lands_end’s blog さん プロフィール

  •  
lands_end’s blogさん: ランズエンド
ハンドル名lands_end’s blog さん
ブログタイトルランズエンド
ブログURLhttp://www.road-to-landsend.net/
サイト紹介文鹿島アントラーズの応援が生き甲斐の40代です。未破裂脳動脈瘤の術後はコーギーと暮らす日々です。
自由文読んだ本と漫画の備忘録として始めたブログですが、2016年に未破裂脳動脈瘤の手術・入院・休職を経験してからは、その経験もまとめています。
また、リーグ元年にジーコのプレーに魅せられて以来の鹿島アントラーズファンです。それから、最近は球場に行く回数は減りましたが、クロマティが居た頃からジャイアンツのファンでもあります。
飼っているコーギーのことを紹介するなど、40代の中年が書くゆるゆる日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 262日(平均7.4回/週) - 参加 2017/01/31 16:54

lands_end’s blog さんのブログ記事

  • 漫画『テルマエ・ロマエ』を読んだ!
  • テルマエ・ロマエ(作:ヤマザキ・マリ)を読んだ!歴史物の小説を読んでいたら、歴史物の漫画も読みたくなりこの本を選びました。漫画としては完結して4年が経ち、2作目の映画公開からも3年が経ちます。いまさら取り上げても、記事としてはあまり需要がないかもしれません。ですが、歴史物の漫画としてはとても良い内容でしたし、意外と歴史好きでも読んだことの無い人が多いようなので、紹介したいと思います。 『テルマエ・ [続きを読む]
  • 『変身』を読んだ!
  • 変身(著:東野圭吾)を読んだ!このブログのテーマの1つに自分が受けた脳動脈瘤の闘病日記があります。2016年春に開頭クリッピング手術を受け、無事に生還することが出来ました。無事に生還しましたが、それでも様々な手術後遺症(軽度)が身体に残り、「頭を開けるというのは大変な事なのだ」と身を持って実感しました。それだけに、今回の本のテーマ「脳移植」に強く興味を持ち、読みたいと思って手にしました。『変身』の読書 [続きを読む]
  • ジーコと共に〜2017年J1第29節 鹿島VS広島戦振り返り〜
  • 2017年10月14日、J1第29節鹿島VS広島戦が開催されました。前節、鳥栖戦では攻撃が機能せず、守備も緩さが出て完敗でした。さらに、チーム状態は良くない上に、鳥栖戦の終了間際に金崎がイエローカードを貰い広島戦は出場停止となりました。しかし、不幸中の幸いと言うべきか、鳥栖戦の後は日本代表ウィークと重なり2週間の中断期間がありました。チーム得点王、チームアシスト王、何よりもチームの勝敗を左右するキーマンである金 [続きを読む]
  • ジーコと共に〜2017年J1第29節 鹿島VS広島戦を前に思う〜
  • 2017年10月14日、聖地鹿島スタジアムにてJ1第29節鹿島VS広島戦が開催されます。代表戦による2週間の中断。鳥栖戦での悔しい敗戦で悶々とする気持ちを2週間も・・・よく耐えたと自分を褒めたい気分です。今日の広島戦はエース・金崎が不在です。昌子は3日前の日本代表戦でフル出場していて疲れが残っています。そんな状態ですが、鹿島にはスッキリと勝って欲しい。28節で受けた悔しさを晴らして欲しいと願っています。鹿島VS広島戦 [続きを読む]
  • 『紅塵』を読んだ!
  • 紅塵(著:田中芳樹)を読んだ。「プリズム」、「わたしを離さないで」、と2作続けてイマイチ自分の舌に合わない小説を読んだので、安定の歴史小説に戻ることにしました。『プリズム』を読んだ! - lands_end’s blog『わたしを離さないで』を読んだ! - lands_end’s blog15年ほど前、仕事で中国へ度々出張する機会がありました。その頃、中国の人と話すネタにしようと思って選んだのがこの「紅塵」でした。その後、多分2〜3回は [続きを読む]
  • Road to Russia 〜サッカー日本代表親善試合・ハイチ戦振り返り〜
  • 2017年10月10日、日本代表VSハイチ代表の試合が行われました。本当に酷い試合になってしまいました。選手選考と戦術の拙さは監督の責任気持ちの入ったプレーが出来ないのは選手の責任中途半端な相手とマッチメイクした協会の責任誰か1人の問題ではなく、日本サッカー界全体の問題だと思います。お金を払ってスタジアムに足を運んでくれたサポーターに本当に失礼です。帰宅してから録画を観た私でさえ、怒りを覚えました。日本VSハ [続きを読む]
  • 『わたしを離さないで』を読んだ!
  • わたしを離さないで(著:カズオ・イシグロ)を読んだ。先日、日本生まれの英国人作家がノーベル文学賞を獲得!としてイシグロさんの事がテレビで一斉に報道されました。私は、文庫が発売された2008年に一度読んだ事がありました。個人的な感想は「面白くない」でした。それゆえ、2016年1月に綾瀬はるか主演のドラマが放送されると知ったときに、とても「危惧」しました。そしてその危惧は現実のものとなり、悲しい想いをしました [続きを読む]
  • 漫画『砂の薔薇 デザート・ローズ』を読んだ!
  • 砂の薔薇(作:新谷かおる)を読んだ!2017年GWに新谷かおる先生の休筆宣言をニュースで知り、それ以来、新谷作品を少しずつ読み返していました。漫画家『新谷かおる』の休筆宣言を聞いて! - lands_end’s blog最初に読んだのはエリア88。新谷作品で一番好きな漫画です。漫画『エリア88』を読んだ! - lands_end’s blog次に選んだのが、今回の「砂の薔薇」です。エリア88の硬派な雰囲気から一転し、かなり軟派な雰囲気の表紙のこ [続きを読む]
  • 『プリズム』を読んだ!
  • プリズム(著:百田尚樹)を読んだ。この本を手にしたのは「帯に書かれた作者の言葉」がきっかけです。「『プリズム』と『モンスター』は、実は. お互いが対をなす小説なんです」この言葉を読んで、実際、百田さんの「モンスター」がかなり面白かった記憶があったので、読むしかないと思い購入しました。『モンスター』を読んだ! - lands_end’s blog「プリズム」を読み終えましたので、感想をまとめます。 2分で読める『プリ [続きを読む]
  • ジーコと共に〜2017年J1第28節 鹿島VS鳥栖戦振り返り〜
  • 2017年9月30日、鳥栖のホームにてJ1第28節鹿島VS鳥栖の一戦が行われました。この試合後、代表の試合がある関係でリーグは2週間お休みです。それゆえ、この試合で負けると嫌な気持ちを2週間も引き摺ることになるため、絶対に勝って欲しいと試合前の記事で書いたのに・・・。鳥栖戦は、大岩体制になってから最も酷い出来の試合となりました。怒りを感じる以上に余りの不甲斐なさに最後はため息しか出ませんでした。鹿島VS鳥栖の試合 [続きを読む]
  • ジーコと共に〜2017年J1第28節 鹿島VS鳥栖戦を前に思う〜
  • 2017年9月30日、J1リーグ第28節・鹿島VS鳥栖戦が鳥栖のホームで開催されます。一昨日、10月の親善試合のための日本代表メンバーが発表されました。鹿島からは昌子と植田が招集されました。しかし、ワールドカップに行きたいと必死のアピールを続ける金崎は、残念ながら今回も呼ばれませんでした。因みに鳥栖からの選出はありません。色んな感情が選手達の心には沸いていると思いますが、今日は鳥栖戦の勝利に集中して欲しいです。 [続きを読む]
  • 『村上海賊の娘 第3巻・4巻』を読んだ!
  • 村上海賊の娘 第3・4巻(著:和田竜)を読んだ!前回の記事では、村上海賊の娘 第1巻・2巻の読書感想をまとめました。噂に違わぬ面白さに引き込まれ、先が気になって仕方なく、続きもあっという間に読み終えてしまいました。『村上海賊の娘 第1巻・2巻』を読んだ! - lands_end’s blog今回の記事は、後編となる第3・4巻の読書感想です。村上一族の物語はいよいよ佳境に入ります。毛利と本願寺の同盟は?本願寺への兵糧入れはな [続きを読む]
  • Road to Russia 〜サッカー日本代表メンバー発表2017.9.28版〜
  • 2017年9月28日、サッカー日本代表メンバーが発表されました。8月31日に埼玉で行われたオーストラリアとの試合に勝利し、日本は首位でワールドカップへの切符を手にしました。そのため、10月の国際Aマッチデーは強化試合に当てることができました。もしもグループ3位になっていたら、10月はシリアとホーム&アウェイでプレーオフを戦うことになっていたので、すんなり首位で通過出来た事は日本代表の強化のために本当に良かったと思 [続きを読む]
  • 『村上海賊の娘 第1巻・2巻』を読んだ!
  • 村上海賊の娘 第1巻・2巻(著:和田竜)を読んだ!この数ヶ月、ミステリーやエッセイ中心の読書が続いたので、大好きな歴史関連の本を読みたくなりました。歴史物回帰に選んだのがこの「村上海賊の娘」です。「色んな人にこの本は面白いよ」と言われていたので読みたいと思っていたのですが、何故かタイミングが合わずに未読のままでしたが、ようやく手にしました。文庫本は全4巻で構成されていますが、まずは第1・2巻を読み終えま [続きを読む]