ier2019 さん プロフィール

  •  
ier2019さん: 気まぐれ一語録
ハンドル名ier2019 さん
ブログタイトル気まぐれ一語録
ブログURLhttps://ameblo.jp/ier2019/
サイト紹介文気まぐれに思ったことをつづっています。 人生の励みになるかも?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 276日(平均6.2回/週) - 参加 2017/01/20 21:12

ier2019 さんのブログ記事

  • 偏らない
  • 好きなものばかり食べているといつか身体を壊す。体の成長においてもバランスよく栄養を摂ることが大切なように、成長を続けるにはバランスが大切だ。自分が得意なもの、好きなことばかりしてちゃ永続的な成長はできない。苦手なもの、億劫になりがちなものもやっていけば必要なことがわかるし、そうなれば、それ自体、苦にはならなくなる。そういったものから目を逸らすのはもうやめよう。 [続きを読む]
  • 成功体験
  • 成功体験は成長の重要な要素だけど、絶対ではない。時に成長の足かせになることも多い。なぜなら、過去の成功体験から抜け出せず変化についていけない人も多くいるからだ。そういう人は決まって、人の話を聞けない。成功体験を積むに当たって心得ておくことはそれは自分の力以上に、対外要因が成功に導いてくれたということ。つまり、その時の変化に適応できたこと、その時の機会を捉えることができたこと。それがその成功の最大 [続きを読む]
  • 気付いてる?
  • 気づいていないだけで意識してないだけで実は毎日、人は変化の中で生きている。今日と同じ日はないのだから。歳を一日ずつ重ねているのだから。でも、それは少しずつの変化で大抵の人は、その変化に気付きも意識もしていない。変化を好む人は、常から自ら進んで変化をしていく。だから、その日々のわずかな変化よりも先に進んでいけるけど、変化を好まない人は日々の周りの変化に、いつの間にか遅れを取っていく。この違いが後に [続きを読む]
  • 直すべき見方
  • 主観を入れるとか。先入観で見るとか。自分の価値観だとか。偏見だとか。意味は違えど、同じように使われる。要するに「考えを改めなさいよ」「柔軟に見なさいよ」という意味で。何れにせよ、言われるとあまりポジティブにはきこえない。どの言葉も「見る」という文字が入る。見方のこと。人は物を見るとき、得た知識や経験が大きな影響を与えている。つまり、これらが強い人は過去に何らか入れる情報を限定してしまうきっかけが [続きを読む]
  • スランプ
  • 結果が出なくて「スランプ」だと。それなら、しっかり練習や勉強をしたり、人から進言をもらおう。なぜなら、結果にスランプはあっても努力にスランプはないのだから。 [続きを読む]
  • 個性
  • 個性は人を意識しているうちは個性といわないと思う。自分を認め、自分を自然に出せた時初めて個性と言えると思う。個性を出そうとしているうちは個性じゃ無い。 [続きを読む]
  • 信用という言葉のトリック
  • 一生懸命、真面目にしてる人を見て信用ができないと言うなら、きっとそれは信用って言葉の使い方を間違えてる。ただ、自分に都合がいいかどうかを信用の基準にしているんだろう。そんなことを言う人ほど信用される努力をしたほうがいい。 [続きを読む]
  • 2017年9月は
  • あっという間に過ぎた1ヶ月。慣れない中に飛び込んで紆余曲折、悩みながら過ごした1ヶ月。仕事でも、プライベートでも大きく進歩した。この先の明かりが段々はっきりと。仕事よりも、趣味が順調過ぎて怖いくらい。時間も環境も人間関係もめまぐるしくかわるけど、一喜一憂することなく、今できる精一杯で目の前に訪れたチャンスをしっかりものにしていくことはこれからも変わりない。 [続きを読む]
  • 改めて、感謝の意味を考える。
  • 感謝は表面ですることじゃない。それじゃ意味がない。つまり受け入れることが感謝です。自分に起こること全てに意味がある。だから、受け入れる。そんな当たり前のことが感謝の本当の意味かもしれません。 [続きを読む]
  • 最近していること
  • 今までの人生の振り返り。いつ何をしていたか。その時何を考えどうしていたか。今どうなっているか。自分の歩んできた軌跡を辿って「自分の人生」って物語のようなものを読み返す。あの時夢見た自分に近づけてるか。明日どうなるかわからないから。 [続きを読む]
  • 一言
  • ちょっとした一言で人は傷つく。ちょっとした一言で人は元気を出せる。ちょっとした一言がないことで人は悲しい気持ちになる。 [続きを読む]