Be-rich さん プロフィール

  •  
Be-richさん: 世界で不動産を買おう!
ハンドル名Be-rich さん
ブログタイトル世界で不動産を買おう!
ブログURLhttp://be-rich.me/
サイト紹介文海外不動産でミリオネアになる方法教えます!
自由文海外投資で自由なライフスタイルを目指す仲間たちだけが集まり、グループを結成しました。投資でリッチになって、好きな時に好きな時に行く、好きなところにステイして、人生を楽しむ、日本だけでなく、住みたい国すべてに家を持つ、それも投資物件ではなくて。そんな人生を送る仲間と共に、旅行しながら投資を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2017/01/22 15:24

Be-rich さんのブログ記事

  • 簡単に設立出来て、節税にもなるアメリカ法人
  • アメリカで法人を設立するのは意外と簡単です。最近はアメリカでの法人税が引き下げられたこともあって、タックスヘイブンで法人を立てて、節税しようとする企業も減ってきているようです。アメリカと一言で言っても、いろいろな州があり、それぞれに税制と法律が異なるのですが、人気があるのはネバダ州とデラウェア州です。ネバダ州は何といっても税金が安いのがメリット。しかし一番人気はデラウェア州で、アメリカの上場企業の [続きを読む]
  • シカゴダウンタウンのコンドミニアムに入札したが、玉砕
  • 週末にシカゴダウンタウンのタワーマンションに入札しました。180平米を超える広さで、89階、ミシガン湖が見えるロケーションのようでした。ただオークションなので、中を見ないで入札することになります。普通の買い付けとは異なり、入札後のキャンセルはできないので、買い付け価格には慎重になります。同じ建物の中では、億を超える価格で売りに出ている物件があるものの、修理代金にいくらかかるのかが分からないので、入札価 [続きを読む]
  • シカゴでオフィスを契約します。
  • 海外ビジネスをしていて痛感するのは、日本国内と海外の両方を知っているとかなりの強みになるということです。私が今取り組んでいるのも、その類のビジネスで、今はスタートアップのために奔走しています。倉庫付きの事務所が必要になり、探していましたがよいところが見つかり、見に行きました。オフィスになる部屋は4つで、そのほかに待合室と会議室があります。そして、事務所は倉庫につながっていて、かなりスペースがありま [続きを読む]
  • ロシアスキャンダル、経済制裁でロシア株が狙い目に
  • アメリカがロシアに対する経済制裁をするとの見方からロシア株が落ちています。トランプ大統領は、シリアのアサド政権が首都ダマスカス近郊で反体制派に対して化学兵器を使用し、多くの死者を出したとして、アサド政権を支援しているロシアとイランに「大きな代償」を払わせるとツイートしました。今回の暴落はあくまで外的要因によるもので、投資家が投げ売りせざるを得なくなり、悲観一色になっている時は、長期的に見れば絶好の [続きを読む]
  • 本当に勝てる投資家になるためには、、、
  • 私の友人や知り合いには投資家、金融の専門家が多くいます。他の誰よりも経済情勢や最新の投資情報に詳しい人もいます。時に10以上の投資案件に関わっている人もいます。 しかし、投資に詳しく、評論家並みの人であっても本当にで儲かっているかというと、そうでもないのです。もちろんよく知っていることはアドバンテージですが、それだけでは不十分だと言えます。投資の案件で大きな利益を上げるためには、中心の近くにいなくて [続きを読む]
  • 海外に法人を作るだけでは節税にはならない
  • 所得が多くなると、だれもが節税を考えるのが普通ですが、究極の節税はやはり海外で法人を設立し、利益をそこに付け替えるというものです。低税率国で法人を設立すれば、簡単に節税できると誤解されがちですが、実際にはそこまで簡単ではありません。日本にはタックスヘイブン税制というものがあり、できるだけ日本の税収につなげようと、海外の法人を規制するシステムになっています。細かな基準があり、それに照らして判断するわ [続きを読む]
  • 支払った授業料から学べば、結局は安くつく
  • 投資で失敗したり、騙されたりすると「授業料を払った」とよく言います。最近、面談続きですが、「授業料」を払ったばかりの方たちと続けてお会いしました。投資の世界に失敗はつきものです。プロでさえ、読み違えたりすることはごく普通なのですから、素人は失敗したとしても、当たり前です。ですから、始める時には失敗する可能性があることをはじめから考えて、仮にうまくいなかったとしても、生き残れるようにしておくことが大 [続きを読む]
  • 金持ちになれるかどうかが分かる11の兆候
  • ビジネス インサイダー誌は、あなたが将来お金持ちになるかどうかが分かる11の兆候についての記事を掲載しました。あなたにはいくつ当てはまるか、やってみてください。 就職したらすぐに貯蓄を始めろ: 複利の魔法を味方につけろ借入は期限内に決められた額返済しろ: さもないと長い目で見て高いつけを払うことになるクーポンを集め割引を探せ: 意外と食品・日用品の出費は多い緊急事態に備えろ: まさかの時のためのお金 [続きを読む]
  • 先日の案件の追加募集します! 残り1枠のみ!
  • 先日の案件の追加募集をします。 先週、今週で個人面談を複数行いました。当初から、枠が完全に埋まるだろうと予想していたのですが、今日現在、一つだけ残りがあります。実際、ほとんどの方がその場で即決するだろうと考え、実際そうでしたので、当初から面接の応募人数も絞っていたのですが、最初の面接受付全員を終わった現段階で、あと一枠だけ残りがあります。先回の面談申込みに間に合わなかった方で、話を聞いてみたいとい [続きを読む]
  • 人があまりやっていないのにはワケがある?
  • ブログの問い合わせには、セカンドオピニオンを求める問い合わせとか、アメリカ不動産にかかる一般的な問い合わせが多いのですが、中には一風変わった問い合わせもあります。 例えば、数日前にはかなり珍しい問い合わせがありました。この方は、アメリカで農場を購入して、投資をしたいのだが、どのようなエージェントに相談したらよいのか、農場を含む不動産は同のような基準で選択したらよいのか、という非常にざっくりとした相 [続きを読む]
  • 投資初心者はかなりの高確率でカモられる
  • 先週から個人面談が続いていまして、都内のホテルのラウンジで人と会っているのですが、打ち合わせの合間に近くに座っている人たちの話が聞こえてしまうことがあります。 毎回のように隣のテーブルにいる人たちは仮想通貨関連の商談をしていたようです。どうやら仮想通貨の情報商材を販売しているのか、仮想通貨クラブのようなものへの入会説明のような話をしていたのが聞こえてきました。 昨日の人は「仮想通貨で絶対に負けない方 [続きを読む]
  • アメリカ不動産投資で見落としがちな税金の問題
  • 不動産投資の利益を計算する際に、見落としてはならないのが税金です。キャピタルゲインを取れたとしても、税金でマイナスになることがよくあるからです。アメリカ不動産に関しては、恐らく売却した日本人業者も説明をしていない場合がほとんどですが、個人名義の物件を売却する際に、思わぬ税金がかかることがよくあります。買うときは簡単なのですが、売る時には必ずアメリカの納税者番号(ITIN)を持っているかどうか聞かれます。 [続きを読む]
  • 人の本性を見るにはペットを見ろ
  • 投資もビジネスもそうですが、だれと組んでやるかにより、結果は大きく変わります。というか悪い人と組むと最悪の結果になります。事業の中身はもちろんそうですが、だれとやるかということの方が大事なことが多いです。といっても人の診断は難しいです。私もこれまでにたくさんの失敗をしましたが、そのほとんどは仕事の内容や案件そのものというよりも、かかわった人のせいで失敗したことがほとんどです。ただ単に能力が不足して [続きを読む]
  • 一旦、新規の申し込みの受付を終了いたします。
  • 数日前に募集した案件ですが、本当に多くの問い合わせと面談の申し込みをいただきまして、ありがとうございました。もうすでに契約を済ませた方もいらっしゃいますし、来週と再来週にかけて、面談の予定が複数、入っておりますので、恐らく枠はこれで埋まるものと予想されます。ですので、いったん新規の申し込みは打ち切りとさせていただきたいと思います。これまでにお申込みいただいた方の中で、決まらない場合には、再度追加募 [続きを読む]
  • ニッチな都市で不動産を買うときのメリットとデメリット
  • 出張続きで、久しぶりのブログ更新となってしまいました。本業がかなり忙しいため、今後しばらくは不定期な更新となってしまうことをご容赦ください。 さて、世界的に不動産価格が高騰していく中、投資家の注目はまだ価格が上がっていない都市へと移っていきます。世界的に水準で見ると、アメリカはまだどちらかというと安値圏にあると思います。といっても西海岸や東海岸では高値を更新していています。そのため投資家たちだけで [続きを読む]
  • 人口が増えていると、不動産は買いなのか?
  • 移動の途中で韓国に立ち寄っています。さすがにオリンピックということもあり、空港が混みあっています。 さて、よくある海外不動産業者のセールストークについてですが、このようなものがあります。 「○×国の経済は発展しているから、投資対象として優れている」とか「○×の都市は人口が増加しているから、不動産投資をすべきだ」というものです。恐らくほとんどの業者がこれと似たようにことを言っていると思います。 私はい [続きを読む]
  • 裁判をしてもお金は戻らない
  • コインチェックが計画倒産するらしいという内部告発が話題を呼んでいます。 コインチェックが計画倒産か?自作自演と語る元社員が内部告発!? あと集団訴訟の弁護団が結成されたそうですが、おそらく無駄でしょう。裁判には時間がかかるうえ、社長と取締役全員も個人の破産をしてしまえば、金はとれないと思いますし、仮に取れたところで、最初に税務署がほとんどを持っていくと思われるので、やるだけ無駄だと思われます。儲かる [続きを読む]
  • クレジットを借りて不動産開発がスタート
  • 先週からアメリカに来ています。新しい不動産開発のプロジェクトがスタートすることになり、打ち合わせと契約等のため、しばらくこちらに滞在しています。 不動産開発は普通の不動産投資とは違い、多額の資金が必要になります。測量、図面の作成一つをとっても、一回に付き数万ドル程度はかかりますし、役所との交渉の過程で、修正が必要になれば、またそれだけ余分にお金が出ていきます。もちろん土地の購入費用、建物の建築費用 [続きを読む]
  • コインチェック被害者の苦しみはこれから始まるのか、、、
  • コインチェックの不正流出事件が世の中を騒がせていますね。多額の利益を得ていた人たちは、心配でたまらないことと思います。常識的に考えればこれだけの金額の補てんをできるわけもないので、恐らくこのまま倒産という線が濃厚だと思われます。返金する、事業継続するといっていますが、こういうのは一時的にしのいでおいて、突然、破産申し立てを行うケースが一般的なので、信用はできません。もう破産の手続きを進めている可能 [続きを読む]
  • 投資のキホンはいつも変わらない、、
  • 投資の世界の話の90%以上はポジショントーク、ウソあるいは詐欺です。 いわゆる専門家たちのポジショントークやウソの情報に騙されて、多くの人が大金を仮想通貨につぎ込んでいます。急落するたびに、仮想通貨を押し目買いすることやガチホすることを勧める人がいたり、新しいICOに投資させようと、人を洗脳しようとする詐欺師たちが多くいます。面白いので、一つのところに登録してみたところ、なかなか面白いアプローチをしてい [続きを読む]
  • アメリカの不動産が掲載価格以上で売れている
  • 最新のニュースによると、全米平均で24%の物件が販売掲載価格以上で売れているということです。平均すると、掲載価格よりも7000ドル高い価格で、物件が成約しています。その中にはサンノゼ、シアトル、ソルトレイクシティといった都市では、半分以上の物件が掲載価格以上で売れています。特にサンノゼでは、掲載価格よりも62000ドルも高い価格で、物件が販売されているとのこと。 これはどういうことかというと、物件が売りに出る [続きを読む]
  • やはり安定稼働する投資が一番ですね、、
  • 昨日から仮想通貨がかなり下落しています。各国政府が規制に乗り出すという観測を受けて、急落しているそうです。通貨によっては30-40%も下落しています。これが株式なら、ストップ安となるのでしょうが、仮想通貨の場合そのシステムはそもそもありません。利確してしまえば、納税しなければならず、かといって逃げ遅れれば利益が吹き飛ぶかマイナスになる、かなり難しい状況の人も多いかもしれません。報道1つで、これだけ値下が [続きを読む]
  • 仮想通貨(ビットコイン)は脱税し放題なのか?
  • 普通の人であれば、税務調査を経験することはほぼないと思います。しかし経営者や投資家であれば、それでどれほど嫌なものなのか、そして税務署の情報収集能力の高さを知っています。だから、今回まぐれ当たりで儲かった人は、「税金を払わなくても、どうせわからないだろう」などとタカをくくらない方がよいと思います。税金の知識のない人が、自己流で節税しようとすると、かなり悲惨なことになりますから、、、 私も少し前にな [続きを読む]