みのり さん プロフィール

  •  
みのりさん: 私の道しるべ モンテッソーリ
ハンドル名みのり さん
ブログタイトル私の道しるべ モンテッソーリ
ブログURLhttp://ameblo.jp/k-ai24/
サイト紹介文モンテッソーリアンを目指す未熟な母の軌跡です。DWEも少し
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 192日(平均1.5回/週) - 参加 2017/02/01 11:41

みのり さんのブログ記事

  • ようやく出会えたお気に入りのスタンプ(?)
  • スタンプにはまっている、我が家の2歳児。ですが、我が家には「よくできましたね」という七田式のプリントにくっついてきた、スタンプのみ。しかも押しまくっているせいで、インクがなくなりつつあります。新しいスタンプを導入しようと得意の百均やamazonを探ってみたのですが、なかなかこれ!というものに出会えず、すっかりスタンプ難民になっていました。笑 私が大好きなブログ「モンテッソーリな時間」と「そらいあん [続きを読む]
  • 自発性の尊重とプリント教材
  • モンテッソーリの著書に何度も書かれている「子どもの自発性の尊重」。 今の社会では子どもは誰かを頼らないと生きていけません。子どもが一人で生きていくのは、困難でしょう。我が家の二歳児なんて、数十分でさえも一人で生きていけない気がします。 ふと「そうやって誰かに依存しなきゃいけないというのは、さぞかし不安だろうな」と思いました。 おなかが減っても [続きを読む]
  • 抱っこ卒業
  • ついこの間まで娘のすぐに叩いたり、噛みついたりという問題行動に悩んでいました。甥や姪と遊んでるときも、甥や姪はなにもしていないのに、パチンと叩いたり。一歳児クラスの担任の先生からは、再三注意を受けてきました。そして、みんなに一様に口を揃えて言われたのが、「過保護にしすぎだから、暴力的になった」でした。 保育園の先生には、「飼い犬に振り回されている飼い主のよう」「普通親子関係は上下なのに、横の [続きを読む]
  • ひさしぶりの更新
  • 毎年3月〜5月にかけて仕事が繁忙期に入ります。今年は、例年の三倍以上の忙しさで、文字通り目が回りそうな毎日でした。まだ5月末までは続きますが、それでもようやく一息、やっとブログを開くことができました。ただ、あれもこれも書きたいと思っていたのに、すっかり忘れてしまっているという事実。。残念すぎる!(たいした内容でなく、ただ自分が書き留めておきたっかたというだけです。) モンテッソーリも英語もこの繁 [続きを読む]
  • モンテッソーリ教具ではないけれど
  • 娘が2歳になる直前に購入した「百玉そろばん」。 ただその時はまだ「モンテッソーリをやろう」と決意を固めてなく、どちらかというと0歳代の時に体験で行った七田やベビーパークの影響で購入しました。どちらの教室にも置いてあって、実際体験でも使用しました。 まだまだ不勉強なのでモンテッソーリ的に百玉そろばんは推奨されてるのかは、よくわかりませんが、娘はまだあんまり興味ないようだったのでしまって [続きを読む]
  • DWE購入、一番初めにやったこと
  • こどもチャレンジEnglishにすっかり夢中になっていた娘。どうせならもっと英語力が身につくものを!と母の欲が出て、またしてもサンプルを頼んだDWE。サンプルDVDの食いつきはよく、ならばとこどもチャレンジを退会し、つい購入してしまいました。フルセットを。。。 DWEはアドバイザーさんが自宅訪問もしくは、専用のブースで説明を受けてからの購入になります。ですが我が家の場合、とりあえず一番ミニマムなセットを購入 [続きを読む]
  • 敬意をはらう
  • 娘が0歳の頃から続けている、福音館書店の絵本の定期購読。自分では、なかなか手に取らない絵本が毎月届くので、娘以上に私が楽しみにしています。特に楽しみにしているのが、「絵本のたのしみ」という折り込み付録です。 画像はお借りしました。 今月号の「絵本のたのしみ」にこんな記事がありました。 もちろん幼い子どもは、この世の中をまだよく知りません。だから「あれなに、どうして、見せて、やって [続きを読む]
  • 段階をふまえる大切さ、焦りすぎに注意!
  • 最近、自宅環境の整備を行っていますが、そもそも娘の動線がつかめていない母。あっちこっち家具や玩具の移動を繰り返しては、正解が見えず頭を抱えています。 どうしたら使いやすいの?今なんの敏感期なの?玩具はどうしたらいいの? と、様々な疑問が絶えずぐるぐる、ぐるぐる。ホームモンテッソーリ相談窓口みたいなのが欲しい!と心底願っています。アドバイザー欲しさにNAMCをはじめようか本気で悩むほどに。  [続きを読む]
  • モンテッソーリアンと生きる
  • 私は素敵ママに憧れてるだけ?と前回の記事に書きましたが、「モンテッソーリアンと生きる」を読み始め、モンテッソーリ教育の奥深さを垣間見、その思考の独りよがりっぷりに気が付きました。 モンテッソーリやアドラー、そして世の素敵な親御さん達。子どもの数と等しく教育法(生き方?)があります。例え兄弟であっても全く同じものはありません。 そういったものを知ることが出来た、環境、時代、そして知識 [続きを読む]
  • 私が目指すものは…
  • モンテッソーリだ、親子英語だと言いつつ、結局、自己反省が大部分をしめてしまっているこのブログ。今日もまた反省記事です。。 最近とても感じていたのは、私は子どもの教育に丁寧に向き合う、世の素晴らしいお母さん達に憧れているだけなんじゃ?ということです。 例えば「ザ・ギフテッド」の著者大川翔君の母、大川栄美子さん。子ども四人全員東大理Ⅲに合格した佐藤亮子さん。ネットを見渡しても「このお母さんす [続きを読む]
  • シール貼りで集中現象
  • 遠方に住みなかなか会えない妹一家が、先週末から春休みで遊びに来ています。泊まりに来ているのは自宅から電車で一時間の実家ですが、週末に気軽に会いに行けるのが、何よりの楽しみです。妹一家は子ども三人。我が家はおそらくこのまま一人っ子なので、縦割り?を日常的に経験できる兄弟がとても羨ましいです。 娘を見ていて、モンテッソーリの息吹を感じたことは、まだほぼありませんが、先週末一歳半の甥っ子にモンテッ [続きを読む]
  • タイトル変更
  • ブログを始めて間もないというのに、前回の記事からだいぶ日にちが空いてしまいました。 お休みをしている間に保育園の面談と参観、モンテッソーリ通信講座(てんしのおうち)の受講開始、DWE購入、パルシステム開始、年末に買ったばかりの洗濯機とルンバ故障(泣)など色々なことがありました。 あと、だいすけお兄さん卒業発表など(笑) そんな中、母がとにかく力を注いできたのは、自宅環境の整備と「娘 [続きを読む]
  • 英語育児を諦めきれない、でも…
  • 帰宅後、母が食事準備をする間、花はTVタイム。本当なら一緒に食事の準備をできたらいいのでしょうが、余裕のない母は、お手伝いはとりあえず週末で平日はTV頼み。 TVだったりDVDだったりと、花が希望する番組を流していますが、最近はもっぱらこどもチャレンジを流しています。 こどもチャレンジEnglishも受講しているので、できたら英語のDVDをかけたいのですが、花の希望は英語より日本語。すぐにおぼえた「も [続きを読む]
  • エンジェルハウス研究所 てんしのおうち
  • モンテッソーリ通信講座として言わずと知れた「てんしのおうち」。 私がてんしのおうちを初めて見つけたのは、モンテッソーリを知って割とすぐ、2015年の秋頃だった気がします。 ワーキングマザーの私には、スクーリングと言う選択肢が難しく、かといってスクーリングが全くないNAMCは、英語がからっきしダメな母にはハードルが高すぎました。そんな時に見つけたのが「てんしのおうち」です。これはまさに [続きを読む]
  • 一人で寝起きも自立への一歩??
  • 寝かしつけ備忘録 我が家の寝かしつけスタイルを簡単にまとめると、 1歳5ヶ月の断乳までベッドに座りながら授乳して寝かしつけ。添い乳は花も母も苦手のため、そのちょっと変わったスタイルに。1歳過ぎた頃から就寝時間は22時〜23時。一時間おきの授乳で、授乳時間は各10分程度。 断乳〜1歳8ヵ月まで寝る時間になると抱っこ紐で外を散歩。夜中に起きたときも同じく外を散歩。夜3回は起きていたので、その都度30分 [続きを読む]
  • 朝から反省
  • 昨日、花が寝たのは23時過ぎ。最近は遅くとも21時半にはベッドに入り、22時過ぎまでには寝ていましたので、久しぶりの夜更かしでした。「あれもやりたいのに、これもやりたいのに、とにかく早く寝て!」と21時過ぎあたりからイライラが止められない母。「どうして寝ないの?」と詰問調に何度も聞いたり、「一人で遊んでて」と花を冷たくあしらったりと、本当に散々な夜でした。 母に怒られ悲しい気持ちのまま寝た花は、その [続きを読む]
  • こどもチャレンジ!
  • 満を持して?というよりかなり出遅れ気味で、我が家にも、ようやくこどもチャレンジがやってきました。 Benneseさんから定期的に送られてくるパンフレット+サンプルDVD。そのパンフレットに書いてあった「しまじろうパペットは今月最後!」の文字。 実はこのパペット、姪っ子が持っているのパペットを見て、その可愛さにおおいに心を揺さぶられていましたが、これ以上玩具が増えても…とずっと入会を [続きを読む]
  • 玩具投げは、負の注目?
  • 最近の花のブームは、「おもちゃを投げること」。玩具投げが始まったのは、ここ2週間くらいのことで、投げる度に色々声掛けをしていたのですが、一向に収まりません。 昨日もお風呂を入る前に玩具をぽいっとした花。 「なんで投げるの?玩具さん可哀想だよ、お母さんは投げないでほしい」とアドラーを意識して努めて落ち着いた声掛けを何度か繰り返したところ、「玩具さん、ごめんね、よしよし」と自ら玩具 [続きを読む]
  • 飽きないこと
  • 我が家にある玩具の代表格は、アンパンマンのパン工場、メルちゃん人形、LEGOデュプロの三つです。 家にやってきた順番は、11月の誕生日=LEGO12月のクリスマス=アンパンマン月お正月=メルちゃんという順番です。こう見ると一カ月おきになにかしらの玩具を手に入れている…(^_^;) 直後はやっぱりそれぞれ玩具の出番が多かったのですが、未だに使用頻度が高いのは断トツでLEGO。家に着た順を考えるとレゴは最古参なの [続きを読む]
  • 早く!を卒業するために
  • 相変わらずアドラーやコーチング系の本を読む毎日。 着替えてくれたら、お母さん嬉しいなご飯たくさん食べれたね、お母さん嬉しい! なんて言葉を駆使してますが、相手は2歳児、暖簾に腕押しヌカに釘状態。全く手ごたえがありません。今朝もこちらの焦る気持ちなんてなんておかまいなしで、着替えをすっぽかしひたすらブロック。 結局一番即効性があるのは「早く!」。効き目が早くて強い薬と同じで、副作用たっ [続きを読む]
  • 子どもはみんな宇宙飛行士
  • (画像はお借りしました) 日本科学未来館の続きです。 宇宙飛行士という職業について、どういうイメージを持ってらっしゃいますか?私は知力・気力・体力すべてが揃った「選ばれた人間」が就く職業といったイメージを抱いています。 今までの自分の夢を思い出してみると、たいてい「自分でもなれそうなもの」が前提。挑戦や困難よりも、常に選択するのは手軽な道。そんな私の夢に宇宙飛行士が入ってくることは、 [続きを読む]
  • 科学未来館とモンテッソーリ
  • 先週末、お台場にある「日本科学未来館」へ初めて行ってきました。 館内に入ると、まず目に入ってきたのは、宙に浮かぶ大きな球体のビジョン、ジオ・コスモス。地球を表現していて、衛星を通してみたような地球の映像が流れていました。巨大な動く地球儀とでもいいましょうか。(相変わらずの表現力乏しさ…) 他にもASIMOの実演や、スーパーカミオカンデの縮小版、ISSなどがbずらりと勢揃い。「ロボットしゃん [続きを読む]
  • イヤイヤ期。応援して欲しい!
  • 花はお風呂が大好きで、一度入ったらなかなか出たがりません。対して母は根っからのカラスの行水派。しかもお風呂後にやることを考えると、本音を言えば湯船につからず、身体を洗うだけでもいいでは!?と思ってしまっているくらいです。なので母にとってはやや厄介なバスタイム。毎晩ある程度遊びに付き合ってから「そろそろ出ようよ〜」と促すも「ヤダ!」で一蹴され一悶着が起っています。 一回イヤイヤモードに入ると、大 [続きを読む]
  • 育児の軸
  • どういう子どもになってほしいか明確なビジョンを持つ、という言葉を度々本で見かけますが、やはり育児にも目標はつきものです。ですが、それがいまいちピンとこない母。相手は自分ではなく子ども。なのでどういう風に育ってほしいかと聞かれても、いまいち思い浮かびません。花が花の持っている力を十二分に引き出せるように、母はサポートしたいというだけです。やりたいことやって、なりたいようになってほしいです。 と [続きを読む]
  • 我が家の英語事情②
  • 昨日に続き、また我が家の英語事情ならぬ、母の英語事情を少々。 英語オンチを痛い程自覚している母ですが、花への英語の取り組みを意識し始めた頃、唯一買ったのがこちらのCD。 Wee Sing Children’s Songs and Fingerplays1,207円Amazon こんな初歩的なCDでさえ聞き取れない&CDブックを読めなかった母は、さらに英語育児からは足が遠のきましたが、このCDだけは気が付くとかけていました。おそらく花が産まれて [続きを読む]