紅実子 さん プロフィール

  •  
紅実子さん: 冬の陽だまり 夏の木かげ
ハンドル名紅実子 さん
ブログタイトル冬の陽だまり 夏の木かげ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kumiko-kumiminn
サイト紹介文還暦を機に、穏やかな日々の中で、ささやかな幸せをかみしめる暮らしの、リ・スタートです。
自由文辛く苦しい人生にサヨナラ! 
「 冬の陽だまり 夏の木かげ 」
宮澤賢治じゃないけれど、ソウイウモノニワタシハナリタイ !
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2017/01/29 08:31

紅実子 さんのブログ記事

  • リ・スタートから1年
  • 「 ここからまた、新たな人生のスタート! 」 そんな思いで迎えた還暦の誕生日から、1年が経過しました。昨年はキラッキラの晴天でしたが、今年は、午前は雨に暴風まで…!午後に入り、少し静まってきました。ご近所のお庭  雨に洗われた緑が綺麗です。もちろん晴れの日は嬉しいですが、最近では、雨もなんだか心が落ち着くようで、嫌いではなくなってきています。暴風はちょっとキビシイですけどね。(笑)さて、この1年を振 [続きを読む]
  • 鶴岡食レポ 『 パリサンク 』
  • 鶴岡駅から県道349号 ( 旧 R7 ) を温海方向に向かい、歩道橋を超えるとすぐ、左手にあります。山形大学 農学部や八文字屋書店の所の交差点の、少し手前です。店舗に向かって右側に、駐車場があります。もうすっかり暗くなっていましたので、外観の写真は撮っていません。店舗は建物の2階にあり、ガラスの引き戸を開けると、すぐに階段になっています。壁にメニューが貼ってありますが、写真では分かりにくいので、主なものを文 [続きを読む]
  • 弥次喜多 迷 ( !? ) コンビ
  • 61歳の誕生日が近付いています。「 場所を指定してもらえば、予約入れておくよ。」連休明けに、夫から、母の日も併せて次の週末にお祝いしようと、提案がありました。昨年、還暦の誕生日は、赤いちゃんちゃんこと頭巾でお祝いなんてのはありませんでしたが、ケーキを買ってもらいました。還暦の誕生日 前篇ちなみに、その日に東京に行ったのですが、娘がチョコブラウニーをつくって待っていてくれました。還暦の誕生日 後編今 [続きを読む]
  • マイブーム 英語 その2
  • 前回、娘にプレゼントしてもらった本を紹介しましたが、それ以前に、4月中に読了していた本がありました。『 マンガでわかる新感覚英会話 』  深堀 司朗 ・ えの きのこ 著高橋書店 2017年5月30日 発行この本では主に、日本人は、英単語を使って日本語を話そうとしている 「 Japanglish ! 」 になっているから、しゃべれないし、伝わらないということについて解説しています。特に、 S ( 主語 ) + V ( 動詞 ) の重要 [続きを読む]
  • マイブーム 英語 その1
  • 4月から英語の学習を再開したことを記事で読んで、娘が、G.W.帰省時に、本をプレゼントしてくれました。『 みちこさん英語をやりなおす 』    益田ミリ 著  ミシマ社 2014年2月4日 初版発行サブタイトルに、「 am ・ is ・ are でつまづいたあなたへ 」 本文中には、「 英語入門の前に読む入門書 」 とあります。確かに内容は、「 a と the 」 「 be 動詞 と 一般動詞 」 「 単数と複数 」 くらい…!?主人公のみちこさん [続きを読む]
  • G.W. 2018
  • 今年も昨年同様、3日〜5日を家族全員で過ごすことができました。ただ、今年はその間の天候には恵まれず、夫と長男以外の体調も思わしくなく、・ ・ ・あわよくば…と目論んでいた国宝 羽黒山五重塔の内部公開 にも行けませんでした。一年前のG.W.の記事を読み返してみると、羽黒山に登った他は、ほぼ同じように過ごしていました。驚いたことに、外食2回、5日は夫が仕事 ( 昨年は日中、今年は夜間 )ということまで同じでし [続きを読む]
  • 4月の成果
  • 新しい生活がスタートして1か月が過ぎました。まだコツがつかめない感じで、途中で体調を崩したりもしました。それでは、いつもの項目に従って確認していきます。① 『 1日2ページ以上本を読む 1か月に HOW TO もの1冊 と 物語系1冊 を読む 』  達成!!   物語系4冊 HOW TO もの5冊  計9冊です。  4月から新たに中学校程度の英語学習も開始しました。  娘は、洋楽の和訳ブログをやっているくらいの英語好 [続きを読む]
  • マイブーム日本史 その11 坂上田村麻呂
  • 時は奈良から平安へ… 桓武天皇の時代に入ります。桓武天皇の政治は、「 軍事と造作 」「 軍事 」 は、東北征伐により広大な土地と民を支配下に置き、国の財政を安定させる目的のため。そしてそれは 「 造作 」 と呼ばれる、長岡京や平安京への遷都のため。桓武天皇から東北征伐の大将 二代目 征夷大将軍 を命じられたのが、坂上田村麻呂 ( さかのうえのたむらまろ ) です。田村麻呂は、当時の歴史書 『 日本後記 』 に、「 [続きを読む]
  • マイブーム日本史 その10 行基
  • 飛鳥時代に朝鮮半島より仏教が伝わり、蘇我氏により擁護され、仏教文化が花開き、奈良時代を迎えます。当時の高僧ですぐ浮かぶのは、まず 鑑真 ( がんじん ) でしょうか?私は何故か、行基 ( ぎょうき ) に惹かれるものがあります。高僧でありながら、時には朝廷と対立しながらも、常に末端の民衆の味方を貫いた方だからかもしれません。この巻のプロローグを抜粋させていただきます。奈良の都 平城京 −この国が 「 日本 」 [続きを読む]
  • R47沿いの風景 2018春 川の駅と道の駅
  • R47の山形県と宮城県の県境付近、山形県最上町に、「 川の駅 ヤナ茶屋もがみ 」 があります。以前も通ったことはあるのですが、立ち寄ったのは初めてです。東屋が整備されています。 白い塊は雪! まだこんなにあります。清流 最上小国川 ( おぐにがわ )これが簗 ( やな )杭や石などを敷設して水流を堰き止め、誘導されてきた魚類の流路をふさいで捕獲する漁具・仕掛けのことだそうです。なお、簗は鮎漁をするばかりでな [続きを読む]
  • R47沿いの風景 2018春 最上峡
  • 4月の第2週あたりに投稿しようと思っていたのですが、何となく気力がわかず、そうこうしているうちに桜が見頃を迎え、…という訳で、大分遅ればせながらになりますが… 3月最後の週末は、長男の引っ越し。お天気に恵まれました。最上峡の入り口 山形県戸沢村草薙 ( くさなぎ ) の 白糸の滝 です。今頃は、もう少し黄緑が増えているかもしれません。G・W 頃になれば、茶色く写っている樹木がすべて緑色に染まり、新緑が目に [続きを読む]
  • 鶴岡公園 北側お堀端の桜
  • さて、昨日の予告通り、北側のお堀端の桜 +α を紹介します。皆さんも一緒に散策しているつもりで、お楽しみください。鶴岡公園内はかなり広く、エリアごとに違う雰囲気を楽しめますが、昨日も言ったように、北側のお堀沿いの桜は、幹がかなり痛んでいるにもかかわらずきれいな花を咲かせてくれていて、なんだか胸が熱くなります。昨日最後の画像 お堀にかかる橋のたもとの桜ここからスタートします。 まずは、画像前方、東側か [続きを読む]
  • 映画 『 花のあと 』 ロケ地の桜 2018
  • この週末が、最高の見頃となった鶴岡公園の桜でしたが、残念ながら、土・日ともお天気には恵まれませんでした。土曜日の日中は、陽射しは無く、風邪が強く冷たく、それでも何とか降らずにいてくれたのですが、夜から雨になりました。日曜日の午前はまるで嵐…!午後は小雨は続いていましたが、風は少しゆるみました。夫と車で通りかかったら、結構な人出…!この悪天候の中なのに、皆さん、「 今日しかない! 」 と、出かけてこら [続きを読む]
  • 3月の成果
  • 3月は、長男の引っ越しという、一大イベントもありました。そんな中、続いているものもあれば、あいまいになってしまっているものも…。① 『 1日2ページ以上本を読む 1か月に HOW TO もの1冊 と 物語系1冊 を読む 』  長男の引っ越しの手伝いに本を持参しなかったので、最終日だけ、読みませんでした。   でも、 HOW TO ものは6冊、物語系は2冊読了できました。② 『 所持する本を60冊手放す 』  3月中に8冊 [続きを読む]
  • 今だからこそ読んで良かった本
  • 前回は、もっと早く、子育ての悩みの最中に出会いたかった本を紹介しました。( それは、現実的には無理な話なんですけど… )今回は、いろいろなことを乗り越えた今だからこそ読んで良かったと思う本を、紹介します。『 愛と祈りで子どもは育つ 』     渡辺 和子 著  PHP文庫  2017年8月15日第1版第1冊発行子育てとは、一人ひとり違う子どもをありのままに受け入れ、その可能性を引き出すこと ー 。長年、学生とかかわ [続きを読む]
  • もっと早く読みたかった本
  • 前回 「 子育て卒業宣言 」 をしたばかりですが、その悩ましい子育てに、勇気と感動と安心をもらった本があります。それは、  『 発達障害の僕が 輝ける場所を 見つけられた理由 』    栗原 類 著  KADOKAWA 2016年10月9日第1刷発行 です。類くんは、イギリス人のお父さんと日本人のお母さん 泉さん とのハーフ。泉さんは、結婚せずに、シングルマザーで類くんを産み、育てる決意をしました。実家で出産をして、4歳ま [続きを読む]
  • 子育て卒業宣言
  • えっ、今さらですか!? …って話なんですけど…『 断捨離は人生のリセット&リスタート その2 』 昨年の6月30日に投稿した記事です。そこに登場する理恵さんに、自分がかなり重なる部分があって、とても共感できました。その番組の中で、片付けを終えた理恵さんが、「 それは、子育てが終わったと実感できた瞬間だった。 」 と言っていました。自分はいつなんだろうと自問自答したのですが、その時は、答えが出せませんでした。 [続きを読む]
  • 期間限定おひとりさまの始まり
  • 新年度がスタートしました。朝は曇っていましたが、だんだん雲間から暖かい陽射しが注がれ、気持ちの良い日になりました。長男の引っ越しも、いろいろ大変でしたがなんとか無事に終え、これから1年間は、家族5人が、平日はそれぞれ一人暮らし、という生活になります。今朝は、まず今までは息子がやってくれていたゴミ出しをして、仏壇にお水とお線香をお供えし、生け花の手入れをし、…と、まずは朝のルーティンをこなし…、後は [続きを読む]
  • マイブーム その9 秀才の語源
  • このシリーズ、2月8日以来でした。本当に久しぶりです。「 えっ…、終わったんじゃなかったの!? 」 …と、言われそうです。こんなペースになるかと思いますが、できれば、所有している最後の、江戸時代の伊能忠敬まで、続けていきたいと思います。さて、前置きが長くなりましたが、今回登場いただくのは、『 阿倍仲麻呂 』 です。彼は、第9次遣唐使の留学生です。その当時の 唐 は、第6代皇帝 玄宗 ( げんそう ) が治め、 [続きを読む]
  • 家計の再構築
  • やはり長男の帰宅は、日付を超え、2時頃だったそうです。夫は気配で目が覚めたそうですが、私は、…記憶がありません。 そして、所属の部署からいただいてきた、2つ目の花束です。今我が家には花がいっぱい…!3つの花瓶に分けて、生けています。 普段は、仏壇にささやかにお供えするくらいなので、家の中が華やいで、嬉しいです。長男の出向が決まった頃から、少しずつ家計の試算を始めていました。ここで暮らし始めた3年前 [続きを読む]
  • 新しい春の始まり
  • 仙台滞在中に楽しんだことをのん気に投稿している間に、3.11 があり、パラリンピックもあり、書きたいこともたくさんあったのですが…、のんびりマイペースを優先し、全部カットしました。人生は予測不可能なことの連続ですが、この春、我が家も、今までにない変化を迎えることになります。長男が、1年間、遠くに出向することになりました。実はそのことは、年明け早々打診があったのですが、昨日ようやく正式に発表され、そ [続きを読む]
  • 仙台帰りの車窓 2018早春編
  • 2月末から3月初めにかけての1週間の仙台滞在を、2週間かけてゆっくり投稿しました。今日の帰り道の景色を以て、シリーズの区切りとします。その日の高速バスは結構込み合っていて、平日の半ばにも関わらず、初めて相席になりました。3月だからでしょうか?高速バスのチケットは、出発前日あたりに往復で購入することが多いです。ちなみに10日以上をまたいでしまうと 片道 ー 片道 の扱いで、割引適応外になります。座席の希望 [続きを読む]
  • 仙台滞在記 2018早春  『 中島丁公園 』
  • 撮影は3月6日です。 ( もう2週間も経過していますね! )この日は風も冷たくなく、春の陽射しが心地良い日でした。これは、レキシントンプラザ八幡の立体駐車場からの画像です。南方向  広瀬川の向こうは、川内三十人町東方向  左側の建物は、宮城一高そして東方向の下方には…これが 「 中島丁公園 」 です。駐車場から直接は行けませんので、R48 から1本南側の路地に出て、公園に回ってみました。車道は、宮城一高の交 [続きを読む]
  • 仙台滞在記 2018早春  『 cafe & market くまと文鳥 』
  • 前回紹介した 『 ブルボン 』 と同じ交差点の、対角線上に、新しいカフェがオープンしていました。ここは以前イタリアンのカフェがあったところで、記事でも紹介したのですが、残念ながら閉店してしまいましたので、記事も取り下げさせていただきました。店内に入ると、入り口付近は雑貨スペースです。奥の方がカフェスペースで、シンプルなインテリアです。大好きな にしまきかやこ さんの絵本がある席が空いていましたので、迷わ [続きを読む]
  • 仙台滞在記 2018早春  『 ブルボン 』
  • R48 を、大崎八幡宮の方向から、厚生病院&東北大学附属病院の方向へ向かっていくと、変形の交差点があります。内容は時々変わるのですが、結構目立つ看板が目印になります。今は 「 星野 源 さん 」そして、40年以上変わらないのが、右側に見える、洋菓子とパンのお店 『 ブルボン 』ちなみに、次の、奥に見えているタワーマンション前の大きな交差点を右に進むと、広瀬川にかかっている澱橋 ( よどみばし ) を渡って、宮城県 [続きを読む]