EFI-Technologic さん プロフィール

  •  
EFI-Technologicさん: EFI-Tech:Note
ハンドル名EFI-Technologic さん
ブログタイトルEFI-Tech:Note
ブログURLhttp://efi-technologic.hatenablog.com/
サイト紹介文エンジンオーバーホール・ECUセッティング・パワーチェックなど日々の作業内容をご紹介いたします。
自由文レーシングカーマニアの夢をかなえる企業へ…EFIテクノロジックは、高精度なレースエンジン製作の技術や思想を取り入れ、市販車にも妥協のない優れた高精度エンジンを提供したいという想いで2015年に富山県に誕生した会社です。
エンジンオーバーホール作業、コンプリートエンジン制作工程、ECUセッティング、ダイノジェット製シャーシダイナモを使用してのパワーチェックなど日々の作業内容をご紹介いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 282日(平均2.5回/週) - 参加 2017/01/26 13:40

EFI-Technologic さんのブログ記事

  • 【ホンダB16エンジン】届いたパーツの検品_EFIテクノロジック
  • 最近配線作業の毎日でしたが、本日はオーダーを頂いているホンダB16エンジンに使用するパーツが続々と到着したので検品作業となりました。今回はマンリのピストンにブライアンのLWロッドを使用します。軽く重量を量った感じ、純正より100グラムほど軽量に仕上がりそうです。ピストンピンが無くなるくらいの重量差なので、NAエンジンには効果が大きく出そうです。フェレアの梱包がハッピーターンぽくて美味しそうに見えます [続きを読む]
  • 【RB25】ハーネス製作の日々_EFIテクノロジック
  • 10月も中盤を過ぎましたが、相変わらず配線作業の毎日です。作業待ちのエンジンも数台在るためスピードアップしたいのですが、なんだかんだと時間がかかります。画像は製作中のRB25用のエンジンハーネスです。MILコネクター、MIL電線を使用し織り込んでいきます。私達がMILスペックと呼び、モータースポーツハーネスに使用する材料の殆どは航空宇宙配線に使われる材料を言います。MILコネクターと呼ぶ円形コネクターも一部を [続きを読む]
  • 他社製ハーネスとの違いは何か_EFIテクノロジック
  • 最近ハーネスについてのお問合せを多くいただきます。「違いはなんですか?」と言ったご質問も多く、マテリアルの違いなど専門的な部分もあり文章だけでは伝えにくいので比較出来る画像を用意しました。赤いキャップが付いたハーネスが当社で作成した室内ECUハーネス。キャップ無のハーネスが他社製のメーターハーネスです。キャップ付きのコネクターは61p、キャップ無は26pなので配線の本数が全然違うのですが、それで [続きを読む]
  • 【アルテッツァ】ハーネスの製作準備_EFIテクノロジック
  • アルテッツァの作業も終わりが見えて来たので、次にオーダーを頂いているエンジンハーネスの製作準備にかかりました。各種資料を見ながら配列やデザインを考え、データとしてまとめていきます。ECUコネクターから直接各所に繋げれば楽なのですが、当社で製作するハーネスはメンテナンス等を考え、セクション毎にサブハーネスとして切り離しが可能な形にするため、成り行きまかせで作業を始めると酷い目にあってしまいます。特 [続きを読む]
  • ボディハーネスの完成 。装着へ…_EFIテクノロジック
  • 当初の予定には無かったボディハーネスの製作も行ったので、意外に時間がかかりましたがひとまず完成です。画像は室内ECUハーネスエンジンルームメインハーネスエンジンルームサブハーネスボディハーネス左右 です。装着車両の完成にはまだ少し時間がかかりますが、慌ててもよい仕事が出来る訳もないので、じっくりと作業を進めます。 [続きを読む]
  • 配線作業には多くのクリンパが必要_EFI テクノロジック
  • 自動車の配線作業と言うと電工ペンチ1本で済ませるようなイメージがあるかもしれませんが、実は多くの種類のクリンパ(圧着工具)が必要です。端子により具合の良い工具が微妙に違う為、ワイヤリング作業に入る前に端子サイズを計り数種類のクリンパで圧着具合を確認してから使用する工具を選びます。圧着の目安としては力強く引っ張って配線が抜けない強度が必要です。カシメが緩いと半田を流して誤魔化す事もあるようですが、 [続きを読む]
  • 【ワイヤリング】材料が揃ったので作業再開です。
  • 細かい材料の在庫が無くなり一時中断していたワイヤリング作業ですが、必要な物が揃ったので再び作業開始です。写真に映る赤白の工具はコネクターの組み付けに使用するリムーバと呼ばれるものですが、結果な消耗品だったりします。何か別の物で代替えできればよいのですが、そんな便利な物もなく国内流通も無い為、在庫が減ってくると不安になる物の一つです。 [続きを読む]
  • 【FD3s】インマニガスケット交換作業
  • FD3s、珍しく車上での作業です。インマニガスケット交換作業ですがタービンの取り外しが必要な為、わりと大掛かり?な作業の分類かもしれません。事前に確認していた通りにリアハウジング部のガスケットが切れてなくなっていました。前期はガスケットが紙製の為抜けやすいとはいいますが、今回の車両はプライマリインジェクタ辺りから洩れたガソリンがガスケットを駄目にした原因のようです。バキュームホースの交換やタービ [続きを読む]
  • 【RB25】コンプリートエンジン ヘッド計測作業
  • RB25コンプリート、組上がった腰下、ヘッドの容量を計測し、ガスケット厚を決めます。RB系のエンジンなどメジャーなエンジンは各容量の参考値がパーツメーカーから公表されていますが、面研磨やシートカット、ボーリングなどによりかなり数値がズレるので、実測での確認はかかせません。セッティング時初期の点火時期マップの数値にも影響するため圧縮比を正解に確認する事は大事な作業です。 [続きを読む]
  • 【ホンダK型エンジン】腰下の組み付け・実測
  • ホンダK型エンジン、腰下の組み付けが完了しました。ピストンメーカーからの数値で何となくの容量は分かりますが、『多分圧縮〇〇ぐらいです』と馬鹿な事を言えるわけもないので実測します。ヘッドが未だ未加工の為最終的な圧縮比は決定していませんが、予定を大きく外していると困る為、まずは確認と言った所です。 [続きを読む]