usachan さん プロフィール

  •  
usachanさん: usachanの旅ブログ
ハンドル名usachan さん
ブログタイトルusachanの旅ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/usachan-001/
サイト紹介文Twitterで表現できない日頃の想いを情報発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 333日(平均7.6回/週) - 参加 2017/01/19 15:42

usachan さんのブログ記事

  • 日航123便墜落の新事実
  •  日航123便墜落は事故ではなく、事件だったという主張はこれまで他にもありましたが、墜落から32年経った年に出版されたこの本には、説得力のある新事実が明らかにされています。 また、P34から始まるスチュワーデスの視点からという章では、かつての同僚を失った供養の想いが綴られていて、強く胸を打たれます。 2015年になって新たな目撃情報があり、墜落前の機体後方に赤い何かが貼り付いていて、低空で飛ぶ日航123便の後方を [続きを読む]
  • 人工知能の可能性について考えてみた
  • 人工知能 (AI) は、ディープラーニング(深層学習)と呼ばれる機能が加わって進歩したと理解していますが、従来の機械学習において忘れてならない限界があります。 それは、ノーフリーランチ定理と呼ばれる概念で、全て問題をカバーできる高性能なアルゴリズムは存在しないということです。つまり、問題が変わればアルゴリズムを変えないと最適解は得られず、そこで人の手が必要となります。 一方のディープラーニングは脳の処理 [続きを読む]
  • 今年の漢字は北よりも嘘 
  •  2017年の世相を表す今年の漢字は北に決まったそうですが、個人的には嘘です。 森友・加計疑惑でこれだけ世間を騒がせて、嘘で塗り固められたモリカケ問題こそが今年の象徴であり、来年には真実が明らかにされることを願っています。 それにしても、不当な勾留が続く籠池夫妻はこのまま大阪拘置所で年を越すのでしょうか? 国家権力を乱用する安倍政権には、来年こそ早く退いてもらいたいと思います。 にご協力を! [続きを読む]
  • 斉藤元章容疑者と山口敬之氏の関係
  • 東京地検特捜部に逮捕された斉藤元章容疑者と山口敬之氏の関係ですが、齋藤容疑者と山口氏が昨年の3月に設立した日本シンギュラリティ財団では、山口氏が代表理事、齊藤容疑者は理事になっています。 山口氏はTBSに在職中でありながら財団の代表に就任しており、この財団の所在地が山口氏の実家になっていることも明らかにされています。 人工知能とは無縁の政治記者である山口氏が、どうして齊藤容疑者と一緒に実体のない財団を [続きを読む]
  • リッター社のMarzipan(マジパン)
  • ドイツで最も売れている定番のチョコレート、リッター社のRitter sport(リッタースポーツ)にMarzipan(マジパン)があります。 今回の旅行では、オスロの免税店でこのチョコレートを購入しましたが、マジパン味が何なのか知りませんでした。 食べた感想は、和菓子の白あんこみたいな味で、砂糖とアーモンドを挽いて練りあわせて作るそうです。 日本にもリッタースポーツの人気チョコレートとして輸入されているらしいので、見つ [続きを読む]
  • 逮捕された斉藤元章容疑者
  •  東京地検特捜部に巨額の助成金詐欺容疑で逮捕された斉藤元章容疑者は、新潟大学医学部を卒業した医師です。 卒業後は東京大学の放射線科に入局し、新潟県の米山知事とも同僚で親しかったと言われています。 その後、渡米して平成9年に米シリコンバレーで起業し、東日本大震災を機にスーパーコンピューター業界に参入しています。 ベンチャー企業 (ペジーコンピューティング) のカリスマ社長としてマスコミに取り上げられる事も [続きを読む]
  • 日本人の酔っ払いが機内で喫煙か
  •  日本のメディアではまだ報道されていませんが、9日に台北発のチャイナエアライン(CI835便)で、乗客が機内で喫煙した疑いがあり、安全保障上の理由で台北へ急遽引き返す事案が発生しました。 原因は日本人の酔っ払い3人らしく、乗客260人に4時間の遅延が出たそうです。喫煙した疑いの乗客は警察に引き渡されたそうですが、どのような処分になるのでしょうか? このようなマナーの悪い日本人がいること自体残念ですが、チャイナエ [続きを読む]
  • 大相撲の八百長について
  • 2011年に発覚した大相撲の八百長事件では、25人もの親方と力士が引退勧告などを受けて相撲界を追放されました。 これで膿が全部出たかというと、モンゴル力士の間では現在もレイラと呼ぶ八百長が行われているという噂が絶えません。 したがって繰り返しになりますが、今回の事件が起こった宴席での暴力は、ガチンコ相撲の貴ノ岩に制裁を加える目的があった可能性が十分に考えられます。 現在の相撲協会は明らかに白鵬に舐められて [続きを読む]
  • 大相撲の暴行事件について
  • 日馬富士が同じモンゴル出身力士である貴ノ岩を暴行した事件ですが、週刊誌がその背景を詳しく報じています。 ガチンコ力士である貴ノ岩の言動を普段から快く思っていない白鵬が、宴席で説教したことが引き金となり、そのあと酒に酔った日馬富士が暴力を振るい、白鵬はそれを傍観していたようです。 つまり、八百長相撲が日常化していると噂されるモンゴル出身の力士の中で、ただ1人ガチンコ力士である貴ノ岩が粛正を受けたとい [続きを読む]
  • 現代のコンコルドが日本の空に
  •  今年の夏にイギリスで対面したコンコルドですが、日本航空が超音速旅客機の開発を進めているアメリカのベンチャー企業と業務提携し、2020年代半ば以降の就航を目指していることが明らかになりました。 開発中の超音速旅客機の巡航速度はマッハ2.2で、引退したコンコルドはマッハ2でしたのでそれよりも早く、所要時間は現在の半分以下に短縮されることになります。 ただし航続距離が8334キロと短く、東京からサンフランシスコま [続きを読む]
  • 日本でガルーラを捕まえた
  • ノルウェーから日本に着いて、ポケモンGOを開いたら見慣れないポケモンがいたので捕まえました。 後で分かったのですが、オーストラリアなどオセアニア限定のポケモンであるガルーラが48時間限定で日本など東アジアに出現していたようです。 ノルウェーではヨーロッパ限定のバリヤードの影も見つけられなかったので、思いがけない収穫となりました。 バリヤードはPokemon GO PARKのイベントで日本でも捕まえられるみたいですが、 [続きを読む]
  • カラスに見える小動物
  • だまし絵的な小動物の寝姿がネット上で話題になっています。毛布をかぶって寝ている横顔の耳部分がカラスのくちばしに見えませんか? Twitterでは、「カラスのぬいぐるみかと思った...」などの声が寄せられているこの小動物は、ウサギのアメちゃんだそうです。 可愛いと評判になっていますが、毛布にくるまってどんな夢をみているのでしょうか? にご協力を! [続きを読む]
  • トロムソ出身のシンガー レネ マーリン
  • 先日、訪れたノルウェーのトロムソ出身の女性ポップシンガーがレネ マーリンです。 1999年にリリースされたデビューアルバム「Playing My Game」は母国ノルウェーのアルバム・チャートで初登場1位を獲得し、日本でも知られるようになりました。 少女のような透き通った声で、爽やかで軽やかなポップソングを歌っていて、透明感が北欧のイメージにぴったりです。 トロムソでアマゾンに注文して、帰国時にはCDが届いていました。デ [続きを読む]
  • ファミリーマートの忖度御膳 
  • ファミリーマートの新マーケティング戦略の下で企画されたお弁当が、12月1日から数量限定で販売されています。 その名も、今年のトレンドワードである “忖度” をテーマにした「忖度御膳」です。 金目鯛やのどぐろなどの高級食材を使用した高級弁当で、価格は798円(税込)ですが、果たして売れるでしょうか? ネット上では、ファミマ「忖度弁当」忖度しすぎて全く売れず廃棄? 店員の悲痛な声が話題 などど報じられています。 [続きを読む]
  • ヴィーゲラン彫刻公園に行って来た
  • 今回のノルウェー旅行で最も行きたかったのが、オスロの近郊にあるヴィーゲラン彫刻公園でした。 ノルウェーを代表する彫刻家であるヴィーゲランが、オスロ市からの依頼を受けて制作した212点ものブロンズ像や石像が展示されています。 最も有名なのがモノリス(モノリッテン)で、121人の人物像が一枚岩から切り出され14mを超える高さがあります。 これらの人物はもつれ合い、積み重なりながら空へと伸びていて、聖なるものに近 [続きを読む]
  • 福島で甲状腺がんが多発していた
  •  今日の福島民友という地元紙によると、11月30日に福島市で開かれた県民健康調査の甲状腺検査評価部会において、甲状腺がんやがんの疑いと診断された患者が原発事故の避難区域に指定された地域で最も高いことが報告されました。 この結果は、今年の9月に甲状腺がん多発 福島の不都合な真実 で報告した結果と一致しており、甲状腺検査評価部会がこの事実に気付きようやく重い腰を上げたようです。 分析を行った福島県立医大の担当 [続きを読む]
  • 帰りの SK983便 
  • 出発の10分前にたどり着いた帰りのSK983便ですが、コペンハーゲンを定刻に出発し、20分早く成田に着きました。 シベリア上空で淡いオーロラが出ていましたが、写真に撮ることはできず、その後は疲れもあって眠ってしまいました。 スカンジナビア航空の機内には数名の日本人客室乗務員が乗務しているので、サービスも行き届いておりリラックスできます。 また、北欧に行くことがあれば、少し高くてもSASプラスを利用したいと思いま [続きを読む]
  • セルフバッゲージドロップについて
  • 日本でも一部の空港で導入されているセルフバッゲージドロップ(自動の手荷物預け入れ機)ですが、ヨーロッパの空港ではこちらが主流になっています。 ヨーロッパ内の移動では有人カウンターは原則使えず、セルフチェックイン機でバーコードのついたタグを印刷し、自分で荷物に取り付けます。 タグのついた荷物をセルフバッゲージドロップに持って行き、計量してバーコードの読み取りを終了すると、ベルトコンベア上の荷物が流れ [続きを読む]
  • ノルウェーの物価について
  • 高いと言われているノルウェーの物価ですが、感覚的に日本の2〜3倍といった感じでした。 オスロの空港の到着口には大きな免税品店があり、沢山の商品が並んでいて利用する人も多数いました。 ノルウェーの消費税は25%もあるので馬鹿になりませんが、高額な商品を買うときはコペンハーゲンまで行くとさらにお得なようです。 私が行った時はちょうどブラックフライデーで、アラビア製のムーミンマグカップが半額の1500円でしたが、 [続きを読む]
  • トロムソから日本に帰ってきました
  • 11月26日は、トロムソのホテルから朝7時22分発の空港バスに乗って、ノルウェージャン航空(Norwegian Air)でオスロに向かい、スカンジナビア航空(SAS)に乗ってコペンハーゲン経由で帰ってきました。 ところが、オスロの空港では荷物の積み込みのトラブルで出発が30分以上遅れ、65分しかない乗り換え時間なので、きわどい乗り継ぎでした。 SASではこのような事はよくあるらしく、誰も地上でサポートしてくれないので、成田行きの便 [続きを読む]
  • 極夜のトロムソより 2
  • トロムソの午後2時の様子です。10時ころに明け方の明るさになって、そのままの状態で午後1時くらいから徐々に暗くなっていきました。 昨日と打って変わって風が強く雪が舞っています。今夜のオーロラはあきらめて26番のバスに乗ってフィエルハイセン(Fjellheisen)に行って 来ました。 展望台に向かうゴンドラは30分おきに運行されていて、400mを超える高さまで運んでくれます。晴れていれば、この絶景のはずでした雪に煙るトロ [続きを読む]
  • 極夜のトロムソより 
  • 昨日、オスロからトロムソまで利用したノルウェーのLCCノルウェージャン航空(Norwegian Air)ですが、 遅いながらも機内でWifiが無料で使えました。 シートピッチが狭いこともなく、座席指定や機内サービスが有料なことを除けば他と遜色ありません。 昨夜のトロムソは晴れていましたが、オーロラの活動が弱かったらしく、北側のホテルの部屋からは何も見えませんでした。 今夜はトロムソを一望に眺められる展望台である フィエルハ [続きを読む]
  • オスロでムンクの叫びを見た
  • ムンクの叫びは、同じ市内のムンク美術館にもありますが、思春期も見たかったので、オスロ国立美術館に行って来ました。19番はムンクの部屋でしたが、ずっと独り占め状態で写真も取り放題でした。監視人もいましたが、フラッシュを使わなければ黙認してくれます。太っ腹ですね さすがバイキングの国ノルウェー !おなじみの、あの絵が目の前にこちらの絵も、訴えるものがありました [続きを読む]
  • SASの機内サービス
  • 機内サービスですが、SASは他の会社と比べてカクテルなど飲み物の種類が豊富で、SAS プラスではスパークリングワインも選べました。食後にウイスキーをいただきましたが、スウェーデンのシングルモルトでMACKMYRAという銘柄でした。癖も無く飲みやすかったので調べてみたところ、比較的最近できた会社のようで、評判も良いようです。お土産に買って帰っても良いかもしれません。 [続きを読む]
  • SASの機内より
  • コペンハーゲンに向かうスカンジナビア航空の機内よりメッセージです。SASプラスを利用していますが、Wifi は無料です。速度はそれなりですが、機内でネットにつながるのは便利ですね。遅いお昼ご飯を食べて、今はシベリア上空でまったりしています。ビーフを選びましたが、繊細な味付けでした。 [続きを読む]