bebetabito さん プロフィール

  •  
bebetabitoさん: べべタビト ビスクドールのブログ
ハンドル名bebetabito さん
ブログタイトルべべタビト ビスクドールのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bebetabito/
サイト紹介文ブリュー・ジュモー・エデンべべ・ATなどアンティークドールのリプロ人形作家。ドレス・ボネ・靴の作り方
自由文ブリュー・ジュモー・エデンべべ・AT・Aマルク・ゴーチェ・スタイナーなどのフランス人形やジャーマンドールのビスクドール(アンティークドールのリプロ)を20年以上続ける工房で、200体製作してきました。フランス人形の顔はもちろんのこと、ドールボディーの窯での焼成・ドールドレス・ボネ・靴の作り方も紹介しています。新作も毎回アップしています♪。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2017/01/19 12:07

bebetabito さんのブログ記事

  • 碧い目のブリューの続きです。
  •  LES ANNEES FOLLESさまから、たくさんのアンティーク・くるみボタンが届いていました。直径 7mmほど、こんなにたくさんあったら、惜しみなく使えます。 ガラスビーズのパースは、あまり状態はよくありませんが、アメリカから取り寄せたアンティークです。小さくって、DOLLにはぴったりのSIZEです。                         神戸では、神戸ドールミュージアムに行ってきました。タイムロマンさ [続きを読む]
  • ご無沙汰しておりました。
  • とろけそうに暑い日が続きます。しばらくお会いできませんでしたが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 あまりに間が空き過ぎて、もう、忘れられてしまったのではと、少し不安になっています。 さて、今日は、久々に取り掛かっています、ブリューシャンドレのご紹介です。 今年の焼き期には製作ができなかったので、ヘッドはおそらく2017年に焼成したシーリー社のヘッド。DOLLサイズはFB16(出来上がり身長54 [続きを読む]
  • お休みのお知らせ。
  • jlp-amb さまからいただいた、おいしいクッキーたちが入っていた可愛い缶です。^^。 蝶番 (ちょうつがい) がついた、しっかりした缶カンなので、重た〜いガラスビーズたちを収めることにしました。ネックレスやピアスを作るために、いろんな種類を買いました。ビーズは、見ているだけでも楽しい気持ちになれます。幼いころには、子供用のいろんなビーズでできたネックレスが宝物だったことを思い出します。   [続きを読む]
  • ブリュージューン ーその② だけど、完成?。
  • しばらくご無沙汰しておりました。多忙が続き、アトリエに行く時間もなかなか取れず、ブログをアップできない状態が続いておりました。皆様のブログにも、お邪魔できずに??ごめんなさい。(ぺこり)。 そんな中でもやっと、ブリュージューンが、完成しました。    ヘッドモールドは、シーリー社のブリューシャンドレ。 ベベタビト特製のシュヴロボディー。 FB16 (できあがり身長56cmほど) ウィッグは、ブロンドの che [続きを読む]
  •  ブリュー その①  ブリューにアイセッティングを?。
  • 2017年のFB16サイズのブリューヘッドは一つしか完成にこぎつけることができませんでした。次に、何を作ろうかと、ヘッドを探していたら2016年のブリューヘッドが一つ、見つかりました。 アイセッティングから始めますので、今日はまず、その方法をご説明しますね。                           アイセッティングの講座 アイセッティングは、下の素材を使います。 ①青いまるいケースに入っている  [続きを読む]
  • A・T その④ 完成しました。
  •  A・T が 完成しました。 ヘッドはコレクタブル・カンパニー (Collectorbull company) の、A・T(アーティー) ボディーはオールビスク 出来上がり身長はFB12〜13 (35cm)   セパレート・リストハンド (手首が分かれているということ) タイプ 。 ※ボディーとヘッドは、ソフトウェア(素焼きの状態)を、大切なdoll友達のちむりんさまからお譲りいただいたものです。ボディーモールド (石膏型) は  [続きを読む]
  • A・T ―その③ そしてオリンピックのこと。
  • さあ、A・Tの、オリジナルを模したドレスとは。 星ビルの、それはそれは素敵な写真集に、載っています。長男が、広島の大学に入学した時、初めて憧れの星ビルを訪れました。その折に、購入した写真集のうちの1冊です。        (画像は、写真集よりお借りしています。) まるで、お姉ちゃんのドレスを、おさがりでもらって着ているような、サイズの合わなさが面白いですね。アンティークドールって、こんなところ [続きを読む]
  • A・T −その②
  • A・Tの、シュミーズと、ドロワーズ。このデザインと色使いで、A・T好きの人には、どんなドレスを作るのか、もうお気づきかしら。代表的なドレスです。 オリジナルが着ているドレスは、幅1mmほどの薄いコードのような厚みのラインが、4本並んで入っています。わたくしはそういったラインの入った折柄のシルク生地を持っていませんので、しかたがありません。そんな感じに見える生地の制作から、始めました。 薄手のシルクに [続きを読む]
  • A・T −その①
  • 2017年制作 (最新作)は、エデンベベと、ブリューしか作っていませんね。なので今回は少し違う子を作ってみたくなりました。 2017年制作 の猫目 A・T  (アー・ティー)ヘッドです。FB13 出来上がり35cmくらいかな、の小ぶりです。 スパイラルの蒼いペーパーウェイトグラスアイをセッティングしました。 doll友達のちむりんさまからお譲りいただいた、オールビスクボディーです。ソフトウェアを、焼成し、色付け [続きを読む]
  • パリジェンヌのブリューが、完成しました。ブリュージューン−その⑤
  • ブリュージューンが完成しました。2018年の新作このサイズの、アオイドールのブリュージューンは、この子が最後となります。                          ヘッドモールド(石膏型)は、アオイドールのブリュージューン (とってもレアだと思います) を使っています。グリーンウェア (型から出したばかりの柔らかく湿った状態のヘッド) の段階で、かなり造形に手を加えております。 ボディーは、お [続きを読む]
  • ブリュージューン −その④ ウィッグで悩むの巻
  • ドレスもほぼ出来上がったのですが、さて、ボネを作る前にこのブリューのウィッグを決めないといけません。そもそも、このブリューはアイセットした時点でこのウィッグでよいと考えていましたし、ドレスもこのウィッグに似合っています。 でもいきなり、 フランス製のお嬢様風も似合うかもしれないと思いつきました。 ほら、こんな風に可愛らしいお嬢ちゃんにしてもいいかしら、って。でも少しウィッグが大きすぎる気がして [続きを読む]
  • ブリュージューン ーその③ スカートの詳しい作り方講座
  • 先回の最後に、裏地と、面生地を部分的につないだ写真をご覧ただいていましたが、スカラップの裏地もきちんと始末し、こんな感じになりました。そでぐりにも細かなレースがついています。                                          今日は、スカート講座です。 まず、裏地で、ヒップボーンの部分の幅や広がり具合を確かめます。この下に、ボックスひだのスカートを縫い付けるの [続きを読む]
  • ブリュージューンーその②
  • 写真集を参考に、アンティーク素材を使って、アンティークなデザインのドレスを作っています。 スカラップ、作るのは面倒ですけれど、可愛いですね。 ジャケット部分です。 パイピングはミシンで縫いました。角をミシンで決めるのには、技術がいりますが、しっかりできあがります。表からも見える切りびつけのお陰で、作業はとってもスムーズに進みましたよ。 アイロンで角をきれいに仕上げます。裏地はまだついて [続きを読む]
  • 小さなブリュージューンの完成です。
  • ブリュージューン完成しました。 ヘッドモールド(顔の石膏型)は、シーリー社のブリューシャンドレ。ミレットサイズなので、グリーンウェア(焼成前の型から出したばかりのもの)の造形は、あまりいじっていません。お鼻を少し、さわったくらいだったと記憶します。 ミレットサイズ(出来上がり身長28cm) のオールビスクボディー。   ※ミレットサイズ、というのは 8インチ 20cm のボディーのことです。 グラス [続きを読む]
  • ブリュージューンの続きです。
  • こちら、コートワンピースのフロントパネルにするつもりだったシルクサテンです。1cm幅ほどで山折りをプレスしましたが、サテン生地はふぃよふぃよ逃げて、思い通りにたたまれてくれないのです。さらに、1cm幅では狭すぎることも判明し、別の生地で作り直すことになりました。 サテン生地より少しお色が濃いベージュのシルクシャンタンです。シャンタンは、たたみやすく作業が楽です。今度は、2cm幅でたたみました。 [続きを読む]
  • やはり、ブリューが続きます♪?。
  • 新しいDollの制作に取り掛かりました。  HGC社からの 目が届きましたので、さっそく使いましょう。 FB14の、ブリュージューンです。14mmの、ライトブラウンのペーパーウェイトをセットしました。 ミレットサイズのブリュージューン。8mmの、オーバル (バックピンチ) のスパイラルの虹彩のペーパーウェイトグラスアイ。同じサイズのはずなのに、虹彩のサイズがかなり違う気がします。グラスアイは、8mmの次は、1 [続きを読む]
  • ブリューミランダが、完成しました。
  • ブリューミランダが完成しました。 ヘッドモールドは、シーリー社のブリューミランダ。 お座りのできるタイプのベベタビト特製のFB14・キッドボディー。(出来上がり身長44cm) カニス社のアイスブルーのペーパーウェイトグラスアイ。 (ピンチバックというオーバルタイプ) cheveux(シュヴー)の、フランス製のブロンドウィッグ。 ブリューミランダさんは、おすまし顔ですね。透きとおった瞳で、遠くを見つめています [続きを読む]
  • ブリューミランダのドレス
  • ミランダのドレス、スカート部分にシルクオーガンジーを掛けた後、フリルレースでふちを始末し、木馬のフローラルロココテープを飾りました。本当はアンティークのものがあると嬉しいのですが、1m以上のロココテープは見つかりません。 アイボリーのシルクオーガンジーだけでは寂しい気がして、シルクサテンのリボンを造作して、下の写真のようにしました。 こちらは、身頃に飾るパーツです。ミシンで縫ったところの糸を [続きを読む]
  • グラスアイが届きました〜?。
  • 4か月近く待った、 HGC ハンドグラスクラフト社のグラスアイたちが、やっと届きました。年末には、海外のネット詐欺のニュースを何度も耳にしていましたので、心配でした。グーグルなどで検索すると1ページ目で出てくるようになっているので、(1ページ目に上げる操作法は、不明、とのことでした) 安心してそのサイトから入っていって、注文支払いをしても商品が届かない、という海外の詐欺被害報告が、昨年夏から警察庁に多 [続きを読む]
  • ブリューが完成しました。
  • ブリューが完成しました。 ヘッドモールドは、アオイドールのブリュージューン。 ブルーのペーパーウェイトグラスアイ。 お座りのできるシュヴロボディー。(出来上がり43cmほど) モヘヤのライトブラウンの手作りウィッグ。 まず、コートを着用していない時の写真をご覧ください。 上のようにボネを被っていてもいいのですが、わたくしは本当は、ボネを載せないままのDollも、大好きなのです。     (じつは、下着 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます。
  • 旧年中は、わたくしの小さなブログに遊びにいらしてくださり、またお忙しい中をご丁寧なコメントも頂戴し、本当にありがとうございました。皆様からいただきますコメントは、とっても励みになりなります。 どうぞ今年もよろしくお願い致します。本年も幸多くお健やかな一年となりますよう、念じ上げております。           今朝、自宅の裏の水路で、カワセミを見つけました。実際は、もっとずっと鮮やかなコバ [続きを読む]
  • 『2017お気に入りフォトバトン』と、ボネ。
  • ブロ友さんの angelwings さまから、『2017お気に入りフォトバトン』が回ってきました。 angelwings さま、今年ブログでお知り合いになったばかりですのに、親しくしてくださり本当にありがとうございます。まるで10年の既知の友のように、DOLL話しもたのしく、たくさんの技術を教えてくださいます。 リブログした angelwings さまからの、生地の転用となりますが、『2017お気に入りフォト』のルールはこうなっています。2017 [続きを読む]
  • ボネ講座。
  • フランスから、ぼかし織りのシルクタフタと、細かなレースたちが届きました。薔薇の花が大きいのですが、アンティークのデッドストックなので状態は極めて良いです。       ※ ぼかし織りとは。フランス語で、シネ・ア・ラ・ブランジュ と呼ばれる、最も高価で手間のかかる特別な織物「絣織り」のことです。水彩画のようにぼかした文様の織物は、あらかじめ模様を染めた縦糸で模様を織り出す技法で作られているため、模様 [続きを読む]
  • ブリューのワンピースがほぼ出来上がりました。
  • 先回、ピンクのシルクタフタが候補にあがっていたのですが、引き出しの中に、こんな可愛らしい薄手のシルクを見つけました。アンティークのデッドストックで、オーガンジーのように適度のハリがあり、折柄で透けがある、とってもかわいい生地です。 デザインを決め、裏地まで仕立てたのですが、せっかくのジグザグの透け織の下がアイボリーでは寂しい気がしてきました。 なので、ボディーの身頃部分を濃いピンクの生地で、 [続きを読む]