視点蝶 さん プロフィール

  •  
視点蝶さん: S.T.Cの素敵ビジネスアイデア
ハンドル名視点蝶 さん
ブログタイトルS.T.Cの素敵ビジネスアイデア
ブログURLhttp://www.stc-idea.com/
サイト紹介文起業、新規事業、サービス改善のビジネスアイデアの掲載。その他、地域活性のアイデアや発想法など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2017/01/28 13:46

視点蝶 さんのブログ記事

  • 【発明】クソ暑い時に最高に涼しい男性用Tシャツのアイデア
  • 今年は、とっても暑い!6月からこんなクソ暑いのは、いったいどうしたものか。寝ても暑いせいなのか、いつもより早く目が覚めまうし、なんだか寝不足感があるし。やれやれな暑さです。そんな暑さをふっとばす涼しい暑さ対策の発明を思いつきました。あれ?お腹だすと涼しいんじゃね?便通がよくないので、よくトイレにこもっているのですが、今日も家のトイレにこもってました。しかし、家のトイレはすごい熱がこもるので、あっつ [続きを読む]
  • トランクルームを増やして、国民の購買意欲を高めるアイデア
  • 最近は、好景気なんだか、不景気なんだかよくわからない景気です。まあ、人は物をたくさん買うようになったという話もありますが、私の周りでは購買意欲はイマイチあがっておらず、むしろ低いという印象すら受けます。まあ、物価もあがってますし。そんな中、来年は消費税10%にあがるという話もあり、どうなることやら。今回は、そんな国民の購買意欲を高めるアイデアについてです。人が物を買わない原因人は物を買わない理由は、 [続きを読む]
  • 【発明】客が傘を忘れないために、店側が傘立に取り付けるグッズのアイデア
  • 最近は、雨が多い。そんな中、傘をさしながら思いついたアイデア。傘といえば、よく忘れてしまう物の代表みたいなものです。お店に入って傘立てにさして帰る時に忘れてしまったり、電車のパイプに傘をひっかけて忘れたりと。とにかく人は、よく忘れる。そんな中、最近は傘の忘れ防止のグッズが売られたりしているようです。離れたらアラームがなる機器や、椅子とか手とかバックとかに傘を掛けられるグッズとか。しかし、傘を持つ人 [続きを読む]
  • 忙しい宅配便業界の過重労働を減らす「遅割」のアイデア
  • 最近何かと社会問題になっている宅配便業界。ネットが普及し、あまりの荷物の多さ、また人材不足に宅配便が間に合っていない状態。過重労働で働いている人は大変。そして、業界はパンク寸前により、大手宅配会社が送料値上げにふみきるような自体に。しかし、値上げをしたとしても、そんなに業務が大きく改善されるわけでもないのでしょうね。さらに、今まで送料無料だったネットショップが、送料をきちんと取るようになっていく模 [続きを読む]
  • 「選挙に行きました証明書」で、若者の投票率を増やすアイデア
  • もうすぐ衆議院選挙ですが、若い人は相変わらず選挙にはいかないです。なので、政治家は年配の人向けの政策しか出してこないという話もあり、若い人が選挙に行かないのは損。また、選挙に行くということは「政治について考える」ということでもあり、行くことで政治について考える人が増え、より政治の緊張感が増し、よい政治になっていくという可能性があります。そんなわけで、今回は「選挙に行く若者を増やすアイデア」を考えて [続きを読む]
  • 【地域活性(秋田)】秋田駅の改札の前に秋田犬を置くアイデア
  • 私の実家は秋田。そして、秋田駅にたまに行く。秋田駅は、少し前に駅をちょっとした改装をした。中央改札を出ると、その向かい側の壁に秋田杉(だと思うけど)をふんだんに使った味合いある風景になった。そして新たなお店や休憩所ができ、その中でも秋田杉が使われていたりと。秋田らしさをアピールしてる。ちなみに、何年か前には秋田駅前のバス停も同じように秋田杉を使ったバス停に改装していて、特に秋田杉でアピールしてるの [続きを読む]
  • 【発明】ダメ人間のための伸縮するゴミ箱のアイデア
  • 私の部屋には、ステンレス製の円柱のゴミ箱がある。高さ30cmぐらいで、たしか無印良品あたりで買ったもの。特に機能もない、ただのゴミ箱。もちろん蓋もない。そんなゴミ箱。普通のゴミ箱で、普通にゴミを捨てるのだけど、なぜかすぐあふれる。すぐあふれるという表現はおかしいのか。ちょくちょくゴミをまとめ、捨てればいいのだけど、無精なのでつい先延ばしにしてゴミがあふれている。すると、もちろんゴミ箱の周りは、あふれた [続きを読む]
  • 【サービス業】今後流行るであろう「学生恋愛サポート事業」のアイデア
  • 今後、流行る事業を考えた時に、「恋愛サポート事業」が流行ると思います。その理由としては、現在少子化が進んでいますので、単純に数で考えると結婚できない人はどんどん増えるでしょう。結婚に有利な年上の数が多く、下の人口が少なく、さらに下はより少ないわけですし。また、結婚より働くことを選ぶ人も多いので、さらに結婚できる人は少ないですし。また、他の理由としては、最近の若者は彼女がいない割合がどんどん増えてる [続きを読む]
  • 仕事で絶対に学ぶべきオススメの「アイデア発想本」4選まとめ
  • アイデアを発想する力は、強い武器となります。仕事は結局のところ「問題」の連続。問題に対し、解決方法を考える。解決方法を考えるのがアイデアでありますし、時には問題を考えることもアイデアです。アイデアの技術は、仕事をする上では絶対に身につけておきたい技術です。しかし、アイデアの技術というのは、結構あいまいに考えられています。人から人へと教わることが滅多にないですし、どこか「自分で考えろ」という感じです [続きを読む]
  • 『アイデアの選び方』1000案から最高の1案を選ぶ技術
  • 『アイデアの選び方 アイデアは、つくるより選ぶのが難しい。』アイデアを大量に出すのは、慣れれば簡単。すごいアイデアかどうかはともかく、とにかく数を出すのは誰でもできます。アイデアを出す技術が身についていれば、そんなに難しいことでもないです。しかし、アイデア作業で一番難しいのは、「アイデアを選択する」こと。最高の1案を選べないと成功することはないですし、最低の案を選び大きな失敗をすることだってあります [続きを読む]
  • 【地域活性】イジメ問題に真剣に取り組むことで地域活性のアイデア
  • 「イジメ問題」に関するNHKの番組をみました。子供が亡くなるという事件が起き、その後の学校や教育委員会の対応が酷いものという内容。あきらかにイジメの証拠や証言があるのに、「イジメはありませんでした」という感じで、もうどうしようもない状態。最近、そういう対応が目につきます。問題に対応する気力もなければ、問題を解決する力もないのでしょう。残念なことに、今後もそういうことは続くのでしょうね。番組の後半では [続きを読む]
  • 『アイデアのヒント』アイデアの基本を面白く理解する
  • 『アイデアのヒント』アイデア本のバイブルといわれている、ヤング著『アイデアのつくり方』があります。アイデアの「基本となる考え方・手順」が、短い内容でシンプルに書かれているので、とてもわかりやすい本です。しかし、シンプルすぎて逆に理解しずらいのが欠点ともいえます。もっとより理解できるように、具体的な内容や例がほしかったりするが、そういうことは書かれていない。やはり、内容を理解するには、そのようなもの [続きを読む]
  • 【行事】七夕で、短冊に叶った願いをつるすアイデア
  • 七夕での行事というと、笹の葉に自分の願いを書いた短冊をつるす。しかし、それはどこか「子供の行事」という感じがあります。子供は本当に願いが叶ってほしいとつるすかもしれないが、大人はそうは思わない。夢を願っても、叶わないと思っているから。そんな大人が、子供にこういうのでしょう。「夢は叶う!」と。それは、どこかおかしい気がします。まあ、遊びなのだから、遊びは遊びとして済ませばいいのでしょうけど。でも、せ [続きを読む]