Be-rich さん プロフィール

  •  
Be-richさん: 世界で不動産を買おう!
ハンドル名Be-rich さん
ブログタイトル世界で不動産を買おう!
ブログURLhttp://be-rich.me/
サイト紹介文海外不動産でミリオネアになる方法教えます!
自由文海外投資で自由なライフスタイルを目指す仲間たちだけが集まり、グループを結成しました。投資でリッチになって、好きな時に好きな時に行く、好きなところにステイして、人生を楽しむ、日本だけでなく、住みたい国すべてに家を持つ、それも投資物件ではなくて。そんな人生を送る仲間と共に、旅行しながら投資を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 272日(平均6.5回/週) - 参加 2017/01/22 15:24

Be-rich さんのブログ記事

  • 面談申込みに関してのお願い
  • 実は、私は実業を持っており、そちらの方でかなり忙しくしています。不動産はどちらかというと仕事で稼いだ金を運用するためのツールの1つになりつつあり、最近は半分趣味の域に入りつつあります。そんな中、時間の許す限り問い合わせや面談の希望にも応じるようにしていますが、最近は時間を取りにくくなりつつあります。私にとって面談とは、海外投資の情報をお伝えする機会であると同時に新しい方たちとお知り合いになる機会だ [続きを読む]
  • 別のフリップ物件
  • こちらも販売が決まっているので、急いで修理をしている物件です。どちらかというと安い物件の場合は、大量に仕入れてある同じキッチン、タイル、床材等を使います。とはいっても、その価格帯ではなかなかないくらいの仕上がりになります。彼がフリップした物件は、そのエリアの最高価格帯で取引されているらしく、これまでに24回、記録更新をしたといっていました。この物件はもともとの状態が悪くないので、すぐに修理が終わりそ [続きを読む]
  • 通貨危機で国は破たんするのか?
  • 歴史を振り返ってみると、通貨危機で国そのものが破たんした例というのはほとんどありません。そして通貨危機の時にその国に投資した人は高い確率で多額の利益を得ているようです。 メキシコ通貨危機、ハンガリー通貨危機、ギリシャ破綻危機、アルゼンチン債務危機、アジア通貨危機などなど。通貨危機はありましたが、国家が破たんしたという例はほとんどないようです。ベネゼエラ危機も結局は何とかなってしまうのではないかと思 [続きを読む]
  • シカゴのコリアンレストラン
  • 海外に滞在する時間が長くなると、食べたくなるのが日本の食事です。とはいえアジア風の食事と御飯があれば、かなり満足できます。私は韓国料理が大好きなので、そんな時は韓国料理を食べに行きます。私はシカゴに来るたびに毎回ホテルを決まって予約するエリアがあります。 それはMount Prospectと呼ばれるエリア周辺です。価格の割に質の良いホテルが多く、韓国人がたくさん住んでいるせいか、コリアンレストランが多数、存在し [続きを読む]
  • 月曜日に決済のフリップ物件
  • 月曜日に決済のフリップ案件を週末に見に行きました。決済前に仕事を終わらせるために、最後の仕上げが行われていました。この物件の購入と補修に買った費用の総額は90000ドル。フリップの価格は178000ドル。どちらかというと、低価格帯のフリップですが、悪くない利益率ですね。Copyright © 2017 世界で不動産を買おう! All Rights Reserved. [続きを読む]
  • シカゴの渋滞
  • 最近、かなり忙しくてあまり時間がないので、ブログも途切れがちです。そのため今日は簡単にシカゴの様子だけ見ていただければと思います。私は個人的にはシカゴを気に入っています。いろいろな人種がいて、食べ物も非常においしく、多国籍料理が簡単に楽しめる。街もきれいで、過ごしやすい街です。 しかし問題もあります。それは交通渋滞。かなり込み合っています。渋滞にはまると、その先どれくらいかかるのか全く読めないので [続きを読む]
  • アメリカの不動産開発は時間との闘い
  • 今回、アメリカに来た理由の一つは新規の不動産開発案件を始めるためです。知り合いの建築士と打合せを兼ねたディナーに出かけました。この方は表になかなか出回らない、土地の売り案件を持っているので、情報提供をしてもらいつつ、最新の状況などを聞きました。相変わらず売り物件は少ないらしく、モデルハウスを建てる前から、家が続々と売れていくのはどこのデベでも同じようです。 開発案件を始める場合、いつも時間との戦い [続きを読む]
  • シカゴに来ました。
  • 突然、仕事ができたため、シカゴに来ました。マイルがたまっていたため、今回はマイルでチケットを買い、シカゴに来ました。 アメリカでは不動産以外の事業もあるので、本当はこちらに滞在する時間を増やさないといけないのですが、他の仕事との兼ね合いもあり、アメリカ移住がなかなか進んでいません。本当はほかの仕事もできるだけ整理して、できるだけアメリカにいられるように、生活を調整しないといけないのですが、来年には [続きを読む]
  • シカゴ不動産は世界の大都市の中で最安値です!
  • UBSは世界の大都市の不動産バブルチャートを出しました。上がそのチャートです。これによるとシカゴは世界の大都市の中で最もundervalue(価値が低く見積もられた)都市とのことです。アメリカの都市の中ではロサンゼルスとサンフランシスコはバブルとなっていますが、アメリカの他都市はまだ格安圏にあるのが見て取れます。アメリカでも不動産価格が上がっていて、バブルだと言われていますが、これまでの各国で行われた金融緩和と [続きを読む]
  • 利回り重視の投資法に伴うデメリット
  • ここで安い不動産と私が言うのは、単に価格が安いという意味ではなく、利回り重視の不動産のことです。アメリカで利回り重視の投資をしていくと、必然的に選ぶ物件が貧しいエリアに近くなっていきます。貧しいエリアに行くと、まず固定資産税が安くなり、物件価格も安くなるため、利回りが上がります。 外国に住んでいると、分かりにくいのですが利回りが上がるということは、当然リスクも上がります。どのあたりまでが大丈夫なの [続きを読む]
  • アメリカではできるだけ高い不動産を買うべき
  • 最近、アメリカ不動産投資のノウハウに関する問い合わせが複数来ています。やはり日本国内の不動産投資に先行きに不安を覚える方はまずはアメリカを考えてみたい、というのは当然だと思います。問い合わせとして、内容を詳しく聞きたいとか、ノウハウを教えてほしいという要望が多いのです。そのように知りたいと思うのは当然だと思いますが、内容が多岐にわたるため、一度のコンサルでは到底伝えきれず、結局やりながら教えていく [続きを読む]
  • 税理士のほとんどが言わない法人税の節税法
  • 税理士が言わないのか、それとも知らないのかよくわかりませんが、日本の会社の社長さんたちの中で、節税に困っている人たちが相当数いるようです。日本国内だけで考えてみると、節税のためにできることには限りがあります。保険や太陽光を買うことくらいしか、有効な節税法はなく、それも一括償却ができなかったり、結局はただ損をするだけの保険だったりと、なかなか満足がいくものは見つかりません。税理士は専門はやはり日本の [続きを読む]
  • 不動産投資と性別の関係性
  • このグラフはアメリカのものですが、独身男性と独身女性が不動産を購入した後、どれくらいの利益が出たかについての調査結果です。これによると、両方とも儲かっているものの、独身男性が購入した不動産の方が、多くの利益を出す傾向にあるようです。これには複合的な要素が関係しているために、はっきりとは言えないようですが、理由の一つとしては男性と女性の所得の格差が、そのまま購入する不動産の価格とエリア選定に直結する [続きを読む]
  • 融資詐欺に騙されそうになりました、、、
  • 危うく詐欺に引っかかるところでした。これまでは自分には関係ない、と思っていましたが、実際にやられるとなかなか見破れないということが今回、身にしみてわかりました。 還付金詐欺とかではなく、私の場合は融資詐欺でした。そもそも話を持ってきたのは、海外の大きな会計事務所の所長でした。その国の金融関係省庁の仕事をしているような、かなり有名な方です。その方から融資の話をもらい、取り組んでいました。融資はその方 [続きを読む]
  • 不動産バブルが弾けそうな都市はどこ?
  • バブルというのは弾けるまで、バブルだったかどうかは分かりにくいと言われます。弾けた後に、あれはバブルだったとわかるわけです。ですから、「バブルがはじけるかも」という予測はあまり、というかほとんど当たりません。 しかしUBS銀行が様々なデータを分析し、バブル崩壊の危険がある都市を発表しました。参考に見ておくのは良いと思います。もしこれらの都市で不動産投資をしているのなら、売り時ということなのだと思います [続きを読む]
  • サプリメントはアメリカから直輸入がお得!
  • 今日は投資とは関係のない話です。私は定期的にサプリメントを通販で買うのですが、アメリカから直輸入しているのです。なぜかというと、単純に価格が安いからです。私がいつも買っているのはこちらの会社ですが、いつも大バーゲンをしています。“Buy 1 Get 2 Free” (1つ買えば、2つおまけ)とか、”Buy 2 Get 3 Free”(2つ買えば、3つおまけ)とかをいつもやっています。 サイトはこちら。Puritan’s Prideこの会社は日本のサ [続きを読む]
  • アメリカ不動産は日本法人名義で買うべきではない
  • アメリカ不動産の購入形式は大きく分けて3つに分けられます。個人名義での購入日本法人名義での購入アメリカで法人を設立して購入 アメリカで不動産を買われる方の多くは節税目的を兼ねています。そのため大半の方は個人で購入し、所得税を圧縮するか、日本法人で購入して法人税の圧縮を考えられると思います。しかし日本法人での購入には大きな落とし穴があります。そしてそれは不動産売却の時に表面化します。 問題はあとからい [続きを読む]
  • 静かに増え続けるロシアへの不動産投資
  • 日本ではほとんど話題にならないロシア不動産投資ですが、他国の投資家たちはやはり静かに買っています。前年比で二倍以上の投資金額がロシアの不動産市場に海外から流入しているそうです。トランプ大統領も選挙中にロシア不動産に手を出そうとしていたとして、アメリカではかなりたたかれていますが、普通の不動産投資家として純粋に考えれば、ロシア不動産はかなり魅力的です。報道によると、外国人による不動産取引のうち73%が [続きを読む]
  • 詐欺師の手口を知ることは投資上達の近道
  • 私の知り合いの投資家で詐欺師と分かっていながら、平気な顔をして付き合っている人がいます。私も、ご一緒したことがありますが、そんな彼はただ一言だけ「この人の案件はやらないでね」と言います。もちろん会って話をするだけでは、詐欺をするような人かどうかは分かりません。しかし少し時間がたつと、言われた通りにその人の投資案件は予告通り破たんしました。 詐欺師と分かっていてなんで付き合っているのかと聞いたことが [続きを読む]
  • 金持ちになるのに孤独力は必要なのか?
  • 少し前から孤独力を磨けとか孤独を恐れるな、みたいな本や記事を最近、多く見かけるようになりました。今の世の中、孤独な人が多いのかもしれませんが、逆にそれを生かして自分を強くしなさい、といった考え方にはある程度、共感できるものがあります。 仕事やお金に関していえば、ただ単に寂しいかどうか、自分一人では自信がないからといった考え方をする人はたくさんいます。しかし成功している人はあまりいないように思えます [続きを読む]
  • なぜ多くの評論家たちがビットコインを投資ではないというのか?
  • 金融の専門家たちの考えが学べるFinancial Poinerにビットコインに関する記事が出ていました。なぜ金融界の有名人やプロが仮想通貨やビットコインに否定的なのか、その理由が分析されていました。ビットコインが投資でない本当のワケいろいろと理由はありますが、ビットコインを買う人たちは投資と投機の違いを分かっていないとか、いろいろと書かれていますが、最後にこのように書かれています。 「なぜ「適合性の原則」が重要な [続きを読む]
  • モスクワのコンドをバケレンで運用開始!
  • 新しいモスクワのコンドミニアムのバケレンでの運用を開始しました。モスクワは外国人投資家があまり参入していない数少ない都市のひとつで、参入障壁は高いものの、不動産投資の条件がそろっています。ロシア不動産投資の最大のリスクは不動産の管理体制です。ロシアには不動産管理業というものがあまり確立されておらず、特に言語や文化が分からない、遠隔投資家にとっては難しいところです。いつの場合でもそうですが、だれもが [続きを読む]
  • 2018年のシカゴ不動産市場予測 
  • 早くも来年の不動産市場の予測が出てきました。シカゴに関していえば、来年度は10%の上昇を見込んでいるそうです。イリノイ州の財政などの不安定要素はあるものの、雇用の増加は順調で、先回のバブル時期を2%上回っているとのことで、全米の他州に比べると、遅れているものの来年度も順調に続きそうで、それが不動産市場にも好影響を与えそうです。シアトルやポートランドといった不動産が高いエリアでは、上がっていく金利のため [続きを読む]
  • ニュージーランドの不動産バブルは弾けたのか?
  • ニュージーランドの不動産バブルが弾けたかもしれません。報道によると、不動産の売り上げが急激に下落しています。価格は昨年比でまだ上昇していますが、売れなくなると価格も落ちていくと思われます。もしかしたら、今は価格のちょうど上限あたりにあるのかもしれませんね。エリアによっては37%も売り上げが落ち込んでいるそうです。全国平均では20%の落ち込みです。近々、総選挙がありますが、オーストラリアと同様、外国人が中 [続きを読む]
  • 私が事業投資をやらない理由
  • 投資をしていると当然、いろいろな案件を勧められるわけですが、一定の割合で事業への投資案件が含まれてきます。しかし私は基本、他人の事業にはあまり投資しないことに決めています。特定のビジネスの分野での経験がある人が、新規事業を始める場合がほとんどですが、そういった場合でも事業投資には乗らないことにしています。確かに事業投資は当たれば大きく儲かるものの、外れる可能性も高く、投資の中ではハイリスクに分類さ [続きを読む]