主婦も歩けば・・・ さん プロフィール

  •  
主婦も歩けば・・・さん: 主婦も歩けば・・・@Sakura
ハンドル名主婦も歩けば・・・ さん
ブログタイトル主婦も歩けば・・・@Sakura
ブログURLhttp://bridges-4-smiles.sakura.ne.jp
サイト紹介文三十路を進むパートの主婦の、波乱含みの今日この頃。大人の日記と日頃の愚痴と、すべては私の独り言。
自由文昭和生まれでしっかり三十路.おおむね真面目で優しい夫と,ふたりの娘の4人家族.完全専業主婦を経て,今はパートに奮闘中.かつてはかなりの男性恐怖でしたが,夫や義父や仕事先での出会いに助けられ,今ではすっかり大丈夫(^_^) 基本的には幸せだから何の不満もないけれど,人生いろいろ・・・ 日記も愚痴も,すべては私の独り言.批判,中傷ご遠慮ください.共感,励まし大歓迎.どうぞよろしくお願いします.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2017/01/29 08:55

主婦も歩けば・・・ さんのブログ記事

  • お盆の旅は4部屋で・・・
  • 夫 の実家 では,お中元の手配と(ついでの)バーゲン巡り が,夏に先立つの恒例行事になっています.昨年まではHちゃん(=義妹) が一緒に出かけていたのですが,今年は結婚 を控えて何かと忙しいようで,サポート役が夫 に回ってきました.「おやじ(=義父) が行くんだから, それでいいのに・・・」それはそうだけど・・・お義母さん はね,一緒に出かけたいんだよ.わからないかな,そういうことが・・・貴重な週末 [続きを読む]
  • 月の日は・・・そういう仕方もあるわけか・・・
  • ボディソープをサッと流すと軽く身体を拭いてローブを羽織り,先に部屋 に戻った専務さん さり気なくこうやって時間をくれるあたりが,さすが,さすがなんだよね・・・そんなことを思いながら,しっかり身体を拭いて,タンポンを確かめて・・・これでヨシっと・・・ショーツを穿いてローブを羽織り,髪を解けば準備完了.いそいそと部屋に戻れば,上掛けが外されたベッド の真ん中には,広げられたバスタオル そして,ゆったりと [続きを読む]
  • 月の日も・・・これなら関係ないのかも?
  • 専務さん がお手洗い の掃除までしているなんて,まだまったく知る由もなかったその頃.何の疑いもなく使い終わったナプキンをサニタリーボックスに捨てれば ,それはすなわち専務さん に生理中 であることを伝えていたわけで,不躾 な質問があってほどなく,狙いすましたように納品のお手伝いを頼まれました.今になって冷静に思い返してみれば,実は質問のカタチで誘導されていたのかなと,そんな気がしている,その日の出 [続きを読む]
  • タンポンは使わないんですか?
  • 「そういえば, タンポンは使わないんですか」「え」(はぁ)納品のお手伝いのひととき が終わり,最寄りの駅 まで送ってもらう車 の中で,不意に発せられた質問.思わず耳を疑って,ついつい聞き返していました 「いや,Kさん は・・・ 使わないのかなって思って」「いえ・・・そんなことはないですけど・・・」「そうですか・・・」てゆうか,いきなり何とも不躾 な質問なのに,何,真面目に答えてるんだ・・・自分 すぐ [続きを読む]
  • マル秘 夫婦生活改良計画:頑張る夫と深まる悩み・・・
  • とある事件をきっかけに,少しずつ気遣ってくれるようになった夫 に,私 からお願いしてきたことがあります.それは・・・挿入の前に,できるだけ整えて ほしい・・・ということ.実はこの願いは,事件が発生する前から,夫 には内緒の夫婦生活 改良計画の一環として,言葉を変え,頼み方を変え,さりげなく,それとなく,ずっと誘導してきたことでもありました.そして・・・生活のパターンが変わったことがきっかけになった [続きを読む]
  • お嬢さまと山の家と
  • 専務さん のご家族は,とある避暑地 に別荘 をお持ちです.別荘 とか避暑地 とか,私 にはただただ夢の世界.堀辰雄の「風立ちぬ」 なんかを思い出すのがせいぜいで・・・緑 に囲まれた静かなテラスで,鳥の声を聴きながら,パンケーキと冷たいフルーツの朝食 ・・・と,精一杯に妄想を膨らませてみても,実体験がないのは悲しい もので,そこから先は何のイメージも湧いてきませんいいなぁと思う気持ちも,憧れる気持ち [続きを読む]
  • 違和感は,痛いというより,まさかの・・・
  • 四つん這いの姿勢でしっかり挿し入れたまま,動きを止め,モゾモゾと不穏な動きをする専務さん お尻にひんやりとローションの感触があって,そして・・・専務さん が何をしようとしているか・・・怪しげな指の動きに気づきはしたけれど,快感 に引きずられているうちに,少しずつ淡々と着実にコトを運ばれ・・・拒む暇も術もありませんでした.明確に圧倒的な意志をもって,ゆっくり,でも確実に指し込まれた瞬間・・・ぅぅっ・ [続きを読む]
  • えっと・・・これって,入れようとしてるよね・・・
  • その夜はジ〜ンとする違和感 はあったものの,痛いということなかったのだけれど,翌朝 ,起きたらお尻が痛い ずっと鈍い痛みがあって,トイレの時にはさらにジワッと痛い まずい・・・絶対アノ せいだよね・・・場面はその前日.かすかにいい香りがする,ひんやりとした部屋の空気に包まれて,その時 への期待 にパブロフの犬状態の私 ・・・シャワー を終え,部屋に向かう専務さん の手には,ローションのボトルと,小さな [続きを読む]
  • 静かな夜の豊かな音の
  • 少しずつ夜 が遅くなりつつある下の娘 をなだめすかして,ようやくふたり が眠り に就けば,平日は夫 の分がないはずなのに,少しも減った感じがしない洗濯物を片づける時間.気温も湿度も高くなってきたので,子ども部屋に弱く冷房をかけ,居間の窓を全開にして,少しだけ風が抜けるリビングの床に座って,洗濯物の山を引き寄せて・・・テレビ から流れるのは,どれも似たようなタレントが並ぶバラエティに,聞けば聞くほど [続きを読む]
  • 早く「普通」が戻りますように
  • 家族や親戚や,知る限りでは友だちも知人も,直接,被害にあっている人はいないと思うけれど・・・梅雨の最後になって・・・激しい雨に見舞われた地方では,雨が上がるととともに,被害の甚大さが少しずつ明らかになってきていると,ニュース番組が伝えていました.家族と再会できた人の喜びがあれば,不幸にして大切な人を失ってしまった人の涙もあって.私は手伝いに行くなんてできないし,的外れなことをしても,迷惑なだけかな [続きを読む]
  • 異動は家族の一大事!どこにあるの? 今日は行けないよ!
  • パジャマに着替えた元気な娘たち と,今週も頑張ってねと,願いを込めた私 に見送られ,独り身の生活に戻って行った夫 はぁ・・・静かになった日曜の夜をゆっくり過ごし,翌朝 ・・・娘たち を送り出し,今日はそんなこと もあるかも知れないと,万端さまざま気を遣いつつ身だしなみを整えて,さて・・・じゃぁそろそろ・・・と,戸締まり を確認してまさに出かけようかというところで,ポロロォン・・・ツロロォン・・・ポロ [続きを読む]
  • ちょうどよかった.結婚することにしたんです
  • ある日の午後,お義母さん から電話 をもらい,娘たち を迎えがてら,おすそわけの荷物 をもらいに行くと,義妹 がトントンと階段を降りてきて・・・「あ,お義姉さん ・・・ちょうどよかった. 私 ,結婚することにしたんです」え え えっと・・・「急でしょ ほんとにねぇ・・・急なのよ. こっちも目が回っちゃうわよ・・・」えっと・・・「おめでとう・・・ で,お相手は・・・」聞けば同級生 の幼なじみ だそうで [続きを読む]
  • マル秘 夫婦生活改良計画:確認? 興奮? はたまた・・・自信?
  • あっ,イク・・・イケル・・・夫 に導かれて初めて 達した ことに驚きつつ,とてつもない喜びを感じた私 初めて 導いたことに(おそらく)驚きながらも,急に自信を深めた(かのように感じられた)夫いつもは「したい」サインがぶら下がり,一緒 にお風呂 に入ったが最後,チャンスがあればローションで,あわよくば口で・・・と,いつだって欲求 に素直というか,我慢とは無縁の夫 が,その日はさっさと上がって寝室 に [続きを読む]
  • マル秘 夫婦生活改良計画:あっ,イク・・・イケル・・・
  • あっ,イク・・・イケル・・・ 急に頭を挟まれて,鼻先に膨らみ を押し付けられた夫 は,かなりビックリしたようですが,すぐに事態を理解したようで・・・初めて夫 の愛撫 でイった ことに驚いて,イケた ことに嬉しくて・・・ゆるやかに波 が引き,ほどなく足がほどければ,不自由な姿勢で頬を寄せてくる夫 「イっちゃった」「・・・」「イっちゃったの」「・・・気持ち・・・よかったよ」「・・・」どこか得意げな口づけ [続きを読む]
  • ほめられ私は木に登る
  • いつの間にか何度目かの春 を迎えて,先日,何度目かのボーナス をいただきました.パートなのに厚生年金にも健康保険にも加入させてもらって,夏と冬にはボーナス までいただいて,改めてお世話になれたことに感謝 しています.そして・・・そんな仕事でつい先日,密かに嬉しい ことがありました.「Kさん ,すごいですね. 仕訳,ちゃんとしてるんで, こっちの手間がほんと,かからないですよ. 簿記,勉強したら,きっ [続きを読む]
  • もやもやするのは何故なのか?プライバシーとルールと・・・
  • 持ち回りで巡りくるマンションの理事のお役目.ついにわが家の番となったのですが,「ね,お願い」の一点張りで夫 に押し切られ,私 が理事会に出ています.そして,ある日のこと.いつものように通常の議題が確認され,やれやれと思ったところで,マンションの長老ともいえるおじいさん が手を挙げて.配布されたのは口が開けられたゴミ袋 の写真 「コレ,また■■さんのゴミから出てきたよ. 分別違反だよね 理事長,ちゃ [続きを読む]
  • ラブホ,大好き!だけど“知識”は古かった?
  • 実はラブホ が大好きです・・・そのこと を思い切り楽しめるように,いろいろな工夫と仕掛けが施されていて,そのための特別な道具()やサービスがある.「エッチ しよ」「セックス,楽しも」何の衒いもなくそのためだけに,すべてが整えられているって,とてもとてもスゴイことだと思うのです.同じホテル でも部屋によってデザインも違えば,嗜好も仕掛け(道具かな)もいろいろ.コンドームはもちろん備え付けで,足りなけ [続きを読む]
  • 夕空に水は美味しく・・・
  • 納品のお手伝い に出る午後.いろいろな時間をご一緒 させていただくなかに,密かにイニシエーション と呼んでいる,心待ち にしてしまう大好きなパターンがあります.あっ・・・あっ・・・あっ・・・ん・・・あっ・・・あ・・あ・・ん・んっあっあっあっゆっくり動きが止まり,身体 が重なり,唇が合えば舌を求め,耳を含まれ,乳房を,脇を舐め,吸われ,小さな尖りを含まれ,噛まれ・・・下腹部の震えが収まり息が静まると [続きを読む]
  • 運動会のその夜は・・・精も根も尽きていた・・・
  • 運動会 .私 の故郷では秋 体育の日 の頃に開かれていましたが,今,住んでいる街では,春 ,梅雨入り前に開かれています.娘たち の通う学校 でも,先日,運動会 が華々しく 開催されました.娘たち が小さなグラウンドで精一杯に弾け 義父母 と義妹 とその婚約者さん と私たち 大人もどこか童心に帰って,夢中で応援して,喜び,笑って・・・交代でさっぱりお風呂 を済ませた後は,家族そろってお寿司 (回るやつだけ [続きを読む]
  • そこで脱げとは・・・変態か?
  • 夫 の異動に伴う生活の変化はやはり一大事 でしたので,どうしてもその話題が続きましたが,一方でソレ はソレ で幸いにも淡々と続いておりまして・・・時間は大きく溯りますが,ある日のソノ時 のお話しをお届けします.訪問先の都合もあり,スーツ姿で納品 に出かけたその日.朝 いつものようにしっかり準備を整えて,替えのショーツも潜ませて,あらゆる状況,あらゆる展開に対応できるように,出発前には最終の確認と準 [続きを読む]
  • プチバトーとお義母さんと・・・
  • 「夏の服 を買いたい から, ●●(車 で小一時間ほどの大きなショッピングモール )・・・ 行きたいなぁと思って・・・」お義母さん から夫 に声がかかりました.それがもちろん口実であることは,夫 も私 もよくわかっており,わかっていながら・・・お義母さん のお財布 に,確かに期待してしまっている自分 がいて・・・朝 ,準備を整えたら夫 の実家 に集合し,みんなで朝ご飯 を済ませ,いざ出発 道は少し混 [続きを読む]
  • 異動は家族の一大事!土曜授業は貴重な時間・・・
  • ピピピピ ・・・ピピピピ ・・・ピピピピ ・・・泥のように眠る夫 を尻目に,部屋着に着替え,洗面台へと向かい・・・週末の朝 はいつものように始まりました.土曜授業 の娘たち を送り出して,夫 が持ってきたシワシワの洗濯物を放り込みながら,「向こうで洗えばいいのに」 ・・・と,心のなかの小さな不満に小さな棘を感じていると,洗濯機の音で目を覚ました夫 がやって来ました.「今日,学校」「土曜授業 」「そっ [続きを読む]
  • 異動は家族の一大事!〜夫の気がかり,夫の弱音
  • 単身赴任生活が始まって初めての週末.土曜日の夜,久しぶりに一緒にお風呂 に入り,ほどよくぬるくなった湯船につかると・・・「大丈夫だった C とかたいへんだったじゃない」「うん・・・まぁ・・・ まぁ,そりゃ,寂しがってるよ」(ゴメン・・・ほんとは, ほとんど寂しがってないんだけど・・・)「そっか・・・ どんな感じなの」えっと・・・聞かれても困るんだよね.その実態がないんだからさ・・・「ご飯 のときと [続きを読む]
  • マル秘 夫婦生活改良計画:まだまだソレはお預けらしい・・・
  • 夫 の単身赴任生活がスタートし,何よりも心配だったのは娘たち の反応でしたが,近くに住む義父母 や義妹 があれこれ気に掛けてくれたこともあり,まったく寂しがることもなく,平穏すぎるほどに平穏だった滑り出しに安心して迎えた初めての週末・・・夫 が帰宅 したのは思ったよりも遅く,娘たち は先にベッド に入った10時過ぎ それから夕食 を済ませ,きっと一緒にお風呂 に入りたがるかと思っていたのですが,慣 [続きを読む]
  • 異動は家族の一大事!あの日が最後(たぶん)になろうとは・・・
  • 異動の内示を受けたのに,いつまで経っても娘たち に話そうとしない夫 に痺れを切らし,夕食 を終えた後で話しの機会をつくったのは,土曜日の夜 のことでした.お膳立てをしてあげたのに,自分 から口火を切らない思った通りの展開に,情けない気持ちになったのですが,それよりも驚いたのは,上の娘 のどこまでも頑強な拒絶でした.その夜から始まった夫 に対する完全無視は日曜日も継続し,ようやく口をきいてもらえたの [続きを読む]