FIT393 さん プロフィール

  •  
FIT393さん: がんに出会ってはじめて判ったこと
ハンドル名FIT393 さん
ブログタイトルがんに出会ってはじめて判ったこと
ブログURLhttp://fit393.blog.fc2.com/
サイト紹介文家族がステージ4のすい臓癌と診断され、手術不適用から奇跡的に手術適応になりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 254日(平均2.0回/週) - 参加 2017/01/31 21:39

FIT393 さんのブログ記事

  • 気持ちの一進一退
  • 先週、はじめて血液検査で好中球の減少、白血球の減少で GEM+AB を休みました。嬉しくもあり、残念でもあり・・・投与直後から数日間は、かなりだるさを感じ、食欲も落ちていました。これが解消されるのはうれしいのですが、やはり治療できていないというのは、おっかないです。最近は本当に小さなことに敏感になっています。例えば、今までの主治医は外科のトップのような人です。その人が、次回からの予定表に書かれていない。今 [続きを読む]
  • 痛み止めの悩み
  • 僕はどちらかというと痛みに弱いんじゃないか?と思っています。まぁ、大抵の男性は女性に比較して痛みに耐性が無いと言いますね。だから、おそらく僕だったら、痛み止めは頻繁に飲むと思うんです。だけどウチの場合はちょっと違っているんです。どうしても胃腸の調子を考えた「空腹時を避けて飲む」「時間をあけて飲む」っていうのを守ろうとするんですよ。確かに、それによって胃腸の調子が激変するのは怖いんだと思うんですけど [続きを読む]
  • 痛みのコントロール
  • 先々週は、3回目のGEM。栄養指導で体脂肪やら筋肉量などを計測したりしましたが、体重は減っているのに筋肉量が増えていて看護師が驚いていました。ええ、体重減少が多かったので、筋肉増強剤的なものを処方してもらっていましたからね。で、先週は1週休みです。痛みのコントロールが難しいです。一般的に効果が長いとされているセレコックス、オキシコドンをベースとして、頓服的にロキソニンかオキノーム。これの組み合わせが [続きを読む]
  • 痛み止めは食後?
  • 先週、GEMの2回目でした。まずは、痛みが治まってくれること。。。これが第一です。ブログを読み返しても、痛みがコントロールできてたり出来ていなかったり、いろいろな書き方をしていますが、要するにこれといってドンピシャがない、っていうことです。セレコックス100mgを朝晩、ロキソニン50mgを頓服として使っていますが、これの効いているタイミングが悩ましいです。大抵、食直後に腹痛が来るのですが、セレコックスは効き目 [続きを読む]
  • 今週からGEM
  • 先週の主治医との話。やはり画像から、局所再発の診断とのこと。僕自身は諦めきれないというか、詳しく聞きたいことがたくさんあった。が、本人は、既に受け入れていて治療が出来ることの方が安心できる様子。正直、これからの厳しさを考えると、泣きたい気持ちになってきます。が、そういえば、過去のコトを考えると、3回目の洗浄細胞診・内視鏡検査で、腹膜播種が見つかったときもこんな感じだったな。4回目の検査直前も、卵巣 [続きを読む]
  • ここ数日のこと(再発?入院・食事・痛み)
  • 前回のブログで、体重減少と痛みによって受診をして、・若い医師から、CT画像から局所再発の可能性が高いことを告げられたこと・痛みと癌再発に関連性は(画像からは)見られないこと・再発の確定には、PETか主治医の判断が必要なこと・点滴による栄養補給と痛みのコントロールのために入院することとなっていました。月曜の朝には簡単に退院できました。食事は1300kcal だったので、完食。間食もしていましたし、痛みもコントロー [続きを読む]
  • 再発かも?
  • 今日、主治医の診察を受けました。血液検査とレントゲン後に、本人もキッチリ話します。状況をノートに書いておきましたから。結果、小腸にガスが溜まっているので、何らかの原因で腸閉塞になっている可能性がある、と。よって、まずはCTを撮ってきて下さい、と。で、食事の量を増やせないので体重減少が続いているようなので、入院による点滴での経過観察。まぁ、詳しい検査があるとは思っていましたが、入院と言われるとは思って [続きを読む]
  • 明日受診
  • TS-1の休薬から2週間になろうとしています。だけど、食後の腹痛は治まりません。何が原因なのか、明確に判らないので月一の予約はまだ先なのですが、病院に電話して主治医の時間を取ってもらいました。前回と前々回に担当して頂いた医師が嫌いだとか信用できないとかそういうことじゃ無いです。病院内では情報は共有していて、主治医の指示も仰いではいるはずなのです。が、問診と投薬だけだとやっぱり僕らの気持ちとして「きちん [続きを読む]
  • あまり改善されず
  • 先日、元から予定が入っていた定期外来に行ってきました。主治医は、また学会でお休み。ですが、医師同士の連絡は良く取っているようで、その点は安心です。まず、TS-1は休薬するということになりました。腹痛は、何の原因か判りませんが、おそらく胃腸が動くときの痛みだろうということで、ブスコパン継続。ただ、医師的にはあまり気にしていないかも知れませんが、僕ら的にはあまり良くない感じの結果が。それは、先月のDUPAN2 [続きを読む]
  • がんの治療は、思想や信仰に似ている
  • 明日、定期の外来日です。TS-1はお休みさせてあげたいな、っていうのが正直なところです。気分的に優れないのもあるのですが、さらに食後の胃の痛みによって、食事があまり取れなくて体重減少と体力低下が続いているからです。さらに気分が落ち込みます。悪循環です。だけど、本人にとっては(もちろん、家族にとっても)「仕方が無いから抗癌剤を休む」ということはしたくないというジレンマもあるんですよね。勝手な希望で言えば [続きを読む]
  • さらに体重減少
  • まず、このブログは本人は知りません。そもそも、僕の気持ちの問題が大きくて、がん治療に無知だったことを思い知らされて普通一般の生活をしている人の考えと、こんなにも違っていたのか?と気がついたから、世間にどうしても知ってもらいたかったから書いているって言うのが本音です。で、痛み止めはそこそこ効くのですが、やっぱり長時間にわたって鎮痛するわけではないので、どうしても食事の量が少なくなってしまっています。 [続きを読む]
  • 外来受診
  • 結局、外来受診しました。主治医は学会に出ているとのこと。・・・ってことは、長く待つんだよな・・・とか思いながら、電話で予約。来週、外来予約が入っていたこともあって、とりあえずの痛み止めの処方だけ。というのは、痛みがずっと続くわけでは無く、食べたときだけと言うこともあって、それでいいだろうと。もっとも、血液検査の結果なども、どれも正常だったから、っていうこともありましたけどね。ブスコパンの処方でした [続きを読む]
  • ちょっとだけ冒険したら、ちょっと復活
  • 胃痛のことです。やっぱり、あまりにも胃痛が続くのと、このままでは栄養摂取が出来ないとの不安から、さすがに外来受診しようか?と思ったらしいです。なのに、本人曰く「賭けに出た」ってことらしいのですが、TS-1を1回抜いて胃腸の改善を図る薬を飲んでみたのだそうです。そうすると、ヒドい胃痛はない、、、とのこと。冷静に考えると、TS-1 80mgを1日抜いただけで、その日の症状が軽くなるとは思えませんが、それでも本人は [続きを読む]
  • 不調と不安
  • 体重は、39.7kgから少し持ち直しました。41.2kg。だけど体調はあまり良くありません。下痢の頻度は下がってきているのですが、それでも食後に2回ぐらいはトイレに行きます。手術直後は、食べてすぐにトイレに行って、しかも何回か続けてました。が、今では1時間ぐらいの余裕はあるようです。ただ、今の体調不良は、食直後の胃痛のようです。胃痛と書いていますが、本当に胃なのかどうかは確証はありません。痛みの位置と、痛みの [続きを読む]
  • ノベルジン
  • 体重減少・・・地味ぃに続いていますね。今は40kgになかなかなりません。食欲不振と味覚障害は、切っても切れない関係がありますが、亜鉛の摂取が足りなくなるとこれらの症状が出やすいようです。http://ganjoho.jp/public/dia_tre/attention/chemotherapy/side_effect/anorexia.htmlで、ノベルジンhttp://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se39/se3929007.htmlちょっと先生にお願いしたいですね。って、、、次の外来は21日か・・・長い [続きを読む]
  • 水族館漬け(笑)
  • 体重が40kg前後でウロウロしています。減薬の効果はまだ体感できず。まぁ、2割減らしても1回分の100mg減るには5回、つまり10日かかるわけですからね。1週間分休みになるには1ヶ月かかります。で、僕と一緒に居るときの方が元気なようで、食事もすすみます。そんなことで、最近は結構地元の水族館に行っています。実は、年間パスを買っていて、その期限が昨日までだったと言うこともあったからなんですけどね。思えば去年の [続きを読む]
  • 発見から3年経過
  • 2014年のレントゲン診察で膵臓の腫瘍が「ガンだと思われる」と言われてから、3年になります。この時点のステージは3といったあたりでしょうか?5年生存率という言葉は、患者本人も家族もかなり揺さぶりをかけてくるのですが、ウチの場合だって、当時の主治医の説明からすれば「1年ぐらい掛けてここまで成長したと思う」ということです。2年ほど前から、思い当たる症状はありましたからね。どこを起点に定義するかで全く違って [続きを読む]
  • ケモブレイン
  • ケモブレイン・・・化学療法と脳・・・・つまり、抗癌剤治療をやっているとき、もしくはやった後に起きるちょっとした記憶障害?http://hospital.luke.ac.jp/about/approach/pdf/ra22/4/research_activities_4_2_1.pdfこれに似たような症状があるような気がしています。そもそも末梢神経障害が起きるって言われていたんですから、脳の活動に若干問題が起きる可能性はあるかも?とは思っていましたが本人が自覚しているコトが増えて [続きを読む]
  • 6ヶ月目の外来
  • 前記事にも書いたとおり、術後化学療法の副作用は本人をだいぶネガティブにしているようです。手術後の経過も「本当にこんな状態でいいの?」という感じで予想と違っていましたし、(もっとも、手術後にかなり快適になると思いこんでいたのは間違いなんですけど)そこにTS-1の影響が重なってしまい、体重減少は15kg以上でしたし、食欲もイマイチ。こんな状態が続いて、ネガティブ思考に陥ると「手術を選択したことすら後悔」しかね [続きを読む]
  • 回復と副作用のバランス
  • ここのところ、ちょっと精神的にはツラい状態みたいです。おそらく、原因はTS-1の副作用が溜まっているからだと思います。溜まるって言う言い方も変かもしれないですが、バランス的に回復の方が追いつかない場合、副作用の方が徐々に大きくなっていきます。味覚障害は、栄養摂取の一番の妨げです。そこに、吐き気(実際に吐くところまではいかないです)と、ムカムカ感。だるさもあります。これが食事量をかなり少なくさせてしまい [続きを読む]
  • もうひとつ嬉しかったこと
  • 通っている病院は、外来病棟と入院病棟が結構離れています。(普通そうなのかな?)だから、外来受診の時は入院病棟の看護師さんとは殆ど会いません。もちろん、行き来することはあるでしょうし、共有の通路もありますから可能性はあるんですけどね。で、手術当日、声を掛けてもらった看護師さんが歩いていました。http://fit393.blog.fc2.com/blog-entry-34.html男性なんですが、背が高く、大変気を遣ってくれた方でした。本人で [続きを読む]
  • 術後6ヶ月目
  • 先週、定期の診察でした。1ヶ月毎になるってのは、ありがたいようで不安です。1週間毎の時は、検査結果で異変があってもすぐに対処できる、って思っていましたからね。まずは、4月の血液検査とCTの結果。「再発や転移の兆候はありませんね」と。電話とか来ていないから、大丈夫だとは思っていましたが、あらためて主治医の口から聞くと安心できます。で、本人は、もうちょっと拡大解釈したようで「今までたくさんの例を見てき [続きを読む]
  • 溜まるストレス
  • まもなく術後のTS-1を服用してから5ヶ月になろうとしています。11月24日に手術をして、12月13日退院。12月27日に外来診察がありましたが、服用をはじめたのは年末年始の休みが明けて、1月6日からだったと思います。4ヶ月半の副作用の蓄積は、徐々に大きくなってだいぶつらい状況らしいです。手術直後からの下痢はあまり変わっていません。これはもしかすると、副作用のせいで快方に向かっている症状と相殺になっているのかも知れ [続きを読む]
  • (過去のこと)ステントの交換
  • 目次のようなページを作っていて、2015年10月のステント交換のことを書いていなかったことに気がつきました。今さらですが、時系列の記事を作っておきたいので、思い出しながら書いておきます。しばらくしてから、当時の日付に変更します。*以下は、2015年10月のことです。最初の自覚症状、胆嚢炎が起きた理由は、膵臓の頭部といわれている側・・・つまり、胆管側に腫瘍が出来たために、胆管を押してしまって塞いでいたからでした [続きを読む]
  • もうちょっと冒険
  • 回転寿司の揚げ物を食べていたのは既報(^^;で、試しに、焼き肉屋にも行ってみた。そこは、サイドメニューもたくさんあるから、もしヤバそうだったら別のを食べる・・・って感じで。しかも、タッチパネル注文式。これ、便利ですよ。いや、いちいち呼ぶのが面倒なんじゃ無くて、勝手にその都度注文するのは、気分が楽。焼き肉屋に一緒に来たのは、ホントに何年ぶりだろうか?おそらく、3年以上来ていないと思うんだよな。膵臓癌の治 [続きを読む]