紅実子 さん プロフィール

  •  
紅実子さん: 冬の陽だまり 夏の木かげ
ハンドル名紅実子 さん
ブログタイトル冬の陽だまり 夏の木かげ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kumiko-kumiminn
サイト紹介文還暦を機に、穏やかな日々の中で、ささやかな幸せをかみしめる暮らしの、リ・スタートです。
自由文辛く苦しい人生にサヨナラ! 
「 冬の陽だまり 夏の木かげ 」
宮澤賢治じゃないけれど、ソウイウモノニワタシハナリタイ !
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2017/01/29 08:31

紅実子 さんのブログ記事

  • 巡回家事サービス 仙台編 2018年9月
  • 現在次男が暮らす部屋は、バス、トイレ、キッチンを除いて約6畳 × 2室の1DK です。仙台で暮らし始めてもうすぐ5年になりますが、2度の引越しを経て今のところにたどり着きました。今回私は、( まだ具体的に決まっているわけではありませんが )来るべき次の引越しに備えて、増えすぎてしまったモノの処分を手伝おうと、腕まくりをしてやって来たのです。平日は、次男の許可のあったところを日中に私が分類して、帰宅後に本 [続きを読む]
  • 猛暑のはずなのに… それとも 猛暑だから…?
  • 秋の進行、早くありません!?東北だけでしょうか?ちょうど昨年の今頃、『 小さい秋 見〜つけた 』 というタイトルで、ちょっとだけ紅葉した木の葉を投稿しているのですが…、今日投稿するものは、8月中の 鶴岡公園の桜の木の葉です。相変わらずのタイムラグですね〜。 (笑)8月 24日 曇紅葉…というか、すでに枯れている部分もありますね!猛暑の影響があるのでしょうか?私もこの夏は、アレルギー性鼻炎に悩まされました [続きを読む]
  • 虹だ!!
  • 何気なく窓から外を見ると…「 んっ!? …虹だ!! 」実はこれ、仙台に移動する前日の、9月3日の夕方のこと。こんなにすっきりと青い空なのに、何故…!?急いでベランダに出てみると、パラパラと雨が降っていました。「 キツネの嫁入り!? 」カメラを向けますが、良く見えなくて、フレ―ミングが決まりません。だんだん薄れていく中、全体を入れることはできませんでしたが、なんとか撮れました。こんな場面を、リアルタイム [続きを読む]
  • 仙台行きの車窓 2018年9月
  • 一週間ほど、ご無沙汰致しました。新しい記事が更新されない間もアクセスしてくださった皆さま、ありがとうございました。先週の火曜日、台風21号が大阪周辺に大変な爪痕を残している頃、仙台に移動しました。台風は、日本海を北上するルートだったので、一応強風を警戒して、ベランダの物を室内に移動させてきたのですが、夜、夫に確認したら、「 何の影響もなし 」とのことで、それはありがたかったのですが…翌早朝に、今度は [続きを読む]
  • 8月の成果
  • それでは早速、いつものフォーマットに従い、振り返っていきます。① 『 1日2ページ以上本を読む 1か月に HOW TO もの1冊 と 物語系1冊 を読む 』     達成しています。 物語系4冊、HOW TO もの3冊、計7冊です。  ② 『 所持する本を、相殺して60冊手放す 』   購入が1冊、放出が15冊なので、今月は14冊前進です。  放出の累計が90冊になりました。   ( これ、年度当初に立てた目標をすでに10 [続きを読む]
  • バイバイ! 2018年の8月
  • 昨年も同じことを言っていますが、8月と言えば、子どもたちの帰省、花火大会、そして甲子園!!ましてや今年は 100回記念大会です。すでに世の中の関心はアジア大会で、記事が遅きに失するの感もありますけど…(汗)( 実はアジア大会に夢中になっていて、ブログがおろそかになっていたことは否めません。) (笑)まず、近江高校主将の選手宣誓に感動し、1回戦は、出先ではワンセグやラジオで、最初から最後まで通してではない [続きを読む]
  • 行ったり来たり
  • これは8月18日(土) の夕暮れ時この日は赤川花火大会の日で、ここ数年で最も涼しく、適度に風もあって、まれにみる、最高の花火日和になると予感させる空模様でした。虫の鳴き声も聞こえて、まるで秋を思わせる空気感でした。河原で見ていた人は、肌寒いくらいだったのではないかしら…?18:20 頃の 月山 方向同じく 鳥海山 方向二つの山を美しく染めていたのは、この入日そしてこちらは、8月21日(火) 甲子園決勝の日真 [続きを読む]
  • 日本の花火大会は、なぜ夏に多いの?
  • ぼーっと起きて、ぼーっとTV付けたら、チコちゃんが教えてくれました。(笑)それで、予定外でしたが、花火続きの記事になります。日本は、今でこそ花火で世界をリードする国になりましたが、実は後進国で、江戸時代に急速に進化したのだそうです。そのきっかけになったのが、8代将軍 吉宗公の時代です。当時江戸では、飢饉やコレラなどの疫病に悩まされていました。その 「 おはらい 」 をするために、隅田川の川開きの際に、「 [続きを読む]
  • 赤川花火大会 2018年
  • 「 ふぎょぎょ!! 弥一さんが鶴岡におる!? 」( 『 半分青い 』 の 鈴愛 の口調のつもり W )なんと!! 今年の赤川花火は、8月18日 (土) 19:00 〜 21:00BS 朝日で、LIVE で中継されたんです。その MC が 谷原 章介 氏だったのです。TV朝日の山形市出身の 田中 萌 アナウンサーと、鶴岡市出身の花火師であり花火写真家の 「 ハナビスト 」 冴木 一馬 氏の解説で番組が進められます。今年は体調もあまり良くなかったので [続きを読む]
  • お盆の時期は、なぜ7月と8月に分かれるの?
  • 前回エントリーの記事に対して、「 風車にすら盆休みあるのに、私にはない 」 という娘からのリプライがありました。そういえば最近、どこかの民放で、「 お盆を7月に行う地域と8月に行う地域があるのは何故か? 」という話題を取り上げているのを、偶然観たんですよ!ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが…。それは、明治新政府が、暦を旧暦から新暦に変更した際に、「 行事を行う際には、日付をそのまま踏襲するよう [続きを読む]
  • 夏の庄内平野 2018年8月 その2 
  • 庄内地方南部に、またもや前線の影響で、朝から大雨警戒情報が…!「 ゴーッ! 」 …と轟音をとどろかせて強い雨が降り、避難準備情報が出された地域もありましたが、午後に入り、少し小降りになったり止み間が出たりで、もうじきすべての警報が解除されるのではないかと思います。前回よりは大事にならなくて、ホッとしました。これは3日前の、朝7〜8時台の画像です。庄内地方と最上地方の境界付近の風景を、お届けします。鳥 [続きを読む]
  • 夏の庄内平野 2018年8月
  • 二人の息子たちが帰省し、久しぶりに親子一緒に、ランチ目的のドライブ!暦の上では立秋を過ぎ、ひと頃に比べれば幾分暑さも和らいだ今日この頃ですが、でも、やはりまだまだ暑いですね!「 残暑お見舞い申し上げます! 」国道7号を北上 酒田市 に入ります。鳥海山 が見えていますが、残念ながら、雲が横切っています。最上川 河口にかかる 両羽橋 ( りょううばし ) から 鳥海山 を望んでいます。大きく迫ってきていますが、や [続きを読む]
  • 7月の成果
  • 娘と長期間過ごせたり、懐かしい仲間と会えたり、いろいろ嬉しいことがあった7月これからやってみたい事との出会いもあった7月いろいろな物、事をチェンジさせたくなった7月でもありました。では、いつもの項目に従って…① 『 1日2ページ以上本を読む 1か月に HOW TO もの1冊 と 物語系1冊 を読む 』    達成しています。  物語系2冊 HOW TO 物3冊 計5冊読了です。② 『 所持する本を、相殺して60冊手放す 』 [続きを読む]
  • 渇水が一転 洪水警報
  • 最上川の渇水で海水が逆流し、最上川からの取水を停止したというのは、過去に経験のない出来事だそうですが、その2週間後に、今度はこれまでにない記録的な大雨による河川の氾濫の危険性にさらされるとは…!昨日は、午後に入り、最初は秋田県との県境付近が記録的な大雨になり、酒田市八幡 ( やわた ) 地区の広範囲に、緊急避難指示が出されました。鳥海山の麓に位置する地域です。雨雲レーダーの赤い帯は、当初、酒田市八幡地 [続きを読む]
  • 二つのダム湖
  • 前回エントリーの記事、仲良しのランチ会に、最初は高速バスで行こうかと思っていましたが、夫が車で同行してくれることになりました。寒河江市といえば、夫のネバーランドが、一角に集中して林立しているところです。なるほどね…!?まあ、WIN WIN ということで、お願いすることにしました。普段あまり利用することのない、R 112 号の一般道で行きました。台風の影響で、月山山頂付近は厚い雲に覆われていましたが、二つのダム湖 [続きを読む]
  • 寒河江市 『 EASTGATE 』 にて
  • 同窓会とかクラス会とかの類には、ほとんど参加しない私。数人の大切な友人と出会えたことを除けば、「 母校 」 と呼べるところは、例外なくすべて、あまり良い思い出がなく、どうにも好きになれないのです。そもそも学校という名の集団組織が嫌いなのかもしれません。そんな中で、例外的に参加している会があります。それは最後の学校で、1年間を共にした仲間の会です。常時参加するメンバーは10人前後で、クラス会というよりは [続きを読む]
  • 貴重な雨の朝
  • もう一週間も前の月曜日の朝、7月23日 6:30頃、ほんの10〜15分程度のことだと思うのですが、ザーッと強い雨が降ったんです。先週はまだ涼しい西風も吹いていて、エアコンなしでも過ごせていたのに、週末に台風12号が襲来して以来、フェーン現象なのか、日中35〜37℃、深夜になっても27〜28℃ ( おそらく室内は30℃以上 )最上川の渇水で海水が逆流し、塩分濃度が上昇したため、河口の浄水場で、一時川からの取水が [続きを読む]
  • 『 希望をはこぶ人 』 『 世界を変える力 』
  • 今回の東京滞在中に、娘の本棚をあさり、7冊ほど読破しました。その中で、最も心に響いたのが、この2冊です。著者はどちらも アンディ・アンドルーズ出版社は、それぞれ違います。著者は、高校卒業後に両親を相次いで失い、ホームレス生活を送っていました。その時に一人の老人と出会い、その教えで人生を再生していきます。その教えが10編の物語として語られているのが、『 希望をはこぶ人 』 です。 私は、第7章 傲慢と改心 [続きを読む]
  • 東京帰りの車窓 2018年7月
  • 相変わらず日本海中心ですが、今回は プラスα もあります。まずは、日本海を時系列で…この日は、東京は晴れて暑かったのですが、北上するにつれ、空は雲に覆われてきました。あつみ温泉駅 ( 山形県 鶴岡市 )駅舎の一部が、温泉宿の窓のような造りになっています。定点撮影は、失敗しちゃいました! が〜〜〜ん!!! 大ショック ( 涙 )高館山は雨雲に覆われ、シンボルの電波受信塔が見えません。これがいつもお世話になっ [続きを読む]
  • 東京駅 丸の内口
  • 年間を通せば、結構な頻度で利用している東京駅ですが、私にとってここは、新幹線と在来線の乗り継ぎの駅であって、めったに下車することはありません。今回は3週間と、比較的ロングステイだったので、2回ほど下車する機会がありました。東京駅は、日本が誇れる建造物の一つではないでしょうか。大きすぎて、スマホカメラでは全体を納めることができません。北口方向そして、南口方向中央に見える、半円形の庇は、ホテルの入り口 [続きを読む]
  • 3週間限定東京ライフの終りに
  • 緻密な計画を立ててきた訳ではなく、できれば、「 丸の内タニタ食堂での計測、銀座の老舗和菓子店での羊羹購入、皇居一周、どこかの水族館、『 東京喫茶帖 』 に載っているどこかのカフェ、池袋の天狼院書店、ルーヴル美術館展、くらいは行きたいかな? 」…などとゆるく考えてきた今回の東京行きでした。この中で実行できたのは、結局半分以下の3つだけ…。タニタとルーヴルと天狼院でした。カフェは、この著書掲載のものではあ [続きを読む]
  • 戸越銀座 の 『 ヨリミチカフェ 』
  • 品川区にある 『 戸越銀座 』 は、全長 1.3 ?にわたる、東京で一番長い商店街とのことです。東急 池上線 の 戸越銀座駅 を降りると、そこはもう戸越銀座商店街の真只中です。400 もの店舗が軒を連ね、時折 B級グルメやコロッケの食べ歩きとかで、TV のロケが入ったりするようです。偶然1回だけ、放送を見たことがあります。『 戸越 』 というのは、その昔通っていた街道の、江 戸 を 越 える場所であったこと、『 銀座 』 が付い [続きを読む]
  • 原宿〜青山散歩
  • もう2週間も前のことになりますが…、7月3日 ( 火 ) のことです。 ルンルン気分で、東京メトロ 千代田線 乃木坂駅 の6番出口に向かったところ、「 ガ〜〜〜ン!!! 」 シャッターが下りていました。新国立美術館は、火曜日が休館日だったのですね!?( 『 ルーヴル美術館展 』 には、翌日出直し、その記事も投稿済みです。)うかつでした。でもすぐに気を取り直し、千代田線 表参道駅 で下車し、まずは crayon house( [続きを読む]
  • 『 ルーヴル美術館展 』 新国立美術館
  • 新国立美術館の記事の翌日に投稿するつもりが、少し間が空いてしまいました。精力的にあちこち歩き回って ( 遊び呆けて ) いたものですから…「 ルーブルの顔。 肖像芸術 - 人は人をどう表現してきたか 」「 古代から19世紀まで、肖像の傑作が終結。 まさに“ ルーヴルの顔 ”が来日 」これが今回のテーマです。そして、リーフレットの大盤振る舞いでした。最初はこれ エントランスに置いてあり、誰でも入手できます。左側は、 [続きを読む]
  • 新国立美術館
  • 新国立美術館は、昨年5月に、娘と友人の3人で ミュシャ展 に行って以来です。今回は一人で…。地下鉄…おっと、東京メトロ 千代田線 の 乃木坂駅 で下車し、6番出口を出ると、そこはもう 新国立美術館 のチケット売場です。前回は混雑が予想されたので、娘が事前にチケットを取ってくれていましたが、今回は並ぶことなく購入できました。平日だったからかもしれません。いざ … !私が今回一番楽しみにしていた作品は、これです [続きを読む]