Maria07 さん プロフィール

  •  
Maria07さん: スペインぐうたら日記
ハンドル名Maria07 さん
ブログタイトルスペインぐうたら日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/doverfish/
サイト紹介文スペインに嫁ぎぬくぬくと主婦業4年目。「ありのままに」ぐうたら暮らす毎日をお届けします。
自由文「無理せず無理なく」をモットーに、スペインの片隅でスペイン人の相棒と二人暮らし。バルセロナにもマドリッドにも遠い土地なので、観光や訪問のお手伝いにはなりませんが、見たまま感じたままのスペインの生活をゆるーくお伝えします。国際恋愛、国際結婚をお考えの方には将来展望期待薄の内容なのでごめんなさい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2017/01/17 18:06

Maria07 さんのブログ記事

  • 自分らしく愛したい
  • ここまで、いやこれからも続くであろう私の国際結婚、婚活論。なんでこんなにしつこいかというと、とにかく払拭しない、 日本人が日本人の気質に諦めを感じてるところ をなんとかしたい、という思いがあるのです。日本人が日本で暮らしている分には過ごしやすいこの気質、争いもないし、穏やかに人のいいところばかりを見つけて褒めそやし、商売相手を持ち上げて、クレームにはひたすら頭を下げる。申し訳ありません、が口癖の国 [続きを読む]
  • おい、ハッキリしろよw
  • 日本人は自分の意見を言わない、と言われ続けて久しい。 学生時代、アメリカで活躍しているとある音楽家から「もっと自分の意見をはっきり言うべきだ」と指摘を受けたので、「あなたの回りくどい説明の意味がいつもいまいちわからない」と言ったら「もう音楽やめたほうがいい」と言われたことがあるw。 はっきり物を言え、と指摘するなら、このように反論される覚悟も必要なのに、と心の中で考えたけれど、そんなことも屁理屈なの [続きを読む]
  • 迎合体質
  • 昔知り合いの女性に生年月日やら何やらを訊かれ答えたら即、 やっぱり、あなた、「晩婚後家タイプよ、絶対そう」 と大きなお世話なことを言われたことがある。なんで大きなお世話かというと、当時早々に、すでに結婚はしない、と決めてたからです。御局様の言うことには、なぜ私が「晩婚後家タイプ」なのかというと、 「人生を切り開く確固とした理想を持っているため相手に気安く迎合できないから」 だそうで、え?そんなのみん [続きを読む]
  • 夫婦で覗きw
  • 昨晩は、プレアデスだかプレセデスだかメルセデスだかの流星群が観られるよと相棒張り切っておりましたが、 夕方から雨が降ってそのまま雲が切れず。 流星群は結構明け方まで続くようだよ、と話していて、なんだか2人で落ち着かずに昼から空を眺めておりました。雲行きが怪しくなると風でわかりますね。涼しくなる。いつもは夕立の風が吹き出すと気温が下がるので喜ぶ相棒も昨日ばかりはがっかり。 相棒は、ネオンの街東京育ちじ [続きを読む]
  • 水まんじゅう
  • 日本語をこよなく愛する旧友アレックス。 最近メキメキと日本語の喋りが上手くなってきた。 トレーニングと称して送ってくるボイスメッセージの内容もとてもはっきりわかるようになり、本人の努力とサポートをしている方々に敬服しているこの頃。 早口のアレックスからは、スペイン語のボイスメッセージも届く。これは、本当にヒアリングにはもってこいで、先日の実家帰省の際もいろんな人とのミーティングで置いてきぼりを食わず [続きを読む]
  • アルバラシン ご飯編
  • 写真一度に載せきれませんでした。一泊旅行だったので、アルバラシンではお昼一食のみでした。(夜はコカコーラにハモンw)このお店、オススメです。広場にあるサンタンデール銀行の並び、「yantar 」と言う小さいレストランです。お肉は、小さく切ってあるのはアラゴンの白豚のセクレト、塊が豚の肘のところ。どれもとろけるぐらい柔らかかったです。何が美味しいかと言うとパン。素朴でしたが焼きたてで香ばしかったです。オイル [続きを読む]
  • アルバラシン公開
  • みなさんには、前回の長いブログを読んで「いいね」をたくさんいただき本当にありがとうございました。 書きたいテーマはたくさんありますが、それではしんどいのでw、今日は先日訪れたアルバラシンの写真をばw。 [続きを読む]
  • 奢るか割り勘か・・・完結編w
  • 立て続けにガーッと書いてしまおうと思ったら、夕立。激しい暴風雨とこぶし大の雹が急に降って来て、路駐の車を直撃。ゲリラ豪雨だったので、なすすべなくどの車もぼこぼこ。我が家の車も例に漏れず。相棒やるせない怒りと悲しみが吹上げてる様子、この状態で私がのほほんとブログ書いてる場合じゃありませんでした。外に出ると、直撃を受けて窓ガラスが割れてる車もありました。私が見た限りでは、うちの車、凹みが浅い気がしま [続きを読む]
  • 割り勘か奢りか・・・その1
  • 単なる飲み約束か、将来のパートナーを考えたデートかということでも奢りを求めるか割り勘にするかは違ってくるかな、とは思います。 また、恋愛の時期や結婚してからでもカップル間の経済バランスによってはいろんな状況が推し測られます。 例えば、私と相棒は、デートサイトで知り合ってほぼ半年毎日のようにチャットをして(SFや哲学の話しかしなくてうるせーやつだったw。)いざ会ったのは日本で。ハポンの「ハ」の字も知らな [続きを読む]
  • 割り勘か奢りか・・・導入編
  • 結構若い頃から感じていたのが 「デート中の割り勘」 について。 国籍問わず、デート(あくまでもここでは交際前のデート限定です)でお茶やご飯に行った時の「どっちが、もしくは二人でどう払うか」ということが問われるテーマを目にする時、様々な意見を聞き、そこにはどれも頷ける理由があっていつも感心させられます。 先に自分のことを言ってしまうと、私は80%ぐらい「奢られたい派」です。しかし、これはおごってほしいな [続きを読む]
  • スキンシップが怖くては外国人と付き合えないよー もう終わり編
  • ここまで読み進めてくださって感謝です、貴重なお時間潰してごめんなさい。 さて、以前熱を上げて通い続けたポルトガルや今住んでいるスペイン、縁あってこの国々の生活に出会ったわけですが、1番驚きもし、いいなと感じたのはそのスキンシップの多さ。初めて長期滞在したアメリカではまたリレーションシップに違った印象を持った経験から、この南欧の習慣にはびっくりもし、求めていたものがここにあったな、とも感じました。 相 [続きを読む]
  • スキンシップが怖くて外国人とは付き合えないよーその2
  • その2と言いつつ若干タイトルが変わってるかもw。 さて、色々調査をしていると、最近は私のようなアラフィフ女性の外国人男性対象の婚活希望が増えているのだとか。 理由としては、仕事やプライベートが落ち着きある程度身が自由になったことや、海外留学時代を思い出し、語力を生かして、というのがあるらしい。さらには、女性の年齢、が関わっているみたい。 というのも、私も大いに経験がありますが、見た目幼いので自分はトウ [続きを読む]
  • スキンシップが怖くては外国人とは付き合えないよーその1
  • 能力こそあれ、日本に住んでた頃はそんなこと一度もしなかったじゃんw、と言うアメリカ留学帰りの男の子が、久し振りに会ったらなんかの拍子に肩を抱いてくることがあってその度に笑う。 ダメダメ、腕短いって! と言って解いてもらう。何で短いかと言うと身が引けてるからw。もと同級生だろうが誰だろうが、音楽とかなんかいい風景を見ている時に並んで身体が触れることはそんなに違和感あることじゃない。しかし、「アメリカ人 [続きを読む]
  • 相手もあなたを見ているのさ
  • 先月からちょこちょこ恋愛における男女の心理についての資料集めをしている。仕事の資料。対象は日本人同士カップルに相当するものが多いけれど、実のところ相手が日本人でも外国人でも違いなどないのではと感じてる。 以前、勤め先上司の大半が独身、というところに身を置いていた。独身、と言っても30代頭の私は最年少、皆さんアラフォー以上。ちょうど世間では「お局様」という言葉が流行ってた時期だった。 鈍感な私でも、日 [続きを読む]
  • アルバラシンへ寄り道
  • 前回のブログの通り、NIE申請が終わりました。これまで皆さんにアドバイス、応援いただきこの場でお礼申し上げます。ありがとうございました。^ ^ さて、昨日朝に申請を終えてホテルに戻ると、「これからトンネル見学ありますよ」と言われました。実は、今回のホテルの背後に塔があるのですが、その塔につながる地下トンネルがある、というのが目玉のホテルなんです。で、日に3回ほどガイド付きでそのトンネルを覗きに行くプチツ [続きを読む]
  • NIE申請終了
  • 只今、戻りました。日曜の午後にテルエルに向かい、軽くビールと散歩をしてその晩は早めに就寝しました。昨日月曜の9:00に予約を入れていたので、10分前に行ったら、 ぴったりに来てください。 というのでオフィスの前の木陰で相棒と喋りながら待ち、相棒の時計でぴったりに行くと、 まだ早いけど入って。 はやい? オフィスの時計、10分遅れてるす。そして受付のお姉さんが、応対してくれたけど、前回同様、この方もよくわから [続きを読む]
  • あゝ勘違いw
  • 先ほどご紹介のちゅんちゅん隊、ツバメでした。ちゅんちゅん鳴くので相棒がスズメだと言ってたけど、飛び方が拙いながらも妙に優雅なのと、どうも翼が大きい検索したらちゅんちゅん隊そっくりさんが画像にズラリwでもお米は続けようw [続きを読む]
  • ちゅんちゅん隊
  • リビングの窓外側に15cmほどのスペースがあって、 おとといすりガラス越しにパタパタしてる何かがいるぞ、と相棒が見つけたのが スズメの子供。 今巣立ちの時期なのでしょうか、飛ぶトレーニング中で、 どうも、飛ぶ勇気のない小鳥がうちの窓際にたどり着いたようです。 ちゅんちゅん鳴くも、兄弟たちはそれなりにぴょんぴょん飛び出してるんですが、一匹だけどうも難しいようです。階下のひさしに巣があるようで、彼らはほんの数 [続きを読む]
  • 今日から強制連休w
  • 日本のクライアントさんと仕事をすると、お盆まで休みがありませんね。 連日パソコンやったり本読んだりしている相棒が また仕事してる〜 と不満顔。でも、あんたがフリーで仕事してたときも休み不規則でずっと家にいたしw。明日からまたテルエル(決戦パート2)なので、そのために金曜で全部依頼分終わらせたかった。今週はほんと頑張りました。家の掃除と仕事しかしてないw。相棒が買い物してくれてお昼作ってくれました。でも、 [続きを読む]
  • 世界一無敵な動物と無敵な人間
  • ラーテル、という動物ご存知でしょうか? 数週間前に伊集院光氏の深夜ラジオ番組を聴いていて出てきた話題で、 とにかく無敵なんだそうです。 なんでか?というと、このラーテルさん、 感じないんです、苦痛を。 背中は硬い皮で覆っていて、肉食獣の牙も通らないそうです。そして、死んだふりしたりへんな威嚇の仕方で逃げたり、一生トラウマになるぐらいのすっごいガス出したりするそうです。 痛みにもあまり反応せず、蜂蜜が大 [続きを読む]
  • え?ゴジラ知らないの?
  • 一昨日、タルコフスキーの「ソラリス」という映画を観ました。 古い映画ですが、東京真ん中付近の高速道路が出てきたりして懐かしいなあと感じる場面もありつつも、不思議なお話しでした。 惑星がどうも意思を持ち、降り立つ人間たちの過去や深層心理を投影させる能力を持っている、というお話。そして、人間というものは、記憶や心の奥底には悲しみばかりを詰め込むものだから、惑星ソラリスが投影するのも悲しい出来事やそれに [続きを読む]
  • 続編、料理は難しい
  • 相棒が作る料理のレパートリーに「なすのムサカ」があります。言うなれば、ジャガイモとひき肉となすのミートソースグラタンなのですが、これが美味しい。イカスミのリゾットが一番なのですが、これはベースが冷凍に手を加えたものなので手作りと言えないから一番はやはりこのムサカ、です。 で、誕生日にこれ作って、とせがんでたのですが、レストランに連れて行ってもらったのでなしに。 日延べの先週末、私が忙しかったので相 [続きを読む]
  • 兄退院
  • 数分前に母からメールが来て、兄が退院したとの報告。 「(危篤状態という)大騒ぎした割には元気に帰ってきました。少し痩せてるし、心臓は元に戻らない、というので、すぐに仕事に戻りたい、と言ってますが心配です。」 とのこと。早いうちからフリーランスで仕事をしている身分な上、入院もあったし蓄えも少ないので本人としてはすぐにでも働きたいらしい。実は兄も「多岐な物書き」をしている身なのでクライアントさんとの約束 [続きを読む]
  • 相棒受難
  • 今朝、早くからイライラ気味に起きて自室にこもったりリビングでウロウロしていた相棒。 ベッドに戻った時にどうしたの、と聞いても不機嫌で答えない。そのまま寝入ってる相棒を横目に私は起きて仕事。 2時間後に起きてきた相棒は足を引きずってる。 なんかに刺されたか、ぶつけたか。。。痛い左足外側脇、出っ張ってる骨の部分が赤く腫れてる。 触ると痛いし、室内ばきに当たると痛いので足を引きずってるのだそう。どうも見た [続きを読む]
  • 遅ればせながら、テルエル写真解説w
  • 一目会ったその日から〜 というセリフでおなじみの番組がむかーしあったんですがw、テルエルにたどり着いた直後、駅前の階段のレリーフに心奪われました。 テルエルは中心地、とまた周囲の住宅地を含む街の高低差があって、駅からはダラダラ坂か、長い階段(ここにレリーフがあります)か、エレベーターで上がります。主要ホテルも中心地にあるので、登らないことには始まらないのでもちろん老体はエレベータ使用w。 エレベーター降 [続きを読む]