showbou さん プロフィール

  •  
showbouさん: 消防設備点検工事やってます
ハンドル名showbou さん
ブログタイトル消防設備点検工事やってます
ブログURLhttp://showbou.seesaa.net/
サイト紹介文東京豊島区池袋を拠点に活動する消防設備士の活動ブログ。消防用設備全般を取り扱っています。
自由文建物内に設置している消防設備を取り扱っている営業ブログです。消防設備、消防法、消火器を取り扱う消防設備士乙6試験についてもふれています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 321日(平均0.5回/週) - 参加 2017/01/19 18:38

showbou さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 高温の場所に設置する火災感知器・防火設備
  • 高温の場所に設置する火災感知器と防火設備定温式スポット防水型 100℃現場:東京都某所火災感知器は各々の場所に適した特性のものを設置する必要があります。今回設置した場所は高温の場所。ナポリピッツァのお店てピザ窯上部に火災感知器を設置する事になりました。大変立派なピザ窯です。少し見にくいですが上部にある白いものが火災感知器です。設置した感知器は定温式スポット防水型 100℃用施工前に管轄の消防署へ行き設置 [続きを読む]
  • 避難ハッチの交換工事 【避難器具】
  • 避難ハッチの交換工事現場:埼玉県朝霞市昨年度から消防設備点検をさせていただくことになった現場で避難器具の腐食による不良がありました。その時に撮影した写真過去の点検履歴は不明、全体的に傷んでおり開閉すら困難でありました。避難器具は火災から避難するために設置していますが腐食が進んでいるため使用したら安全に降りられるかどうかも微妙でした。降りられないことは無いでしょうが良い状態ではありません。旧避難器具 [続きを読む]
  • 火災受信機の交換 
  • 自動火災報知機設備火災受信機の交換弊社は自動火災報知設備を中心に扱っていますが火災受信機の交換工事の依頼が最近増えております。設備機器を取りまとめている日本火災報知機工業会は火災受信機の場合おおよそ15年から20年での交換が望ましいといっております。設備の経年劣化等でいつ壊れるか不明のためおおよその期間を設定しています。火災受信機にかかわらず設備はメンテナンスをしっかりやっておけば長期間使用できますが [続きを読む]
  • 非常警報複合装置の移設工事 非常ボタン
  • 非常警報複合装置の移設工事【押し釦】今回のご依頼は押し釦の移設工事です。既存の場所に物や棚等を設置してしまってボタンがどこにあるか見えなくて押せなくなっていました。開口してある場所から外に出す工事をします。100V用のFケーブルと耐熱の4心ケーブル2種類を配線します。非常警報複合装置では電源の配線とボタンを押した時に他の器具に連動させるための信号線が必用です。自動火災報知設備よりは配線の本数が少ないです [続きを読む]
  • 発信機の改修
  • 発信機の交換工事弊社の管理物件で発信機が経年劣化で使用できなくなり交換することになりました。発信機は火災信号を手動で発信させる装置でボタンを押せば即時にベルが鳴ります。今回どのような故障が起こったかというと、押し釦を押すと押されたままロックし元に戻らなくなってしまいました。原因は開放廊下【屋外に面した廊下、通路】に長期間設置されていたためホコリや水分が蓄積しボタンが動かなくなってしまいました。開放 [続きを読む]
  • カットリレーの工事
  • カットリレー工事の依頼がありました。カットリレーとは?非常放送時、店舗などのBGMを強制的にとめるための装置で100Vのコンセント型が一般的です。非常放送の内容がBGMによってかき消されてはこまるので強制的にカットする仕組みになっています。カラオケ店舗などではカラオケの音響を停止します。インターネットカフェや個室ビデオ等はヘッドホンの音声で放送が聞こえなくなる場合があるのでこういった仕組みが必用になってきま [続きを読む]
  • 自動火災報知設備の更新、交換時期
  • とある資料を探していたら日本火災報知機工業会が出している自動火災報知設備の交換時期についての書類を見つけた。自動火災報知設備は昭和36年の消防法改正で登場してきました。たまにレトロな火災受信機を目にすることがありますが、工業会が推奨するおおよその期間は、、、、■火災受信機 15年電子機器部品を多用していない火災受信機は20年です。電子部品を多用している場合は基盤のみの交換が可能だったりするので場合によっ [続きを読む]
  • 建物の収容人員の算定
  • 消防法では建物によって収容人数を算出します収容人員を算出して何に使用するかというと■建物の種別の区分建物には甲種防火対象物、乙種防火対象物がある■防火管理の有無建物や入居するテナントに防火管理が必用かどうか?どのような防火管理体型になるのか?■消防設備の設置の要件人数によって設置する設備がかわってくる。このような感じで必用になるので収容人員の算定は結構重要です。例別表第11項に掲げる防火対象物1項は [続きを読む]
  • 総合盤移設工事
  • 総合盤の移設工事もともと総合盤があった場所に区画をしてしまったため総合盤を移設することになった。押し釦は常に押せる場所に設置しなければならないので、鍵の掛かった部屋にある場合は共用部へ移設することが必用。もともとの設置場所総合盤の本体を外し配線を切断する。切断した配線は天井内へ上げ引っ張りだす。総合盤の本体を外すときはこのように配線を残しておく。こうすることにより後でわからなくなってしまっても確認 [続きを読む]
  • 非常警報の交換
  • 非常警報複合装置の交換防雨型非常警報複合装置は押し釦を押すことにより建物全てにサイレン又はベルを鳴らします。どこでもボタンを1ヶ所押せば全ての装置に連動し音響が鳴ります。1989年製の非常警報複合装置【防雨型】防雨型には外部からの雨の侵入を防ぐためゴムパッキン等の防水加工がしてあります。屋外の開放廊下等では防雨型を使用します。装置の本体を撤去同サイズの現行品のため埋め込みボックスはこのまま使用できる。 [続きを読む]
  • 火災感知器の交換 差動式分布型【空気管用】
  • 差動式分布型感知器の交換差動式は一定の温度上昇率を超える場合に火最信号を発する熱感知器です。差動式には火災感知器には差動式のスポット型、差動式の分布型がある。■差動式スポット型---- 小型な感知器、スポット的に設置する。■差動式の分布型---- 一定のエリアを広範囲に警戒し空気管を使用する 黒い物体が感知器本体。白い管2本が空気管で管の中は空洞になっている。この管が天井部に設置されエリアで火災を警戒して [続きを読む]
  • 総合盤の発信機、表示灯交換
  • 総合盤の発信機と表示灯の取り換え前回の受信機交換と同時に発信機と表示等の交換の依頼です。総合盤とは発信機、表示灯、非常ベルが1セットになっているものです。機器収容箱と言ったりもします。今回は発信機、表示灯、非常ベルのうち発信機と表示灯を交換します。L端子、C端子、A端子があります。L線  火災信号の回路【-】C線  共通線【+】A線  発信機識別回路【-】 ※蓄積機能を解除させる。※蓄積機能とは火災感 [続きを読む]
  • 火災受信機の交換
  • 火災受信機の交換【P型2級5回線】経年劣化のため火災受信機の交換依頼です。もともとが能美防災製の火災受信機なので能美防災製の火災受信機を使用します。火災受信機は設置条件が良ければ長期間使用することが可能です 【壊れにくい】今回の受信機はバッテリーが充電されず、各種ディップスイッチが固着していました。今回の工事手順1、 火災受信機のブレーカーを切る2、 各種にアミソを組み迷子にならないようにする3、 配線 [続きを読む]
  • 誘導灯新設工事
  • 倉庫の誘導灯設置工事消防署の査察での指摘管轄する消防署から査察が入り指摘があり2階から1階へ行く階段に避難口誘導灯を設置するよう指摘があった。誘導灯の選定誘導灯は大きい順からA級、B級、C級とあり建物の階面積によりどれを設置するかが決められています。今回の倉庫の場合だと地下、無窓階、11階以上必要になります。倉庫は面積に関係なくC級以上が使用できるので一番安価なC級を使用します。設置の流れ1、 誘導灯のブレ [続きを読む]
  • 避難器具交換
  • 避難器具の交換 年次点検での不良改修です。避難器具の老朽化及び腐食での交換です。自在金具の金属折りたたみ製避難はしご 自在金具は窓の腰壁に挟み込んで設置します。今回は既存のものがあったので同じ設定にし新規で更新しました。弊社が携わっているビルは小規模の複合用途ビルが多いので収容人員が10人を超える場合に設置するケースが多いです。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …