あにやん さん プロフィール

  •  
あにやんさん: 立てよケアマネ
ハンドル名あにやん さん
ブログタイトル立てよケアマネ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mido374/
サイト紹介文ケアマネの日常を面白おかしく綴ったブログです。 疲弊したケアマネの元気スイッチになる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 304日(平均1.1回/週) - 参加 2017/01/18 10:12

あにやん さんのブログ記事

  • ケアマネの権限
  • 『ケアマネは横柄だ』と言われるがある『ケアマネは何様のつもりだ!』と言われることもあるなぜだろう?それはケアマネには大きな権限が与えられているからである・介護サービスの選択・介護サービスの利用頻度の選択・介護事業所の選択もちろんケアマネ(介護支援専門員)一人で決めるわけではない利用者や家族の希望も尊重しつつケアマネが提案という形でサービスをプランに組み込んでいくしかし上記のような大きな権限が委ね、 [続きを読む]
  • 介護の質が落ちた理由
  • 介護サービスの質が落ちたと言われる理由は簡単だ介護職員の報酬を少なくしたからだ低い報酬にプロ意識や質の向上を求める方がおかしい。学生アルバイトのような賃金でプロ意識が芽生え、介護レベルが向上するほど人間はお人よしではない子どものお小遣いと間違うほどの賃金で利用者やクレーマーのような家族のお世話をするような人間などいないプロ意識が持てるような人材は、それが生かせる労働分野へ行くものだ現在、介護の世界 [続きを読む]
  • 介護経営冬の時代で生き残る二つの方法?
  • 介護業界は報酬単価を下げられ経営難にあるその上、極度の人材不足により瀕死の状態であるそんな中、経営者は何とか生き残れるように試行錯誤している現状だそんな介護業界の最近のトレンドは・リスクは冒さない・低報酬利用者は受け入れないこのような旗印(経営方針)が目立つようになってきたリスクを冒さないこれはわかり易く言うと『問題のある利用者は受け入れない!』ということだでは問題のある利用者とは?①認知症のBP [続きを読む]
  • 厚労省が指摘する介護事業所の利益率について
  • 先日、厚労省が介護事業所の利益率についての資料を公表した平成29年度介護事業経営実態調査国の言い分は『介護サービス事業所の利益率は中小企業以上でまだまだ利益率が高い』『来年度の介護報酬改定において介護報酬を下げることができる!』という言い分(言いがかり)であるこの考え方はあきらかにおかしい!介護現場の現実を全く把握していないのか?それとも把握はしているけど、介護報酬を下げるためのいいがかりなのか? [続きを読む]
  • 支援経過記録のポイント
  • ケアマネ(介護支援専門員)は支援経過記録を書かなければならないなぜ?と言われても 書かなければならないそこに利用者がいる限り・・・さて、支援経過記録を書くポイントだが支援経過記録は日記ではない〇月〇日 晴れ  今日は利用者さん宅に訪問しモニタリングを行ったそんな夏休みの絵日記レベルの支援経過記録を書いていないだろうか?なぜ絵日記のような支援経過記録になってしまうのか?絵日記と支援経過記録の共通点は [続きを読む]
  • 集合住宅等の減算の抜け穴
  • 来年度の介護報酬改定に向けての議論で有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅がやり玉にあげられている厚労省、訪問介護の集合住宅減算の対象を拡大へ 減算幅の引き上げも問題とされているポイントは!①必要もないサービスをパッケージで押し付けている②同系列のサービスを無理やり押し付けいている③サービスは併設または同一建物なので、移動費がかからないでしょ!このような感じで批判しているおっしゃる通り! 確か [続きを読む]
  • ケアマネジャーのレベル差が激しい訳
  • 立場上、他の職種や行政から『ケアマネジャーに対する要望や思い』を伝えられることが多い賛否あるが、概ね否定的な意見として象徴的なものは『良いケアマネと悪いケアマネの差が激しい』という意見だ!実際に私もそう思うこの理由を考える時ケアマネ(介護支援専門員)誕生の歴史を振り返れば答えが見えてくるケアマネジャーは介護保険制度開始と同時に誕生した開始当初は介護サービスを利用するために、ケアマネジャーが必要だっ [続きを読む]
  • 相手と信頼関係を築く方法(共通点を探せ)
  • ・職場における人間関係・利用者との信頼関係・多職種とのチームワークケアマネ(介護支援専門員)にはあらゆる場面で人と人との間で信頼関係を築いていかなければならない『あ〜めんどくさい!』そんな心の叫びが聞こえてきそうだが生きとし生けるものどうあがいても避けられない課題だそんな時、手っ取り早く信頼関係を築く方法があるそんなインスタントラーメンのような方法があるのか?そんなバンドエイドのような応急処置があ [続きを読む]
  • 介護のプロが身に付けるべき考え方(自己覚知)
  • さあ、今日は自己覚知についてお話してみようまずは下の絵をご覧いただきたい→がさしている部分は同じ色である多分多くの人は左が濃く右が薄いグレーに見えるはず(※嘘だと思うのであれば印刷して周囲を切り取って確かめて!)次にこの絵を見ていただくと、私の研修では6割の人が『若い女性』3割の人が『老婆』1割の人が『どちらにも見える』と答えるまあここで言いたいのは同じ色に見えるとか見えないとか若い女性に見えると [続きを読む]
  • ケアマネは実行力が命
  • ケアマネを評価するうえで重要なポイントが行動力である口ではたいそうな事を言うが全く行動力のないケアマネ相談しても全く動いてくれないケアマネ全てを電話で済まそうとするケアマネ『ケアマネに相談しても、全く動いてもらえない』と愚痴をこぼす利用者や家族、またサービス事業所は枚挙にいとまがない利用者が困っていればすぐに駆けつける病院や事業所を飛び回るフットワークの軽さが必要だフットワークがあればチームワーク [続きを読む]
  • ケアマネになる為のハードルが上昇中!
  • 先週、ケアマネ(介護支援専門員)の試験が実施された受験生はとりあえず試験を終え、ほっとしているところだろう人によってはネットの速報を見て答え合わせをした人もいるだろうところで、この介護保険制度と同時に開始されたケアマネ(介護支援専門員)その門は年々狭き門になっているのをご存知だろうか?それこそ、介護保険制度が始まった当初はケアマネが必要だったため『産めよ増やせよ!』の大合唱で大量にケアマネが生産さ [続きを読む]
  • ケアマネの口コミ
  • 『良いケアマネ(介護支援専門員)に出会いたい』これは利用者や家族の切実な思いである良い医者に出会うため神の手を持つ医者に出会うため県外や海外に行く患者がいるように良いケアマネに出会うため神対応のケアマネに出会うため口コミを聞きたい利用者や家族は多数存在するしかし、残念ながらネット通販の口コミやレストランやカフェ、居酒屋のように介護業界は全般的に口コミサイトは盛り上がっていない現状である介護業界の口 [続きを読む]
  • ケアマネの業務外の仕事はどう対処する?
  • 先日機会があって、『ケアマネの業務外の仕事』の代表的な業務についていろいろとケアマネの意見を聞かせてもらった4つほどあげてみたいずれも協力してくれる家族 親族はいないと思ってもらいたい・料金滞納等により電気/ガス/水道が停止された場合の再開の申請やるべきでないけど、利用者の生活や命にかかわることなので仕方なくやっているという声が多かった解決策としてはやはり、成年後見制度や社協の権利擁護事業の活用が人 [続きを読む]
  • ロボットがケアプランを作成したらどうなる?
  • 利用者の心身の状態などをもとにAI(人工知能)がケアプランの原案を自動で生成するシステムの普及を目指している  らしい・・・このニュースに拒絶反応を示すケアマネも多いだろう拒絶反応の主な声は『ロボットなんかにケアプランが作れるか!』『我々の職域が侵されてしまう!営業妨害だ!』『AIじゃあ血の通ったプランが出来ない!』『機械的な味気の無いケアプランになっちまう!』まあこんな感じしかしそうだろうか・・・ [続きを読む]
  • ケアマネの正座について考える
  • 最近の生活スタイルでは正座をする機会は少なくなっているせいぜい葬式か法事くらいだろうか?いや、葬式も会館やホールでやるので椅子に座るだろうそんな社会情勢の中ケアマネは日本一正座をすることが多い職種と言えるなぜなら対象となるお客さんは高齢者がほとんどで古い住宅が多い為、和室などの畳に座って話を聞くことが多いしかもロングコースとなれば1時間以上はざらである世の中に1時間の正座に耐えられる職種はそういない [続きを読む]
  • ケアマネ(介護支援専門員)の業務外の仕事
  • 今日はケアマネ(介護支援専門員)が自分の仕事かどうか微妙に感じているけど実際には仕方なしにやっている仕事を列挙してみたもちろん家族などの親族がいないためケアマネが止む無くやっているケースがほとんどである中にはボーダーライン上の仕事というよりも完全にケアマネージャーの仕事ではないものもあるだろう各種利用者負担割合の減額証の申請市町村サービス(配食 寝具乾燥サービス)等の申請障害福祉サービスの利用申請 [続きを読む]
  • 介護職員の不足は大問題だ!
  • 介護職員不足が加速して止まらないテレビや新聞報道で介護職員が不足している今後さらに不足するという『他人ごと』のような報道がなされているが現実は、皆さんが思っている5倍は状況が深刻だと思ってもらったほうが良い5倍の根拠はないが、それぐらい危機的状況だということ募集かけても来ないのは当たり前折り込み広告などに『介護職の求人』を出しても全く反応がない・・・やっと『求人広告を見た』と言う連絡が入ったかと思う [続きを読む]
  • ヘルパーの生活援助単価が下がるかも・・・
  • 社会保障審議会・介護給付費分科会は日本ホームヘルパー協会にヒヤリングした生活援助の人員基準を緩和して報酬を引き下げる構想に強く反発し「生活援助は誰にでもできる仕事じゃない」と強調した。その他にも「ヘルパーの社会的評価の低下を招く」「人材の確保がさらに難しくなり、高齢者の地域での生活を支えられなくなってしまう」「生活援助は誰にでもできる仕事じゃない。単なる家事代行サービスではなく重度化を防いでいる、 [続きを読む]
  • ケアマネの法定研修がまた増えるかも
  • 国は居宅介護支援事業所の管理者を主任ケアマネの有資格者にすることを検討しているらしいさらに、管理者研修なるものも位置付けようとしている・・・おそらく全国のケアマネはこの事実を聞いてあげる声はこれしかない!『いいかげんにせ〜よ!』どれだけケアマネを研修漬けにすれば気が済むのか!合格すれば介護支援専門員実務者研修(現場実習付き)5年ごとに介護支援専門員更新研修Ⅰ・Ⅱレベルアップのために主任介護支援専門 [続きを読む]
  • ケアマネ独立開業の夢はかなうか?
  • 独立というのは、ある意味ビジネスにおいて夢かもしれない医者でも弁護士でも独立開業を目指すし芸能人も独立を目指しているそこには、組織に所属するのではなく自分の思い描いた理想を追求する、素敵なビジネスマンの姿が想像されるケアマネ(介護支援専門員)も同じだろう今日はケアマネが独立できるのか?独立することのメリット、デメリットについて検証してみる独立のメリット①勤務の自由度が高い独立開業すれば、上司もいな [続きを読む]
  • ケアマネ(介護支援専門員)の研修の多さは異常
  • ケアマネ(介護支援専門員)は研修漬けであるこの言葉はおそらく多くのケアマネ共感を得るだろう多くのいいネをもらえるだろう共感もイイネももらえていないが多分そうだと予想する・・・ケアマネの研修の多さを検証したケアマネ試験に合格する①介護支援専門員実務者研修受講 ②介護支援専門員更新研修Ⅰ③介護支援専門員更新研修Ⅱ④主任介護支援専門員⑤毎年4回の介護支援専門員更新研修受講要件研修⑥主任介護支援専門員更新 [続きを読む]
  • ケアマネ(介護支援専門員)の年収(給料)を考える
  • ケアマネジャー(介護支援専門員)はどのくらい給料をもらっているのか?本日は、これについて検証してみる・ケアマネを目指す人・現在ケアマネをやっているが、他のケアマネの年収が気になる人・ケアマネとして独立開業を目指している人このような人は是非参考にしてほしいケアマネの主な収入源は介護報酬である要介護1〜5の利用者を受け持った1ヶ月の報酬は要介護1〜2:約10,000円要介護3〜5:約13,000円(※これに初回加 [続きを読む]
  • ケアプランをAI(人工知能)任せにできる?
  • 政府はケアプランをAI(人工知能)に作成させることを検討しているらしいそうなればケアマネの業務量は減るが同時に介護報酬も減るだろう最悪の場合、ケアマネと言う職種自体もなるなるかもしれん・・・まあ、やれるもんならやってみろって感じだが・・・自分の人生をコンピューター(ロボット)に任せるって『こわっ!』人生の目標や課題をコンピューター(ロボット)に指図されるって『いやっ!』コンピューターのあの無機質な [続きを読む]
  • ケアマネも処遇改善を!
  • 介護業界は極度の人手不足に陥り国はあの手この手で介護職の待遇改善を目指している例えば処遇改善加算により、確実に介護職の給料は増えている(※まだ十分ではないが・・・)それから書類業務の半減国は次期報酬改定で介護職の書類半減を目指している現実、介護職はペーパーワークに追われ、介護が十分にできていない(※まあそれは当然そうだ)しかし、この状況は何も介護職だけじゃなくてケアマネも一緒だところが、ニュースを [続きを読む]
  • 機能訓練にはうんざり!
  • 来年度の介護報酬改定に向けて議論がなされているデイサービスがやり玉に挙がっておりレスパイト機能(ただの預かり機能)しかないデイは減算し機能訓練を強化しているところに加算を手厚くすると言われているう〜んだいたい、高齢者介護においては個別性が重視されているにもかかわらず猫も杓子も『機能訓練』『機能訓練』と叫ばれていやいやリハビリに駆り出される高齢者がどれほど多いことか・・・機能訓練を否定するわけではな [続きを読む]