乾河原 さん プロフィール

  •  
乾河原さん: MonLinGen
ハンドル名乾河原 さん
ブログタイトルMonLinGen
ブログURLhttp://hjk859420.xsrv.jp/
サイト紹介文アンチ学会屋さんへのよく分からない記事の感想、学会の記事等
自由文大体半々程度に、学会に対する批判の批判及びイラストや日々の事を記事ってます。要するに節操のないブログサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 296日(平均4.7回/週) - 参加 2017/01/26 15:10

乾河原 さんのブログ記事

  • 外部席部屋-Ⅵ
  • 外部席部屋-Ⅵ 私個人としては、対話を続ける事はお互いの為だと思っています。 「Ⅴ」では、あべひさんに対して個人的な「意見」をしましたけど、しかしこれは、兎に角対話を上向きにしたいと思ってコメントしたものです。悪気のある…続きを読む ? [続きを読む]
  • 外部席部屋-Ⅴ
  • 外部席部屋-Ⅴ その他の諸々の記事内容は、「Ⅳ」以前を読んで下さい。ここでは全て省きます。 過去の経過は、ブログのメニューでそれぞれの記事類を表示させて下さい。 大体40〜50程度のコメント数で、次のページを作成していま…続きを読む ? [続きを読む]
  • 創価学会仏
  • 義父がこの夏、入院先の病院で、意識不明のまま亡くなりました。 享年90歳。 学会葬を終えて火葬場に行くまで、成仏の相は変わらないままでした。まるで、日蓮大聖人が、義父の側(そば)にそっと寄り添っているような、そんな感覚も…続きを読む ? [続きを読む]
  • 外野席部屋-Ⅳ
  • 外野席部屋-Ⅲ 外野席部屋3ページ目となります。「 外野部屋-Ⅲ」が長くなりましたので、追加ページです。 外野席部屋 外野席部屋-Ⅱ 外野席部屋-Ⅲ お二人のものと、それ以外のコメントを受け付けるページになります。 下記…続きを読む ? [続きを読む]
  • 外野席部屋-Ⅲ
  • 外野席部屋-Ⅲ 外野席部屋3ページ目となります。 外野部屋-Ⅱが長くなりましたので、追加ページです。 以下の文章は前部屋と同じです。 前々ページは…外野席部屋 前ページは…外野席部屋-Ⅱ お二人のものと、それ以外のコメン…続きを読む ? [続きを読む]
  • 対話専用部屋-2
  • 対話専用部屋-2 あべひさん及びちよさん、お二人の「対話専用部屋-2」です。 以下の2記事は今までの経過の記事です。参考にして下さい。 遅咲きの宿業転換 大人の対話を希望します 対話専用部屋 以下は記事投稿ページです。 …続きを読む ? [続きを読む]
  • 仮装信仰
  • 某・弱小教団は、「創価学会の間違いを正す為」などと言いながら、学会に対して様々な難癖をつけてきます。さも自分達の方に「正統な信心」があるかの如くに…。 『君側の奸(かん)を除き、王室の難を靖(やす)んずる』(行政刷新)、…続きを読む ? [続きを読む]
  • 外野席部屋-Ⅱ
  • 外野席部屋2ページ目となります。 前ページがコメント50投稿以上になりましたので、追加ページです。 以下の文章は前部屋と同じです。 前ページは…外野席部屋 お二人のものと、それ以外のコメントを受け付けるページになります。…続きを読む ? [続きを読む]
  • 外野席部屋
  • お二人のものと、それ以外のコメントを受け付けるページになります。 下記はお二人のブログです。参考にして下さい。(外窓リンクです) ちよさんのブログです…真実を語る あべひさんのブログです…阿部日ケ〜ンの『魅惑的な人々』 …続きを読む ? [続きを読む]
  • 対話専用部屋
  • あべひさん及びちよさん、お二人の対話専用ページです。 以下の2記事は今までの経過の記事です。参考にして下さい。 1.遅咲きの宿業転換 2,大人の対話を希望します 以下は記事投稿ページです。 1,外野の部屋…(二人以外コメ…続きを読む ? [続きを読む]
  • 大人の話合いを希望します
  • 或る記事のコメント上で、学会活動に関しての意見の食い違いが表面化しています。 私個人としては、同じく学会を応援する同志として、こう言う泥仕合は決してそのままにすべきでは無いと思っています。「内部怨嫉」は必ず解決する「努力…続きを読む ? [続きを読む]
  • 「地涌」の義
  • 今更ながら、「地涌」を地味に読んでいます。これは知っての通り、平成初年度に内部僧侶からFAXとして送られていた日顕宗の行動を綴った、宗門歴史(汚濁史)の証言集です。 今回メニュー化しました。(上部メニュー「相互リンク」内…続きを読む ? [続きを読む]
  • 遅咲きの宿業転換
  • 「宿業転換」の仏法修行が出来かねています。簡単に言うと、「学会活動」が出来ていないと言う事ですけど…。 反省しきりの毎日ながら、でも、若干の光を前にしながらの「活動」をやっています。 かなりの期間、信心活動に対して頑張れ…続きを読む ? [続きを読む]
  • 「憂うつ」な生活
  • アンチ創価学会でもなく、また学会の側に正式に立ったものでもなく、非常に、ある意味「本音(ほんね)心」に溢れた、そんなブログを読んでみました。 その名も『学会三世の憂うつ』。 更新は、2016年8月28日で停止されています…続きを読む ? [続きを読む]
  • 明るさの中にある闇
  • エキュメニズム(超宗派的宗教)運動というものが、世界でも、また日本の宗教界でも盛んに取り沙汰されています。当の活動家たちは、多分真剣なんだろうと思いますが、実を言うとこれほど宗教を愚弄(ぐろう)した話はありません。 「全…続きを読む ? [続きを読む]
  • 学会と某宗門の題目
  • お題目は日本中に広まっています。世界中にも広まりつつもあります。某宗門系も題目をあげているようですが、でもよく見てみると、学会とはかなり違っているような気がします…。 身延派日蓮宗も題目をあげている、と言う噂は流れていま…続きを読む ? [続きを読む]
  • 煽りとアンチの相関図
  • 先日、南区にある某定山渓の温泉に、ノンビリ温まりに行ってきました。若干雨模様の、自分好みの日和(ひより)でとても楽しめました。でも、行く途中に後続車から「煽(あお)り」を受けまして、少々「楽しみが増えた」感じのプチ旅行に…続きを読む ? [続きを読む]
  • 宗教と社会との関連性
  • 日本人の多くは、宗教が俗世間と関わる事を否定的に考えます。特に、政治に対しては無関心であるべきだと主張する人々は非常に多いと言えます。 日本人が何故こんな宗教観を持ってしまったのかを考えると、遠くは「江戸幕府」と寺院側の…続きを読む ? [続きを読む]
  • 功徳の感受性
  • 信心の「功徳」は、その人の持っている「感受性」の強弱によって、それぞれの「受け取り方」が違ってくるように思えます。そして、受け取った功徳の強弱で、その後の「信心の在り方」が変化していくのでは、と考えます。 「信心の感受性…続きを読む ? [続きを読む]
  • 本当の師弟不二の話
  • 「師弟不二」は、学会と某宗門とでは、意味にかなりの差があるようです。仏法教学的な煩瑣(はんさ)なものは横に置き、個人経験上の「現実的な話」を中心に、この二つにどんな違いがあるのかを探っていきたいと思います。 創価学会の「…続きを読む ? [続きを読む]
  • 偏頗な人種
  • アンチ創価学会にとても多いのは、一方の話しか聞かない事、そしてその一方通行の話からMCされて、他の意見を完全に閉め出してしまうと言う事。そんな人種が多いと言う事です。人間としてかなり偏頗(へんぱ)だとしか言えません。 あ…続きを読む ? [続きを読む]
  • 唱題場所の話
  • 唱題する場所は御本尊の前。とそう考えている人は、意外に多いでしょう。勿論、基本はそうだとしても、実際の生活の中では、その事は無視しても大して問題はないのではないかと、私は個人的にそう考えています。 自分の唱題経験をここで…続きを読む ? [続きを読む]
  • 愚癡と嘘話の世界
  • あるアンチ学会系のブログに、『好きで学会に入ってるわけじゃない』と言う悲壮感紛々(ふんぷん)たる題名の記事をみつけました。目を通し、彼の更なる愚癡に充ちた悲壮な日々を堪能してしまいました。 彼(ブログ管理人)は現在学会二…続きを読む ? [続きを読む]
  • 他人の才能を認める話
  • 池田先生の秀(ひい)でた才能や能力を素直に認める事の出来ない人は、意外に多いのではないかと思います。アンチ学会系は勿論の事、一流の学者やジャーナリストと呼ばれている中にも、その手の人々が少なからず存在しています。 他人の…続きを読む ? [続きを読む]