sorairo さん プロフィール

  •  
sorairoさん: 笑って生きていたいよね
ハンドル名sorairo さん
ブログタイトル笑って生きていたいよね
ブログURLhttp://sorairo51.sakura.ne.jp/life
サイト紹介文40代男。夫、父親の立場から今を楽しく生きていくための日々やっていることを、ざっくばらんに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2017/01/21 14:27

sorairo さんのブログ記事

  • 【徒然なるままに】ブログをつづる今の心境
  • この記事は、数日前に書いたものです。この週末は、会社での研修旅行に出かけているので。それと、明日は記事の更新を休みます。どうぞご容赦下さい。 いっちばん最初、このブログを立ち上げたときは、40年生きてきた中で経験してきた、転職や資格取得など、色んなことを発信することで、誰かの役にたてばいいなぁという思いでした。そして、ちょっぴりアドセンスの収益にも期待してました(苦笑)。でも、そんな動機ではなかなか [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】あらゆる可能性を排除しない、ということ
  • これまでこのブログを書くにあたり、自分の経験だけではなく偏らないで記事を書きたいと、レスのことで悩んでいる方のブログや、掲示板などを拝見してきました。しかし、この問題は本当に難しい。。。僕たち夫婦がレスの問題を”克服”して夫婦仲を修復した方法論を語っても、単に僕たち夫婦だからうまくいったという話であって、同じ方法でうまくいく場合もあれば、逆に全く上手くいかない場合だってあり得る。要因一つをとってみ [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】相手からの見返りを期待しての行動は、もうやめよう。
  • 以前書いた記事と、内容が少し重複するかもしれませんが。。。(過去記事はこちら)夫婦の間のことで悩んで、何か行動をしようとするとき、ついつい「これをしたら、相手がこうしてくれるのではないか」と考えてしまうことって、よくあると思います。妻に拒否されている男性で言えば、「家事を頑張ったら」とか、「子供の世話を頑張ったら」妻が行為に応じてくれるのではないかを期待してしまう。夫に拒否されている女性で言えば、 [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】居心地悪かっただろうなぁ。
  • レスのことで揉める以前から、僕は「親から刷り込まれた」夫婦の理想像と、実際の妻との関係とのズレに、不満を貯めこんでいました。「夫が仕事に行くときには、妻は起きて見送るべき」「外では夫のことを立てるべき」「食べ物は、無駄にしない」etc,,,。日々、不満に思いつつも、その頃は子供もまだおらず、経済的にも、精神的にも余裕があったため、それを本人にぶつけることなく過ごしていました。地元に帰るためにUターン転職 [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】自分の軸を持つということ
  • 先日から、「自分を癒すこと」「好きなことをすること」と書き綴ってきました。それを受けて、今日は「嫌なことをしないようにする」を書こうと思っていましたが、、。ここまで書いてきて、大事なことは「自分の軸を持つ」ことなんだなぁと改めて気付いたので、そのことを書こうかと思います。これは、「レスの克服」だけに留まらないことなのかもしれない。そんな風に思いながら。自分に軸がなければ、人のせいにしたくなる以前、 [続きを読む]
  • ※コメント、承認制に戻しました。
  • 先日、コメントをフリー(投稿と同時に公開)としましたが、やはり承認制に戻しました。内容的に、公開しない方が良い場合もあるかもしれない、と考えなおしました。コメントの投稿の際に、大丈夫そうかな、と判断できれば基本的には公開しますが、もし非公開をご希望であれば、その旨ご記入いただければその様に対処いたします。非公開で、でも何かしらの返答をした方が良い、という場合には、ご記入いただいたアドレスに返答のメ [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】自分を癒すこと 〜したい事をすること。
  • 自分自身を癒すために、自分を否定するのを止め、自分の考えや感じたことを否定せずに受け止める。自分が本当に考えていることに気付く。そういったことをするのと同時に、取り組んで欲しいのが、パートナーに依存することなくそれをするだけで、そのことを考えるだけで楽しくなる、うれしくなることを見つけること。元々、趣味などがあれば、それに取り組むのがいいでしょう。もし、結婚を機に相手に遠慮して止めてしまった趣味な [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】自分の気持ちに気付くこと
  • 「自分を癒せ」「自分を肯定しろ」って言われたって、普段から自分自身を否定することに慣れてしまっている僕たちは、なかなかそれを理解することが難しい、、、ですかね?また、昨日はカウンセリングを受けることをお勧めしましたが、カウンセリングを受けることに対する抵抗感も結構あるのかなぁと、読んだ方からのコメントを見て思いました。気軽に、でも心を軽くするために何か簡単にできることはないか。そう思って考えてみる [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】自分で自分を癒すこと(2)
  • カウンセリング、という選択肢昨日、自分自身を癒す、という記事を書いてから、あ、しまったなと思いました。カウンセリングを受ける、という選択肢に触れておいた方が良かったかなぁと。経済的にも、時間的にも許されるようであれば、カウンセラーさんのカウンセリングを受けるのが一番確実な方法だと思います。拒否される側の方だと、「え、拒否する側に問題があるんだから、拒否する側が受けるべきでしょ」と思われるでしょう。 [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】自分で自分を癒すこと(1)
  • 最近、拒否されて苦しんでいる方から、コメントをいただく機会が増えました。その中で、多くの方が仰るのが、「”自分で自分を癒す”というところまでは至っていません」ということ。確かに、この「自分で自分を癒す」という状態って、じゃぁどうすればいいの?が分かりにくいなぁ、とちょっと反省しました。いつも言い訳させてもらっているとおり、僕は心理カウンセラーでも専門家でもないので、自分の経験談でしかお話できません [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】「拒否」だけして、何もしないのはDVと同じ
  • レスの問題で夫婦間が揉めているときには、どうしても「どっちが悪いのか」という視点になりがちです。拒否される側は「行為」を受け入れてもらえれば問題は解決する、と考えて「どうすれば受け入れてもらえるのか」「受け入れてくれないなんて酷い!」となりがちですし、拒否する側は「仕方がないでしょ!」「あなたに原因があるのよ!」と突っぱねることで解決しようとする。僕たち夫婦が「行為」のことで揉めていた最後のころ、 [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】拒否されて怒るメカニズム
  • 一昨日の記事に対して、女性の読者の方からコメントをいただきました。>女性は求められない「悲しみ」が湧くのに対して、男性はなぜ「怒り」なのか。コメントに対して返答するために調べてみると、これまで「分かった気になっていた」ことが、間違いだったことが分かりました。拒否されて「激しく怒ってしまう」男性にとっても、「拒否するとご主人が怒る」ことを理解できない、という女性にとっても、そのメカニズムを知ることが [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】「拒否されている」夫の思考回路
  • このお話は、これまで何度も書いては公開をためらい、なかなか公開せずに来ました。「拒否されている」夫の頭の中は、こんな風に考えているんだよ、と書いてしまうと、「じゃぁそれを受け入れるべきだと言うのか!」と捉えてしまう方が出てくるかもしれない、と思って。別に「だから少しは受け入れてね」などと言うつもりはありません。「ほーん、そうなん。」と思ってもらえればいいですし、「なんで(旦那が)あんな風になるのか [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】意外と大事なお金の話。
  • お金って、大事ですよね。今の生活はもちろんのこと、子供がいれば子供の将来のことや、夫婦の将来のことにもつながってくる。でも本当に意外なほど、夫婦の間でお金の価値観を共有することって、難しかったりします。そう、「性に関する価値観」を共有することと同じくらい。そして、「お金に関する価値観のずれ」と「性に関する価値観のずれ」って、夫婦間が上手くいっていない時にシンクロして目につくようになる。そんな気がし [続きを読む]
  • ※コメントをいただくにあたってのお願い
  • いつも当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。当ブログのコメント欄は、なるべく気軽に利用していただきたいとの思いから、フリーで掲載されるように設定しております。そのため、コメントをいただく際には、お名前は実名を避け、ハンドルネーム等をお使いいただいて、個人が特定できないようにご注意下さい。どうぞよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】「したい」という気持ちまで手放す必要はない。
  • レスの問題を克服していく過程で、拒否される側が「行為」にこだわることを手放すことが、結果的にはこの問題を解決の方向に導く、というのが僕の持論です。程度の差はありますが「拒否しちゃう側」にとっては、「行為をしなくてはならない」というのが最大のストレスですから、それを一旦は取り除くことが事態を動かす一番のポイントです。ですが、、、拒否される側からすると相手の「できない」を受け入れることというのが非常に [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】思っていた形と違っていても
  • 1年半ほど前、僕たち夫婦はそれ以前のような激しい衝突をしなくなっていました。行為の頻度も月に一度ほどあり、状況は改善しつつあったはずでしたが、僕は常に不満を抱いている状態でした。行為については、妻が嫌々ながら付き合ってくれている、という状態で僕が思い描いていた「求めあう」というとは程遠い状態。ちょっとした妻の態度に「俺をバカにして!」と激しい怒りを感じたり。例えば夜、妻と子供たちが食事をしていると [続きを読む]
  • コメントいただきありがとうございます。
  • このところ、本ブログと、アメーバ上の紹介ブログの方にいくつかコメントをいただくことが出来ました。ありがとうございます。このブログは、レスで苦しんでいる方が記事を読むことで、自分を責める気持ちを抑え、少しでも楽になって欲しいと思い記事を書いております。それは、拒否される側も、拒否する側も同じように。どちらにも不要な「自己否定」を止めて、自分を大事に、日々を幸せに生きて欲しい。そう願っています。そうい [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】男性側拒否の原因について考える③
  • 男性側が行為を拒否する原因についてネット上で調べても、一昨日、昨日と僕が記事に書いた内容はあまり挙げられていないようです。何故なのかなぁと考えてみましたが、僕が挙げた原因は、どれも男性の心の中で起きている問題です。ですので、本人も理解出来ていないことが多いのではないかと思います。奥さんから「何が原因なの!?」と問い詰められて、「いや、性的なことにマイナスのイメージがあるから。。。」などと冷静に答え [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】男性側拒否の原因について考えてみる②
  • ここまで、パートナーとの行為を拒否する男性が、拒否したくなる原因を二つほど考えてみました。これまで挙げた2つは、基本的に今のパートナーには責任がないですよね。夫から拒否される女性の多くは、拒否される自分に原因があるのではないか、と自身を責めて苦しんでいますが、そうでは無いケースの方がむしろ多い。そのことを理解してもらえると、傷ついた心が少し癒えるかもしれません。1.2はこちら。3.プレッシャーに負 [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】男性側拒否の、原因について考えてみる①
  • レスの「原因」を追い求めることは、問題の解決のためにはあまり意味をなさない。僕は経験上そう思っているのですが、そうは言ってもある程度知っておいた方が、気が楽になるケースがあるかもしれません。特に「男性側拒否」の場合においては、拒否する男性がその理由を雄弁には語らず、パートナーから責められると「お前はそのことしか頭にないのか!」などと感情に任せて酷いことを言ったりもするので、拒否される女性の側は「私 [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】相手に当てはめている「理想像」を外すこと
  • 僕は、心理カウンセラーではないので、あまり突っ込んだことは書かない方がいいのかもしれませんが。レスの問題を何とかしたくてもがいていた頃、アメブロ経由で色んな心理カウンセラーの方のブログを毎日貪るように読んでいた時期がありました。「心屋」さん系のブログと、「全肯定」系のブログ。どちらも「あぁなるほどね〜」と感じたり、「いやそこまではできないなぁ」と感じたりしながら。でも、ブログや本を読んだりして、「 [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】無理に「許す」必要はない。「許される」必要もない。
  • レスの問題について考える時、ついて回るのが「浮気」の話です。パートナーが「させてくれない」「してくれない」のだから、他の人とするしかない。私が拒んでいたのだから、浮気されても仕方ない。どちらも「考えようによっては正しい」し、「考えようによっては間違っている」。正しいか正しくないかは個人個人の価値観によって変わるでしょう。「あの人がこう言っていたから」「一般的にはこうだから」と、他の人の価値観に縋り [続きを読む]
  • 【レス、克服への道】「無駄」な悩みなんて、ない。
  • 「性のこと」で悩んでいると、自分以外の周りの人は皆、こんな悩みを抱えていないように見えて、昨日の記事で書いたように「こんなことで悩んでいる自分はおかしいのだろうか」などと自分を否定しがちです。そして「自分は何やってるんだろう」とか「こんな無駄なことで悩んで」とか考えてしまう。でも、周りの人がなんと言おうと、どんなに批判されようと始めから「無駄な悩み」なんてありません。「無駄だ」と思えば無駄になるだ [続きを読む]