中島ちよこ さん プロフィール

  •  
中島ちよこさん: お母さんが笑顔になる幸せレシピ
ハンドル名中島ちよこ さん
ブログタイトルお母さんが笑顔になる幸せレシピ
ブログURLhttps://ameblo.jp/puremicchu/
サイト紹介文「脳を休める究極のリラックス・メソッド」で幸せな人生を手に入れる お母さんが笑顔になるヨーガ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 287日(平均1.7回/週) - 参加 2017/01/19 14:31

中島ちよこ さんのブログ記事

  • その痛みは心からの大事なメッセージ
  • なんとなく調子がでない 病気というほどではないけれど身体が重いというようなことはありませんか? その不調は心から来ているかもしれません。 息子が高校を休みがちになってから私は朝、起きることがとてもつらくなりました。 夫を送り出してからまた布団に入りお昼近くまでうつらうつらしていました。 更年期だから仕方ない。 ずっとそう思っていました。 それだけの理由ではなかったと今、気づきました。 学校を休も [続きを読む]
  • 究極の幸せな世界
  • ある本で読んだ素敵な世界をご紹介しますね。 そこでは人は「今」を楽しんで生きています。 過去や未来へ意識を向ける必要はありません。 ものごとを問題ととらえるのではなく、乗り越える挑戦ととらえます。 考えるのではなく知覚します。 見るもの、聞こえるものに喜びを感じること。 手で触れること 意識して呼吸をすること 香りを嗅ぐこと 味覚を味わうこと 今を満喫すること。 こんな風に毎秒、瞬間幸せを感じて生 [続きを読む]
  • 自分と向き合うことで人は変わる
  • ヨーガを始めて変わったこと。 それは周りの人からどう思われるか気にならなくなったことです。 息子が不登校になったとき私は肩をうなだれ下を向いて道を歩いていました。 高校も満足に通わせることができない自分は近所の人からどう思われているのか当初はとても気になりました。 ところがスポーツクラブのヨーガクラスに通い始めてから私は変わりました。 呼吸と向き合うヨーガの時間。 周りの人や視線を気にすることな [続きを読む]
  • この世は合わせ鏡
  • 今、目の前で起きていること、好ましくない状況は自分の内面が映し出されているとしたらどうでしょう? 息子が高校に行かなくなったとき好きなことだけしてお気楽でいいなぁと思いました。 やりたくないことには時間を費やさないのです。 当時はそんなことでは世の中を渡っていけないと思っていました。 でも今、改めて息子の不登校が教えてくれたことは何かと考えてみるとわたしの生き方を身をもって示してくれたのだと気づ [続きを読む]
  • 困難を乗り越えた先にあるもの
  • 困難の渦中にいるときはなかなか先が見えずいつこの状態から脱出できるのだろうと不安になることもありますね。息子が高校の出席日数が足りず退学が決まったとき私はパート先をクビにされました。 ダブルパンチ。踏んだり蹴ったりでした。 なぜこんな目に合わなければならないのか? それから6年経った今では将来の自分に必要なことだったから起こったのだと思えるようになりました。 息子の不登校と自分の解雇。 この困難が [続きを読む]
  • 食べものは人を幸せにする
  • 新学期が始まり、学校生活のリズムに慣れないお子さんもいるかもしれませんね。 そこでお母さんにできることは食生活のリズムを整えることです。 先日アーユルヴェーダの講座に参加してきました。 わたしの心に深く刻まれた言葉があります。 「神様(神意識)に供物を捧げるように自分の身体へも食物を捧げる」 今までわたしは家族のために一生懸命、料理を作ることはあっても昼食時、自分ひとりのときは残り物で適当に済ま [続きを読む]
  • 身体の痛みは心の叫び
  • 数ヶ月前から、左のお尻の辺りに激痛が走るようになりました。 痛みだした頃は手でさすってみたり動かしたりしていましたが痛みはすぐに引きませんでした。 最近、痛みは心の痛みに連動していることに気づきました。 痛んだとき、心の状態を感じてみると未来を不安に思ったときや自分を強く否定していることに気づきました。 その心の痛みに意識を向けて「あっ、また自分を責めている」と気づけると痛みが引いていくのです。 [続きを読む]
  • 青空が広がる日は必ず来る
  • この時期は通り雨や台風がやって来ますね。 雨雲や台風情報を見聞きすると心がざわざわとしますね。 でも通り雨も台風も過ぎてしまえば青空が広がることをわたし達は知っています。 私たちの心も空模様といっしょです。 雨の日もあれば、どんよりした曇り空、土砂降りの日、嵐の日が訪れることもあります。 晴天の日がずっと続くわけではありません。 心は空模様のように移りゆくもの。 その心が自分であると思いが [続きを読む]
  • とらえ方を変えるとHappyになる
  • 物事のとらえ方によって感情やストレス、これから起きる出来事が変わってきます。 昨日、イスのカバーをミシンで縫っていたときのことです。 ミシン針が折れてしまいました。 あっ、自分のエネルギーが変わったのかな?と思いました。 実はイスのカバーをカーテンの余った布地で作ろうと思ったのは7年も前のことだったのです。 それまではバスタオルや布をイスにかけてしのいでいました。 ハギレを縫い合わせて作ることは [続きを読む]
  • 感情の先にある本当の思い
  • 感情のなかにどっぷりと浸かってしまうと本当の思いに気づけなくなることがあります。 夏休み。息子と顔をつきあ合わせなければならないと思うと毎年憂うつでたまりませんでした。 一日中家でいっしょにいると息がつまりそうになり都内の街にふらっと出かけたりもしました。 なぜ夏休みが憂うつになるのか。 お昼ごはんをきちんと作らないといけないから? 生活のペースが崩されるから? 本当の理由はそんな表面的な [続きを読む]
  • 家族と向き合う大切さ
  • 福岡で行われたヨーガ療法学会へ参加してきました。 ストレス性疾患を持った方が心も身体も元気になるためにヨーガ療法士が取り組んだ症例報告の発表の場です。 どのヨーガ療法士も真剣に患者さんと向き合っていることが感じられました。 その人の人生に向き合い、耳を傾け思考の癖や、考え方の偏りがないかどうか見立てていきます。 最初はヨーガのエクササイズで身体からアプローチしていきます。 ポーズの後の身体の [続きを読む]
  • 生まれてきてくれたことへ感謝
  • 今日は七夕ですね。昨日、佐賀の唐津まで行ってきました。唐津駅で見た七夕の飾りに幼稚園の子どもの願いが書かれていました。「 背が高くなりますように」「 キュウレンジャーのように強くなれますように」「 サッカーが上手くなりますように」とても純粋な心に はっとさせられました。息子が生まれてくる時に思ったこと。五体満足で生まれてきてくれるだけでいい。心からそう願いました。でもだんだんとその気持ちは薄らいでい [続きを読む]
  • 期待しないとハッピーなことが起こる!
  • 何も期待しないでありのままを受け入れると思いがけず「ラッキー!」と思うことがあります。 最近、私は美容院を変えました。 髪を伸ばしている途中なので毛先のカットだけでいいと思いネットで探し美容院へ行ってみました。 一歩足を踏み入れてみるとこじんまりとした、ほのぼのとする素敵な美容院でした。 鏡は木で縁取られ、サンキャッチャーが飾られ床は木のフローリング。 十年以上もこの近くに住んでいたのに気づき [続きを読む]
  • 感情の切り替えスイッチでHappyになろう
  • 感情のスイッチを切り替えられるようになるととても穏やかに過ごすことができるようになります。 今日は母と妹を昼食に招待しました。食事の準備が遅れていました。 食材を買いに行ってくれた夫が帰宅し、私に掛けた言葉は「ぜんぜん、準備できてないじゃない」 この否定的な言葉に私は反応しました。 「そんなこと言ったって仕方ないでしょう」(そんなこと言うなら、手伝ってくれればいいのに) 「こんな言葉を言われたら [続きを読む]
  • バランスをとって調和の世界で生きる
  • バランスをとるための時間があるからこそ調和が保たれることを実感したお話をしますね。 今日、伺ったお宅では盲導犬の役割を終えリタイアした犬の世話をしています。 盲導犬として活躍しているときは決して吠えない走らないことを徹底して訓練されています。 盲導犬の役目を終えてもその習慣は持続されるそうです。 吠えた声を飼い主さんは一度も聴いたことがないそうです。 走る姿も見たことがないそうです。 でも寝て [続きを読む]
  • フィルターを外してありのままを見よう
  • 海辺でのYOGAを楽しんできました。 目を閉じて波の音を聞きながら海から吹く風を感じながら呼吸に集中する至福の時間 いくつかのポーズのあとに目を開けてみると視界がクリアに変化していました。 江ノ島の木々の緑がYOGAを始める前よりもクリアに見えました。 フィルターが何枚か外れた感覚です。 生まれたときはフィルターはなかったのに大人になるにつれていくつものフィルターが重ねられていきます。 色めがねで [続きを読む]
  • 執着を手放せば望みは叶う
  • 困難に出会ったときそれは自分が変わるチャンス その試練は今のあなたがより幸せになるためのギフト 受け入れがたい出来事 それは5年前の息子の不登校でした。 なぜわが子に限ってこんなことにのるの?何も苦労しないで学校へ通う子は沢山いるのに。 制服を着て楽しそうに友と語らう高校生を見るたびに当時はそんな思いを抱いていました。 息子が不登校になったことで私が学んだことを思い出してみました。 それ [続きを読む]
  • どんなことも必ず乗り越えられる
  • YOGAを学び始めて生きることが本当に楽になりました。 今、ヨーガ療法士を目指して勉強をしています。 先日授業で心理テストをしました。その中で次のような質問がありました。 「これから、人生の大事な場面で困難に直面したとき、あなたはどう思うでしょうか?」 「必ず困難を乗り越えられると思う」に私は迷うことなく○印をつけました。 YOGAを始める前は他人軸で生きていました。出来事に翻弄されっ放しでした。 で [続きを読む]
  • 幸せな眠りにつこう
  • 毎晩ぐっすりと良く眠れたと感じられますか? 子供の頃はぐっすりと眠り、翌日まで疲れが残っていることなんてなかったなと思います。 息子が不登校で昼夜逆転していたときは夜、なかなか帰ってこない息子を心配し私は安心して眠りにつくことができませんでした。 翌朝の目覚めもよくなくカラダが重くなかなか家事もテキパキこなすことができませんでした。 そこで朝、気持ち良く目覚められるように睡眠の質をあげるポーズを [続きを読む]
  • 心から発せられた言葉は相手を幸せにする
  • 心から伝えたい言葉を発すると相手の心に深く届くんだなと感じた出来事がありました。 昨日、夫が仕事から帰宅すると21歳の息子が「お帰り」と言葉を掛けました。 思春期の頃から親子間での会話が減り挨拶はここ数年、息子から声を掛けることはすっかりなくなっていました。 息子が幼い頃は家族のために働いてくれているお父さんが帰ってきたんだから感謝して「お帰り」を言おうねと私は言い続けていました。 息子は私に強制 [続きを読む]
  • 結果を気にしないで楽に生きよう
  • どうにもこうにも進めないときは今できることを無心になってやってみる ただひたすら、これを毎日継続していくことがやがて大きな力となっていきます。 息子は通信制高校のスクーリングへ行かず、課題もやらないといった時期が数ヶ月続いたことがありました。 出口が見えないトンネルに入り込み私は悶々としていました。 生きる智慧であるYOGAを学び始めた今ならどうするか考えてみました。 親としてできることをひた [続きを読む]
  • 今ここを楽しむコツ
  • 何か悩みがあるときは意識がそのことばかりに捉われてしまうことがありますね。 今ここを生きていない状態です。 考えないようにしようと思っても気がつくと考えているといった繰り返しで地に足がしっかり着いていない状態になります。 そんなときは自然に身を委ねることで大地にしっかりと足を着けていくことができます。 今日は波打ち際を裸足で歩いてみました。 押し寄せる波。潮の香り。波の音。 五感が研ぎ澄まさ [続きを読む]
  • 花を咲かせる場所は自分で選ぼう
  • 植物は置かれる場所によって育ち方が変わってきますね。 人間も置かれた環境によって花を咲かせたり、うまく育たないこともあるのだと思います。 トマトの苗を見てそんなことを感じました。 畑を借りて有機栽培の野菜を育てています。 トマトの摘心をしたものを家に持ち帰り、挿し木をしてみました。 二つのプランターに植えひとつは朝日だけが当たる車庫に置いてみました。 もうひとつは南西の日当たりのよい庭へ置 [続きを読む]
  • 未来のあなたを感じてみよう
  • 今、立ちはだかっている困難が未来のあなたにどんな影響を与えるのか感じてみてください。 目の前で起きている問題、悩みは一見不要なものにも思えるかもしれません。 でも後になってみるとあのときの困難が今の幸せにつながっていたと気づくときが必ず来ます。 私は息子の不登校に苦しみました。なぜ、我が子が不登校になるの?あんなに活発で社交的だった息子なのに。  [続きを読む]
  • 干渉波出していませんか?
  • 一度崩れた信頼関係を取り戻していくことは時間がかかりますね。 親子関係もそうです。 塾へ行っていたと思っていた息子が行っていなかった。制服を着て出かけたのに学校へ行っていなかった。 こんなことが度重なり、私は息子を信頼できなくなりました。 こちらが信頼しなくなると息子からも信頼されなくなります。 一番寂しいなと [続きを読む]