fuxin24 さん プロフィール

  •  
fuxin24さん: 200%ストレート合格 診断士試験
ハンドル名fuxin24 さん
ブログタイトル200%ストレート合格 診断士試験
ブログURLhttp://fuxin24.net/
サイト紹介文ストレート合格に届く学習ペースとは?を日々考えていくサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供470回 / 365日(平均9.0回/週) - 参加 2017/01/18 21:19

fuxin24 さんのブログ記事

  • 【最新仮説】スト合格と暗記の関係
  • 「受験の常識」をまだ鵜呑み?平均的な受験の常識①暗記より理解が大事!②「1次」は「経営」〜「運営」重視なのです!おやおや、試験ブログの世界では何かを断定、強調する「!」を見つけたら、頭一つ抜けるチャンスです。受験の常識やセオリーとは、誰もが知ってる当たり前。わざわざ「!」で強調するのは何か欺く意図を感じるし、自ら考える仮説思考の世界で「!」と断定するのはOUT。スト合格には暗記が大事でちゅ!!事前に断りもなく、勝手 [続きを読む]
  • 【予定タイトル】GW〜スト生の戦略転換期
  • 受験支援団体のセミナーが60名の大盛況と聞いて。そして西日本向けのセミナーも。ほぅと思うのは、この時期60名集まるなんて過去に聞いたことがなく。初学者の合格経験→古い受験技術にこだわらないほぼ全員が今年「1次」受験→実力、立場の近い者同士そして、セミナー参加者全員が「1次」を100%合格できるとすると、「2次」は2割12名なら誰かは受かる。それでは詰まらないので合格率4〜5割を目指す、先端的な組織学習が起きるはず。注目 [続きを読む]
  • 【5月〜待ちに待った開幕戦】「経営」で暗記、記憶と再構成
  • 学習とは、苦しくキツイもの?平均的な合格体験記や試験ブログを見慣れると、「学習とは苦しくキツイ」。 残念、それは準備が悪いから。つまり、「1次」対策に受け身で入り、学習が後手に回って後半の暗記3科目が苦手になるためです。そうじゃないよ、暗記には一定の時間が必要です。そしてスト合格者なら、一般に誰に聞いても暗記を苦にしない。それは以下の手順で暗記を武器にすると、「2次」はノウハウ不要のセオリーレベルで戦える。 [続きを読む]
  • 【科目学習セオリー】「経済」の難化・易化対策
  • 前置き「経済」試験委員の挑戦状。スト合格者なら、朝飯前に80〜92点。H28、29「経済」はなぜそんなに易化?A:1つは、「法務」「中小」など暗記系を難化させた反動。もう1つは過去問で見覚えのある問題ばかり出したこと。診断士「1次」、つまりマーク型知識対策の王道は過去問回転。試験形式を通じ知識を教える目的だから、過去問で出る所から覚えるのが手っ取り早い。でも、過去問の解き方を覚えりゃ92点。そんな出題が2年続くのは怪しい。 [続きを読む]
  • 【9月先取り】誰とグループ学習するかの選択基準
  • 団体戦 生かすも殺すも 自分次第(字余り)「2次」筆記は団体戦。グループ学習や勉強会を上手に使うと有利です。そう聞いたことのない方のほうが少ないでしょう。デキる奴の答案を真似ると、記述力がメキメキUP。「2次」は組織学習を題意とし、その真似っこを容認。そこで勉強会をするなら、必ず役立つ鉄板セオリーをどうぞ。実力が均衡した、なるべく似た者同士で手を組む。ふぅん、もっともらしいけど、それがなぜセオリー? それはね [続きを読む]
  • 【科目学習セオリー】「運営」は暗記か理解か
  • 前置きQ:「運営」は暗記科目か理解科目か?A:基本は「JIS定義」に代表される暗記科目です。ただここ2年は「得点を抑える」意図が明らかで、対策しづらくなりました。得点を抑える」意図①易問が2点、難問が3点配点→これは「難問を増やさず平均点を抑える」狙いです。もし「3点問題が大事」と勘違いして学習範囲を増やすと、確実にドボン。②計算問題の増加→「財務」セオリーで言えば、②簡単だが時間のかかる問題です。初見問題が多く、過去 [続きを読む]
  • 【540+260=800】高得点モデルが変える試験のミライ
  • 診断士は年々進化する試験それは聞き捨てならない。単に合格では詰まらない、俺が試験を変えてやる。その言や良し。そして「試験ブログ」には2通りあって。合格者様ブログ最新現役診断士ブログ=自分の行動は試験に影響しない(price taker)=自分の行動が試験に影響(price maker)ちなみに当試験では、試験傾向や対策の研究、仮説、公表がほぼ無制限に認められ、情報化(得点開示やブログ)組織学習(受験校や勉強会)仮説思考(ミライの変 [続きを読む]
  • 【科目学習セオリー】「財務」の努力の方向性
  • 前置きいいコトが書いてあるのでなく。間違ったコトが書いてない。当サイトに言わせると、診断士の「財務」「Ⅳ」の対策、指導は、教える方も教わる方も間違いだらけ。「財務」は毎日コツコツやりましょう!? 1日1問解きましょう!?うん、それって10月までの時間をどうつぶすかに賭ける受験経験者には役立つアドバイス。でも時間に限られた初学スト生なら、「ときどきスラスラ」。その位の胆力、逆張り力は欠かせません。さて今日の「財務 [続きを読む]
  • 【ステマ】一発合格まとめシート〜最初に買うなら(後編)を
  • 診断士「2次」は誰でも、全員に合格チャンス。なぜ全員に合格チャンスなの?A:「中小企業」診断士の性質上、強者(=お勉強ができる奴)だけを合格させず、弱者の工夫や連携次第で合格する余地を残すからです。具体的にはどうなるの?A:出題傾向や採点基準を恣意的に操作し、「合格者数を減らしたいスタイル」を狙い撃ちすることは有名です。一方、出題傾向や年ごとの難易度の変化は、「受験回数でリスクを分散」=合格するまで受け続ける [続きを読む]
  • 【科目学習セオリー】「中小経営」はカードで、「政策」は比較表で暗記
  • 前置き弱者が自主的に工夫や連携し、強者に勝つ。診断士「2次」がなぜ確率20%のくじ引きか。またなぜ「最後まであきらめず受け続ければ」必ず合格か。その答えを教えてくれるのが「中小」です。当試験では合格スタイルを多様化させたい。そのため弱者が強者に勝てるチャンスを用意。でも自主的な工夫や連携を怠る方の合格は後回し。つまり順番の後先を無視すれば、診断士には誰でもなれる。順番を上げる、合格までの待ち時間を短縮するに [続きを読む]
  • 【8月先取り】ウサギとカメは1勝1敗1引き分け
  • Q:なぜ今、猫も杓子もストレート狙い?A:確率上、一年でたまたま受かるとコスパが良いから。しかしたまストを狙うハイペース学習は、2年目以降「こじらせる」リスクへの注意が必要です。診断士を受けるならセオリー勝負。例えばマークシートの「1次」対策なら、誰でもこう口を揃えます。暗記を工夫し、苦手にしない。自分の言葉で説明し、記憶を理解に変える。「2次」論点は要理解。残りは暗記で時間節約。過去問は早期着手。回転UPで [続きを読む]
  • 【科目学習セオリー「法務」】最後の2択がCランク
  • 前置き基本的に誰もが苦手。要暗記。意味不明の長文選択肢。1マーク5点のギャンブル配点。低く抑えられた平均点。「法務」といえば、苦手要素が三拍子も四拍子も揃います。では「苦手科目なし」と言い切る、【目標540点】の「法務」対策セオリーとは? 早速スタートです。【科目学習セオリー「法務」】最後の2択がCランク一発合格まとめシートの「科目別学習セオリー」。ドリル凡例問題点 ・・赤原因・・黄対策・・青当サイトの、「要するに」 [続きを読む]
  • 【7月先取り】理想をいえば、そりゃその通り
  • 7月は「2次」に向けた知識の整理期間。ついでに直前丸暗記も怠らない。前回の【6月】から間が空きましたが、今年まんまとスト合格を狙う時、【7月】はどんな状態が理想か? 今日はそこの先取りです。【7月先取り】理想を言えば、そりゃその通り。2017年7月の人気記事TAC「1次」模試は本番「として」全力で受ける。【模試終了】自己採点の後に〜「2次」に向けてギアチェンジ→7月「1次」模試はつべこべ言わず全力で。すると残る7月で万全の対 [続きを読む]
  • 【科目学習セオリー「情報」】くだらないほど忘れない
  • 前置きくだらないほど忘れない。「情報」の単調な暗記に飽きた時。オヤジはギャグを連発し、女性はなにやらノートに落書き。なんだこの試験!くだらないのはブログだけじゃないのか!はい、診断士は国内最大級の暗記試験。ではその暗記の工夫をどうぞ。【科目学習セオリー「情報」】くだらないほど忘れない一発合格まとめシートの「科目別学習セオリー」。ドリル凡例問題点 ・・赤原因・・黄対策・・青当サイトの、「要するに」の一言メモ [続きを読む]
  • 【目標540点】ゴールに連れていく過去問集
  • 「1次」540点を取る過去問の使い方。でもそれ、バレたら世を忍ばねばならぬ様な奥義ではなく。簡単に絵にすると、こう。当試験、誰に聞いても「過去問が大事」。すると合否のポイントは、過去問の使い方の上手下手、はたまた「過去問集の選び方」になります。〇過去問回転学習〜また戻ってくる前提で効率UP1〜2回転目 ※俗に言う、3回転法や○×△法と同じ過去問集を1冊手に取り、順番を飛ばさずとにかく1冊解いてみる。正解したら解説 [続きを読む]
  • 【完全引用】「1次」科目別学習方法のセオリー 〜「経営」
  • 診断士「2次」は国語の試験。診断士学習中の方で、そう聞いたことのない方はいないでしょう。Q:ではなぜ国語の試験なの?A:1つは試験の点差をつけるため。あともう1つは企業診断実務で相手を納得させる論理性を磨くため。Q:では国語力はどう鍛えるの?A:良文を読んで要旨を捉えたり、書き出す訓練を重ねます。もちろん「2次」過去問や「春秋」もアリですが、同じ訓練ばかり繰り返すと手抜きを覚え、効果は逓減するので気を付けて。【 [続きを読む]
  • 【目標540点】記憶、理解と丸暗記
  • 合格者様がエライ訳じゃない。彼らが今年受ければ5〜8割不合格。その覚悟を決めれば話が早く、1,000円セミナー参加は欠かせない。彼らは、今から起きることを教えてくれるタイムマシン。 そこから目を背けちゃ勿体ない。当試験、技術競争が日進月歩なため、前年合格者のやること位は朝飯前に。その一歩、二歩先を行かないとそう勝てません。例えばマークシートの「1次」対策なら、暗記+過去問回転は欠かせない。では今日はその前半 [続きを読む]
  • 【1,000円セミナー活用】早くこちら側においでよ!
  • 新歓活動真っ盛り。それって大学のキャンパスの話? いえいえ当試験、「中小企業診断士」とは名ばかりで、ちょっと大人のソーシャル資格。でもそれでいいんです。そして今日はその新歓活動=1,000円セミナーの舞台裏を。診断士とはいい人揃い。ビジ力、コミュ力十分。今の世の中日進月歩。困った時には互いに聞ける。そして実力の2倍、3倍のビジネス力を出すのが診断士。そこで当試験を受けるなら、やはり「合格したい」。上記の通り、 [続きを読む]
  • 【論点タテ解き「経営法務」】#6著作権〜登録不要の知的財産
  • Q:著作権の登録が必要だったら?A:登録機関がパンクします。著作権の対象といえば、書物、写真に限らず歌や踊りも。著作権登録制度こそありますが、不正競争防止法の対象となる「営業秘密」まで含めれば、いちいち登録したらキリがありません。では、事前に登録していない知的財産をどう守る?TAC過去問タテ解き表(2018)するとどうしても出題範囲が広く、ケース問題が多くなり、正答率は下がります。従い時間がなければ後回し。過 [続きを読む]
  • 【論点タテ解き「経営法務」】#5産業財産権〜次の出題を予想する
  • 毎年同じ論点が出るのに、毎年同じ問題は出ない。「過去問回して答えを覚えりゃ、合格点」。そんな学習スタイルで高得点につい慣れると、ハタと悩むのが特に今日の「産業財産権」。出題論点×出題形式の掛け算。過去と同じ問題は出てこない。TAC過去問タテ解き表(2018)でも大丈夫。H29第6問こそやや捻っていますが、教え方が確立し、原則正答率A〜Cランクになるのが「産業財産権」。最新スピテキ2018年版の章立てに沿い、早速過去問を眺 [続きを読む]
  • 【予告・目標540点】「一発勝ち逃げ」セオリーってアリ?
  • 暗記のコツなら時間と五感。へぇ、ネットの記事には上手い例えが。時間のコツ〜3回のベストタイミング五感のコツ(一部改)①インプットの1時間以内②寝る前の5分間③翌朝すぐ、前日の復習①視覚:目次を使って全体感②聴覚:覚えたい箇所は音読③触覚:自分で話して手触り感④味覚:図・表を自作する味をしめる⑤嗅覚:マンガやドラマでセンスUPマーク型知識試験対策なら問題集回転、暗記術なら夜に覚えて翌朝思い出す。例えば暗記法 [続きを読む]