ポロロッカ さん プロフィール

  •  
ポロロッカさん: ポロロッカの卵
ハンドル名ポロロッカ さん
ブログタイトルポロロッカの卵
ブログURLhttp://pororoca.hatenablog.com/
サイト紹介文新たな視点から物事を見つめ直す新感覚横丁人情ブログ。某京都大学生が身の回りの不条理にツッコミます。
自由文「人体の消化器官の位置を再構築してみた話」に代表されるこのブログのコンセプトは、「身の回りの不条理にツッコミをいれ、より良い考え方を提示していく」です。
「オススメ画像編集アプリの話」のようなアプリ紹介や、「歌詞の話」のような音楽の話や、「マクドナルドの話」のような雑記などなど、毎日更新を目標としているのでいつでも読みに来てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2017/01/29 13:01

ポロロッカ さんのブログ記事

  • あなたはしてない? 運を貯めたい時期にしてはいけないことの話
  • こんにちは。理系の大学4回生、ポロロッカです。2018年に入ってから、僕は運を貯めてきました。これは"便秘"的な意味ではなく、文字通りの「運」をできるだけ使わないようにしてきたわけです。(そういえば昨日食べたチョコスティックパンがこの上なく"便秘"という単語を彷彿とさせる代物だったのでここに報告いたします)話を戻します。そんな長期にわたって「運」を貯めたことは初めてだったので、具体的に『何をしなかったのか(し [続きを読む]
  • 【新しい】板チョコの画期的な食べ方『パズル食べ』やってみた話
  • こんにちは。甘党すぎて常に致死量スレスレを生きてるポロロッカです。突然ですが、みなさん板チョコってお好きですか?ちなみに僕は好きピです、板チョコ。「板チョコ、好きピ」「いただきまーーー古い!「???」そう、この1番スタンダードな板チョコの食べ方「かじる」こんな食べ方は前時代的で非画期的です。例えるなら『板チョコ』のことをいちいち『板チョコレート』って言ってるぐらいには前時代的で非画期的です。「…… [続きを読む]
  • 大好きなバンドが解散してしまう話
  • こんにちは。Shiningブロガー、ポロロッカです。今日のエントリはとても感情的かつ個人的なそれで、もしかしたらいつもこのブログを読んでくださっている人のことを置いてけぼりにしちゃうかもしれません。ということを断った上で、書きます。つい1時間ほど前、僕の大好きな『QOOLAND』というバンドが解散を発表しました。知っている芸能人の訃報を聞く機会は中学生の頃からだんだん増え始めてはいましたが、バンドの、それも大好 [続きを読む]
  • 名古屋城の前で反復横跳びしたくなった男の話
  • こんにちは。日本各地で反復横跳びするのが夢のポロロッカです。僕は反復横跳びが大好きで、気づけば反復横跳んでしまいます。ついこないだも人が前に立つと反応するタイプの精算機3台の前で反復横跳んでしまったところです。しかし、ある日こんなことを思い付きました。「なんかどっか遠くに行って反復横跳びしたくね?」「名古屋とかちょうどよくね?」思い立ったが吉日 という言葉もあることですし、僕は即座に行動に移しました [続きを読む]
  • 【No泥酔】大学の学祭で泥酔する人に対して正直に思うことの話【雑談】
  • こんにちは。現役大学3回生のポロロッカです。先週末の4日間、僕が通う大学で学祭なるイベントが開催されました。もともと僕はサークルにも入っていないのですが、学祭の時だけはサークル関係なしにライブをできるので 友人とコピーバンドを組んで出演します。って話したいのはそんな話ではありません。今日は題にもあるように、『学祭と酒』について個人的な所感を話したいと思います。もくじ 今年の学祭で起きた出来事 こ [続きを読む]
  • 【Twitter】2017年バズったツイート構文5選を振り返ってみた話
  • こんにちは。TLに流れてきた◯万RT超えのツイートも基本「いいね」しかしないポロロッカです。2017年もあと1ヶ月ほどで終わりますね。もうそろそろこの1年を振り返る時期だと思うんですが、それはTwitterにおいても同じこと。そう、この2017年で目まぐるしく変遷した「流行りのツイート」を来年以降に活かすための"振り返り期間"でもあります。『どの時期にバズツイートが生まれやすいのか』『どんな構文が特にバズりやすいのか』 [続きを読む]
  • 【41年ぶり】日本の"国宝"大集結!『国宝展』に行って正直に思ったことの話
  • こんにちは。京都に住んで3年目なうのポロロッカです。京都らしいといえば何を思い浮かべるでしょうか?僕の場合、寸分の迷いすら許さず寺社仏閣などの『伝統』と答えます。ですが、実際京都に移り住んでみると、近くにあるとそんなに寺社とか行かないというのが事実。この現象には「もったいないなぁ」と日々辟易しつつ「でもいつでも行けるしいいや」という楽観思考で目を瞑っていました。そんな折、僕はなんかすごそうなものの [続きを読む]