minaminokaze さん プロフィール

  •  
minaminokazeさん: 風の色
ハンドル名minaminokaze さん
ブログタイトル風の色
ブログURLhttp://kazeiro.info/
サイト紹介文50代の暮らし、生き方、日々の小さな出来事を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2017/01/25 19:40

minaminokaze さんのブログ記事

  • パートに必要な証明写真を撮る
  • 明後日から仕事が始まる。今日は、午後から雇用契約を行う予定だ。契約に必要な住民票記載事項証明書を役所に取りにいき、証明写真を撮った。 写真ね。好きじゃない。明るい風景の中で撮るのはいいが、人工の照明ではアラばっかりが気になる。でも、仕方なく撮った。街角の何処にでも置いてあるような撮影用の箱の中に入り、鏡を見て髪を撫でたりポーズをとったりして、少しでもよく映るようにと口角を上げるのも怠らず・・・・パ [続きを読む]
  • 人間同士なら典型的な押しかけ女房
  • 料理は、あまり得意ではないが結構真面目に作る。安くて美味しいものをと思い、一番安価な鶏肉を好んで使う。鶏肉の中でも胸肉はさらに安い。 まるごとゆで火が通ればそのまま冷まし、湯であがった胸肉は包丁を使わずに裂きサラダのトッピングに使う。ハムよりも断然美味しいし沢山食べられる。節約料理にうってつけでお気にいりだ。 さて、夫が出張の日のひとり晩御飯。冷凍ご飯を取り出してレンジでチン。昨日のゆで鶏のスープに [続きを読む]
  • 勤務時間を週20時間にしてください
  • 一日4時間の週4日の勤務で働く事を了承したものの、どうもすっきりとしない。週にたったの16時間だ。扶養範囲で働くとはこういうことなのだと、納得はしたけれど、この勤務体系だと雇用保険の加入条件を満たしていない。仕事を覚える時間すらないように思えた。当たり前だけど給料も少ない。働くという選択をして、それなりのストレスを投入するには余りも物足りなかった。即効で採用の連絡をもらったのに舞い上がり、勤務時間の深 [続きを読む]
  • まぬけ
  • 12日の晩ご飯は、たけのこご飯。たけのこは以前ゆでたものを少し残し、大事に冷凍してあった。 ごはんを2合洗い油揚げを刻み調味料を入れ、昆布一枚ぽんと放り込む。夫からの帰るメールを確認して、「今日も遅い」と独り言をつぶやきつつスイッチオン。 夫の帰宅予定は午後10時半。それに合わせてサラダをつくりてんぷらをあげ、(自家製ナスとピーマン、ししとう)←これ大事。万全だった。 が、炊飯器をあけてびっくり・・・竹の [続きを読む]
  • ああ、やっぱりブログに求めている。
  • 面接した翌日に採用担当者から電話があった。面接日も早かったが結果も早い。契約日が18日で仕事は20日から。あれよあれよという間にいろんなことが決まっていく。 現場は、どんだけ急いでいるんだ?よっぽど難しい職場で求人しても全く応募がなかったパターンでは?等と、余計にいろんな事を考えてしまうではないか。一週間後の今日は初出勤だ。自分で動かした駒だし、舵を握っているのも自分なのに、気持ちが追いついていかない [続きを読む]
  • パートの面接に行ってきた。
  • パート募集に応募して即効で面接日が決まり、慌てた。なんせ髪の毛の生え際が白くなってきている。これはまずい。近所のスーパーやホームセンター以外に外出機会は滅多になく、最近は暑いのをいいわけに帽子をかぶったり、白髪隠しなんぞをぬりぬりしてごまかしていた。 しかし、面接となると話は違ってくる。50女といえども見た目は大事。面接を夕方からにしてもらい、大急ぎで美容院を予約して出かけた。 実はわたしは、美容院に [続きを読む]
  • スモークツリーで語る
  • スモークツリー和名は「煙の木」 その名のとおり流れていく煙のような穂だ。思わず両手で触れると雨粒がさらりとこぼれた。 たまたま隣り合った人とスマホ片手にうなづきあった。こんな会話が好き。 ブログ村ランキングに参加しています。 [続きを読む]
  • お金がほしい
  • 前職を辞めて3ヶ月が過ぎた。玄関先やベランダで花や野菜の種をまき苗を育て、朝な夕なに大きくなったかなと覗き込む毎日を過ごしている。こんな生活のありがたさは、日々重ねるごとに身に沁みてくるものだ。 このまま専業主婦でもいいかなと思いながらも、前職場での疲れが癒えればまた仕事をするようになるのかも・・・時折求人情報にはちらちらりと目をやっていたことも事実だった。 心の隅にそんな思いもあって、働くんならこ [続きを読む]
  • 6月の花通信
  • 『風の色」へ読者さまからメッセージをいただきました。いつもありがとうございます。以下一部ご紹介します。ほぼ全部ですが^^ 昨日 久しぶりに都心で友だち三人で食事やお喋りをしました。その後コンサートに向かう途中、今日はどうかな?とディゴを見に行きました。何と、咲いてたのですよ\(^o^)/ 少し遠くからも真っ赤なお花が鮮やかな緑の葉の中に咲いているのが見えます。 走り寄り眺めましたね〜  春先にはブツリと [続きを読む]
  • 夫にたしなめられる。
  • 天気予報は雨だったが今のところ降っていない。金曜日は、気合を入れて買い物に行く日だ。金曜日の朝まで冷蔵庫をほぼ空にするように買い物のペースを図っている。今日も両手一杯に買い物してきた。 ベランダのゴーヤーに雄花が咲き始め、弦の勢いもたくましくなってきたので100均にも行き、弦を這わせる為の網も買ってきた。午後からは、ゴーヤーのイエつくりに励んでいた。洗濯さおはミニトマトとゴーヤに占領されており、洗濯物 [続きを読む]
  • 不動産相続登記申請完了
  • 去った5月末の雨の日。昨年、他界した義母宅の土地家屋の相続登記手続きを完了した。義母宅は30数年前に亡くなった義父との共有名義になっており、手続きは2件分に及んだ。ベテランの司法書士さんなら、1件にまとめたりするだろうが、わたしでは余計にこんがらがってしまいそうなのでそれは出来なかった。 わたしは、相続人である夫からの依頼を受けて、手続きに必要な書類を取り寄せ書類作成を行った。法務局には相談窓口が [続きを読む]
  • ひまわり2号
  • 毎日わたしの足となって闊歩している相棒の自転車。何処へ行くのにも一緒だ。その昔「○○○○1号」と名づけたそれは、引越しの時に欲しいという人が居たので譲った。家には娘のお古が一台あるのがわかっていたからだ。動けばいいわぐらいに思っていたけど、そのお古は一年間通勤手段としての役目をりっぱに果たしてくれた。最近はぎーぎーぎぎゃしゃぎゃしゃと確かにうるさかった。でも、まだまだ大丈夫だと思っていた。仕 [続きを読む]
  • 気負わずに
  • もう6月になっているよ。自分でもよくわからないのだけれどブログが続かないな。日々のささやかな出来事を書けば良いだけなのに、最近は何を書いて良いのか、何を書いたらいけないのか・・・考えてばかり。気楽に・・・肩の力を抜いて。玄関前の紫陽花は満開だ。去年植え替えもせずにほったらかしだったので、花の色が青っぽい。土が酸性化しているのかもしれない。さし芽した2世はピンク色の花を一人前に咲かせている。 [続きを読む]
  • ナウシカが腐海の植物を育てている部屋みたいだ。
  • 家庭菜園に夢中になっている。玄関前、軒下、ガレージ、二階のベランダは二箇所とも野菜のプランターに占領されている。野菜だけでなく花も一緒にせっせとさし芽なんかしてどんどん増えていっている。花も可愛くてね。先週末、帰って来た娘が西側のベランダを見て、「ナウシカが腐海の植物を育てている部屋みたいだ」といって笑った。東側もこんな感じ。少しでも日が当たればそれでよしということにした。皆、それ [続きを読む]
  • 将来○○たら土いじらせておくわ
  • ↑今年のミニトマト毎日朝4時から4時半までには起きる。早起きだ。時々からすといい勝負の日がある。ごみの日だ。この辺のカラスはごみ収集の日を知っている。なかなかのツワモノといえる。からすに負けずと、コーヒーを淹れ弁当をつくる。夫を見送るのが6時。それからひとり朝ごはんを済ませ、早々にベランダに出る。わたしは生ゴミ堆肥なるものを作っている。ベランダに行き朝一の仕事は糠入りの生ゴミ堆肥のチェックだ [続きを読む]
  • 小さな花壇をつくり喜ぶ
  • 少し前になるがホームセンターでレンガを買い、玄関横の小さなスペースに花壇を作った。コンクリートの上に水はけがよくなるように鉢底用の石を敷き、その上に赤玉土を入れた。それから土を入れて、ずっと以前に多分私が植えた名も知らぬ木を植え替えた。ローズマリーを鉢から移し、造作無くポンと植え、足元にはふわふあとしたワイヤープランツを配してそれらしく・・・。ローズマリーは一株あると、カレーに入れたり鶏肉を [続きを読む]
  • 海を見にいく
  • 朝は曇っていたが、昼前には日が射し始めた。そんな日、海を見に行った。以前から行きたかったのに、やっと出かけることが出来た。どんだけ出不精かといいたい。電車とバスを乗りついで・・・ちょっとした長旅だ。車窓からはわさわさと繁った緑色の葉の群れが気持ちよく流れていく。5月はいい季節だ。片道約3時間の道のりで目的地に到着。以前住んでいた街だ。あの時と寸分も変わらない風景があたりまえにあった。だけど、 [続きを読む]
  • 続・好きな事をして暮らす。
  • なかよく背比べ↑アマリリス雨の日曜日だ。五月になったばかりの日は暑くてくらくらしていたのに、五月の半ばの今日はやや肌寒い。去ったGWは4人の子のうち2人が帰ってきた。息子はお嫁さんと孫を連れて来てくれた。それに合わせてケイク・オランジュを作った。自家製のオレンジピールを入れて。これぞお菓子!と太鼓判を押して知人が送ってくれたレシピに何度も目を通していざ!鍋でぐつぐつとオレンジの皮が煮立つ [続きを読む]
  • 好きな事をして暮らす
  • 今週は月曜日に法務局に行き娘の家に行き義母宅に行き・・・・後は、花と野菜の動画を観て、出かけたところはスーパーとホームセンター。それ以外は、一日の殆どをベランダで過ごしていた。トマトや野菜を植え変えたり・・・まだまだあるあるトマト苗、苗、苗。ガーベラの株分け発根した紫陽花の鉢上げとかそんなことばかり。傍目には、暇人の道楽でまさにその通りなのだけど、これが、また文句なしに楽しい。苗で購入したトマ [続きを読む]
  • 夫から手渡されたもの
  • 昨年の2月にこの家に引っ越した。その後、わたしはフルタイムで働き、毎月税込み20万円前後の収入があった。家賃という大きな出費もなく、当時は食費を負担するのみで後は自由に使っていた。歯の治療費や帰省したりでそれなりの出費がかさなったりしたが、仕事が激務だったために休日は必要最低限の外出しかしなかった。その仕事も2月末で退職し今は一応専業主婦の身だ。仕事をやめたとはいえ、すぐに無収入になったわけで [続きを読む]
  • 記憶の最後にのこるもの
  • 生まれた家は四角いコンクリートの1階建。うちっぱなしのコンクリートがむき出しだった。うちっぱなしといえば、いまでこそおしゃれに思えるが、それとは、おおよそ似つかない貧弱で貧しい建物だった。わたしの父と母は、早くに両親を無くし親戚の家で大きくなった生い立ちが共通していた。当時は外壁をペンキ塗りの家や、日曜日ずっと家に居るサラリーマン一家が羨ましかった。家族旅行という言葉すら知らなかったのではと思 [続きを読む]
  • ゆるゆると老人を目指し
  • 約一年半ぶりだろうか。画面に懐かしい名前のメールがあった。いい知らせか悪い知らせか。ファイル添付表示にさらにどきどきし、届いたメッセージを開くのに、1年半分の勇気がいる臆病者の自分を呆れた。今あるだけのデーターで答えをだそうと頑張る脳細胞をよしよしとなだめた。短めの深呼吸をして文字を追う。たんたんと書かれた内容の後ろ側で、何かがかくれんぼしているかもしれない。早くそれを見つけなければ。で [続きを読む]
  • 本日晴天なり
  • ↑先日河原の土手で見つけた花「ナヨクサフジ」というらしい。ブランクがあれど元来の花好きは変わらず。こちらに戻ってからも大小雑多な鉢を並べて喜んでいる。ご近所さんも以前は、こぞって玄関先を鉢植えで飾っていたのに、今ではそれもほとんど見られなくなった。子育ても一段落する40代50代ともなれば、それぞれパートに出たりで別のいそがしさになるからだろう。ある日、近所の方と立ち話をしていると「花植え [続きを読む]
  • 赤いゆめ
  • 夫が、出先で新鮮な竹の子を2本買ってきてくれた。農家さん直販だから安い。手にとるとずっしりと重く、ほかほかと暖い。竹の子は凄いスピードで呼吸をしているという。なるほど、そんな感じだ。鮮度が命だといわんばかりに深い呼吸をしているのが伝わる。竹の子ご飯食べたいねえ。でもね、値下げ品でも1本598円もするんじゃ手がでませんね。それを5回は話しただろう。そしてそしてようやく我が家にも竹の子がやってきた。 [続きを読む]
  • 街を歩けば
  • 夫の実家に行く時は電車とバスを利用する。バス停からもてくてく歩く。その途中にわたしにはとても気になる家が1軒ある。レンガ張りのモダンな家で、カーポートは2台の乗用車が楽に駐車できるスペースがある。門から玄関までのアプローチも飛び石が蛇行するように置いてあったり。外面的にはかなりのお金持ちを想像させるただずまいだ。でも、わたしが気になるのはそんな事ではない。玄関まわりに置かれている鉢類や庭に植えら [続きを読む]