瑠璃子 さん プロフィール

  •  
瑠璃子さん: 瑠璃子のおりがみ
ハンドル名瑠璃子 さん
ブログタイトル瑠璃子のおりがみ
ブログURLhttp://rurikonoorigami.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文折り紙のことをメインにしたブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2017/01/23 00:57

瑠璃子 さんのブログ記事

  • てんとう虫とクローバー
  • 月刊おりがみ No.516, 8月号掲載の高木 ひろみさん作、てんとう虫とクローバーを折りました。クローバーは15cm角で、てんとう虫は7.5cm角、赤・黒の両面で折ったあと、羽に0.5?の黒丸シールを貼って、葉っぱの隙間にてんとう虫の足を差し込んで留めました。 葉っぱを開いて、底を平らにすると飴玉など、小さなものが入ります。 [続きを読む]
  • 睡蓮・金魚・蛙
  • 風船キンギョはお魚釣り、ぴょんぴょんカエルはお尻を押さえて離すと飛ぶので、子供の遊びにも使えます。スイレンの咲いている池にカエルとキンギョを放しました。スイレン、キンギョ、カエルはインターネットのおりがみくらぶのサイトを見て折りました。 [続きを読む]
  • 花のくす玉
  • 月刊おりがみNo.515、7月号に掲載の 住田則子氏作 「花のくす玉」 を 作りました。 伝承折紙の百面相から、少し手を加えて花びらのように折っていきます。同じものを6個折ってから組み合わせています。 [続きを読む]
  • あじさい折りで蝸牛・傘をさした妖精
  • 藤本修三氏 のあじさい折り、基本形A 基本形C の2種類をカタツムリの形に並べて、メルヘンチックな作品にしました。 あじさい折り プロジェクトF編 あじさい折りおりがみより傘      青柳祥子氏作 月刊おりがみNo.502より 雨粒    朝日勇氏作  月刊おりがみNo.502より 妖精     朝日勇氏作左の4個が基本形A。右の4個が基本形C      一昨年に作った作品です。 [続きを読む]
  • こどもの日 (兜・鯉のぼり・菖蒲)
  • こどもの日の飾りとして、四角形の箱を台にして、その上に兜、鯉のぼり、菖蒲を載せました。 上の作品は30cmの紙で、箱の底とふたをそれぞれ4枚づつ使って、折って組み合わせて、約16cm四方の箱ができました。兜は25cmで折っています。下の作品は15cmの紙で、約8,5cm四方の箱ができました。兜も15cmで折っています。 飾る時期が終わったら箱の中に収納カブトは月刊おりがみ513号より、作 松野 [続きを読む]
  • こいのぼり
  • やねより たかい こいのぼり    おおきい まごいは おとうさん  ちいさい 〜     こいのぼりの折り方は、何十年も前に教えてもらったものなので、著作権は発生することはないでしょうから、工程を画像にしました。わかりにくいですが、上から3段目の右上の尻尾は切っています。切らないで折るだけなら、右下画像の左上のこいのぼりができます。割り箸に貼り付けているのは15cm、爪楊枝の方は、7,5cmの [続きを読む]
  • お雛様・ミニ雛揃い(箱入り)
  • 伝承折り紙の箱 (出来上がり5,5cm) に入る小さなお内裏様、お雛様、三人官女、五人囃子を折りました。箱は15cm、お雛様は全部 5cmの紙で折っています。15cmの赤色の紙を毛氈にして、その上にお雛様、雪洞、屏風、右近の橘、左近の桜を飾りました。 参考にしたのは 丹羽 兌子氏のパピヨン折紙https://blogs.yahoo.co.jp/sakurako_papillon/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=2 [続きを読む]
  • お雛様・小笠原雛を立方体の箱に
  • 15cmの紙を6枚使用すると、7.5cm角の立方体の箱ができます。その箱を広げて、15cmの紙で折った小笠原雛・お内裏様とお雛様、3cmから5cmの紙で折った雪洞、菱餅、雛あられ、桜、橘を並べて糊付けしました。 閉じていくと    参考にしたのは小笠原雛  本「お節句折り紙 お雛様と兜を折る」小林 一夫氏監修 箱 インターネット「みやもとまりこの生活おりがみ」のクリスマスボックス  [続きを読む]
  • お雛様・額入り小笠原雛
  • 小笠原雛は長い間、将軍家のみが知る門外不出のものだったそうです。修正と追記「お節句折り紙 お雛様と兜を折る」小林 一夫氏監修(2006年12月発刊)には上記のように、小笠原雛は長い間、将軍家のみが知る門外不出のものだったと書かれています。 しかし、「月刊おりがみ451号」(2013年3月号)で岡村昌夫先生が、下記のように書かれていらっしゃいます。 小笠原雛 は、小笠原弓馬術礼法教場家元三十世宗家の 小笠 [続きを読む]
  • サンタが来る家
  • 煙突付きの家、4面に部屋ができる4面ハウスを作りました。向きを変えていくと 参考にしたのは、月刊おりがみNo.509 12月号より 高木 ひろみ 作 サンタが来る家 石橋 秀夫 作  ソリ 松野 幸彦 作  サンタNさんの作品です。 [続きを読む]
  • クリスマスボックス
  • 8月のことですが、かつての職場の同窓会に、プレゼント用として、クリスマスボックスを作って持って行きました。7.5cm四方の箱を開けると 先日 Hさんから画像が送られてきました。自宅で          アップすると 職場で             収納すると プレゼントしたものが、このように綺麗に飾ってもらえると嬉しいです。飾りつけのセンスで、作品が出来栄え以上に良く見えたり、悪くなったりするもの [続きを読む]
  • クリスマスツリー
  • トーヨーおりがみの「おりがみツリーキット。大・小のツリーが作れる折り紙キット」 を使ってクリスマスの飾りつけをしました。左のツリー小は高さが20cm。右のツリー大は Oさんの作品で高さ29cm  去年タント紙で作った高さ12cm位のミニクリスマスツリー  こちらは市の施設です。今二つの折り紙サークル合同の作品を展示中です。クリスマスコーナーのクリスマスツリー [続きを読む]
  • バラ・ガーデンローズ
  • 佐藤直幹著「バラの折り紙1枚の紙から作る」この本を手に入れた時から、いつか表紙写真のガーデンローズと同じようなのを折りたいと思っていました。    24cmのぼかし染めの紙をインターネットで購入。20枚入りのうち 欲しかったピンク・赤系は4枚入っていたので、4個のバラを折りましたが、そのうち1個は失敗。折った3個のバラをどう飾ろうか・・・クリスマス用リース、テーブルフラワーなど考えましたが、額に入れる [続きを読む]
  • 平面と立体の柿二種、どちらもインターネットを見て折りました。風景は日本折紙協会の月間おりがみ5月号より、朝日 勇さん作 「避暑地の五月」を参考にして、秋バージョン風にしました。5月に作った作品は http://rurikonoorigami.blog.shinobi.jp/%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99/%E9%81%BF%E6%9A%91%E5%9C%B0%E3%81%AE%E4%BA%94%E6%9C%88きのこ、どんぐりはインターネットより、リスは前川淳さん作家は 月刊折紙No.507 11月号の [続きを読む]
  • うさぎの月見
  • 今日は中秋の名月。晴れているのでお月さんを見ることができましたが、満月になるのは明後日のようです。  うさぎのお月見。左は一昨年、右は昨年に作ったものです。うさぎ、花瓶、三宝はインターネットで検索して、左の月見団子はティッシュペーパーを丸めて、右の月見団子は伝承折り紙の風船を5cm角で折りました。ススキは細長い紙を2~3枚重ねたのを、ぐるぐる巻いて、下半分をのり付け、上半分は細く切りました。 [続きを読む]
  • パンダ
  • 6月に生まれた上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が、シャンシャン (香香) に決まったと発表がありました。すくすくと元気に育ちますように! 丹羽 兌子さん作、パンダは 「さくらぶんこと パピヨンおりがみ」https://blogs.yahoo.co.jp/sakurako_papillon/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=3笹は 日本おりがみ協会 月刊おりがみ503号より、住田 則子さん作、七夕リース を参考にして折りました。 [続きを読む]
  • 巣ごもりする鶴・角箱を運ぶ鶴
  • 少し前になるのですが、地域の折り紙の会では、代表のS男さんの指導で折り図を見ながら、「巣ごもりする鶴」と「角箱を運ぶ鶴」を折りました。どちらも1枚の紙で折っています。左の巣ごもりする鶴は、25cmx12.5cmの両面折り紙を使用。角箱と鶴を折って、箱の上に鶴をかぶせています。右の角箱を運ぶ鶴は、25cm角の両面折り紙を使用。2羽の鶴が2個の箱を持って飛んでいます。   [続きを読む]
  • ペンギンとうちわ
  • 7月の折り紙の会で、会員の皆さんに作ってもらうために試作していた作品です。作ってから日にちも経ち、夏が終わってしまってからの投稿となりました。 青柳 祥子さんのフェアリーペンギンは、可愛いく、気に入っているので、今まで何回か折ってきました。7.5cmの紙でミニペンギンを折って、氷は15cmの紙を縦、横、斜めに折り筋をつけて、四方をのり付けして凸凹にしました。バックは朝日 勇さんのエンゼルフィッシュを5 [続きを読む]
  • 生徒さんの作品
  • 自宅から少し離れたところの、少人数の折り紙サークルでは、時間が短く、時間内に仕上げることができないため、残った分は持ち帰って仕上げられています。5月から7月に作った作品を撮らせていただきました。左のアジサイは Oさん。右のアジサイ、下のカエル、うちわは Tさんの作品です。 カエルは宮島登著「古典から創作まで なつかしくて新しい 折り紙の教科書」うちわは二渡 昌子さん作 日本おりがみ協会「月刊おりがみ503 [続きを読む]
  • カエルに雨傘
  • 蛙の折り方は数多くありますが、宮島 登さんの蛙は愛嬌があり、可愛いので気に入っています。  蛙に雨傘を持たせました。  梅雨が明けてからの投稿になってしまいました。 [続きを読む]
  • あじさい折り蝶の群れ、あじさい花壇
  • 前回に続き、藤本 修三氏のあじさい折り、「蝶の群れ」 「あじさい花壇4輪」 「あじさい花壇16輪」を折りました。蝶の群れ               あじさい花壇4輪  あじさい花壇16輪は、25cm四方の紙を使用しています。縦、横、斜めに折り筋をつけて、切り込みを入れて、1輪ずつ立体化していって、花びらを作って、裏にある花びらをくぐらせて、表に出していくのですが、なかなか難しくて3回のやり直しで、 [続きを読む]