井上エリー さん プロフィール

  •  
井上エリーさん: 2.5% 奇跡の命
ハンドル名井上エリー さん
ブログタイトル2.5% 奇跡の命
ブログURLhttp://inoueri.com/blogs/
サイト紹介文深まっていく命への思い。くっきりと見えてきた命のすつながり。涙あふれる真実のストーリー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 325日(平均2.3回/週) - 参加 2017/01/22 10:48

井上エリー さんのブログ記事

  • 命を繋げる・・・講演会。
  • こんにちは井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。 「命のつながりの講演」12・9息子の病院と行ったり来たりを過ごしています。病院から見る青空も綺麗です。どの土地にいようが、空を見上げて、深呼吸。生きてる証。気持ちいい。 この本を通じて命について、講演する機会が増えました。 11月末に同級生から、この講演を頼まれ、私自身も、伝えたいことがいっぱいで楽しみにしていました。 ただ、子供の [続きを読む]
  • 当たり前にできる事
  • こんにちは井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。 「当たり前にできる事・・」12・3 今日はいい天気。いつもの神社では、結婚式や、七五三、お宮参りと週末の神社は、幸せな家族の風景が見られてこちらも幸せな気分です。息子は、1日1日確実に回復しています。 そして、1日1日、普段、普通にできることができるようになると感激と感謝。 呼吸をする事。食事をする事。排泄する事。立ち上がる事。歩く事 [続きを読む]
  • 命を繋ぐ機械
  • こんにちは井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。 11.29 「命を繋ぐ機械・・・」 息子のICDの抜去手術が無事終わりました。 今回もまた、たくさんの祈りとたくさんの方がリレーションシップをして息子の手術を導いていただきました。 心室細動で心臓が止まり奇跡的に、後遺症もなく生き返った息子です。 当時は、少しずつ少しずつ回復して若さもあり、また普段どおりの生活ができそうなそんな気持ちの入院 [続きを読む]
  • 今ここに・・心配すぎない心を学ぶ
  • こんにちは井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。11・24急に寒くなりました。あっという間に11月も後半長らく、ブログをお休みしてしまいました。何度か、書きながら削除が続いていました。というのも、七回忌も終わり少しホッとしていたのですが、気になることが、中々解決せず、うんざりするほどの、感情の浮き沈みを感じていました。 それは、息子のICD(埋め込み式除細動器)に不具合が出て脱去するか、 [続きを読む]
  • ベストセラー作家さんと・・・
  • こんにちは井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。11・11「ベストセラー作家さん森沢明夫さんと・・」1が揃う11、11こんな日は、いつも以上のミラクルが起こる。そんな日でした。ベストセラー作家森沢明夫さんの「小説家の幸福論」の公演を聞かせていただきました。森沢明夫さんは、人気作家さん。作品(小説)が次々に映画化、ドラマ化されているんです。『あなたへ』(高倉健さん主演)『虹の岬の [続きを読む]
  • 月日の流れ
  • こんにちは。井上エリーです。「2.5%奇跡の命」という本を書きました。「七回忌法要」台風や雨が続いた週末ですが、この連休は、とても良い天気です。お墓からみる風景も空が澄み、秋晴れが気持ち良いです。 無事七回忌法要が終わり時間の流れの区切りをしっかりと感じました。子供の体調アクシデントで、日取り変更も考慮しなくてはいけなかったのですが、なんとか当初の日程でできました。これも、主人のおかげかもしれませ [続きを読む]
  • 大切な記念日
  • こんにちは井上エリーです。「2.5%奇跡の命」という本を書きました。 10、23 「命繋がれた日」 10月21日は息子のもう一つの記念日。4日間、ICUで頑張り意識が戻った日。一般的に、この病院で心臓が止まった人のこの意識が戻る確率が2・5%でした。 ドキドキというより、ほぼ、頭の中は錯乱状態。このSOSを、看護師さんは、「誰かに相談できますか?」と心配してくれ臨床心理士の先生を紹介してくれました。そして、友人 [続きを読む]
  • 金木犀
  • こんにちは。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。 10・17 「季節が教えてくれる」 金木犀の甘い香りが色々な場所で嗅げるようになりました。秋の匂いです。先日は、隣の温泉の露店風呂では、鈴虫の声が洞窟風呂に鳴り響き、少しの間の大合唱に耳をすませて聞き惚れました。 この季節は、五感の働く材料がいっぱい。 やっと良い部分での秋を感じる余裕ができてますが、この季節は、人生の中で 一番強烈 [続きを読む]
  • 過去、未来からの今
  • こんにちわ。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。10・7あっという間の10月です。9月末からあれやこれやと、落ち着かない事が多いです。そんな時のお月様の癒しは、深呼吸ができるようにする一つの手段。いつからか、お月さまが大好きになりました。新月は、お月様が見えませんが、特別な日満月のお月さまは、心が洗われます。水曜日は、十五夜本当に綺麗な十五夜のお月様。雲の中のお月様に何度も虹の [続きを読む]
  • 秋分の日
  • こんにちわ。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。9・24「秋分の日」あっという間の9月の秋分の日。6年前の今日この頃は、主人は、お医者さんから、1週間持つかどうかの命の区切りを聞きながらなんとか、生還し右往左往していた時期でした。早いようで、大変長かった年月。そんな昨日は、高校野球の応援にどっかで見てるかなぁ〜真っ白なユニフォームで投げる姿は、時々息子と重なります。そろそろ、 [続きを読む]
  • しまなみ映画祭
  • こんにちわ。井上エリーです「2・5%奇跡の命」という本を書きました。9・18「かみさまとのやくそく」「いきたひ」 今日は、しまなみ映画祭に行って来ました。昨日の台風が、透き通った空にしてくれたのか、真っ青な空、しまなみを渡る際の海の綺麗さ。惚れ惚れするような、大好きな瀬戸内海の風景です、 胎内記憶に隠された人生の目的の映画「かみさまとのやくそく」家族を看取る命の物語「いきたひ」ここでは、書ききれない [続きを読む]
  • 家族の物語
  • こんにちは井上エリーです。2・5%奇跡の命という本を書きました。 9.14 「家族の物語」 あっという間に9月も半分。仕事も、急に増えて身体が、驚いています。 昨日は、大好きなTV番組「過保護のカホコ」が最終回。なんだか、泣けて仕方なかったです。家族っていいな〜って素直な気持ちでかほこちゃんの言動を応援していました。 かほこちゃんの言葉、大好きな家族に奮闘するその様子。もちろんドラマで、登場人物も個性的な [続きを読む]
  • お伊勢参り
  • こんにちは井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。 9月に入りましたね。後半の始まりです。 仕事がら、たくさんの土地を訪れますが、プライベートな旅もまた楽しみです。お伊勢参りに行ってきました。まだ、一度も行ったことがないのです。思い切って出発しました。思った通り凛としていて静かな落ち着いた気がいっぱい人間は、小さな一部だと大きな、大きなものに守られてここまで人の歴史が、進んでいるん [続きを読む]
  • 8月最後の日
  • こんにちわ。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました今日で8月も終わりますね。三十日参り大好きな神社にお参りしようと思いますそしてちょうど6年前に1人で臨んだ乳がんの手術でした。旅に出るような、感覚で大したことないと思おうとしていた自分に気が付きます。本を書くまで、あまり自分の病気の事は、知らない人もいたのだけど、書いてから、少し自分のこの病気に蓋をして何でもない事と思ってる自分と遭遇 [続きを読む]
  • 夏の終わり
  • こんにちは。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。 8・27「夏の終わりに感じること」 朝起きたら、蝉の声が、聞こえなくなりました。うるさいぐらいの、はち切れんばかりの蝉の声から、少し、少し弱まっていってというか、数が減っていくのですね。そして聞こえなくなるこの夏の声。蝉の命が、1週間ぐらいといわれる短い命なこと。精一杯の声を今年も感じました。もう夏が終わりに近づいている。それを [続きを読む]
  • 忘れ形見
  • こんにちわ。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。8・216回目のお盆が終わりました。送り火は、近くに住んでいる主人の親友に付き合ってもらいました。いつも、見守ってくれてます。ありがとう。6年前の今日。我が家にやってきた空ちゃん。主人の最後のわがままを聞いてしまってマンションは、飼育不可なのに、なんとかなるなんて、なんともならず、少しだけの主人の笑顔のためにこの家に来ました。結 [続きを読む]
  • あなたしか救えない命
  • こんにちは。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。8・18お盆休みも終わり日常の仕事がもどってきました。 食事はもっぱら帰省した親戚と外食が多くなりお腹いっぱいです。。冷蔵庫は、いつになく賑やか。 誰かのために買い物をするって幸せです。 思えば、助かっただけでも奇跡な息子の命。 先日SNSで流れたニュースにもう一度AEDのこと改めて正しく使える人がたくさん増えて欲しいと思います。http://n [続きを読む]
  • 人の痛み
  • こんにちは。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。 8・16あっという間のお盆。迎え火をしたと思ったら、もう送り火です。主人も家でゆっくりできたでしょうか?思いの外十分な休みが取れていて毎日、同窓会や女子会で外に出ています。昨日は、お友達とたわいのない話をしながら、プチドライブ。小雨だったけど塩が森という山の頂上で、緑いっぱいのマイナスイオンを浴びました。ランチに、デザートに楽 [続きを読む]
  • お盆の行事
  • こんにちわ。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。お盆に入りましたね。お盆休みで帰省している友達から故郷の海が見たいとリクエストに答えて、1人では、あまり行かない海に久しぶりに行きました。人があまりいなくてのんびり泳ぐ人の姿に平和な感覚。この海は、やっぱり故郷の代表です。先日は、主人と保育園から高校まで一緒だったT君の新盆なのでお家に手を合わせに行きました。突然の訃報でした。地 [続きを読む]
  • 言葉の想い。
  • こんにちわ。井上エリーです。「2・5%奇跡の命」という本を書きました。8・8台風の中東京から帰ってきました。自然災害での飛行機発着は、運としか言えませんが、以外と飛行機運のある私は、なんとか切り抜けて乗れてます。 先日は、久しぶりに出版社を訪れました。社長のマツザキさんは、詩人さん。ポエムピース社http://poempiece.com本が出たとき、表紙にかかれてあるこの言葉「神様、どの命も生かし続けたいと思ったらいけ [続きを読む]
  • ルーツに触れる
  • こんにちわ。井上エリーです。「2、5%奇跡の命」という本を書きました。8・3〜昭和のルーツに触れました。〜 私の大好きな映画「3丁目の夕日」 あの昭和感がたまりません。思い出も時々セピア色の背景になりそうです。 実家の片付けを始めてます。写真がたくさん出てきて、その頃を思い出し、昭和の匂いをいっぱい感じています。 物事には、いつも意味があると思います。何か、解決するために、突然出会ったり、写真が出て来 [続きを読む]
  • 暑中見舞い
  • こんにちは。井上エリーです。「2.5%奇跡の命」という本を書きました。7・30暑い日が続いています。久しぶりのブログです。蝉の声が半端ない。暑中見舞いの季節。毎年送られてくる主人宛の、業者からの暑中見舞い。だんだん、減ってきたものの来ると複雑になります。セールス業者の電話。主人は居ませんか?この残酷なセールストークにいつもムカついて「主人は、亡くなりました」と電話を切る。 大分穏やかにはなりました [続きを読む]
  • 諦めない癖をつける
  • こんにちわ。井上エリーです。「2.5%奇跡の命」という本を書きました。7・15真夏のような暑い日が続きます。先日は、福島正伸先生の講演会を聞きました。大ファンの私は、この講演3回聞いています。毎回題名が一緒でも、内容が少し、そして自分に響く部分も違います。 人生は、感動、共感、信頼、夢 熱く語ってくれました。人の生きたお話は、その時の自分が、抱えていることと、共鳴します。 1つ、1つの言葉に命が蘇り [続きを読む]
  • 神様に守られる。
  • こんにちは。井上エリーです。「2.5%奇跡の命」という本を書きました。7・9・・神様に守られる・・・霊峰石鎚山・・大雨の被害に追われた方心よりお悔やみ申し上げるとともにこの自然の猛威を謙虚に受け止めて地球の声を聞こうと思います。自然災害の、想定外という言葉が何度も聞かれます。地球が悲鳴をあげてる気配を動物で一番高等とされている人間が、処理できないくらいになっています。温暖化に向けて自分がまずできる [続きを読む]
  • お墓まいり
  • こんにちは。井上エリーです。「2.5%奇跡の命」という本を書きました。7・4「お墓参り」 今日は、実父の命日です。お墓は高台にあって海の向こうまで見えてとても景色がいいので少ししんどくなったらボーとしに行きます。 父は83歳で亡くなりました。母は、今86歳。母を連れて行くつもりでしたが、台風のため足元が、危険なので、私1人で行くことにしました。 亡くなてから10年。主人や、息子の大変だっただった時も [続きを読む]