそんな時は辞書をひこう。辞書と言っても英語の辞書だ。なぜならLiberalは英語だから。Cambridgeの名を冠す辞書で調べてみた。dictionary.cambridge.orgLiberalには4つの意味に分かれている1.SOCIETY(社会)respecting and allowing many different types of beliefs or behaviourたったの1行でだが、圧倒的に美しい英語だと [続きを読む]
  • 【イギリス留学記】119日目(Sat) National Army MuseumとBattersea Power Stationに行く
  • 最近の天気は悪い。ずっと曇りっぱなしだ。これこそがイメージしていたロンドンて感じ。いつものラビーーーシュという声が聞こえてきた。僕はいつも通りゴミを渡した。1Fに住んでいた黒人の女性が出ていったらしい。業者が忙しそうに部屋を掃除していた。大学院でMaster Degreeを取得中だったらしいので、まだロンドンには滞在しているだろうがこのフラットに嫌気がしたのだろうか。実際のところwifiはカスだし、天井が薄い [続きを読む]
  • 【イギリス留学記】118日目(Fri) グレッグ先生が1日だけ戻る
  • いつものHannah先生は1週間の旅行に出かけた。すごくね?イタリア旅行だそうだ。日本の英語教師で1週間休みが取れる人なんていないんじゃないか。さすがにこれは「英国ではー」と言って良いんじゃないか?その為代理の教師としてグレッグ先生が1日だけやってきた。相変わらずテンションが高い人だ。だがグラマティックな教え方は皆に好かれている。木曜日でたくさんのクラスメイトが去った。英語の上手いロシア人ド [続きを読む]
  • 【イギリス留学記】117日目(Thu) 日本版Huluを英国で見る
  • 授業はPast ContinuesとPast Perfectだ。これはロジックが大事な文法だ。ある過去の地点からさらに過去を説明する際はHad + Past perfectを使うという文法。これを会話で実施するのは至難の技だ。さらにしつけと教育をテーマにしたディスカッション。親の教育は厳しかったかどうか、と。大体のヨーロッパ人は自由だったらしい。もう50歳ぐらいのイタリア人の法律家がクラスメイトなのだが、彼は二人の子供にクリエイティブ [続きを読む]
  • 【イギリス留学記】116日目(Wed) 中東女子はノンビリしたもんだ
  • 授業は、死んだ後の埋葬などの方法について。イギリスでも火葬した後に埋葬するようだ。カトリックだと教会に骨壷を保存しておくとか。イタリアや南米、ロシアなどの違いをそれぞれの生徒が説明した。詳しくは覚えてないけど、まあ似たような感じだ。後は死んだら自分はどうされたいか、とか。その後は、記憶力を試すような課題。配られた紙切れに文が書いてあり、それをクラスメイトに読み上げ、それぞれが持っている文を [続きを読む]
  • 【イギリス留学記】115日目(Tue) Imperial War Museumで課外授業
  • 今日は先週から告知されていた通り、課外授業を行う日だった。学校のクラスメイト達と先生でImperial War Museumで一緒に勉強するということだ。いつも通り9時に集まって、みんなで一緒に移動した。10時から開始なので、入り口で記念撮影したりVoacabularyのプリントと課題のプリントを配られて解説を受けた。書かれている設問の回答をMuseumから探せみたいな感じ。戦争関係のvocabularyは聞いたことない言葉ばかりで難しい [続きを読む]
  • 【イギリス留学記】114日目(Mon) 咳がひどくて学校を休んだ
  • ロンドンはもう冬が始まっている。日本で言うところの冬であってまだ雪が降ったり氷点下になったりしているわけじゃない。季節の変わり目で喉がやられた。学校でもかなりの人達が咳をしている。朝起きて、咳がひどいので午前中は寝て過ごすことにした。以前、友人が死んだため日本に一時帰国したので、1週間ほど学校を休むことになった。その時学校側が気を使って休んだ分、その期間を追加できるとオファーを受けた。僕は学校 [続きを読む]
  • 英国で中国を圧倒する日本のコンテンツ力・ソフトパワー
  • たくさんの移民が交差する街、ロンドン。ここでは初対面で存在感を持つのは、どこの国をバックグラウンドに持っているか、だ。個人の特性よりも、まずはじめにどの国からやってきたか、がもっとも問われる。僕は日本からやってきたというと、だいたい「日本のどこ?東京?」と来る。悲しいかなTokyo以外の知名度は圧倒的にない。東アジア人なら大阪も京都も知っている人がいるが、EU圏の人間はほぼTokyo一択である。我が大阪 [続きを読む]
  • そもそも中流層の没落を防げている国家があるのかという話
  • 2年もぼちぼちブログを書いていてバズったのはこの記事が初めてで嬉しくもあるけど、リアクションの波に恐ろしくもあったり。www.byosoku100.comコメントはだいたい読んだ感じ、ある程度納得された反応が大半で良かった。中には多少の反発コメントもあったが、概ね冷静なコメント欄だった。僕が上の記事を書いたのは、本当に格差拡大を食い止めている国家なんてないんじゃないか、と常々思っていたからだ。はてブ界隈ではヨ [続きを読む]
  • 【イギリス留学記】113日目(Sun) リー君とパブで食事
  • 以前から僕の最寄り駅近くに安いパブがあると言っていた。彼がそこに行こうというので昼飯頃に待ち合わせた。お互いJubilee Lineの駅近くで暮らしていて、乗り換え無しで来れるということもあったかもしれない。彼は12時前に駅まで来た。僕もその頃には駅についていた。イタリアや中東の人たちと違って東アジア系は時間を守ってくれるからありがたい。店について日替わりメニューを確認した。Sunday Brunchと書かれていた [続きを読む]