植物画とキノコグッズの部屋 さん プロフィール

  •  
植物画とキノコグッズの部屋さん: 植物画とキノコグッズの部屋
ハンドル名植物画とキノコグッズの部屋 さん
ブログタイトル植物画とキノコグッズの部屋
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kinobit
サイト紹介文たまに更新。小さな植物画(主として色鉛筆画)とキノコグッズの保管部屋です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2017/01/20 10:03

植物画とキノコグッズの部屋 さんのブログ記事

  • イチジク
  • イチジクが大好き。海外旅行中、市場でイチジクを買い、皮をむいて食べようとしたら、皮ごと食べるように言われた。皮はむいて食べるものと思い込んでいたが、皮ごとでも大丈夫だった。イチジクは雌雄異株ですが、日本で栽培されているのはすべて雌株らしい。はじめ水彩絵の具で塗っていたが、うまくいかなくなり、仕方なく色鉛筆で加筆しました。 [続きを読む]
  • カエデドコロ
  • 工場のフェンスにからまっていた。花が咲いていたが、細かすぎて描けませんでした。中央にあるのは貼り付けた実物。カエデドコロは雌雄異株で、これは雄株でした。オレンジ色の花がきれいです。 [続きを読む]
  • ヒマラヤスギの倒木の球果
  • 台風21号で根こそぎ倒れたヒマラヤスギから折り取った球果。並木状に植えられていたのが、かなり倒れてしまったらしく通行止めになっていて、全容は知ることができなかった。この絵はいきなりではなく、薄く鉛筆で枝の方向と、球果の大体の形と鱗片を描いてから描きました。これ以上の大きさになると、いきなり描くとスケッチの誤りの辻褄合わせがやりにくくなり、破たんをきたすことが多いのです。 [続きを読む]
  • シラカシ折れ枝
  • 台風21号で折れたシラカシの枝。他の場所のシラカシも見てみたが、この時期(9月10日)のドングリのサイズはこれくらいだった。台風は去ったが、今日は大雨警報が出ました。午前中は雨、午後に上がり、久しぶりに涼しさを感じました。 [続きを読む]
  • イチョウの落枝
  • 9月4日の台風21号では私の住む地域でも大きな被害が出ました。やっと気の落ち着いた9月8日に遊歩道に行ってみると、倒れた樹木など危険なものは通路から片づけられていたが、手つかずの所も多く、無数の枝や葉、実などが散乱していた。大きめのイチョウの樹は無事立っていたものの、ほぼ全てのギンナンが落ちてしまっていた。 [続きを読む]
  • 白内障と色の見え方
  • 白内障です。視力については、まだあまり不自由は感じていないのですが、白内障は色の見え方も変えるので、絵を描いたり、買い物をするとき通常の見え方と自分の見え方にどれだけギャップがあるのかなと気になります。白内障になると目のレンズが濁るため、色の見え方に主に二つの影響が出ます。一つは、輪郭がぼやけて見えること、もう一つは白っぽく、あるいは黄色っぽく見えてくるということです。白内障は徐々に進むので、見え [続きを読む]
  • コブシの実
  • 暑すぎて今まで何も描いていませんでした。ミリペンで直描きしています。枝の部分から描き始め、ほぼ成長の順に描きました。サイズや形に矛盾が出ても、辻褄合わせしつつ強引に描いて終わらせるのが私のラクチン直描き法です。、 [続きを読む]
  • カジノキの葉
  • 前述と同じ旅行中にカジノキがあるのを同行の人が見つけました。カジノキは”梶の木”で、雌雄異株。この木は雌株でまだ青い実がついていました。実はクワの仲間なので食べられます。樹皮は紙の原料(画仙紙)。葉は家畜の飼料、食べ物・供物の皿に、また七夕の短冊代わりの使います。表面に短毛が生えており、墨がつきやすく、葉は乾燥してももろくならないのがよいようです。この葉は単純な形ですが、3裂、5裂したものもあり葉 [続きを読む]