深雪 さん プロフィール

  •  
深雪さん: アニメ視聴否忘失録
ハンドル名深雪 さん
ブログタイトルアニメ視聴否忘失録
ブログURLhttp://sobraniepinks.hatenablog.com/
サイト紹介文日々ただ消化するアニメの個人的感想帖です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2017/01/23 00:10

深雪 さんのブログ記事

  • 『最遊記RELOAD BLAST』
  • 全12話視聴完了。最遊記20周年プロジェクトって怖! もうあれから20年なの。正確には昨年放送で21年前ですが。いや、それ位、うん、それ位のはず。だけど、だけれども、ちょっと目眩がするわ。当時、最遊記の漫画連載始まった頃だよ。もう三蔵のイケメンっぷりに夢中だったし、沙悟浄のちょっと悪い男にはきゅんっとして、猪八戒さんの知的な姿に溜息が出、まぁ、ショタ属性がなかったので、当時、悟空の可愛らしさはスルーでした [続きを読む]
  • 『進撃の巨人』Season3
  • 第38話から第49話視聴完了。sobraniepinks.hatenablog.com相変わらず滅茶苦茶面白い。凄い。凄いよ。第3期の1話目、38話は正直NHKに放送局が変わってどうなるのだろうと、期待外れかもしれないとドキドキしていたのだが、2話目、39話「痛み」にて、やってくれましたよ。冒頭のアクションシーン。もうすでにそこだけで繰り返し5回は観たね。凄い。動く。圧倒される。あの立体起動を使ったアクション。一気に街を突き抜けて、酒場 [続きを読む]
  • 『デビルズライン』
  • 全Line.12視聴完了。異種間恋愛物。現代を舞台にした鬼(吸血鬼?)と人の恋愛を主軸に、鬼と人間の共存という社会の問題と個人の問題と混在しつつ物語が進むため、なんだろう。冒頭にて主人公である2人の出会い、鬼でありながら警視庁公安五課で鬼の犯罪を取り締まっている安斎さんに、その捜査の途中に大学院生の平つかさと知り合い、恋仲となるのを受け入れられないと、最後まで置いてけぼりを食らうなと。なんと言うか、つかさち [続きを読む]
  • 『ひそねとまそたん』
  • 全12話視聴完了。久々に酷い気分になったアニメ。『NieA_7』以来。いや、それ以上かも。航空自衛隊が管理する軍用機に擬態するドラゴンと新人搭乗員の少女達とのハートフル交流物語り。愛と笑いと涙の現代日本神話。と、いうことなのだが、ハートフルさなど何処にあったのか自分にはわからなかった。第一印象として、玄人好みに作られている。あなたたち、こういうのスキでしょ感。OPの歌詞なしの曲から、CM前のアイキャッチの [続きを読む]
  • 『音楽少女』
  • 全12話視聴完了。第1話「100億人に一人のアイドル」というサブタイで登場した主人公はなこちゃん。アイドルになるかと思いきや、プロデューサーになるのかと思いきや、マネージャーなのかと思いきや、マネージャーアシスタントという。最早、何が何やら。アイドル物でアイドル視点ではなく、可愛い女の子で構成しようとした結果かなとか。回を増すごとに主人公の影が薄くなるとう。最終話のでライブ前に円陣を組んだ時、はなこも呼 [続きを読む]
  • 『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』
  • 全12話視聴完了。異世界転生物って中毒性があるわ。なんだろう。最初はそんなことなかったし、なろう系というやつを寧ろちょっと小馬鹿にしていたはずなのに、なんか、今度の異世界はどんなのかしらんとそわそわしながら再生している自分がいる。なんでそんなことになったのか謎。とあるネトゲで他のプレイヤーから「魔王」と呼ばれているほどの強さを誇っていた主人公。ある日、彼はゲーム内の姿で異世界に召喚されてしまう。そこ [続きを読む]
  • 『すのはら荘の管理人さん』
  • 全12話視聴完了。日常癒し系ゆるふあ痴女おねショタおっぱいアニメ。「すべてのあまえんぼうさんに贈る年の差ラブコメ決定版」とのこと。お姉さんが甘えさせてあげるが過剰で寧ろ何か患っているのではなかろうかと。ストーリーとしては、小柄で女顔の主人公、椎名亜樹。あき君は中学入学と機に自分を変えようと、静岡の実家を出、東京にあるすのはら荘に下宿する。そこで待っていたのは、天然でいたずら好きな管理人さん、春原彩。 [続きを読む]
  • 『ヤマノススメ サードシーズン』
  • 全13話視聴完了。sobraniepinks.hatenablog.com今回は登山というよりも学園生活中心だった気がする。そして主人公のあおいちゃんとその幼馴染のひなたの性格の悪さが際立ったというか、面倒臭いカップルの痴話喧嘩を永遠と見せられているような。二人でデートスポットに行ったりとか。少なくとも、女子高生のきらきら登山ライフでも、登山って楽しいよねという布教アニメでもなくなってしまったなという印象。内弁慶なあおいはクラ [続きを読む]
  • 『ピアノの森 』
  • 12話視聴完了。音楽とアニメって相性良いよね。絵に音楽付けられるのだもの。ショパンといってピンと来ない自分にはちゃんと音が付くのって有難いし、物語をちゃんと楽しめるよね。あと、クラシックで良いなと。長年、多くの人に愛されているのには理由もあって、大人になってこうして聞く機会をあたえられるって有難い。『のだめカンタービレ』の時にも思い知ったけれど、改めて。ストーリーとしては、森に捨てられたピアノをおも [続きを読む]
  • 『メルヘン・メドヘン』
  • 10話視聴完了。全10話で良いのかな。一応、12月に第11話、第12話公開予定ではあるけれども、地上波で放送するのかな。なんか、色々あったけれども全部第9話に持って行かれたというか。第8話が終った段階で急に再放送2話分を挟んでの第9話。作画クオリティ改善のためにと。総集編ですらなく、再放送。もう、久々に絵が動いているってそれだけで凄いのだなと再確認させられたよ。近年稀に見る作画崩壊。動かない演出だってあっただろ [続きを読む]
  • 『Back Street Girls -ゴクドルズ-』
  • 全10話視聴完了。絵が動かない魅せ方ってあるのだと再確認させられた。アイドル物でありながら、殆ど動かない。そしてそれが自然。演出が凄いなと。極道の若手3人組、ヘマをしたため親分の逆鱗に触れ、その落とし前を付けるべく、タイに飛ばされ、性転換と&全身整形して「ゴクドルズ」としてアイドルデビュー。見た目可愛いアイドルと、身に染み付いた極道の生き方。最近のアニメで一番笑わせて頂きました。先に原作の漫画を読ん [続きを読む]
  • 『かくりよの宿飯』
  • 全26話視聴完了。言葉悪いが、ビッチ感ヤバい。主人公の次々と男を誑しこんでいく感じ、ナチュラルに甘える感じが、もうビッチっぽい。でもって俺様なSキャラで登場した鬼もあっという間に爪を切られ、どころかツノまで折られたんじゃないかと。ストーリーは、あやかしが見え、あやかしの住む隠世と人間の世界を行き来した自由人であった、今は亡き祖父を持ち、自身もあやかしを見ることができる女子大生の津場木葵。彼女は、ある [続きを読む]
  • 『LOST SONG』
  • 全12話視聴完了。幻奏叙事詩ということもあり、確かに歌は印象的で良かった。ヨーロッパの田舎風景を模したファンタジー的世界感に、傷を癒やし、水を作り出し、火を灯すなど、さまざまな奇跡を生む“歌”を歌うことができる二人の歌姫の存在。またマクロスやシンフォギアのように歌で戦うのかと思って見始めたが、良い方向で裏切られた。物語りは、豊かな村で天真爛漫に育ち、いつか王都に行き楽団に入って歌を歌う事を夢見る少女 [続きを読む]
  • 『弱虫ペダル GLORY LINE』
  • 全LINE.25視聴完了。待望の『弱虫ペダル』第4期目。sobraniepinks.hatenablog.comsobraniepinks.hatenablog.com安定安心の手に汗握る自転車青春物語り。第4期は2年目インハイ1日目、日光いろは坂途中から。流石に25話見たら、インハイ終ると思うじゃない。当然、感謝感激涙なしには語れない最終日のゴールを終えて、そんなつもりて視聴開始致しましたよ。まさかそんな2日目終了で終るとわ。だけれども、物足りなさは感じない不思議 [続きを読む]
  • 『東京喰種トーキョーグール:re』
  • 『東京喰種トーキョーグール』第3期12話視聴完了。sobraniepinks.hatenablog.com最初は面白かった。なのに、『:re』になり、正直、もう良くわからなくなったよ。確か、第2期の最後にカネキ君の失踪で終ったと思うのだが、今回、いきなりカネキ君はグールを狩る捜査官として登場し、絵柄も前に比べてちょっとかわったかなという印象で、髪も白髪だし、薄ぼんやりした記憶で見始めた自分は完全に取り残されているうちにストーリーは [続きを読む]
  • 『立花館To Lieあんぐる』
  • 全12話視聴完了。日常系百合的萌な5分アニメ。高校入学のために学生寮に入居した主人公、夏乃はなび。純和風のボロアパートで、何故かラッキースケベにハーレム生活。そこにあるのは友情なのか、恋愛なのか。まぁ、さっくりさらりときゃっきゃうふふで特に何も思う所もなく視聴を終えてしまった。ただ、最終話の夏祭りの花火をバックに笑顔のはなびちゃんは印象的だったかな。あと、同じラッキースケベでも女子同士なら不条理な暴 [続きを読む]
  • 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』
  • 全24話+プレイバック特番2本視聴完了。凄く好みだった。ヒロインのビジュアル。ピンクロングストレートパッツンな髪型。目尻の赤いライン。そしてあの強気な口調のままらなさ。一見、天真爛漫なのに、すぐにその顔も曇る。鬼という設定も良い。いきなり濃厚なキッス。もう夢中になったよ。更に、ロボットの女性的なデザイン。足首の絞まったヒール型のロボって良いよね。『STAR DRIVER輝きのタクト』のタウバーンを見て、こんなロ [続きを読む]
  • 『ありすorありす』
  • 全13話視聴完了。萌系日常物のきゃっきゃうふふな5分アニメ。ストーリーとしては、双子の姉妹であるのりせとあいり。そしてシスコン気味な兄。お友達の双子、マコとココ。更にお友達の姫咲にるは。そんな彼らのごはんを食べたり、メイド喫茶だったり、一緒に遊んだり、ほんわかハートフル日常コメディ。と、まぁ、5分でわかるのは、可愛いな。可愛いよね。それだけで、特にこれといって何かがあるわけでもなく。だから何ということ [続きを読む]
  • 『鹿楓堂よついろ日和』
  • 全12話視聴完了。イケメン×美味しい物×ねこ。間違いないよね。色々なことがどうでもよくなる癒しの豪華詰め合わせセット。和風喫茶、鹿楓堂(ろくほうどう)。郊外にある竹林に囲まれた何処か現実離れした古民家風の建物。そこで働くのは眼鏡のおっとり店主、お茶担当のスイ。黒髪クールビューティーで陶芸家でもある料理担当のときたか。アクティブでムードメーカー、イタリア人とのハーフで珈琲担当のぐれ。最年少のお菓子大好 [続きを読む]
  • 『ゴールデンカムイ』
  • 12話視聴完了。10月からの第2期がとても楽しみで仕方がない。内容としては原作通り。7巻の途中までかな。最初に、まず漫画を読んだ時は衝撃的だった。死と食と生きるという事が凄く近くて、同じテンションで物事が進む。シリアスなのにコメディ的でもあって、どちらも表裏一体。凄い作品だなと。だからこそ、そんな漫画に色が付いて絵が動いて声が出るというのはとても楽しみで、安定して楽しめた。尤も、凄く安定した画力というわ [続きを読む]
  • 『されど罪人は竜と踊る』
  • 全12話視聴完了。なんだかもったいぶった、思わせぶりな、カッコイイっぽい表面を攫ったような、薄っぺらさを感じる作品だった。中二的と言ってしまって良いのだろうか。これを単純に格好良いとは、わざとらし過ぎて思えなかったが、寧ろそれが作風と言い切られてしまったら、納得はできる。カッコイイ(笑)で許容可能な作品。「咒式(じゅしき)」という科学と魔法の融合した特殊能力。咒式は生活のあらゆる分野に恩恵をもたらし、竜 [続きを読む]
  • 『BEATLESS』
  • 20話+総集編4本+特別編1本視聴完了。9月に『BEATLESS Final Stage』が全4話で放送されるらしいので、それで完結かな。SF。22世紀初頭を舞台に、社会の労働力として人型ロボットを使う時代。「「ヒト」と「ロボ」のボーイ・ミーツ・ガール。」のキャッチコピーで、主人公の少年である遠藤アラトと、美少女超高度AIロボットであるレイシアの恋愛物語りを通して、ヒトがモノを使うのか、はたまたモノがヒトを使うのか。ヒトとは、ロ [続きを読む]
  • 『鬼灯の冷徹第弐期その弐』
  • 昨年放送された第弐期の後編、第14話〜第26話視聴完了。sobraniepinks.hatenablog.com安定安心の単話で楽しめる地獄を舞台にしたコメディアニメ。特に感想も前回と変わらず、何処からでも気楽に見られる1話完結。正確にはAパートとBパートに二部構成。その壱がマキミキちゃんのアイドルが良く出てきたかなという感じだったが、その弐はシロを中心とした桃太郎のお供たちや、ウサギの芥子ちゃんなど、もふもふ中心だったように思わ [続きを読む]
  • 『宇宙戦艦ティラミス』
  • 全13話視聴完了。本格真面目SFのふりをしてコメディ。最初、漫画読んだ時、驚いたわ。ティラミスってケーキなの? なんでSFなのにケーキの名前?? 嗚呼、ケーキだったわ。甘くてふわふわでほろ苦くて。正しくそんな感じ。世界感は、人類が宇宙に進出して宇宙戦争が繰り広げられている。主人公は宇宙戦艦ティラミスの眉目秀麗、成績優秀な若き天才エースパイロットである19歳のスバル・イチノセ。しかし、彼はティラミスでの集団 [続きを読む]
  • 『バジリスク 〜桜花忍法帖〜』
  • 全24話視聴完了。これは原作とか、前作のアニメを知っていること前提なのかな。まったく知らずに見始めた自分には難易度高かったよ。と、いうか最初の数話でわかったのは忍者同士の争いと、徳川家どうの位で、正直、最終話付近まで内容把握できずに流し見していて、何時の間にか終ったなという感じで。なんというか、全体のテンションが一定なんだよ。ラストに向けてキャラがどんどん死んで行く時でさえ、盛り上がりに欠けていて、 [続きを読む]