Be-rich さん プロフィール

  •  
Be-richさん: 世界で不動産を買おう!
ハンドル名Be-rich さん
ブログタイトル世界で不動産を買おう!
ブログURLhttp://be-rich.me/
サイト紹介文海外不動産でミリオネアになる方法教えます!
自由文海外投資で自由なライフスタイルを目指す仲間たちだけが集まり、グループを結成しました。投資でリッチになって、好きな時に好きな時に行く、好きなところにステイして、人生を楽しむ、日本だけでなく、住みたい国すべてに家を持つ、それも投資物件ではなくて。そんな人生を送る仲間と共に、旅行しながら投資を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2017/01/22 15:24

Be-rich さんのブログ記事

  • 結局は人間関係か、、、
  • 最近、いろいろと案件が重なりまして、忙しい日々が続いております。めんどくさがりな性格なので、いったんブログを書くのが途切れると、何週間も書く気が起こらなくなってしまうので、無理をしてでも書くようにしています。そのため、内容の薄い記事も多くなりがちで、申し訳ありません。 投資とは結局は突き詰めると、その大元にはビジネスがあり、そこでは人と人が関係しています。お金を持っている人がいるかと思えば、特殊な [続きを読む]
  • 仮想通貨の大半は淘汰される運命
  • 昨年から今年の前半にかけて、実に様々な仮想通貨が発行されましたが、もう少しで淘汰されることになりそうです。 コインチェックの問題で表面化したセキュリティーの問題があります。ハッカーにやられ放題という交換所もあるようです。発行人不明の仮想通貨も多くあります。当然、担保はありません。そしてICOは儲かるというのも過去の神話になりつつあります。ICO割れしている仮想通貨がほとんどだと思います。中には100分の1と [続きを読む]
  • カジノ法案成立に思う、、
  • 昨日は連休中でしたが、カジノ関係者との打ち合わせでした。日本でもカジノ法案が成立し、カジノの関係の案件でかなり忙しいようです。話をいろいろと聞いたのですが、カジノにはかなりの利権が絡んでいて、絡んでいる人たちはかなり儲かる見込みだとのこと、これは当たり前のことですが、カジノの客は多額の金額を使うため、普通のビジネスとは利益率が比べ物にならないというのがその理由です。カジノ単体はもちろんのこと、日本 [続きを読む]
  • 新しい国への不動産投資をする時のアプローチ
  • 最近はほとんどの国で不動産の買い時は終わっています。今は5-6年前に買った人たちが利益確定をする段階に入りつつあり、今から参入するのはややリスクがあるかなと思える場合がほとんどです。 今週、私の友人から連絡がありました。この方は5年ほど前に物件をアメリカで買いましたが、少し前から売りに出していて、契約が決まったのだが、税金の問題があるからどうにかならないか、という相談でした。ちなみにこの方は当時に購入 [続きを読む]
  • 国税庁職員は英語音痴
  • また一つ、脅迫ともとれる報道が出ています。 以下のニュースです。富裕層の海外口座丸見えに 税逃れ監視強化 全国に調査チーム 「国税当局が海外に多額の資産を持つ富裕層の税逃れ対策を強化している。昨年から富裕層の調査チームを全国に配置したほか、世界各国の口座情報を自動的に交換して資産を“ガラス張り”にする「CRS」(共通報告基準)に、日本も9月末までに加わる予定だ。タックスヘイブン(租税回避地)での節税 [続きを読む]
  • トランプ大統領もそろそろ終わりか、、、
  • 日本ではあまりニュースに出ませんが、アメリカでは連日、トランプ大統領のロシア疑惑のニュースが報道されています。トランプ大統領の元側近弁護士のコーエン氏がトランプ氏を裏切り、ロシアとの連絡を取り続けていたことをばらしてしまいました。と思っていたら、日本語でもニュースになっていました。 トランプの私的醜聞とロシア疑惑の意外な接点 この感じだと大統領を辞任では済まないかもしれませんね、、、最悪、逮捕という [続きを読む]
  • 詐欺かどうかは分からないのか?
  • 年配者を狙った詐欺もどきの金融業者が多いようです。こんなニュースがありました。 某企業、夫を亡くした69歳女性に金融商品を押し売り→1600万円の損害与える 投資の世界には詐欺も多いですし、詐欺もどきの話も多いです。ですから、投資の勉強をするということは、本物と偽物の見分け方を身に着けるということになります。それが分かるようになれば、投資の成功確率は飛躍的に上がります。 この記事にはこんなことがかかれて [続きを読む]
  • 教会のトラストではどのように運用しているのか?
  • これは協会で行っている実際の運用の一例です。 アメリカの航空会社のサウスウエスト航空という会社があります。 サウスウエスト航空 サウスウエスト航空は事業計画の一部として、一年後までの燃料価格の想定をしています。予算は1バレルあたり100ドルを予算として想定するわけですが、急激な原油価格の上昇に備えて、燃料の価格に保険を掛けます。これはサウスウエスト航空が新規の路線を開拓したり、新しいハブ空港を設立したり [続きを読む]
  • 金持ちほど倒産を繰り返すのはなぜか?
  • アメリカでは金持ちほど倒産すると言われています。それはなぜかというと、会社名義で借り入れを起こし、ビジネスがうまくいかなければ、会社を簡単に倒産させる。会社と個人は別なので、会社がダメでも個人資産は影響を受けない。訴えられて、支払いができなければ会社を倒産させるわけです。そして、文化的に何度もやり直しがきくので、会社を倒産させたすぐあとにまた別の会社で事業を起こしていたりとか、なんとことはアメリ [続きを読む]
  • リインシュランス投資は保険付きの高金利預金に近い。
  • リインシュランスの投資スキームは投資の中でもかなり安全な部類だと思います。大きく分けると、法律により保護されていて、マーケットの影響を受けにくく、しかも資産の分離ができるというメリットがあります。 例えば、以下のような感じです。 マーケットリスク  マーケットの上下に影響されません。インフレリスク   こちらの影響も全くありません。課税リスク     こちらも最小限度です。FDIC(米国連邦預金保険)によ [続きを読む]
  • 8/25(土) 海外投資お茶会のお知らせ
  • 初めての試みですが、来月にお茶会をやります。 ここのところしばらく、問い合わせには個人面談で対応してきましたが、私自身、日本にいる時間がかなり少なくなって、個人面談にそれほど時間を取れなくなってきたことがその理由の一つ。そしてお会いする方の中には見知らぬ人と最初から一対一で会うのに抵抗がある方もいらっしゃるようでしたので、今後は個人面談からお茶会にシフトしていこうかと考えています。あと、これは私が [続きを読む]
  • 教会ファンドはなかなかスゴイ、、追記アリ
  • この間の宗教法人を使った資産運用の話の続きです。 内容は以下のようになっています。中身は普通のファンドと同じで、ただ運用主体が宗教法人となっているという感じです。実際の運用はプロが行っています。 最小の投資金額 2万ドルから利回り 月1%を保証。実際には2-3%行くようです。元本保証だそうです。(教会が倒産しないかぎりという意味だと思います。)実際に教会関係者のプロがシカゴの取引所で運用しているそうです。SEC [続きを読む]
  • 歩いて国境を越え、メキシコへ
  • 週末なので、サンディエゴに来てみました。アメリカの中でも特に気に入っている町です。程よいサイズの町で、海がとてもきれい。そしてなんとなくメキシコの香りが漂う美しい街です。時間があったので、歩いて国境を越え、メキシコのティファナという町に行ってみました。国境近くのパーキングに車を止め、国境に向かって歩きます。結構、たくさんの人が歩いて国境を渡ります。歩いてメキシコに行くためのサインもきちんと出ていま [続きを読む]
  • ニューポートビーチの家
  • 私の友人はロサンゼルスの高級エリアとして知られるニューポートビーチに住んでいます。私は詳しくないのですが、ニューポートビーチはこれまでいくつものテレビドラマや映画のロケ地になったところのようです。私の友人はその中でもバルボア島と呼ばれる小さな島に住んでいます。車で小さな橋を渡るとバルボア島にわたることができます。 島自体はかなり小さいのですが、かわいらしい家や店が所狭しと立ち並んでいます。高級エリ [続きを読む]
  • リインシュランスへの投資はローリスクハイリターン
  • 個人投資家にとっては聞きなれない言葉かもしれませんが、リインシュランスへの投資があります。リスクが低い割にはリターンが大きい投資で、有名なところではウォーレンバフェットのバークシャーハサウェイも多額の投資をしていることで知られています。保険のセクターのうちのリインシュランスへの投資がかなりの部分を占めていると言われています。皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、GEICOはバークシャーハサウェイの [続きを読む]
  • 宗教法人を使った資産運用
  • まだ、ロサンゼルスにいます。私の知り合いでアメリカ人ですが、教会を運営しながら資産運用をしている人がいます。元ウォールストリートの証券マンですが、今は教会の牧師で、信者からの寄付を集めながら、無税の宗教法人を利用し、寄付を運用しているとのこと。現在まで集めた寄付は約30億円で、それを運用して、利益を赤十字とかに寄付しているとのこと。信者には、一度協会に寄付すると運用で配当が出るので、何もしなくても毎 [続きを読む]
  • 利回りが低いと安全な投資になるのか?
  • これは投資の初心者によく見られる傾向ですが、利回りが低いと安全だと思いこむ傾向です。ハイリターンだとリスクも高いと思いこむわけです。この傾向を利用して、本当はもっと利回りが出るのに、わざわざ利回りを抑えるファンドマネージャーや業者が世の中には存在します。つまり自分たちの利益を多く取り、投資家には少なく配当することにより、”安全だ”と見せかけるわけです。 投資が安全かどうかは、利回りではなく投資の仕 [続きを読む]
  • あの時にやっておけばよかったと思う場合、、
  • また、アメリカに来ています。そろそろ本当に引越しをしないといけなくなってきました。私のビジネスパートナーがロサンゼルスでオフィスを借りたので、シカゴとロサンゼルスの両方に行かなければならず、シカゴも好きなのですが、冬の寒さを考えると、やはりカリフォルニアに住むのはかなり魅力がありますね。そんなことを書きつつも、仕事に追われていて、なかなか進んでいないのですが、そろそろ何とかしようと考えてます。とこ [続きを読む]
  • アメリカ不動産市場はバブルなのか?
  • バブルかどうかの判断は難しいところです。というのはバブルというのは、弾けるまでよくわからないものだからです。ただ一つ言えるのは、前回の不動産市場のピークをすでにかなり上回ってきているということだけは確かです。 以下はいくつかの大都市のマーケットです。まずはロサンゼルス。サンフランシスコデンバーダラスシアトル 今の時期にアメリカ不動産投資に参入するのは、ハイリスクかもしれませんね。Copyright © 201 [続きを読む]
  • 出過ぎた杭は打たれない
  • 日本人の思考は一般的には横並びにしようとするものです。学校でも職場でも、自分を周りの人と比較して、平均的な能力、仕事力、ごく普通の人間として社会に溶け込ませようという教育を行います。そして、出た杭は打たれるということわざにもある通り、他の人と違うことをすることを極端に嫌う国民性があります。しかし、どの世界でも大成功する人は、打たれることを気にしない人たちです。他の人と違うことをすると、最初はたたか [続きを読む]
  • 本当に儲かる話は人には教えないもの、、、
  • 投資をする人が多いの大もうけする人が少ないのには理由があります。 大きな理由の一つは、ネット上にあふれている情報の多くはただのポジショントークで、その情報を拡散して値段を釣り上げて、売り抜けようとしているから。例えば、有名人のメルマガを読んで、仮想通貨のICOを買おうなどとする人に、まれにはまぐれ当たりがあるかもしれませんが、たいていは主催者の養分にされて終わることでしょう。少し前まで、仮想通貨をガチ [続きを読む]
  • 一体幾ら欲しいのか、幾ら必要なのかを考える
  • 投資とか事業の優良案件で、インサイダーに運よくなれると、一体いくら稼いだら満足するのかという質問の答えを自分で考えなければなりません。人によって、果てしなく稼ぎ続けたいという人もいますが、一定額を稼いだら、そこで打ち止めにし、あとは人生でやりたいことをやるという人が多いのではないかと思います。これは考え方の違いなので、ひとそれぞれ好きなように決めればよいと思います。仕事が好きでやめられないという人 [続きを読む]
  • No! ということを恐れてはいけない
  • 仕事や資産運用がうまくいき始めると、人からいろいろとお願いされることも増えていきます。普通のお願いならば構わないのですが、たいていの場合、「お金を貸してほしい」とか「儲け話に一枚噛ませてほしい」といった話が来るものです。果てには雇ってほしいのだが、とお願いされることもあります。私も最近、仕事にある知り合いを噛ませなかったことで、嫌われてしまい、違う人に悪口を言いふらされていたことがありました。その [続きを読む]
  • 本物はおもてには出てこない、、、
  • 人間社会の仕組みで、少数の人に大多数が支配されるという構造は時代や文化が変わっても、引き継がれています。権力や財産の大半は少数の人たちによりコントロールされ、一般大衆は彼らによるプロパガンダやウソの情報により支配され、搾取される傾向があります。簡単な例ですが、北朝鮮では韓国は北朝鮮よりも人々が貧しいと教えられています。そして北朝鮮で戦争の危険があるのは日本が悪いからだと国民は教えられているそうです [続きを読む]
  • 人生のボスはあなたしかいない
  • 人生というのは決定の連続である。 朝起きて、何を食べ、どの洋服を着て出かけるのかといった小さな決定から、どの大学に進学し、どの企業に就職するのか、そして誰と結婚するのかといった人生を左右するような大きな問題もある。中には決定を下すための情報が不足している中で決めなければならないこともあるし、答えがないなかで決めなければならないこともある。 一つ大切なのは、あなたの人生の決定を自分が決めなければ、誰か [続きを読む]