MIYO さん プロフィール

  •  
MIYOさん: MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン
ハンドル名MIYO さん
ブログタイトルMIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン
ブログURLhttps://limings.muragon.com/
サイト紹介文超未熟児で生まれ、全盲難聴(盲ろう)となったのんたんの育児記録と、「卵巣ガンになって」。
自由文超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
卵巣ガンになって思ったことも、書き綴っています。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 326日(平均5.5回/週) - 参加 2017/01/21 10:03

MIYO さんのブログ記事

  • 日野市たきび祭③ - やっぱり最後はカラオケ(12月9日)
  • 2017年12月9日(全盲難聴・のんたん 22歳) たきび祭での演奏も無事終了し、現地解散となりました。 この日は、「ひまわり」のメンバーそれぞれに、応援の家族が来ていました。 (はい。おっかけは、我が家だけではありません。笑) なので、みんな、思い思いに、街へとくりだしたようです。 私たちも、公園から駅へと歩きました。 実は、駅前のカラオケ屋さんで、5人分、予約してあったのです。 5人分! そう [続きを読む]
  • 日野市たきび祭② - 「空も飛べるはず」+「フィナーレ」(12月9日)
  • 2017年12月9日 日野たきび祭で演奏しました。(全盲難聴・のんたん 22歳) 12月9日 たきび祭での演奏をご紹介しています。 メンバー紹介を経て、 2曲目は、「空も飛べるはず」。 または、 そして最後の「フィナーレ」。 または アップテンポの曲ですが、全員、ノリノリでした。^^ ここまでご指導くださったS園のみなさまに、感謝、感謝です。 無事終了し、メンバーのみんなで、 「来週は、モスバーガ [続きを読む]
  • 1泊2日で一時帰宅 - ④ボランティアさんと軽食+帰園(11月19日)
  • 2017年11月19日 レストランの前で。(全盲難聴・のんたん 22歳) 雅叙園でおいしいお食事をいただいて、お腹がいっぱいになりました。 目黒駅までもどってきましたが、すこしだけ時間があったので、 駅前のマックに寄りました。 夫の妹(ドイツ在住)も、法要のために帰国しました。 コーヒーを飲みながらおしゃべりしているうちに、5時前になりました。 5時に、目黒駅の改札口で、ボランティアのヤグチさんと [続きを読む]
  • 1泊2日で一時帰宅① - ボランティアさんとおでかけ→帰宅(11月18日)
  • 2017年11月18日 サイゼリヤで、お薬を飲んでいるところです。このところ、飲み込んだものがのどを通っていくことに興味津々。のどに手をあてて確認しています。(全盲難聴・のんたん 22歳) (写真は、キドノさんからいただきました。) ふだんはS園で生活している長男ですが、 5月の連休、夏休み、冬休みのような、長いお休みには、 自宅にもどってきます。 それ以外にも、なにかの用事があるときは、 希望す [続きを読む]
  • もうひとつの、スピリチュアル体験 ? ひまわり施療院 ⑨
  • 2006年10月14日 運動会で。お弁当の時間。(全盲難聴・のんたん 11歳) 往く年と共に   のぞみの手術も無事に終わり、12月上旬、退院の運びとなった。   それまではあたりまえのことのように思っていた、保育所と自宅、会社の往復の日々が、また始まった。そのあたりまえの繰り返しが、なによりも幸せなことに思えた。たとえ何が起ころうと、私がのぞみを受けとめるのだと決めてから、のぞみは私にとってこれ [続きを読む]
  • 「黒田庄和牛」のディナーを、無料で楽しむ - 芝KOSO本店
  • 2006年10月14日 運動会で、応援合戦。「フレー!フレー! し、ろ、ぐ、み!」 (全盲難聴・のんたん 11歳) 11月7日のブログで、 恵比寿の豪華フレンチを、無料で楽しんだことをお話しました。 このときは、「私の」ふるさと納税でしたが、 今回は、「夫の」ふるさと納税を利用して、 黒田庄和牛ステーキ・コースをいただいてきました。 「ルクサ」と兵庫県・西脇市、そして、 港区にある、「芝KOSO本 [続きを読む]
  • もうひとつの、スピリチュアル体験 ? ひまわり施療院 ⑧
  • 2006年10月14日 運動会で、応援合戦。(全盲難聴・のんたん 11歳) 再剥離 - 1997年11月   秋になった。のぞみの目の状態も、あみかの体調も良く、私たちは穏やかな夏を過ごした。   ひまわり施療院の次回の訪問日は、既に7月のうちに予約してあったが、その予約日が近づいたころ、田中先生より、「体調がすぐれないので、延期して欲しい。次回の予約については、また体調がもどったらお知らせします [続きを読む]
  • もうひとつの、スピリチュアル体験 ? ひまわり施療院 ⑦
  • 1999年秋 東北旅行(のんたんとあみちゃん 4歳) 二歳の夏に - 1997年7月   そして一年が過ぎた。   職場復帰するときには、一ヶ月もてばいい方だろうと思っていたのだが、様々な人に支えられて、そしてなによりも、子育てと仕事との両立に理解のある職場に恵まれたおかげで、私は仕事を続けていた。子どもたちは突然病気になるし、何度も入退院を繰り返した。相変わらず、救急車とは縁が切れなかったが、そ [続きを読む]
  • 入院時の個室料金を、患者からだまし取る病院 ⑧ 最終話
  • 2012年11月6日 ビーズを紐でつなぐ訓練。(全盲難聴・のんたん 17歳) ようやく、最終話になりました。 今日は、これまでのお話をまとめる形で、 「差額ベッド代を不当に徴収されないために、留意しておくこと」 を書いていきたいと思います。 ① 入院前に、「入院申込書」書くことになったら。 病室の希望欄には、無料の部屋のみを記入しましょう。 「第一希望」「第二希望」などといった言葉に誘導されて、 [続きを読む]
  • 入院時の個室料金を、患者からだまし取る病院 ⑦
  • 2004年11月12日 教室に作った、藁のベッドがお気に入りでした。(全盲難聴・のんたん 9歳) これまでに、 「支払わなくていいはずの差額ベッド代を、支払わないですませるには、  『入院申込書』と『同意書』に注意しましょう。」 というお話をしました。 あの手この手で、 なんとかして、差額ベッド代を支払わせようとする話ばかりで、 病院が信じられなくなってしまいそうですね。 でも、そんな病院ばかりで [続きを読む]
  • 入院時の個室料金を、患者からだまし取る病院 ⑥
  • 2004年11月17日 先生が、農家さんからたくさんの「藁」をもらってきてくれました。「藁」を見ることができない子ども達が、肌で感じて体験できるように、と。藁のベッドで、日差しを浴びて、気持ちよさそうです。(全盲難聴・のんたん 9歳) これまでの記事で、 「入院の際に同意書を書いたら、差額ベッド代を支払わなくてはならなくなる」 というお話をしました。 実は、「同意書」以前に、 見落としがちな「落と [続きを読む]
  • 入院時の個室料金を、患者からだまし取る病院 ⑤
  • 2006年10月14日 運動会で、応援合戦。(全盲難聴・のんたん 11歳) 病院で、「同意書を書いてください。」と言われて、それを断ると、 どういうことが起こるでしょうか。 それは、病院によって違うと思います。 正直、そこからなにが起こるかは、そうなってみないとわかりません…。 今日は、同意書を断って、我が家が体験したことを書きます。 あくまで、「事例」です。 長男が、初めてのけいれんで、入院する [続きを読む]
  • 入院時の個室料金を、患者からだまし取る病院 ④
  • 2006年10月14日 運動会で、応援合戦。(全盲難聴・のんたん 11歳) みなさま、たくさんのコメントやリブログをありがとうございました。 うれしいです。^^ コメントにお答えしながら、この記事を書く意味について、 お伝えしたいと思います。 ひろこさん お父様は、堅実な方なのですね。すてきです。 そして、りっぱな方なのだな、と思いました。 たしかに、一日1000円くらいであれば、 子供としては、 [続きを読む]
  • 入院時の個室料金を、患者からだまし取る病院 ③
  • 2006年10月14日 運動会で、応援合戦。(全盲難聴・のんたん 11歳) ここで、シミュレーションをしてみましょう。 自分が、突然、入院することになってしまった、と想像してみてください。 予想外の出来事に、頭の中が真っ白になってしまっている状態で、 看護師がやってきて、こう尋ねます。 「現在、相部屋に空きがないので、個室になりますが、いいですか?   一日あたり2万円かかります。」 この状況で、 [続きを読む]
  • 入院時の個室料金を、患者からだまし取る病院 ②
  • 2012年11月6日 指先を使う練習をしています。(全盲難聴・のんたん 17歳) 昨日の記事に対して、たくさんのコメントをいただきました。 プリンさん、デジカメ見て歩記さん、チューリップさん、 しゃけ子さん、関戸秀春さん、necokyuu29さん、 どうもありがとうございました。 20年たっても、あまり知られていないことだったのだ、とわかり、 私もびっくりしています。 これは、新聞とかで、もっと大 [続きを読む]
  • 入院時の個室料金を、患者からだまし取る病院 ①
  • 2012年11月6日 授業中です。(全盲難聴・のんたん 17歳) 入院時の個室料金を、患者からだまし取る これは、我が家の子どもたちが小さいころに体験したことです。 あれから20年もたっているのだから、 もう、こんなことは誰でも知っていることだろう、と思っていたし、 いまだにこんなことをやっている病院は、あまりないだろう、 とも思っていました。 ところが、そうではないことを、 先日、ある方のブログ [続きを読む]
  • もうひとつの、スピリチュアル体験 ? ひまわり施療院 ⑥
  • 2012年11月6日 点字を読んでいます。(全盲難聴・のんたん 17歳) 職場復帰   子どもたちの一歳のお誕生日が近づいてきた。それは、私の職場復帰が間近にせまっているということを意味していた。   苦労したあげく、のぞみとあみかはなんとか、K共同保育所に入れてもらえることになり、会社では、私が戻る職場も用意された。なにも問題はなかったのだが、私には心配していることがひとつあった。それは、田中先 [続きを読む]