今井将 さん プロフィール

  •  
今井将さん: 新浦安周辺の不動産ブログなら『Alfa Japan』
ハンドル名今井将 さん
ブログタイトル新浦安周辺の不動産ブログなら『Alfa Japan』
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/urayasu_hudousan/
サイト紹介文浦安市でお客様本位のお手伝いをさせて頂いてます。ブログではお住まいに関する情報、浦安のお店等を掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 317日(平均1.3回/週) - 参加 2017/01/30 09:14

今井将 さんのブログ記事

  • 千葉県内で手堅い不動産購入は千葉市緑区、成田市、浦安市だけ?
  • 国立社会保障・人口問題研究所の人口推移で、千葉県内では「千葉県千葉市緑区」「成田市」「浦安市」だけが、この先の免れない人口減の時代、今後13年間は人口減から免れると言う予測をしています。あくまで国勢調査なので、突然の震災や政治上での方向転換など、予測出来ない事態までは含まれた予想ではありませんが、これから不動産を買う上で、資産価値の下がり難い、リスクの低いエリアとなっております。「不動産を買うのに [続きを読む]
  • 夏季休暇のお知らせ、御挨拶
  • お客様各位拝啓今年も立秋とは名ばかりの暑さ続きですが、皆様はどうお過ごしでしょうか?誠に勝手ながら弊社は夏季休暇に入りますので、ここにお知らせ致します。平成29年度は、8月8日火曜日から8月17日までお休みさせて頂きます。大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦をお願います。 敬具 [続きを読む]
  • 日当り良い、大型スーパー近く、物件の利便性に落とし穴?
  • 住む家を決める際に、土地や建物は勿論、周辺の施設や環境を重視するのは当然だと思いますが、意外な落とし穴があるかもしれません。例えば、近隣に大型スーパーがあったとしても、それが便利の一言では済まない場合もございます。「大型スーパーの日常的なアナウンスや、行事等のイベントの際、音が大きくて落ち着かない。しかも道路の交通渋滞が酷い…」実際にあった話です。他にも「公園やコンビニ近くだから引っ越したら、深夜 [続きを読む]
  • 会社のホームページ、社員ブログは嘘ばかり?どこまで信じれば?
  • 当たり前ですが、不動産業者を含む、企業のホームページは、世の中に、その会社の「良いイメージ」を発信する広告宣伝です。当然ながら、これからお客様になる方へ向けて発信しているので、どんなに悪質、悪徳な業者でも「誠心誠意、お客様のためだけを思って頑張ります」と、必ず書いてあります。そこの社員が綴っているブログや日記にも、上が強い規制を設け、自社のイメージを損なう様な表現は一切使わせません。悪い部分は完全 [続きを読む]
  • 幽霊を殴って倒す?アパートの管理会社、渾身のアドバイス
  • 我々の業界で、こんな冗談の様な話がありました。「毎晩、心霊現象が起こって困っているのでどうにかして欲しい」とアパートの住民から、何度も何度も管理会社へ連絡があったのです。その管理会社は対応に困り、考えるに考えて、こう話しました。「ぶん殴ったら倒せるかもしれない、幽霊と戦ってみて下さい!」実際に幽霊と戦ったかまでは不明なのですが、その日以降、心霊現象は起こらなくなり、住民からお礼までされたそうです。 [続きを読む]
  • 不動産屋、株屋、八百屋、パン屋、などは差別用語?
  • 今年に入り、証券業界の新年会である方が、個人金融資産の半数が現預金に偏っている事に関連し「株屋と言うものが信用されていない」と云う表現をし、問題となりました。勿論、それは「株屋」と言うフレーズの問題です。人や職業を指差して「○○屋」と言う表現をするのは基本、差別用語に値します。新聞会社を「ブン屋」や青果店を「八百屋」なども、勿論そうです。その背景には「屋」と云う言葉に、生産性やアイデア、クリエイテ [続きを読む]
  • 東京湾の牡蠣は食べられない!しかし汚水を浄化している!
  • たまに浦安の境川沿いなどを歩いておりますと、防波堤や護岸、テトラポットに恐らく牡蠣らしき貝類を見掛ける事があります。それもびっしりと、まるで貝塚の様に犇いており、私の様に了簡の狭く浅ましい人間は「これは食べれるのではないか…?」と言う安易な発想に走ってしまいます。 漁業権の設定や、毒性などを考えると怖くて捕ったりはしないのですが、多少気になってしまうので調べてみました。結論から言えば、食べない方が [続きを読む]
  • レインズで同じ物件が重複!一般媒介の頼み過ぎは要注意
  • 不動産流通機構が運営している業者間での情報共有サイト「レインズ」で検索すると、同じ売り物件が7社や8社、もしくはそれ以上と確認出来る事が往々にしてあります。この場合、長期間に亘って売却が出来ず、市場に滞留してしまっているケースが多くを占めています。この様に沢山の不動産業者に依頼をすれば「競争も激しくなるので早く決まるのでは?」と誰しもお考えになると思いますが、不思議とそうはなりませんので、注意が必 [続きを読む]
  • 心理学で説明できる?中古物件の価格が不安定になる原因
  • 長い行列ができる飲食店等のお店があると、たまたま見掛けただけで関心や興味が高まり、食べてみようと思ってしまうのが人間の心理です。生産が間に合わないテレビゲームソフト等の商品が、たまたまお店に行ったら売りに出ていると、衝動買いをしてしまうそうになる自分がそこにいます。人気がある物に対して、体験してみたい、手に入れたい、その様に思うのは社会的な動物が持っている「同調行動」として当然の心理状態と言えます [続きを読む]
  • コンビニも不動産業者も接客態度に求められる事は同じ?
  • 銀行は支店長及び銀行員の方は、概ね2〜3年で転勤となります。その時の景気状況にもよりますが、支店長によっては融資への姿勢も異なります。難しくても積極的な行動で何とかし、本部とも掛け合ってもらって、ご希望の融資を実現する支店長は非常に頼もしい限りです。しかし担当者が代わった途端、前任の方と比べて物足りない方になってしまうと、がっかりしてしまいますし、お客様にとってもマイナスになってしまいます。場合に [続きを読む]
  • 浦安市の名物、桜並木は今年もそろそろ満開!
  • 弊社の前も桜の木が咲き誇っています。しかし未だに満開と言う訳には行かず、小さなつぼみが点在している八分咲き、九分咲き程の状態です。例年よりやや開花が遅れているのか、逸る気持ちがそうさせるのか、「まだ満開にならないの?」と言う会話が度々聞こえます。しかしその立派な姿に見惚れてスマートフォンなどで写真撮影して行く方も見掛けます。境川沿いの桜の木も煌びやかな姿を見せています。東京湾沿いの桜がやや風の影響 [続きを読む]
  • ストレスでうつ病?大きな街の孤独感
  • 戦後目覚しい復興を遂げ、物質的に恵まれてはいる現代社会の中で私達は生活をしていますが、その反面、精神的疲労等のストレスが毎日鬱積して行く日々をお送りの方も多いと思います。その結果、ストレスが原因、トリガーとされる所謂「心の病」と言われるものが急増し、「現代うつ」と言われる新型のうつ病、軽度のうつ病、或いは適応障害の方などが増えています。大人も子供も無関係に、環境の急激な変化やそれに依る人間関係の難 [続きを読む]
  • 不自由な新浦安駅エリアの用途地域
  • 「浦安市の用途地域図」をご覧になられた事はありますか?用途地域とは都市計画の一つで、用途の混在を防ぐ事を目的としています。住居、商業、工業など、市街地の大枠としての土地利用を定めています。新浦安駅付近で病院、飲食店、事務所、他、その様にお店などを経営したいとご相談に訪れる方は大変多いですが、周辺事情を知らないお客様ですと、かなりシビアな範囲での物件選びになる事が多く、驚かれる方も多かったです。新浦 [続きを読む]
  • 家にいても落ち着かない!人口密集地が原因?騒音のストレス
  • 日本の住宅事情でシビアなのが、狭い国土などの理由により、家やマンションが隣接、密集、集合してしまい、プライバシー性を損ない易いお家が多いと言う事です。特に都心などに関しては、解決困難な事情なので、騒音に関する法的整備や条例の執行力も、あまり進んでいません。日常におけるプライバシーに関しての問題は、人の視線が直接の原因と言うケースは少ないと感じます。しかし、家の外で通り過ぎる自動車、自転車、行き交う [続きを読む]
  • 今年も咲き始めた!浦安市の桜最前線!
  • 浦安の春の風物詩と言えば、桜があります。三月の終わり、今年も徐々に咲き始め、中には強かに、長い枝からではなく、一見、木から直接生えているかの様に見えるお花もあります。直ぐに散ってしまいますが、その生命力に驚きます。 新浦安にも腰を据えてお花見が出来るスポットが幾つかあります。美浜公園、若潮公園などがそれに該当すると思います。浦安駅方面になると、弁天ふれあいの森公園、中央公園など、更に広く、昔から存 [続きを読む]
  • 仲介業者が意向を正確に伝えれば起こらない!売買のトラブル
  • 買主さんの「この金額なら購入できる」と言う考えが、売主さんに伝わる。売主さんの「この金額なら売却したい」と言う意向が、買主さんに伝わる。勿論、売主さんと買主さんは利害関係を持って取引を行っていますが「お互いに歩み寄って、譲歩する事で、最終的に契約が決まる」と言う流れになっています。物件の売買の際、売主さんと買主さんが直接、面と向かって交渉する事はありません。ここに介在するのが私達である不動産仲介業 [続きを読む]
  • 成果制度が失敗するのは高い報酬のせい?
  • 「パソコン上で使える電子百科事典を作りたいので、プランを立てて欲しい」と、会社でプロジェクトが始まったとします。すると、何千人と言う単位の専門家やエンジニアや社員を動員し、全員に十分な報酬を与え、更にコマーシャルや広告を打つ事になります。そう言った方法でマイクロソフト社の「エンカルタ」と言うソフトウェアは製品として生まれ、改訂版も毎年発売されて来ました。インターネットが普及する時代に合わせソフトウ [続きを読む]
  • 定年後や老後は無理して新浦安に住まなくても?
  • 「リタイア後は、無理して新浦安に住まなくても、もっと住宅価格や物価の安い所で、もっと余裕を持って生活を楽しみたい」と、実行されたお客様がいます。新浦安で所有されているマンションを売却されて、住宅ローンを全額返済し、手元に残った資金で、他の地域に一戸建ての住宅を購入し、更に投資物件の頭金として活用されました。今までは、住宅ローンの支払いをする必要がありましたが、その必要も無くなり、新浦安エリアでは購 [続きを読む]
  • 新浦安駅から徒歩5分圏内マンションの住みやすさ
  • 独断や偏見による所は大きいですが、新浦安駅に最も隣接しているマンション街がどの様な環境なのか、ご紹介したいと思います。殆どのマンションに共通しているのは「極めて一部を除き築年数が高い」のと「欲しい物件が出回る事は少ない」と言う部分が大いにあるので、その点を前提にお読み下さい。・エアレジデンス新浦安新浦安の駅近の大きなマンションで、築浅のマンションではここが代表です。エレベーターで降りれば、すぐにイ [続きを読む]
  • 勤め先がある状態を大事に
  • 資産形成が実現可能な方と実現不可能な方がいます。単純に、会社に在籍中ならローンを組む事は十分可能ですが、退職後では非常に困難な状態となってしまいます。不動産投資を行いたい、そう思った時、ご自分の年齢がどの位なのかで、大きな影響が出ます。家賃が収入として必要になった時、期待される額に大きく影響されるのです。30〜40代から実行出来る方は完済も早く、計画的に年金に頼らない大きな収入を作り出せる事になり [続きを読む]
  • 「死にコスト」!?恐ろしい言葉!
  • お客様からどっきりする言葉をお聞きしました。それは「死にコスト」です。ご自身が亡くなるまでに、家族に迷惑を掛けずに済む費用と言う意味合いになります。ご自身の介護が必要となった時、家族に迷惑を掛けない様、ご自分で様々な施設を調べていらっしゃるそうです。しかし、費用が抑えられると思うと施設内用が足りなかったり、遠過ぎたり、「これは良い」と思うと高額だったり、100人以上の順番待ちだったり、問題は鬱積す [続きを読む]
  • 相続税対策での不動産購入に最大限のリスクヘッジを
  • 近年、相続税の基礎控除額の大幅な改正が行われ、今までは課税対象でなかった多くの方もその対象になりました。勿論、日本と言う国のために沢山の税金を納めるのも立派な事ですが、この様に将来の見通しが非常に悪い時代、お子様達のために金融商品などによって資産を残すのも一つの手段だと考えます。あなたが6000万円の現金を保有したまま亡くなってしまい、それがそのまま相続された場合、勿論、相続税評価額は6000万円 [続きを読む]
  • ファンシー達のパワー!私に齎した認識の変化
  • 弊社の入口には、浦安にある「某有名なテーマパーク」のジオラマが、お客様を歓迎しています。クリスマスシーズンには、そのテーマパークのキャラクター達のぬいぐるみを沢山飾ったクリスマスツリーを立てています。雛祭りシーズンも、その某テーマパークのキャラクター達で設えた、可愛らしい雛人形達を飾っております。更に、一体どこで見つけて来たのか、話し掛けると話し返してくるぬいぐるみ達、冷蔵庫を開ける度に挨拶してく [続きを読む]