mongolia28 さん プロフィール

  •  
mongolia28さん: モンゴルってどんなとこ?
ハンドル名mongolia28 さん
ブログタイトルモンゴルってどんなとこ?
ブログURLhttp://mongolia28.hatenablog.com/
サイト紹介文28年度1次隊 小学校の現職教員  『モンゴルでの小学校教育奮闘記!』
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 261日(平均2.1回/週) - 参加 2017/02/01 10:37

mongolia28 さんのブログ記事

  • モンゴル国JICA事業25周年記念式典
  • もうモンゴルはすっかり寒くなって来ました。日本でいうと12月くらいな感じでしょうか…さて、9月29日に「モンゴル国JICA事業25周年記念式典」が行われました。モンゴルにJICAボランティアが派遣されて25年が経ったそうです。初めて派遣されたのは、日本語教師2名だったそうです。今回の式典には、その初代ボランティアの方もいらっして、当時の話をしてくれました。また、この25年間で650名のボランティアがモン [続きを読む]
  • 突然の引っ越し
  • 新学期が始まり、本格的に授業が始まろうとしていた頃…借りている大家さんが家に来て「これからここにキッチンを作るから、ちょっと採寸させてね〜」とやって来ました。今まで流し1つしか無かったところを、少し改善してくれるのか?と思ったのもつかの間。。「私がここに引っ越してくるからね」ということで、大家に家を追い出され別の部屋を探すことになりました。配属先の先生たちが、自分たちの情報網を使って空き部屋 [続きを読む]
  • 草原マラソン
  • モンゴルといえば、草原。その草原を走るマラソン大会に出場して来ました。9月10日(日)首都のウランバートルから車に乗ること1時間ちょいの場所に大会会場があります。首都のウランバートルは車の渋滞がひどいけれど、ちょっと郊外に行くとこんなにも草原が広がっている場所に出れるんですね〜この大会は、ゥン十年前にモンゴルに住んでいた日本人が「こんな素晴らしい草原でマラソン大会を開催したい!」という念願 [続きを読む]
  • 新学期そして新図書室完成式典
  • 9月になりました。モンゴルはもう秋です。隊員の中でも「パール(暖房設備)はいつ入るかねぇ」なんて話もしています。さて、モンゴルの新学期は9月1日からです。思えば、1年前この新学期に着任の挨拶をして、サックスなんか吹いたっけ…mongolia28.hatenablog.com今年も似た様な式をやりました。が!去年と明らかに違う…何かが。そう、心の余裕が。先生たちと会うと「久しぶり!」「元気だった?」と笑顔で挨拶を [続きを読む]
  • モンゴル紀行:フブスグル湖
  • いよいよモンゴル紀行も最後になりました。(ということは、モンゴルの夏休みも終わりということです…)今回は、モンゴル人が口を揃えて「あそこは最高な場所だ!」という場所。モンゴルの保養地として有名な場所。フブスグル湖です。 フブスグル湖とは? 最後にフブスグル湖とは?「世界で2番目に透明度が高い湖なんだ!(1番はバイカル湖)」「モンゴル人は尊敬を込めてフブスグル・ダライ(海)と呼んでいる」な [続きを読む]
  • モンゴル紀行:ウルギー
  • モンゴルの面積は日本の4倍ほどあるそうです。しかし、日本のように新幹線があるわけではなく…主な交通手段はバス!!(飛行機もあるけれど、高い!)今回行った場所は、モンゴルの西端にあるウルギーです。この地方はモンゴルの中でも面白い場所です。それは、カザフ族と呼ばれる民族が住んでいる場所なのです。 48時間のバス移動 ウルギー文化 カザフ族の遊牧民のお宅訪問 ナーダム 最後に48時間のバス [続きを読む]
  • モンゴル紀行:ハルハゴル
  • モンゴルでの夏休みは、国内を色々と回ることができています。今回は、任地でもあるドルノド県にある「ハルハゴル」へ行きます。モンゴルの東の端でもあり、日本とモンゴル・ロシアが戦争をした「ノモハン事件」があった場所でもあります。そして、何と今回は同任地の理学療法士隊員の同僚(モンゴル人)たちと行けることになりました。モンゴル人の夏休み旅行を体験します。 「草原の海」 ハルハゴルの観光 お風呂 [続きを読む]
  • モンゴル紀行:ハラホリン おまけ
  • 前回の続きmongolia28.hatenablog.commongolia28.hatenablog.comなんと、モンゴルにも温泉がありました!! ツェンヘル:モンゴルの温泉街 ハラホリンの街へ戻る 最後にツェンヘル:モンゴルの温泉街お世話になった遊牧民を後にして、車で走ることさらに6時間ほど…(モンゴルはとにかく移動時間がかかります)目的のゲルキャンプに着きました。昨日までの遊牧民のゲルに比べたら天国のような場所です。 [続きを読む]
  • モンゴル紀行:ハラホリン vol.2
  • 前回の続き…mongolia28.hatenablog.com オルホン滝 乗馬トレッキング 自然の民 最後にオルホン滝遊牧民のゲルに宿泊して朝。草原の朝は清々しいです。朝食も遊牧民のお宅でいただきました。ミルクやそれを加工したものと、小麦を使って作った簡単なもので食事を済ませます。遊牧民のゲルから車で30分くらいで観光スポット「オルホン滝 Орхоны х?рхрээ」に到着しました。モンゴルでは最大の [続きを読む]
  • モンゴル紀行:ハラホリン vol.1
  • 今回は、モンゴルの観光地しても有名なハラホリンという街です。ウランバートルからバスで6時間かけて行きました。 ハラホリン到着 Т?вх?н Хийд(トゥフン ヒード) 大草原を馬に乗って遊牧民の家へ… 最後にハラホリン到着夕暮れ時に着いて、その日はハラホリンの町にあるゲルキャンプに泊まりました。次の日の朝自分たちの荷物や食料、水などを車に積んで5,6時間かけて目的地まで移動します [続きを読む]
  • モンゴル紀行:セレンゲ県スフバートル vol.2
  • 前回の続き。セレンゲ県スフバートル編が続きます。スフバートルの自然「スフバートルにも砂丘があるんだぜ! 」とタクシーのドライバーに言われ、スフバートル砂丘に行きます。草原の中にいくつかこのような砂丘がありました。砂もサラッサラで、何とも不思議です。なぜここだけ?砂丘の近くには川が流れていて、遊牧民の家族がピクニック中でした。何をさばいているのかを聞いたらヤギでした。「これからホルホグ(モンゴ [続きを読む]
  • モンゴル紀行:セレンゲ県スフバートル vol.1
  • 今回は、モンゴルの北側に位置する町、ロシアとの国境に近い町セレンゲ県スフバートルへ行って来ました。列車が使えるので、もちろん列車を使っていきます。今回は、自分と同期を含めて3人旅です。 スフバートル到着 モンゴルとロシアをつなぐ大自然 同じモンゴルでも色々な自然がある 最後にスフバートル到着早朝だからか、北側にある町だからか空気がヒンヤリしています。駅から歩いて5分ほどの場所にある [続きを読む]
  • モンゴル紀行:はじめての乗馬
  • 「モンゴルに行ったら馬に乗れるんでしょ?」と言われ、日本を旅立ってからもうすぐ1年。やっと、乗馬することが出来ました。誤解を恐れずに言うと…馬に乗っている人よりも、プリウスに乗っている人の方が多い!遊牧民以外が外で馬を乗れるのは夏の間だけ!ちゃんと人を乗せるための馬じゃないと絶対落馬する!そんなこんなで、今回は観光隊員の紹介で日本人の女性:千夏さんが経営している会社にお願いして、1泊2日の乗馬 [続きを読む]
  • モンゴル紀行:サインシャンダ vol.2
  • 前回の続き。サインシャンダ編が続きます。 サインシャンダのグルメ事情 砂漠の中にあるゲルキャンプ サインシャンダの観光地 寺院 遺跡? 恐竜の化石 最後にサインシャンダのグルメ事情サインシャンダはホーショールが美味い!という評判がモンゴル隊員の中で言われています。実際に食べにいってみると、確かに美味い!揚げたてだということや、ラクダの肉を使っているからなのか?それとも、今まで食 [続きを読む]
  • モンゴル紀行:サインシャンダ vol.1
  • モンゴルの学校は6月から3ヶ月間、夏休みです。ということは、自分の活動も夏休みなのです。敬愛する司馬遼太郎氏はモンゴルをとても愛していたそうで、街道を行くシリーズで「モンゴル紀行」があります。それにあやかり、夏のモンゴル国内について徒然なるままに書いていこうと思います。 サインシャンダという街 日本祭りサインシャンダという街今回はモンゴルの南にあるサインシャンダという街です。モンゴル隊 [続きを読む]
  • モンゴル紀行:列車の乗り方編
  • 待ちに待った。夏休み!!夏休みという響き…なんて素晴らしいんだろう。この夏休みを使って、モンゴルを色々知れたらいいなぁと思ってます。モンゴル人も「夏は一番Гоё(最高)だ!」って言ってたし…モンゴルの自然を満喫できるのは、この2,3ヶ月という短い夏の間だけだし…3月には帰国してしまうから、最初で最期のモンゴルの夏休みだし…ということで、モンゴルの旅Let's Goです。今回は、モンゴル国内の列車につ [続きを読む]
  • ドルノド県マラソン大会
  • 先日、ランバートルでは国際マラソンが開催されたそうです。「あぁ、参加したかったなぁ」と思っていたら、学校の体育の先生から「明日、10時からこの街でマラソン大会があるから出ないか?」と言われたので、二つ返事でOKしました。でも…(こんなモンゴルの東端にある街でマラソン大会?)(身内の少人数で走るだけかなぁ)と思っていましたが。甘くみていました!ドルノド県の底力を見ましたよ!任地の同期隊員と時間を合 [続きを読む]
  • モンゴルの夏休み
  • モンゴルはすっかり夏になりました。そして、学校は6月1日から休みに入りました。日本では3月に修了式や卒業式を行いますが、モンゴルは5月です。でも、日本のような式ではなく(もちろん、そうだろうとは思っていましたが)子供達の発表会でした。 各学年の発表 クラブの発表 卒業式?5年生の発表 感想各学年の発表会場の壁には、1年間の感謝の気持ちをあらわす手紙やこんな作品も。先生の苦労がしの [続きを読む]
  • 教育局セミナー:日本の図工教育における鑑賞の意義
  • 最近やっと夏らしくなってきました。やっぱり夏はいいですね。モンゴルの自然を楽しめる季節です。さて教育局で定期的に月1回行っているセミナー今年度最後になりました。(モンゴルの学校は5月で学校は終わり)今回は「日本の図工教育における鑑賞活動」について話しました。モンゴルの図工では「今日は馬を描くわよ。こうやって描くのよ〜」さながら、絵画教室です。でも、日本の小学校の図工の目標は以下の通り表現及び [続きを読む]
  • 高校生たちの熱き戦い
  • 体育の先生から「今度ЦэрэгのТэмцээнがあるから、一緒に行こう」と言われました。Цэрэг:兵士、軍 Тэмцээн:大会なので、直訳すると軍事大会という感じでしょうか?朝9時に地域の広場に行きました。この日は曇りで、とても寒い!日本の冬のようでした。高校生たちが軍隊の格好をして大会が始まるのを待っています。これは、高校生が軍隊の競技で競い合う大会のようでした。県内の他の学校も参加し [続きを読む]
  • モンゴルの春
  • モンゴルの春は「日本の三寒四温を激しくしたバージョン」と聞いていましたが、いや本当に激しかったです。20℃代まで上がる日があれば、次の日は雪が降っていたりと…また、風が暴風のように強く、砂嵐が…こりゃ、春が嫌いな理由もわかります。でも、晴れた日の週末は外でご飯を食べると気持ちがいいです。任地の隊員と一緒に、近くの草原でピクニックです。それぞれ、弁当を作って持ち寄りました。先輩から譲ってもらっ [続きを読む]
  • 北の国から
  • 任地の大学で活動している隊員の紹介で、チョイバルサンの田舎に住んでいるというモンゴル人と知り合うことができました。「田舎に遊びにおいで」ということで任地の隊員全員(5人)でお邪魔しました。任地のチョイバルサンから車で走ること3、40分。周りは、何もなくただただ草原が広がるだけの場所に、ポツンと建物が!その方のご自宅で、何とすべて自分で作ったそうです。こりゃ、モンゴル版「北の国から」の黒板五郎 [続きを読む]