ミセス甘夏 さん プロフィール

  •  
ミセス甘夏さん: 私の洋書みち
ハンドル名ミセス甘夏 さん
ブログタイトル私の洋書みち
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mb100english/
サイト紹介文洋書ミステリーを中心に思ったことをあれこれ。
自由文気の向くままに洋書を読んで感想を綴っています。ミステリー、歴史、長編が好き。まだまだ修行が足りない永遠の英語学習者。
末永くよろしくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 330日(平均0.6回/週) - 参加 2017/01/17 18:15

ミセス甘夏 さんのブログ記事

  • Skipping Christmas(John Grisham)
  • 12月に入ったのでクリスマス関連の本を。この本、5年前に入手したまま読まずに放置してました。時期を外すと読む気がなくなってしまうのでこの際!Skipping Christmas: A Novel [ペーパーバック]John GrishamDell2010-10-26英語難易度:★★☆☆☆おすすめ度:★★★★☆ グリシャムだけど、ミステリー・法廷ものではありません。著者の通常の作品を好む人には、好き嫌い分かれる内容かも知れません。中編です。愛車がレクサスで [続きを読む]
  • Wonder(R J Palacio)
  • 映画化されたと聞いたので、図書館で借りて読んでみました。Wonder [ペーパーバック]R J PalacioCorgi Childrens2013-01-03英語難易度:★☆☆☆☆おすすめ度:★★★★★大人向けの小説ではなく、児童書です。顔面に障がいを負って生まれてきた少年の話し。どんな顔かは想像するしかないが、作中ではゾンビとかE.T.などと例えられている。10歳までに27回の手術を受け、外出時は宇宙飛行士が被るようなヘルメットを装着。ずっと下 [続きを読む]
  • シェルダンまとめ&児玉清さん
  • シェルダン全作品を完読してしまったので記憶が薄れないうちに備忘録も兼ねてまとめてみたい。最近のお若いみなさまは、もはやシェルダンのことを知らないだろうし、手に取られたとしても、それは純粋な読書と言うより英語学習の一環として読まれているように思います(日本では)。かく言う私も「いつかシェルダンが読めたらいいな」と思ってました。10年前にゼロから訓練し(以前、少し書かせていただきました)、英文の塊を見て [続きを読む]
  • The Other Side of Me(Sidney Sheldon)
  • シェルダンの本を読むのも、これが最後。今回は小説ではありません。自伝です。The Other Side of Me (English Edition) [Kindle版]Sidney SheldonGrand Central Publishing2006-08-01英語難易度:★☆☆☆☆おすすめ度:★★★☆☆シェルダンが脚本家として活躍したショウビズ界の話しが大半を占めている。列挙されている俳優さんをほとんど知らなかったので少し退屈に思いましたが、ブロードウェイやハリウッドの歴史に興味があ [続きを読む]
  • Are You Afraid of the Dark?(Sidney Sheldon)
  • シェルダン全18作品、これにて読了!(英語教材書き下ろし、子供向けの本は除外)。Are You Afraid of the Dark? [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing2005-06-01英語難易度:★★☆☆☆おもしろ度:★★★☆☆ドイツ語とかフランス語とか色々出てきます。冒頭、うまく流れがつかめず波に乗りにくかった。内容はこれまでの作品の焼き回しと言っても過言ではない。アメリカ大手シンクタンクに関わった有能な科学 [続きを読む]
  • Tell Me Your Dreams (Sidney Sheldon)
  • ぼちぼち一年を振り返る時期になってきました。積読本の整理に追われる年末です。来年は衝動買いはやめて、手元にある本を消化したい。と言いつつ、買っちゃうんだよね。今回はこれを読みました。Tell Me Your Dreams [Kindle版]Sidney SheldonHarperCollins2012-06-07紙の本で読みました。(検索の仕方が悪かったのかKindle版のリンクになってますが…)英語難易度:★☆☆☆☆おもしろ度:★★★☆☆1998年に書かれた、シェルダ [続きを読む]
  • Never Let Me Go (Kazuo Ishiguro)
  • ノーベル文学賞発表の少し前に、この本をブックオフにて200円ぽっちで入手した私はなかなかの勘の持ち主ではなかろうかと自画自賛する今日この頃。もっとも手元に置いてあっただけで、1頁も読んでいなかったので威張れた話しではない…もっと早く読んでおいて「ああ、カズオ・イシグロね。とっくに読んだよ」などとしたり顔で語ってみたかった。そういうわけで、受賞作家の作品だから読んでみるというのはいささかミーハーな気もす [続きを読む]
  • A Dog's Purpose(W. Bruce Cameron)
  • 先日、『僕のワンダフルライフ』という犬が主役の映画を観に行きました。原作があるとは知らず何ら予習もせず観に行ったのですが、冒頭、『A Dog's Purpose』と英語タイトルがスクリーンに出て「あれ?私、この本持ってるよ!」と初めて気づいたのでした。紀伊國屋書店の夏の洋書市で入手したまま、読まずに放置していた本。この本が原作だと知っていたら、先に読んでいたのに迂闊でした。後で確認したらちゃんと表紙に「NOW A MAJ [続きを読む]
  • Nothing Lasts Forever(Sidney Sheldon)
  • Nothing Lasts Forever [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1995-09-01英語難易度:★★☆☆☆おもしろ度:★★★☆☆この本、図書館で借りてみたらあまりに古すぎて最初の数ページが欠落していた。仕方がないので読まずに返却。渋々、Kindle本を購入。でも、結果的にそれで良かった。文章は簡潔で読みやすいけれど、医学用語がたくさん。病名の把握にサクッと調べられる辞書機能が役立ちました。単語のいくつ [続きを読む]
  • The Stars Shine Down(Sidney Sheldon)
  • シェルダン全冊読破までカウントダウン入ってます。The Stars Shine Down [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1993-09-01英語難易度:★☆☆☆☆おもしろ度:★★★★★ブックオフで入手。Kindle買ったのに全然使ってないのは、ここだけの秘密です。どうやら私は紙の本が好きらしい。お盆休み過ぎから読み始め、途中、他の趣味に時間をとられしばらく放置。その後ダラダラ読み続け、本日ようやく読了。でも、 [続きを読む]
  • The Doomsday Conspiracy (Sidney Sheldon)
  • ここ最近、眉間に皺を寄せつつ暗澹たる本を読み続けていたのですっかり気が滅入ってしまった。夏なのだから、もっと鼻歌交じりに陽気な気分で読書を楽しみたい!と思い数ヶ月ぶりにシドニー・シェルダンさんに帰還。もうここまできたら、全作品読んでしまおうかな…The Doomsday Conspiracy [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1992-12-01英語難易度:★☆☆☆☆おもしろ度:★★★☆☆シェルダンにしては珍し [続きを読む]
  • The Father(Anton Svensson)
  • ご無沙汰しております。約2ヶ月ぶりの更新となってしまいました。これには色々と理由がありまして…あれは6月上旬のことだったか?新宿に野暮用があり出かけた際、一人喫茶店で時間をつぶさなければならなくなったのだが、そんなときに限って、いつも鞄にしのばせてるはずの本がない。「さて、どうやって時間をつぶそうか…」仕方がないので近くにあった書店で急遽調達したのがこの本。『このミステリーがすごい!』で1位になった [続きを読む]
  • The Story of Doctor Dolittle(Hugh Lofting)
  • ロフティングのドリトル先生シリーズ(全13巻)。その第1巻目を読んでみた(邦題『ドリトル先生アフリカ行き』)。The Story of Doctor Dolittle (English Edition) [Kindle版]Hugh Lofting2012-05-12英語難易度:★☆☆☆☆おもしろ度:★★★★★これまでドリトル先生シリーズのタイトルくらいは耳にしたことはあったものの井伏鱒二が翻訳したことを知らないばかりか作者の名前すら知りませんでした。無教養なまま人生を折り返す [続きを読む]
  • 今更ですが1984でKindleデビュー
  • 先日、Amazon母の日キャンペーンにてお安くなっていたのでついにKindleが購入に踏み切りました。すでに使い倒されている方々から見ると「何を今更…」と思われるかもしれません。紙の本に固執していたわけではないのですが、 ・自分が欲しいと思う本が期待するほど安くない・そもそもKindle本体が安くない。・無料本は魅力的だけど、出版元が怪しかったり海賊版まがいのものがある。・購入者レビューが複数の同一名商品にまたがっ [続きを読む]
  • The Sands of Time (Sidney Sheldon)
  • 実はこの本、邦訳版(超訳版)で一度読んだことがある。もう今となっては昔話しになってしまうけれど、私が中学生の頃(かれこれ30年近く前)「超訳」ブームと言うのがありました。従来の堅苦しい、いかにも翻訳調なものではなく新しい形の翻訳として一時期話題になったのです。時を経て、原書で読むことになろうとは。。。The Sands of Time [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1989-12-01 おもしろ度:★★ [続きを読む]
  • Windmills of the Gods(Sidney Sheldon)
  • 引き続き、シェルダン連読中。Windmills of the Gods [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1987-11-01おもしろ度:★★★☆☆英語難易度:★☆☆☆☆シェルダン、これで13冊目。同じ著者の作品を連読するといくら物覚えの悪い私でも語彙・表現パターンに慣れてしまうようで、今回はいやにあっさり読了。冷戦時代のお話しです。大学で東欧研究していた女性教諭が突然ルーマニア大使に任命され赴任。様々な事情か [続きを読む]
  • If Tomorrow Comes(Sidney Sheldon)
  • ブックオフにて108円で入手。ありがたや。If Tomorrow Comes [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1988-11-02 おもしろ度:★★★★☆英語難易度:★★☆☆☆シェルダンの作品を続けて読んでいる最中ですが、これで12冊目。いつもより辞書のお世話になりました。前半は主人公が刑務所に入ってしまうのでスラング、訛り多数。後半はヨーロッパ各地を飛び回る設定なのでフランス語、スペイン語などをかじったこと [続きを読む]
  • Master of the Game(Sidney Sheldon)
  • すみません、前回の更新からだいぶ経ってしまいました。何をやっていたかというと、しばらく和書に浮気してました。村上春樹の『騎士団長殺し』。いまいちでした。ようやく洋書に復帰。Master of the Game [Kindle版]Sidney SheldonHarperCollins2012-06-07ドケチな私が何を血迷ったのか丸善本店で1280円も出して購入。その後、ぶらりと立ち寄ったブックオフで108円で投げ売りされているのを見て頭をハンマーで殴られたようなショ [続きを読む]
  • Rage of Angels(Sidney Sheldon)
  • ブックオフで入手。Rage of Angels [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1988-08-16おもしろ度:★★★★☆英語難易度:★★☆☆☆最初から最後まで没頭させて頂きました。ときどき出てくる法廷シーン以外は一般的な話題なので、まあまあ読みやすかった。前半に映画『The Apartment』のセリフが引用されているのですがWhen you're in love with a married man you shouldn't wear mascara.この言葉に全てが集約 [続きを読む]
  • Bloodline(Sidney Sheldon)
  • 図書館で借りて読みました。Bloodline [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1988-11-15おもしろ度:★★★★☆英語難易度:★★☆☆☆ ユダヤ人による血族経営の話し。創立者のSamuelはクラクフのユダヤ人ゲットー出身。ゲットーを脱出し製薬会社を起業。親族以外はどんなに有能でも役員にさせず親族全員の同意なしに持ち株を売買することも許さない。Never let a friendly fox into your henhouse.One day he' [続きを読む]
  • A Stranger in the Mirror (Sidney Sheldon)
  • アマゾン古本、1円(送料別)で入手。 1頁目のみ、前の持ち主が単語を調べまくった形跡あり。初歩レベルの単語にも書き込みがあるので中学生くらいかな〜と推測。2頁目以降は書き込みどころか、めくった形跡すらない。なんか微笑ましい、かつての自分を見たようで。A Stranger in the Mirror [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1988-08-16おもしろ度:★★★☆☆英語難易度:★★☆☆☆他のシェルダン作品と [続きを読む]
  • Memories of Midnight(Sidney Sheldon)
  • ブックオフで入手。Memories of Midnight [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1991-10-01 おもしろ度:★★★★☆英語難易度:★★☆☆☆『The Other Side of Midnight』の続編。前作から読んでる人には少々くどいと思われるほど回想シーンにかなりの頁が割かれているのでいきなりこの本から読み始めてもストーリーは追えそうです。黒曜石とか蝸牛とかアンチモンとか正直、日本語でもよく分からない学術 [続きを読む]
  • The Other Side of Midnight (Sidney Sheldon)
  • ブックオフで入手した本。The Other Side of Midnight [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1988-11-15おもしろ度:★★★★★ 英語難易度:★★☆☆☆シェルダンの著書のなかでは長編かつ文字小さめ。英語難易度の評価は★2つにしましたが★1.5でも良いかも。単に長いだけで難解な単語も表現もなく比較的読みやすかったです。シェルダンが心血注いで書き上げた様子が伝わってくる作品。第二次大戦前後の [続きを読む]
  • The Naked Face(Sidney Sheldon)
  • 図書館で借りて読みました。  The Naked Face [マスマーケット]Sidney SheldonGrand Central Publishing1985-08-07おもしろ度:★★★☆☆英語難易度:★★☆☆☆ シェルダンの処女作。その後に続く全盛期の作品と比較してしまうと流麗とは言えないものの読者を惹きつける術はすでに心得ていたと思われます。もともと脚本家だったせいか第一作目にして「こなれた」感あり。主人公が精神分析医のためそっち方面の単語の [続きを読む]
  • 私の黒歴史『家出のドリッピー』
  • 今回紹介する本は昔、新聞広告でよく見かけた英語教材のもの。市販されていないので入手困難かもしれませんがブックオフやネットオークションで見かけることもあります。 『Drippy The Runaway Raindrop』by Sidney Sheldon&Mary Sheldonおもしろ度:★★☆☆☆英語難易度:★☆☆☆☆おもしろ度(★2つ)の評価はあくまで人生折り返しを迎え魂が汚れてしまった私の見立てです。子どもやピュアな大人だったらもっと感動できるか [続きを読む]