はるママ さん プロフィール

  •  
はるママさん: コドモによんだ絵本のキロク
ハンドル名はるママ さん
ブログタイトルコドモによんだ絵本のキロク
ブログURLhttp://ehonkiro.blog.fc2.com/
サイト紹介文子供に読んだ、読んできた絵本の忘備録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 304日(平均3.1回/週) - 参加 2017/01/25 14:50

はるママ さんのブログ記事

  • 「おかしなゆき ふしぎなこおり」片平孝(ポプラ社)
  • ・図書館で。寒くなって来たので冬っぽい本を…と借りた一冊・思わず釘付けになるような、不思議な形の雪や氷の様子が満載の写真絵本・怪獣みたいな雪の塊や…・見るだけで寒くなるような滝が凍った様子まで!・息子くんも珍しいのかじっと見ていた。雪国では無いのでなかなか実際に見られないもんねおかしなゆきふしぎなこおり (ふしぎいっぱい写真絵本) [ 片平孝 ]価格:1,296円(2017/11/24 20:53時点)感想(2件)にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「11ぴきのねことぶた」馬場のぼる(こぐま社)
  • ・図書館のリサイクルで貰った絵本・お馴染み11ぴきのねこたちの絵本。ぶたさんのお家に勝手にあがりこんで掃除して、気にいったから住むことにしたら…という感じのお話・相変わらずやりたい放題の11ぴきたちだけど…・今回はちゃんと最後に痛い目にあいます・このシリーズはあんまり教訓くさくなく、主人公のねこたちが欲望のまま自分勝手なのが最近の絵本とは違って、良いなぁと思う11ぴきのねことぶた [ 馬場のぼる ]価格:1,29 [続きを読む]
  • 「とぶ」しぜん キンダーブック11月号(フレーベル館)
  • ・園で定期購読・11月のテーマは、鳥や飛行機の「飛ぶ」。主に飛行機の飛ぶ仕組みが説明されていた・多分この本読んだのきっかけで、主人が先日息子くんに実際の飛行機を見せに空港まで行ったみたい。今まで電車一辺倒できたから、他のものにも興味持つのはいいね・そして子供が好きな、よく飛ぶ紙ひこうきの折り方まで。一緒に作る約束したから、今度折らなくては。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「いも」しぜん キンダーブック10月号(フレーベル館)
  • ・園の定期購読・さつまいも掘り遠足に行ったばかりの息子くんにタイムリーな一冊・いつもおうちで食べているおいもはどれかなー、とか・どのさつまいも料理が好きかなーとか、興味津々で見ていた・自分で収穫した!という経験が大きかったみたいで、偏食気味の息子くんでもさつまいも料理はなんでも、美味しい美味しいと食べてくれたにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ポピっこ「きいどり」2017年10月(ポピー)
  • ・きいどり10月号。今回はハロウィンがテーマ・目次はこんな感じ・魔女たちの運動会という設定で、息子くんはこの紙を引っ張る綱引きにはまっていた・お話は今回は写真絵本。ちょっと怖い独特の雰囲気が昔の絵本っぽくて懐かしい・ドリル部分。今まで塗り絵は適当にちょっと塗っておしまいってしてたから、今回は丁寧に塗るように言ってみた・ハロウィンのカボチャが折れる折り紙つき。子供だけで折るのはまだ難しいかな?教えなが [続きを読む]
  • ポピっこ「きいどり」2017年9月(ポピー)
  • ・遅くなったけど、きいどり9月のレポ。お月見がテーマ・目次はこんな感じ・今回は紙で組み立てる付録付き。サイコロで食べ物を選んで、それをバイクで配達するデリバリーごっこ・サイコロとか食べ物は全部中に収納できる・中で面白かったのは、ハサミを使って好きな髪型にする人形。息子くん、好きなアニメの主人公みたいにするんだーと一生懸命チョキチョキしてた・敬老の日に渡せるように、花束型のカードも・おはなしは「きつ [続きを読む]
  • 「デザインあ★あなのほん」(小学館)
  • ・図書館で借りる・Eテレの「デザインあ」のコーナーがそのまま絵本に・なんのあなかシルエットで問題があって…・正解はこれでした!・大人でもなんのあなか分からないような難しい問題もぞくぞく・なんのあなか分かりました?・息子くんにはまだ難しいみたいでほとんど答えられなかったけど、TVと一緒で集中して見てたし、想像するのが脳に良さそう?と思ったデザインあ★あなのほん [ NHKエデュケーショナル ]価格:1,131円(2017 [続きを読む]
  • 「テレビくんにきをつけて」五味太郎(偕成社)
  • ・図書館で息子くんが。2歳頃にも一回借りたけど、気に入ったのかまた選んだ・嘘の情報ばかり教えてくれるテレビくん。黄色のクレヨンは卵からできている…という他愛もないものから、赤信号は赤い車だけ走っていい…という信じてもらったら困るものまで。・船は英語で「ヒップ」と言うのさ、とか子供はそのまま信じそう。大人もテレビがいってるから…と無条件に信じてしまうことがあるから、そういうのを皮肉っているのかも…と [続きを読む]
  • 「へんてこマンション」深見春夫(佼成出版社)
  • ・図書館で。絵が可愛いので選んでみた・部屋を探しているライオンさんが、変な人ばかりが住むマンションを見つけて…というお話・すべてがお菓子の部屋に住んでいる王様や、マンションの中にマンションが住んでたり。すべての部屋が破天荒で面白い。家具が動いてくれる部屋が羨ましい(夜中に暴れたりするみたいだけど…)・息子くんはオバケのシャボン玉や、オバケの飛行機に笑っていたへんてこマンション [ 深見春夫 ]価格:1,40 [続きを読む]
  • 「日本のてつどう なんでもいちばん!」別當律子(小峰書店)
  • ・息子くんが図書館で選んでくる・「いちばんはやい新幹線」や「いちばん大きなSL」や「いちばん高いところにある駅」などなど…。鉄道のいろんな一番が写真と文で紹介されている本・2003年初版だから情報はちょっと古いかもしれないけど、最近の電車絵本ではあまり載っていないような車両も載っているから、それはそれで楽しめた・「いちばんはじめにできた振り子式ディーゼルカー」とかマニアック…!日本のてつどうなんでもいち [続きを読む]
  • 「街のいちにち」杉田比呂美(ブロンズ新社)
  • ・私が子供の頃大好きだった絵本を実家から持って来た。現在はタイトルと装丁を少し変えて、別の出版社から出てるみたい・年齢や性別がバラバラの12人(ライオンや銅像まで!)の1日を2時間ごとに追った絵だけの本。下のスペースでは街の様子がぐるりと一周描かれている・人や職業によって起きる時間や寝る時間もバラバラ。そんな人々が1日の中でたまにすれ違ったり。小物まで細かくて見るたびにいろいろな発見がある。何気ない1日 [続きを読む]
  • 「もぐらバス」佐藤雅彦+うちのますみ(偕成社)
  • ・夏休み前に息子くんが園で借りて来たうちの一冊・「ピタゴラスイッチ」でおなじみの製作者さんが作った絵本。ゆるくてユーモラスな感じが、番組の雰囲気そのまま!・地下を走るもぐらバスのお話。停留所は、「ものおきのした 1ちょうめ」とか「だれかんちのにわ 3ちょうめ」など。・「ピタゴラスイッチ」大好きな息子くん。テレビと同じだ!と思って借りて来たのかな?もぐらバス [ 佐藤雅彦 ]価格:1,080円(2017/8/13 23:07時点) [続きを読む]