suzuonaka さん プロフィール

  •  
suzuonakaさん: 子どものアレルギー対策
ハンドル名suzuonaka さん
ブログタイトル子どものアレルギー対策
ブログURLhttp://child-allergy.com/
サイト紹介文子どものアレルギーに関するサイトです。ダニ、ハウスダスト、鼻づまり、鼻水、ぜんそく、などの情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2017/01/29 12:46

suzuonaka さんのブログ記事

  • 花粉メガネの効果!子供に使ったら目のかゆみがピタッと治まった
  • 花粉メガネの効果って、いったいどうなんだろう。効果があるのなら、一度試してみたいんだけど…。 そんな風に、花粉症の子供を持っているあなたは、思っていらっしゃるのではないでしょうか? わたしもそうだったんです。 春先になると目のかゆみをたまに訴えていたので、どうにかしたいと思って調べた結果、花粉メガネが効果的だという情報を手に入れたため、さっそく使ってみることに。 花粉メガネの効果と口コミその結果、目 [続きを読む]
  • 子供の花粉症を予防するためにカンタンにできる5つのこと
  • 子供の花粉症予防のためにカンタンにできることが、5つあります。できることから始めていただくと、子供が花粉症の発症するのを軽減することができますので、できる範囲で頑張っていただければと思います。 子供の花粉症予防のためにカンタンにできる5つのこと初期治療を早めに始める花粉が飛び始める、2 週間くらい前から初期治療を行うことが効果的です。症状が発生してからではなく、発症する前に予防目的で開始するというのが [続きを読む]
  • 花粉症か風邪か分からないときのチェック項目!これで病院も選べる
  • 花粉症か風邪か分からない。そんなときは、小児科に行くべきか、アレルギー科に行くべきか、耳鼻科に行くべきか悩まれると思います。 以下にチェック項目別にまとめてみました。花粉症のほうが多ければアレルギー科か耳鼻科で、風邪のほうが多ければ小児科で、目の症状が強ければ眼科で診察を受けられればいいと思います。 花粉症と風邪の違い花粉症風邪鼻サラサラとした水のような鼻水。くしゃみも増える。粘膜が炎症を起こして腫 [続きを読む]
  • 花粉症か風邪か分からないときのチェック項目!これで病院も選べる
  • 花粉症か風邪か分からない。そんなときは、小児科に行くべきか、アレルギー科に行くべきか、耳鼻科に行くべきか悩まれると思います。 以下にチェック項目別にまとめてみました。花粉症のほうが多ければアレルギー科か耳鼻科で、風邪のほうが多ければ小児科で、目の症状が強ければ眼科で診察を受けられればいいと思います。 花粉症と風邪の違い花粉症風邪鼻サラサラとした水のような鼻水。くしゃみも増える。粘膜が炎症を起こして腫 [続きを読む]
  • 喘息の子供が学校生活で気をつけるべきポイントはたったの1つ
  • 喘息の子供。学校生活で気をつけることって、何があるのでしょうか? 喘息の子供が学校生活で気をつけるべきポイントは1つそれは、常時マスクを着用するということになります。なぜなら、空気といっしょに、発作のきっかけになるものが入ってきて、気管支に刺激を与えることによって、発作は起こってしまうから。 マスクで、入ってこないように防御するわけですね。 ではどういった時に役立つのでしょう?登下校中登下校中は、車 [続きを読む]
  • 唇が乾燥する子供!2つの原因が解決すれば乾燥は治まる
  • 子供の唇が乾燥。乾燥するのは、当然ですが理由があります。それを解消することができれば、自然と子供の唇の乾燥は良くなっていきますので、ぜひ実践してくださいね。 子供の唇が乾燥する原因子供の唇が乾燥する原因は2つあります。 空気の乾燥口呼吸 空気の乾燥空気が乾燥すると、水分を持って行かれます。唇は常に露出している部分になるので、乾燥が顕著に出てしまいやすい傾向にあります。 口呼吸口呼吸をしてしまうと、空気 [続きを読む]
  • 唇が乾燥する子供!2つの原因が解決すれば乾燥は治まる
  • 子供の唇が乾燥。乾燥するのは、当然ですが理由があります。それを解消することができれば、自然と子供の唇の乾燥は良くなっていきますので、ぜひ実践してくださいね。 子供の唇が乾燥する原因子供の唇が乾燥する原因は2つあります。 空気の乾燥口呼吸 空気の乾燥空気が乾燥すると、水分を持って行かれます。唇は常に露出している部分になるので、乾燥が顕著に出てしまいやすい傾向にあります。 口呼吸口呼吸をしてしまうと、空気 [続きを読む]
  • 小児ぜんそくの予防!今日からできることをまとめてみました
  • 子供のが小児喘息と診断された。クスリで収まったけど、発作を出さないようにする方法ってあるのかな…。そんな風に思い、予防方法を探していらっしゃるのだと思います。 喘息がおきないように予防するには、どのような方法があるのでしょうか?*このページの情報は、『図解でわかる!小児ぜんそく(大矢幸弘監修)』に基づいて書いています 喘息の一番の予防は原因をなくすこと喘息が出るのを予防するには、その原因をなくすこ [続きを読む]
  • ダニシートのおすすめ!客観的データから判断した結果
  • ダニに困らされている。対策を調べた結果、ダニシートというものがあるのを知り、どれがおすすめなんだろうと思って調べていらっしゃるのだと思います。 わたしも一番最初にダニシートの存在を知った時、どれがいいのだろうと調べまくりましたので、その結果をもとに、どれがおススメなのかを発表させていただきたいと思います。 ダニシートのおすすめって一体どれなの?ダニシートのおすすめは、ランキングにしたほうが分かりや [続きを読む]
  • 鼻呼吸が睡眠時にできなくなる理由は2つ!改善策を紹介
  • 鼻呼吸ができない。なぜ、鼻呼吸が睡眠時にできないのか。それには理由があるんですよね。 睡眠時に鼻呼吸ができない理由は2つ口呼吸がくせになっている寝ているときに鼻がつまる 口呼吸がくせになっている口呼吸がくせになっている理由は、口周りの筋力の低下が挙げられます。最近の子供は、硬いものをあまり食べる機会がないため、自然と口周りの筋力が落ちてしまっているんですよね。噛めない子供というのが、増えてきているん [続きを読む]
  • 花粉症は遺伝する!その確率は何と80%というおどろきの値
  • 花粉症の親の子供は、なんと8割以上が花粉症だという情報を見つけてしまいました。花粉症を実感している子どもの母親500人のうち、85.2%が「自分か夫が花粉症」もしくは「両親ともに花粉症」と回答。「妻も夫も花粉症ではない」と答えた人は11.2%と約1割にとどまり、親が花粉症の場合、子どもも発症するケースが多い傾向にあるようだ。引用元:https://resemom.jp/article/2017/12/26/42047.htmlこれすごくないですか?遺伝的要素 [続きを読む]
  • アトピー性皮膚炎による落屑やかゆみがある場合にするべきこと
  • アトピーによる落屑は、かゆみをともなうことが非常に多いです。落屑を起こすということは乾燥を招いていますので、乾燥によるかゆみが発症していると考えられているんですよね。幼児・学童についてa.頸部皮膚または腋窩もしくは膝窩の皮膚を中心とした紅斑、丘疹または苔癬化病変がある。耳切れがみられることが多い。b.乾燥性皮膚や粃糠様落屑を伴う毛孔一致性角化性丘疹がある。c.患部皮膚に破痕(掻き傷)がある。引用 [続きを読む]
  • おしっこで食物アレルギーが分かるようになる可能性が出てきた
  • おしっこでアレルギー検査ができる可能性を、東大が発見いたしました。 ⇒食物アレルギーが尿検査で PGDMという濃度が高いと、食物アレルギーだという可能性が非常に高いということが分かったというんです。ただ、まだ現時点では、どの食物に対するアレルギーなのかということまでは、分からないようですね。 しかし、食物アレルギーがあるということが分かるだけでも、一つの判断基準にはなりますし、今後、何のアレルギーかに [続きを読む]
  • 子供の花粉症の症状!大人とは違う症状があるので要注意
  • 子供の花粉症の症状は、大人と少し変わったものが起きる可能性があります。 一番多いといわれているのが鼻づまりくしゃみ、鼻水のような典型的な症状ではなく、鼻をすするとか、鼻づまりだけとか、目や鼻をかゆがったりするなど症状があいまいです。引用元:http://www.morohosi-jibika.jp/jibika/kodomonokahunsho-website/分かりやすい見た目の1つに、口呼吸があるのかなと思います。鼻がつまっているから、必然的に口呼吸にな [続きを読む]
  • アトピーによる落屑には保湿!一番効果が高いのはこれです
  • アトピー性皮膚炎による落屑には、保湿が重要とされています。なぜなら、落屑は乾燥によるものだからに他なりません。アトピー性皮膚炎(以下、AD)患者の皮膚は外界からの刺激に弱く、容易に皮膚炎を生じてしまいます。ADの治療には食物や環境中の原因・悪化因子を除去する、炎症を抑えるための薬物療法を行うとともに、このような皮膚の生理学的機能異常を補正するためのスキンケアが必要です。皮膚の乾燥はADの症状悪化や難治 [続きを読む]
  • 子供の頬が赤くてカサカサ!2つのことが重なったから起こる
  • 子供の頬が赤くてカサカサしていると、なんでだろうって思いますよね。でも、そのような子供が多いのも現実なので、『子供だから仕方ないのかな』と思ってみたりもしていらっしゃるのかもしれません。 子供の頬が赤くてカサカサしている原因は空気の乾燥と乾燥しやすい肌子供の頬が赤い。そしてカサカサしている。この場合、理由の一つが空気の乾燥。冬の乾燥の特徴はその症状の出る場所にあります。最も多いのは、顔の特にほっぺ [続きを読む]
  • 秋のダニ掃除は必須!その理由はたった一つの事だった
  • 秋のダニ対策って、なぜ必要なの?ダニは梅雨や夏場に増えるのに、なぜ、秋にダニ対策が必要なの? そんなふうに、思っていらっしゃるのではないでしょうか。わたしも、実はそうだったんですよね。 でも、秋にダニ対策をしなければいけないのには、しっかりとした理由があったんです。 梅雨や夏場に増えたダニが死ぬのは秋実は、ダニアレルギーになる原因というのは、ダニそのものではなくて、死んだダニ、ダニの糞なんですよね。 [続きを読む]
  • 子供のアレルギー性鼻炎と風邪の違い!大きなポイントまとめ
  • 子供の場合は、アレルギー性鼻炎と風邪の分別がつきにくい場合があります。アレルギー性鼻炎と風邪の違いについて、大きなポイントをわかりやすく説明していきたいと思います。 子供のアレルギー性鼻炎の特徴鼻炎風邪熱なしあり鼻づまり長く続く1週間程度鼻水あまり出ない出る咳あまりでない出るのどの痛みない〜軽度軽度〜中度諸症状長く続く1週間程度マスク使用時緩和変わらない こうやってみると、けっこう違いがあるのがお分 [続きを読む]
  • アレルギー性鼻炎が治った人!凝固法なら簡単に治るという事実
  • アレルギー性鼻炎が治った人は、次の方法で治したのだろうと思われます。それは、凝固法。 子供のアレルギー性鼻炎を治したいのであれば、選択肢は、これに限定されるといっても過言ではありません。なぜなら、1回の凝固療法で治る可能性が非常に高いからです。 凝固法には、以下の3つがあります。 炭酸ガスレーザーアルゴンプラズマセロン 他の方法は面倒くさい!なぜなら継続が大変だから治ったというよりは、軽快する方法とし [続きを読む]