だいすけ さん プロフィール

  •  
だいすけさん: ゆりめし
ハンドル名だいすけ さん
ブログタイトルゆりめし
ブログURLhttp://www.ulyssestsuri.com/yurimesi/
サイト紹介文釣ってきた魚の料理を中心に紹介します。
自由文完璧に突き詰めたレシピよりかなり簡単な方法、 完璧に突き詰めたレシピにそこそこ近い美味さ、 食材は自前で調達もしくはそれに準ずるもの、の3つが基本方針です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 191日(平均4.0回/週) - 参加 2017/02/02 05:38

だいすけ さんのブログ記事

  • ウナギのかば焼き
  • 最近ご無沙汰していますが、一時期ハマりにハマったウナギ釣り。ウナギなんて釣るものじゃないと思ってたんだけど、釣具屋さんで「ウナギ針」を見つけてハッとした所から始まりました。 店員さんに聞いてみると、荒川で夕まづめに釣れるとの事だったんだけど、実際釣れず。 ネットで調べると、ポイントが命らしく、細かい... [続きを読む]
  • オニヒゲのフライ
  • あえてオニヒゲでレシピを書いていますが、イバラヒゲでもそれなりのものが出来上がると思います。 因みにイバラヒゲはオニヒゲと比べて、明らかに身が水っぽいです。 そして、同じ鮮度でややサメっぽい臭みも感じました。 肝も然り。 生食にはちょっと向かないかな。 。 しかし、フライなら水っぽい分フワフワ度が増... [続きを読む]
  • オニヒゲの肝入りお味噌汁
  • 身に対して肝の割合が非常に多いソコダラ類。最近までそに肝は食べられるのかどうかわからなかったので、普通に処分していたんだけど、 とんでもない! 旨味とこってり感。 完全に常軌を逸しています。 さすが、深海という過酷な環境で生きている魚ですね! 。 というワケで、肝が余ってしまいました。 お味噌汁を作... [続きを読む]
  • オニヒゲのつみれ団子鍋
  • オニヒゲのナメロウは美味しかったんだけど、この日どうしても食べたかったものは鍋。 鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋。 。 ベニアコウが釣れなかったのでしょうがない、って自分に言い聞かせつつ、でもやっぱり食べたい! なので、強引に作ってみた。 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 オニヒ... [続きを読む]
  • オニヒゲのナメロウ
  • ベニアコウの外道で釣れてしまったオニヒゲ。 そもそもオニヒゲ自体、普通知らない魚でしょう。 図鑑によると、タラ目ソコダラ科でトウジンのように尖った顔が特徴。 トウジンより一回り大きく、ウロコが刺々しい印象であった。 。 恐らく釣れたとしても、船長がオニヒゲと言ってくれることはないので、、 ソコダラを... [続きを読む]
  • ホラアナゴの天ぷら
  • 実はホラアナゴなのかイラアナゴなのかよくわからなかったけど、とりあえずホラアナゴとしておきます。専門の図鑑でも、両者の同定は難しいと書かれていた両者。当然食味も変わらないでしょう。 風貌は全身黒いアナゴみたいなんだけど、初めて見た時、「口裂け女」を連想してしまった程大きい口。食べられる物なら何でも食... [続きを読む]
  • メバルめし
  • 沖メバルは予想以上に良い出汁が出ることがわかりました。特に兜。 まるまる1匹使って炊き込みご飯にしたら美味しいんじゃないかな、って思って作った1品です。 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 以前、ハナダイで邪道な麺つゆ使って作りましたが、今度はちょっと正攻法チックに。 丁寧にウロコとって内... [続きを読む]
  • ドンコのナメロウ
  • ドンコ。この名前は三陸地方での俗称で正式名称は「エゾイソアイナメ」というらしい。アイナメという名前がついているけど、チゴダラ属でタラに近い種のようです。 ま、細かい名前の話は置いておくとして、、 この魚、風貌が独特。どう見てもおいしそうには見えないのです。その為、釣ったそばから海鳥のエサにしてしまう... [続きを読む]
  • オキメバルの中華風蒸し物
  • ゆりめしレシピ、早くも100を数える事となりました。 普通に通過していきます。 。 特にこれ、というワケじゃなく、何となく頭の片隅に残っていた記憶が蘇り作った料理。 簡単で美味しかったので残します。 特に今回は40センチクラスのナイスサイズが4匹釣れたので、このうちの1匹を使って! 。 スポンサ-リ... [続きを読む]
  • オキメバルのお刺身とお寿司
  • メバルも色々と種類があるようです。浅場の岩礁地帯で釣れる黒っぽいメバルはクロメバル、深場の船釣りで釣るようなメバルはアカメバル(オキメバル)と呼ばれているんだけど、今回はアカメバル(オキメバル)、更に細分化してその中でもウスメバルが釣れたので色々作ってみました。 このウスメバル、実は私の中で水っぽい... [続きを読む]
  • イナダ大根
  • ワラサでも作ったんだけど、イナダで作った時のものをレシピに残します。 ヒラメ釣りのゲストで釣れたイナダ。 改めまして、イナダとはブリの幼魚で35〜60?のものです。 39?と45?の2匹が釣れたんだけど、このうちの45?のイナダを使って作ったイナダ大根が何だか美味しかった! 脂のノリはワラサに比べて... [続きを読む]
  • ワラサのカマの塩焼き
  • ワラサが釣れて真っ先に作りたかった料理がカマの塩焼き。 お刺身よりも、そしてしゃぶしゃぶよりも! ワラサの一番脂がのってる部位を無駄なく美味しくいただく、シンプルかつ究極の料理です。 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 3枚におろす。やや頭側に身が多く残るように。 しっかり丁寧に捌いてカマ... [続きを読む]
  • ワラサのしゃぶしゃぶ
  • 4.7キロのワラサが釣れたら、色々試すことができますね。 お刺身やお寿司も美味しかったけど、特に家族から好評だった一品はしゃぶしゃぶ! 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 捌く。(詳しくはお刺身とお寿司参) 切り身は厚くするのがおススメ! 良くも悪くも、釣ってきて自分で捌かないとできない芸... [続きを読む]
  • ワラサのお刺身とお寿司
  • ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ。言わずと知れた出世魚です。わざわざここで書く必要ないくらい、ググると情報はたくさんでてきますよね。 ワカシ(35?以下)、イナダ(35〜60?)、ワラサ(60〜80?)、ブリ(80?以上)。 大まかに関東地方ではこんな感じ。 なかでも、釣りの対象としてはイナダやワラサが... [続きを読む]
  • アジの干物
  • アジがたくさん釣れた時の保存料理の定番「干物」。 一度作ってしまえば、冷蔵庫で3、4日持つし、冷凍保存しても味落ちあまりないし。 何より簡単だし。 お刺身より、アジフライより、南蛮漬けより簡単です。 ただ、から揚げよりはやや面倒かもね。 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 私は背開き派。 ... [続きを読む]
  • アジフライ
  • アジをたくさん釣ってくる。釣行日の晩はお刺身やナメロウ。残り物でさんが焼きやから揚げ。から揚げついでに南蛮漬け。 さらに残ったアジはというと、 干物にして冷凍保存か、アジフライ用に捌いて冷凍保存! もしくは冷凍せずに料理! 。 まずはアジフライ。 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 ちょっ... [続きを読む]
  • アジのから揚げと南蛮漬け
  • アジ釣り行ってきたその日はお刺身とかの生食が基本なんだけど、火を通した料理も少しはほしいところ。ナメロウの延長料理で「さんが焼き」っていう手もあるけど、から揚げもカンタン! しかも、捌いて捨ててしまいがちな部位を使えば、もったいない観点から一石二鳥です! 。 ・手順 。 アジを捌く。 しっかり3枚に... [続きを読む]
  • アジのさんが焼き
  • アジ釣りに行った日の晩は、お刺身とかナメロウとかの生魚料理が主になるんだけど、火が通った料理も少しはほしい所ですよね。 普通に塩焼きとかから揚げでもいいけど、我が家ではサンガ焼が欠かせません。 理由はナメロウたくさん作っての「ついで料理」として! 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 下処理... [続きを読む]
  • アジのタタキ丼
  • アジのお刺身を作ると、どうしても端っこの部分(形が悪い部分)ができてしまいます。また、皮を剥ぐ時に失敗して、キレイな身にならなかったり、皮に身が付きまくってもったいなかったり。 そういう部分はナメロウにしてもいいんだけど、タタキもイイネ! 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 アジを捌く。 ... [続きを読む]
  • アジのお刺身とナメロウ
  • その昔、魚料理が上手くなりたい、というより魚料理をある程度できるようになりたい、って思ったときにとった行動は、スーパーでお刺身用のアジを買ってきて捌いた事。 YouTube観て勉強してから、丁寧にお刺身作る所まで練習した記憶があります。 。 「アジ料理を制する者は魚料理を制する!」 。 なんとなくで... [続きを読む]
  • イシモチのフライ
  • イシモチもたくさん釣れてしまうと、途中血抜きに失敗してしまう事が多々あります。要はザツになるって事ですね。 家に帰って頭を落とし、血がダラ〜ッで出てしまうものがこれにあたります。 しかし、こういう魚はフライにしてしまえば何の問題もありません。 (さつま揚げでも良いですが、半分ゴマ漬けにする事を考えた... [続きを読む]
  • イシモチのユッケ丼となめろう丼
  • イシモチ釣りやって、帰りぎわで船宿で教わったレシピのユッケ丼。簡単でなかなか美味かった! 焼肉のタレやコチジャンを使うという事で、素材の味はほぼほぼ消えてしまうんだけど、、 鮮度重視、食感重視で作ると良いです。 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 ユッケ丼。 大人2人分で中型イシモチ3匹。... [続きを読む]
  • イシモチのゴマ漬け
  • イシモチの腹側でさつま揚げ。背側は、 ゴマ漬け! 。 ジューシーなさつま揚げに対して、あっさりかつ味わい深い上品な一品です。 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 20匹位の捌いたイシモチの背側を準備。 これを8%の食塩水で一晩漬ける。 夜、寝る前に漬けて朝取り出すとイイ感じになってました。... [続きを読む]
  • イシモチのさつま揚げ
  • イシモチ釣りに行く=イシモチのさつま揚げが食べたい! 本当に美味しいんです、イシモチのさつま揚げ! 。 スポンサ-リンク 広 告 。 ・手順 。 イシモチ20匹前後準備。まずはウロコをきれいに落とす。 内臓取って頭落とし、3枚におろす。 3枚におろした半身、背側(上側)に中骨が残らぬよう、腹側(下側... [続きを読む]