青葉ドロン さん プロフィール

  •  
青葉ドロンさん: SL現役の頃、そしてその後
ハンドル名青葉ドロン さん
ブログタイトルSL現役の頃、そしてその後
ブログURLhttp://slgenneki.blogspot.jp/
サイト紹介文蒸機が主力の頃から今迄、線路大好きオヤジが撮り溜めた機関車客貨車電車ほか、大画面写真と撮影苦労話を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2017/01/25 21:15

青葉ドロン さんのブログ記事

  • 小海線 と 野辺山SLランド 2001.8.27 30
  •  この年の夏休みに長野県に向かう折、中央高速から小海線の沿線経由で往復しました。 その時の往き帰りに、小海線と野辺山SLランドに立寄りました。 まずは27日の往きですが、C56が現役の時代からの有名撮影地である、小淵沢の大カーブに向かいました。 甲斐駒ヶ岳は残念ながら見えず、これだけを撮影してから野辺山SLランドに行きました。 野辺山駅の手前の国道沿いにあり、362号 のナンバーを付けたベルギー製の762mm軌間の [続きを読む]
  • 大井川鉄道の三重連 2001.7.15
  •  大井川鉄道では、SL復活25周年を記念して、SLの三重連が運転されました。 梅雨が明けたばかりのドピーカンの暑い日でしたが、当然ながらものすごい数のファンが押しかけました。 各撮影地は混雑したものの、大井川第一橋梁では撮影場所が広いので混乱はなく、順光側で三脚を立てることができました。 こちら側は電線がかかるのですが、やむをえません。 上りの近鉄電車が通過して行きます。 暑い中を待ち続けて、ようやく三 [続きを読む]
  • SL函館大沼号(その3) 2001.5.8
  •  SL函館大沼号 撮影の3日目ですが、天候回復どころか、本日は朝から雨模様です。 めげずに、この日も藤城線から撮影開始です。 昨日と変わらず、小雨の中をレッドベアーがやって来ました。 そして、C11171 が白煙を上げながら、姿を現わしました。 この日は機関車の向きを変え、下り列車は後ろ向きで牽引されています。 昨日と同じコースをたどり、赤井川駅に向かいます。 昨日同様のカットですが、バック運転姿なので、良 [続きを読む]
  • SL函館大沼号(その2) 2001.5.7
  •  SL函館大沼号 の撮影2日目です。 昨日は天候が徐々に悪くなったのですが、この日も回復せず、朝からどんよりとした空模様です。 最初の撮影はやはり藤城線で、トンネルを出たところに桜が咲いていたので、これを取り入れることにしました。 先にレッドベアーが通過するので、画角を確認できます。 C11171 がトンネルから飛び出してきましたが、大した煙では無いので、車体に巻き付く姿は写せません。 DLと同じ角度で、桜を [続きを読む]
  • SL函館大沼号(その1) 2001.5.6
  •  この年の4月28日から運転を開始した SL函館大沼号 ですが、GWが終わったこの日から撮影に行きました。 函館駅から森駅までが運転区間ですが、SL現役の時以来の撮影で、特に藤城線は今回が初めてで土地勘が全くありませんでした。 地形図を頼りに線路端にたどり着き、少し歩いて撮影場所を決めたのですが、PC枕木の丈夫な軌道を見て、昔のイメージとは大きく異なりました。 薄曇りで山桜が咲く中を、特急北斗に続いて C11171 [続きを読む]
  • 早春の 大井川鉄道 2001.3.16
  •  21世紀になって最初のSL撮影は、やはり大井川鉄道でした。 復活SLの運転開始は殆んどが春休み以降ですが、どうにも待ちきれずに、通年運転している大井川鉄道に向かってしまいました。 さすがに観光客が少ない時期なので、SL列車は1本のみの運転です。 今回は神尾駅を見下ろす、道路の付替えで残された旧道ですが、最近行ってみたら木々が伸びていて、見通せなくなってしまった場所です。 はるか大井川の向こう側に、列車の [続きを読む]
  • 再び 博物館明治村のボールドウィン 2000.12.19
  •  愛知こどもの国でミニSLを見た翌日は、博物館明治村に古典機を求めて参上しました。 以前にも、この2か所を続けて訪ねる旅をしています。 この日も前回と同じく、ボールドウィン製の9号機が使用されており、12号機を期待したのですが外れました。 まずはSL名古屋驛のホームからです。 到着すると、すぐにターンテーブルで転向します。 SL東京驛に到着すると、やはり必ず律儀に向きを変えます。 走行写真の撮影に向かいま [続きを読む]
  • 愛知こどもの国の 緑色のSL 2000.12.18
  •  愛知こどもの国の協三工業製のSLについては、今年の8月に12号機について掲載しましたが、その後2年近くたってから再訪しました。 今回は11号機が使用されていたのですが、客車ばかりかSLの側面まで緑色に塗装されているのを見て、少々驚きました。 三河湾を望む高台から撮影後、駅に向かいました。 前回撮影した B12 が、しおかぜ のヘッドマークを付けたまま休んでいます。 一方駅には、まつかぜ のマークを付けた B11 が [続きを読む]
  • 今年も秋の秩父路へ 2000.11.18
  •  前年に続いて、この年も11月に秩父鉄道の C58363 の撮影に行きました。 11月になると、他の路線でのSL運転がほぼ終了し、手近で紅葉がきれいな秩父鉄道に足が向いてしまいます。 今回は、浦山口駅あたりをうろうろして過ごしました。 最初は駅近くの、川原のキャンプ場からです。 いつも通りに、先行する電車を撮影して、SLパレオエクスプレスの通過を待ちます。 間口が狭いので、時間が迫って来ると線路をじっと見つめてい [続きを読む]
  • 梅小路の静態保存機 2000.10.6
  •  何度も訪れている梅小路蒸気機関車館ですが、普段は扇形庫の中に納まっている静態保存機が、作業の都合でしょうか、庫から出ていることがあります。 東海道線の電車で近くを通るときにはいつもチェックしていて、今回は多くの機関車が出されているのを確認し、早速訪れました。 C551 と C622 は、並んで庫の中ですが、邪魔物が無く、すっきりと撮れました。 ヤード側には、2両が並んでいます。 9633 と C1164 です。 いず [続きを読む]
  • 再び SLふらの・びえい号(その2) 2000.9.16
  •  SLふらの・びえい号 撮影の2日目ですが、この日は今回の撮影旅行で唯一の晴天になってくれました。 張り切って出かけたのは、美瑛駅と美馬牛駅の間です。 久しぶりの陽光を浴びながら、C11171 が近づいて来ました。 釧路での運転を除いて、北海道のSL列車にはDLの補機が付くのが残念ですが。 今日の追いかけは、発車の煙を期待して、ラベンダー駅の西中駅寄りとしました。 ピーカンで青空がきれいなのですが、列車はバック [続きを読む]
  • 再び SLふらの・びえい号(その1) 2000.9.15
  •  道央の炭鉱路線を巡った後に、富良野線のSL列車を求めてやって来ました。 昨年6月の訪問時には、ノロッコ号のオープン客車が使用されていましたが、この年は SLすずらん号 の編成が使用され、観光路線としては地味な印象を受けました。 最初は北海道らしさを求めて、美馬牛駅と上富良野駅の間で撮影地を探したのですが、この区間は下り列車に対して下り勾配で、煙は期待できません。 小雨の中を、やはり無煙で通過して行きま [続きを読む]
  • 三笠鉄道村の S−304 2000.9.14
  •  官営幌内鉄道からの長い歴史を持つ幌内線は、1987年度に廃止されましたが、三笠市が幌内駅と三笠駅間を 鉄道博物館・三笠鉄道村 として整備しました。 その内、三笠駅跡を利用したクロフォード公園を、雨が降る中、先に訪問しました。 キハ82100 という、少々変わった車両を含むDC特急編成が保存されていますが、少々雨垂れによる汚れが気になります。 駅構内の跨線橋の下には、DD51 と貨車が保存されていました。 この先の [続きを読む]
  • 美唄鉄道の4110形2号機 2000.9.14
  •  9月初めに釜石線に撮影に行ったばかりなのに、この日から北海道に渡り、各地の鉄分を求めてうろつきました。 あいにくの雨でしたが、めげずに訪れたのは三菱鉱業美唄鉄道の廃線跡の東明駅です。 ここにはEタンクの4110形が保存されています。 この2号機は自社発注機で、三菱造船所のSL製造第1号機とのこと。 東明駅の跡地に残された線路上に、露天で置かれていましたが、保存状態は上々です。 雨に濡れた車体が黒光りし [続きを読む]
  • SL銀河ドリーム号(その2) 2000.9.5
  •  釜石線の SL銀河ドリーム号 の撮影2日目です。 近くに宿泊したので、この日は余裕をもって出かけましたが、最初の撮影場所は宮守駅と柏木平駅の間の、平坦なこちら側に対して急勾配を上って来る姿を捉えられるところです。 先ずは上りの各停DCが通り過ぎて行きます。 やがて黒煙を上げながら D51498 が姿を見せました。 給水温め器には、昨日の油煙の汚れが残っています。 D51 は上りきっても、客車が勾配途中なので、力行 [続きを読む]
  • SL銀河ドリーム号(その1) 2000.9.4
  •  遅い夏休みの撮影旅から戻り、1日置いて水曜日の朝1番の東北新幹線で、釜石線 のSL銀河ドリーム号 の撮影に向かいました。 この列車は1989年から運転されていたのですが、D51498 には大型のヘッドマークが付けられるので、これがどうにも気になり食指が動きませんでした。 そこでこれが付けられない試運転ならばと、仕事をさぼって向かったのですが、さすがの新幹線でも新花巻駅到着時には既に列車は通り過ぎていて、最初から [続きを読む]
  • C57180 牽引の SLばんえつ物語号 2000.9.2
  •  小型SLの撮影にまわった夏休みですが、最後は1999年4月に復活した国鉄の大型機、C57180 の姿を撮影すべく、磐越西線に向かいました。 この当時の列車名は SLばんえつ物語号 で、「号」が付いていました。 最初の撮影場所は五十島駅と三川駅の間で、オーバークロスする道路からトンネルの飛び出しを狙います。 C57180 は、装飾が加えられていますが、集煙装置等、余計なものが付けられず、原形に近い綺麗な姿をしています。  [続きを読む]
  • 400系の山形新幹線 2000.8.31
  •  この日は2カ所のミニSLを撮影したのですが、その途中で過去何度も訪れた板谷峠に立寄ってみました。 山形新幹線となってからは初めてで、馴染みの板谷駅あたりに行ってみましたが、線路際は立ち入り禁止で、踏切には安全確認のための係員が立っていました。 赤岩駅寄りの踏切でこのカットを撮影して、そそくさと退却しました。 本日は、おまけの1枚です。 [続きを読む]
  • やながわ希望の森公園の B62418 2000.8.31
  •  協三工業製の762?SLの記事が続きます。 福島県梁川町の、阿武隈急行鉄道のやながわ希望の森公園駅に隣接した、公園西口駅から公園東口駅まで約800mの区間を、石炭炊きのミニSL B62418 が運転されています。 前回のグリーンピア二本松のミニSLと同様に協三工業製で、開業日の昭和62年4月18日に因んだ番号が付けられています。 西口駅の隣には車庫があり、出庫の準備がされていました。 小さなターンテーブルに乗り、方向転換 [続きを読む]
  • 二年ぶりの B621014(その2) 2000.8.31
  •  グリーンピア二本松のミニSL、協三工業製の B621014 撮影の2日目です。 目が覚めると、この日は見事に晴れ上がっていました。 朝食もそこそこに、この日最初の列車の撮影に向かいました。 夏とはいえ、高原の空気は澄んでいました。 今日は遥か下の方まで、くっきりと見通せます。 上の写真を撮影後、走って先回りしてまた撮ります。 このまま撮影を続けたかったのですが、次の運転は1時間後で、この先の予定も詰まって [続きを読む]
  • 二年ぶりの B621014(その1) 2000.8.30
  •  福島県の二本松の高台にある施設 グリーンピア二本松 には、オイル炊きのミニSL B621014 が走っていて、前回訪れてからちょうど2年後に再訪しました。 一昨年の訪問時は悪天候の上、高地なので霧も発生していたので、天候の具合を心配していたのですが、今回も生憎の曇天でした。 それでも、一時的には薄日も射してきました。 相変わらず沿線には、良く手入れされた花が咲いていました。 勾配標を見ながら、煙を吐きそうな [続きを読む]
  • 梅雨空の 大井川鉄道 2000.7.15
  •  3月以来大人しくしていましたが、そろそろ撮影に行かねばと思い、まだ梅雨は明けないものの何とか持ちそうなので、再び大井川を目指しました。 曇天なので、福用のお立ち台に向かいました。 ここは晴れれば逆光なので、梅雨時の撮影地として適当ですが、駐車スペースが限られているので、早めに場所取りをしました。 下りの京阪特急、上りの近鉄特急と、豪華な列車が通過して行きます。 1001レの通過の頃には、思惑がはずれ [続きを読む]
  • 大井川鉄道の 特急さくら 2000.3.25
  •  3月下旬から4月上旬にかけて、大井川鉄道のかわね路号には、国鉄特急のヘッドマークが取付けられていました。 今年はどんなのが付けられるかと、まだ寒さの残る3月に訪れました。 最初のSL列車は1001レなので、この頃お気に入りの、大井川第一橋梁をサイドから撮れる林道に向かいました。 先に通過した上り電車と家山駅で交換して、1001レがやって来ました。 今日は客車が4両で、補機無しの好ましい編成です。 茶畑を過 [続きを読む]
  • 西武 旅するレストラン 52席の至福 乗車記 2018.10.21
  •  今回、電車利用で秩父に行ったのは、西武鉄道の 52席の至福 のディナーコースに乗車するためでした。 ディナーコースなので、西武秩父駅の発車は17時42分と、既に夕闇が迫る時間です。 1番線からは、武甲山をバックに特急ちちぶが発車して行きました。 使用車両は52型と称していますが、400系をレメイクしたものです。 トランプの枚数と同じ52なので、車両ごとに4種類のマークとテーマが描かれています。 既に3号車の厨 [続きを読む]
  • 西武秩父線とELパレオ 2018.10.21
  •  つい先週の事ですが、久方ぶりに西武の特急レッドアローに乗車、そして秩父鉄道の C58363 故障に伴う、ELパレオ を見てきました。 秩父鉄道に撮影に行くときは、専らクルマで追いかけるのですが、今回は別の目的があり、西武鉄道利用となりました。 西武池袋駅で、特急の発車までの間に通勤電車を見ていたのですが、最近の全面デザインは各社個性的です。 この黄色が登場した時には、オレンジとクリームの2色塗りが良いと思 [続きを読む]