きのつらこ さん プロフィール

  •  
きのつらこさん: きのつらこ日記
ハンドル名きのつらこ さん
ブログタイトルきのつらこ日記
ブログURLhttp://kinotsurako17.blog.fc2.com/
サイト紹介文子どものいない夫婦の日常や周辺時事をぐだぐだ書き散らかしてゆきます。よろしくお付き合い下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2017/01/22 15:23

きのつらこ さんのブログ記事

  • 感謝するのも一苦労(苦笑)
  • よその国の大きな音楽祭をテレビで観てて。大人気のシンガーが賞を受賞。そのときのスピーチを聞いた時、ちょっと失笑してしまった。受賞して名前をプレゼンターから呼ばれて、華やかな舞台の中央へ。そしてトロフィーを手渡され、マイクの前に。で。こんな感じ。「いつも応援してくれるファンのみんな、ありがとう!」 分かる。「一緒にツアーをしているミュージシャンのみんな、事務所のみんな、関係会社の皆さん、ありがとう! [続きを読む]
  • 認知症の加速について
  • 義父のボケの悪化が、ここ数週間で一気に加速した感じがする。夫は「ベッドを1階へ移したからか?」と言っている。階段の上り下りが全く無くなったせいで、かろうじて有った、義父の”運動”が無くなったせい?!もしかしたら、それも要因のひとつかもしれない。けどもう、階段から落ちて骨折して寝込む、のと、どっちがどっちって気がする。ようやく義母も、いよいよ自分の亭主のボケの悪化を痛感し始めたらしかった。認めざるを [続きを読む]
  • 夫の浮気:(夢バージョン)
  • 不思議な夢をみた。短い旅行からあたしが帰ったら、夫の布団に裸の女が寝ていた。色白で華奢なボディ。だけどもおっぱいはたわわでイロケ満点。そして、ソコソコの、美人。35,6歳くらいか。40までは行ってない感じ。隠し妻。寝てるくせに、あたしは明確にその言葉が頭に浮かんでた。深層心理にどういう影響でもって、そんな言葉をあたしは隠し持ってんだって(苦笑)夫は、女が寝ている寝室にいなかった。どこにいるんだろう [続きを読む]
  • 義母のこころ
  • 義父の足元が、いよいよ怪しくなって来たらしい。足腰はまだ堅牢、ということと、いつもいる居間付近に寝床を置くと、楽だからと、布団に寝転びっぱなしになり、「ますますボケが加速するかも」という不安感から、義父の寝室は、2階に据え置きで、今まで来ている。でも。先日、夜中のお手洗いに起きたとき、(義父はボケが進んではいるものの、排泄やお風呂は自分自身で分別をもって行っている)階段を下りている途中で、おしっこ [続きを読む]
  • グレイヘア考
  • 最近<グレイヘア>が流行り出してるみたい。本屋に行くと、そういう雑誌があれこれ出てるし、テレビでもミニ特集されてたり。でも、正直、似合ってるヒトと、そうでない人がいるな。そう思う。童顔に見える顔のつくりや、肌ツヤの様子が、あまりにも弾けてるヒトがグレイヘアだったりすると、ちょっと「ぬお?」って思う。それなりに、あちこちたるみもシワも自然にあって、適度に年齢相応みたいなヒトには、グレイもしっくり。む [続きを読む]
  • 亭主は透明人間か
  • 前回記事にした、ご主人が転職で東京へ行くことになった、職場同僚。お昼のランチ休憩で一緒になったから、話題に乗せて、聞いてみた。ら、以下こんな。東京にはいつ行くの?「さあ。今週末かなあ?違うか。来週くらい?」新しい職場はどこにあんの?「うーんどこって言ってたかな。丸の内?だった気がするたぶん」社宅てか、会社用意の住まいはどこになるの?「さあ。聞いたけど忘れたー」え、亭主がどこに住むかも覚えてないの? [続きを読む]
  • 中年で東京に引っ越し
  • 職場同僚が、年明け、東京に越すことになった。東京☆いいなあって子供か(笑)その同僚は40代後半。ご亭主がここへ来て心機一転!の転職。で、勤め先が、東京になった。地元から離れたことが無いから、不安っちゃ不安だけど、と同僚は昼食休憩のとき、もぐもぐしながら言った。「不安は有るけど、でも行先が東京だし。こんな機会でもない限り、一生東京暮らしなんて無かったし。ちょっと楽しみかも〜」いや、いいと思うー何が良 [続きを読む]
  • 結婚願望の無い男の結婚
  • 知人男性が近く入籍するという。ああ子供が出来たんだろうな、だからだろうな、と瞬時に推測。結果答えは、微笑んじゃった、大正解。その通りだったっちゅう(苦笑)数年来交際している女の子(随分若い年下の女性)と、ちょっと前から同棲を始めていたから、まあこうなることは時間の問題だったとも言える。ただ、この男性は割と平気に「結婚はぜんぜん。したいと思わない」交際している女の子の前でも、しれっと言うことが有った [続きを読む]
  • 引っ越しの挨拶無しって
  • あたしが暮らしているのは、一軒家。ガタピシだけどね。夫のおばあさんが住んでいた家。ここに移り住んではや15年だか16年だか。古くからある町内だから、そう入れ替わりは無い。ただし、子供は減ってるし、何より高齢化がド級だから、住民ご逝去のお宅がかなり増えた。長年無人だった大邸宅が、近年、それを相続したご家族がババーンと売却。更地にするにあたり、大工事で迷惑かけちゃうけどごめんよ、と、挨拶を下さっていた [続きを読む]
  • ボケの辿り着く先
  • 年上友達のお母さんが、だんだんボケて行ってる。外国暮らしだから、そうそうしょっちゅう里帰り出来ない。けど、友人なりに年に何度か、頑張って、お母さんの様子を見に帰国してる。幸い、お母さんはお姉さん家族と同居。お姉さん家族は大家族で、ひとの目も多い。だから安心感はあると思う。お母さんどう?帰国して来た多忙な友人と、時間の隙間をぬってお茶をしたとき、聞いてみた。「うん。去年より、ボケはそりゃ進行してるけ [続きを読む]
  • 生理に失笑(苦笑)
  • 夫が靴下を部屋に放置していたから、イラッ!(怒)何度も言ってるじゃん!洗濯機に放り込んでよねーッ!夫が晩ごはんを食べたあと、「明日の朝ごはん、目玉焼きが食べたいな」と言うから、ムカムカムカッ!(怒)今食事したばっかじゃん!なのに、もう翌朝のごはんのこと言うなんてバカみたい!とにかく夫が何かしたり言ったりするだけで、イライラーッ!「そんな怒らなくてもいいじゃんー」と、夫は不満そうだった。で、イライラ [続きを読む]
  • 理想と現実
  • 『時間の流れにしみじみする』と。前回記事を書いてから10日以上経った。繰り返すけど、ほんとにしみじみする(苦笑)てか、驚愕すると言い換えてもいい。早いな!トシも、そりゃあさっさと取るってもんよ。瞬きするだけで、何時間経過って気がする速攻振り(失笑)そんな中、そんな風に疾走してく時間の中、ネットニュースで、これまた前回記事に記した樹木希林さんの名前を、見ない日は無い。亡くなられて、悲しみにくれる、と [続きを読む]
  • 時間の流れにしみじみする
  • 安室奈美恵さんが引退。そのストイックなまでの美意識と潔さに感嘆する。お若いのに。と、思っているけど。思っているけど、40歳て。お若いけれど、立派にいいお年頃だったんだ!と思った。吃驚した。キュートな笑顔に、スレンダーボディで、キレッキレのダンスで、うっかりしてた。時間って、あの安室奈美恵さんにも、等しく流れているんだなあ、と改めて知って、しみじみした。女優・樹木希林さんがお亡くなりになった。享年7 [続きを読む]
  • 1ヶ月少ぶりの生理によせて
  • 今月、生理が無かったなあーなんて思って過ごして、1ヶ月ちょい後に、次の生理が来た。こんな風に、ときどき月間の間引きをされたみたいになって(苦笑)やってくるようになるんだろうな。って。別にもう、子供を授かれる排卵でももはや無いし、生理現象が、消滅しても自然な年齢になって来たし、いいっちゃいいんだけど。ただ、完全に終焉を迎えた感が、まだナイもんだから、そろそろ生理が来るかなあーという頃に、不意打ち備え [続きを読む]
  • 感心・チャンネル!報道番組編
  • ご長寿番組っても過言ではない、”朝まで”やってる、討論番組を観た。夫は、大昔の頃から割と好んで観てるらしい。だから、あたしもその横で一緒に観たって、程度だけども。番組の討論の議題は置いといて(←そこ無用という:苦笑)あたしが思ったのは、「よくもまあ毎回毎回、いまどき話題のニューカマー出演させてんなあ〜」だ。稀代のIT起業家だったり、政治や経済評論家だったり、社会学者だったり、メディア&デジタルアー [続きを読む]
  • ハワイで挙式ってのは
  • 夫の姪っこちゃんが、結婚するという。やあそりゃおめでたい☆と、おめでたい報告に、夫。幼かったあの子が、もうじき花嫁さんかあ〜と、ニコニコしながらしみじみしてた。もちろん、あたしも彼女が小さい頃に知り合ってる。急に出現した親戚のおばさんとして(笑)うちに遊びに来てくれたときには、一緒にアップルパイを焼いたり、テレビゲームで対戦したりした。懐かしい。ほんとに、おめでとうございます☆結婚相手の青年は、以 [続きを読む]
  • 人気カフェのうつろい
  • 前回記事の別便みたいなもんです。あたしは”カフェ”より”喫茶店”の方が好き。どこが違うの、と問われれば、個人的見解だけど、喫茶店は新聞と週刊誌が置いてある(笑)なおそれらは、日本経済新聞ではなく競馬新聞で、ニューズウィークやTIMEではなく、週刊現代か女性自身(笑)そんで。ボテボテとして、ドンくさい感じのチョコレートパフェが好き。ゴワッゴワな、失敗したみたいに固いプリンが好き。ドテッとしたミックス [続きを読む]
  • 不思議なカフェたち
  • 以前<不思議なパン屋たち>ってな記事を書いたけど。姉妹編になるな(笑)出勤途中の通り道。何か工事をしていた。その辺りは大通りからはちょっと外れたところだけど、ここ数年、やたら小さなレストランだとか、グラノーラ屋だとか、出来てた。そういうの。悪口じゃないけど、すぐ潰れてる。けど、そういう出店をしたくなるエリアというのかな。チャレンジしてみたいくなるような、絶妙な場所なんだろうなあ。大通りほど、家賃は [続きを読む]
  • 生産性とか必然性とか
  • 報道でチラ見した、ある国会議員の例の<LGBTは生産性が無い>旨発言。頭脳明晰な論者や、深く認識や理解のある皆さんが、いろいろズバッと切り込む意見を言われてるから、あたしみたいなうすぼんやりしたニンゲンが、何か言うことでもないんだけども。と言い訳つけといて、でもやはりちょっとは、言いたい。本当に多様な人生や生き方、思考や趣味、思想や選択とかとか。そしてさらには、事情などあって、選べなかった未来だっ [続きを読む]
  • 夫婦の冷め行く愛と、冷めても・愛
  • 先日、テレビ放送でキャメロン・ディアス主演の『SEXテープ』を観た。そそる(笑)過激なタイトルに反し、平凡なドタバタ・夫婦ラブコメディで、まーテレビ放送出来るくらいだもん、こんなモンだよね〜と。思いながら、アイスコーヒー飲み飲み、ダラ見(笑)要約すると、大恋愛の末結婚したカップルが、夫婦になり、子供も生まれ、恋人から<家族>になって。子育ても仕事の疲れもお互いあるうえ、まあ長年一緒にいるがゆえの”な [続きを読む]
  • ハッピーアピール???
  • 世界的に有名なロイヤルファミリーの一員に、最近なられた米国の元女優さん。豊かな黒い髪の毛も美しいし、何より笑顔がとってもチャーミング☆お人柄もきっと素敵な方に違いないと、あたしは勝手にだけど、そう確信してる。でも、ネットでニュースを観ると、しょっちゅう書かれているのがこれ。<公務の最中、また手つなぎ!>なるほど。確かに、ご主人である王子としょっちゅう手をつないでる。そのロイヤルファミリーだけ、かど [続きを読む]
  • ワールドカップ球技に思う
  • サッカーワールドカップ大会を、観てる。夫はスポーツ観戦が大好き。野球とサッカーは、基本、大好物。だから、当然、連日朝までフラフラになりながら、テレビ観戦の日々。あたしもそれに、おおく、付き合っている。あたしは、サッカーのことは、さっぱり分からない。ルール説明聞いても「ふぅん(難しいなあ)」まあ要するに、ボールをゴールに入れりゃいいんでしょ。その程度(苦笑)で。夫と観戦しながら、ふと思ったことには。 [続きを読む]
  • 奥さん料理しない説
  • 夫と夕食を食べているときのこと。ふと夫が、先日一緒に飲んだ友人の話をし始めた。「奥さん、料理しないんだって」あたしは、何とも思わず「へえ〜そうなんだ〜」「いや、ビックリしてよ」と夫。「まったく料理作らないんだってよ」この台詞には、さすがにちょっと驚いた。お子さんいるのに?!聞けば<亭主の食事を作らない>が正解だった。それでもちょっと、驚いた。一応ね(苦笑)「お子さんとのごはんの”残り物”くらい、ダ [続きを読む]
  • 一緒だと楽しい
  • ワールドカップサッカーの世界大会が開催されてから、こちら。わが家は毎日、ちょっとしたお祭りマンボ(笑)夫は頑張って仕事を少しでも早く切り上げ、出来るだけ急いで、家に戻ってる。サッカーの試合自体は、深夜のテレビ放送になっちゃうけど、それでもそれらのLIVE中継の前までにだって、本日のハイライト、みたいなのやってるし。とにかく、うまい具合に調子アゲアゲで踊らされてる(苦笑)夫がテンション高めだから、あ [続きを読む]
  • 若者がどうとか大人も言えない
  • 自宅前に、連日連続で、工事車両がとまっとる。もう、この半年くらいそうだけど。というのも、自宅真ん前にあった、そこそこ規模の学生寮跡地が、転売されて、一軒家が4軒建ち始めているせい。夫と結婚して、住み始めたこの場所は、相当古くからある町内らしい。大きな庭のある邸宅があちこちあって(わが家は貸家)かつ、高齢者がどっさり居住エリア。あたしの家の前も、それだった。独居高齢者の家と、年季の入った学生寮。どち [続きを読む]