一型糖尿でも適当に糖質制限。 さん プロフィール

  •  
一型糖尿でも適当に糖質制限。さん: 一型糖尿でも適当に糖質制限。
ハンドル名一型糖尿でも適当に糖質制限。 さん
ブログタイトル一型糖尿でも適当に糖質制限。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kazukou1508
サイト紹介文主婦の地道で平凡な糖質オフの日常。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/02/02 09:17

一型糖尿でも適当に糖質制限。 さんのブログ記事

  • 土台。
  • 私の事象として、糖質1グラム摂取で、調子の良いときで10mg/dl。悪いときで15mg/dl上がる。CPR検査でも、ほぼ枯渇に近いので、ブリットルな糖尿患者である。スーパー糖質制限(毎食20グラム以下の摂取)も、摂取前の血糖値が100だとしても摂取後は、300になるわけだから、インスリンを4単位打たなくてはならない。だから、毎食3〜5グラム摂取に控え、打つとしても1単位程度にしている。自分の闘病プランの土台にインスリンを必要以上 [続きを読む]
  • 抗原と抗体。
  • もやし、小松菜、糸こん、豚細切れを塩コショウで炒めて食べとけば、幸せを感じるkazukouです。あと、たまにスンドゥブね。糸こんは100グラム中、炭水化物が3グラムと記されていますが、大概の商品2.9グラムは食物繊維。だから糖質は0.1。上記で一番多いのは、もやし。それでも、3グラムは越えないので、楽チン野菜です。あの白い粉がないと、切なくもありますが、いつか安定価格で購入出来る日を夢見て、今は我慢。というのも、近 [続きを読む]
  • 2018年 9月の血液検査の結果。
  • 今日は、主人と休みが合ったので、共に診察してきました。主人は定期受診。順調で問題なし。待ち合い室で職場の現状を聞いたのですが、病んでる人がゴロゴロおるようで、「総務の○○さんが、一ヶ月来てない。○○部所の○○さんも俺と入れ違いで、療休で、あと、○○さんが…」みたいな…勿論、その方々は、心だけでなく、身体の方が芳しくないようなのですが、主人の職場、大丈夫か?会社ってそんなものなのか?本人は、調子が良 [続きを読む]
  • 主人の最近 2。
  • そういえば、主人は入院当日(7月30日)86キロ。糖質制限をキッチリしたにも関わらず、退院当日2キロ減の84キロ。身体の余計な水分が抜けた程度。脂肪が落ちたとは、お世辞にも云えない状態。ただ、10日程度の入院で血液の幾つかの数値が正常化したのと、身体が楽になったのは明らかでしたし、退院後も諦めず彼の意志で糖質制限は継続してくれていました。退院後は初盆を控えていたので、私が休みの日は、共に庭の草むしりや、いらな [続きを読む]
  • 2018年9月の定期受診。
  • 先日、眼底検査をしてきました。凡そ、一年半振りの検査でした。総合病院の糖尿内科に受診している時は4カ月に一度は眼科にもまわされていたのですが、病院変えたし。そろそろ行かないとな。と、思って重い腰を…。罹患年数が短いので、やはり問題なし。「教科書に載せても良い位、きれいなもんですよ」と、云われて。ほっと、ひと安心でした。「病気が病気なので、半年に一度は来てください。」云われたけど、取り敢えず一年に一 [続きを読む]
  • ただ、それだけの話。
  • 糖質制限。糖質オフ。制御。管理。選択。断糖。私にとって、云い方はどうでも良いのですが、(勿論、上記は取り組みレベルは違うかも…)ま、糖質制限。私は、これからも続けていきたいわけです。が、大切な人。大切にしようと思っている人。友人、知人。殆ど糖質制限は、していません。していないどころか理解もありません(笑)私は、自分の病気のこと、イチイチ人には話しませんが、ケトアシドーシスで入院した時、親戚にはバレまし [続きを読む]
  • 退院と InBody計測。
  • 主人が退院しました。盆前に退院予定でしたので、糖質制限教育入院は、本日で終了でした。たった12日間でしたが、Hba1cは、6.3から5.8に下りました。中性脂肪も基準値内の高値ではあるも下りました。これを続ければ脂肪肝も良くなるのでは!と期待大です。さすが、まだ予備群。ま、続ければの話です。入院中、毎朝、患者想いの主治医が、居室に訪れてくれていたようだし、管理栄養士にも優しくレクチャーして頂き、調理師さんも「 [続きを読む]
  • 主人の最近。
  • 主人のことを書いてみる。主人の仕事は福祉職である。割りと大きな事業所で、児童養護施設。母子生活支援施設。知的や身体障害者施設。老人福祉施設を幾つか抱えてている組織です。凡そ6年ごとに県内移動があり、以前は、身体障害者施設、児童養護施設で働いておりましたが、二年前より知的を抱えながら身体的にも軽度の障害を持つ方の施設に移動で勤務しております。この職場は、ちょっと遠くて市外です。毎日、車で往復85キロで [続きを読む]
  • 心の故郷へ。
  • 夏休み始まって直ぐに、3才から12才まで9年間過ごした島に親子4人で行って参りました。今年は義父の初盆が控えているので、旅行なんて行くのは、非常識なのですが。義父が元気だった時に食卓で義父母に「○○ちゃんが旅行で行ってみたい場所は何処?」って尋ねられたことがあって、幼少期に過ごした島にもう一度行ってみたい。私の心のふるさとです。と、答えました。義父母も来年は是非4人で行きなさい。と、いつも云ってくれてい [続きを読む]
  • 負け犬の遠吠え。
  • 耐糖能が、云たらかんたらとの記事をよく目にする。勿論、私も書いたことあるし、耐糖能がupするのは、勿論憧れではある。ただ、一型糖尿は耐糖能upは、現時点では不可能である。耐糖能を上げたい記事を見ると、そうだよねーと、素直に共感も出来る。同病者(二型でも一型でも)である。だけども、医師が云うと、違う。糖尿専門医でありながら、おそらく二型の方だけでなく、一型も臨床で診た経験があるであろう医師が云うと、むかつ [続きを読む]
  • ちょっとあり得ない数値。
  • 最初に云っておきますが、本日は一度も低血糖にはなっておりません。というか、数ヵ月、なっていません。私はリブレでは、いつも20から30。多い時で40低くでています。誤差がない時もたまにありましたが、9割は低くく出ます。大体この数値位の時は、血液で計ると80位です。実際の数値で70から90台をマークしている時は、ケトン体も1000辺りはマークしています。糖質制限者あるあるです。だいたい、本物の低血糖なら、こんなにアク [続きを読む]
  • パートを始めてみましたとさ。
  • 5月下旬からパートを始めました。近所の商店街にある整骨院です。自宅から300?。超近です!長男の低緊張や皮膚の感覚の鈍さ、扁平足、関節グラグラを少しでも機能向上させる為、4年間通い続けている整骨院です。整骨院は、(病院もそうですが)午前診療と午後診療が、きっちり別れているので、必ず家に昼に戻れます(近いから)ですので、義母の昼の用意も出来るし、淋しい思いもさせません。しかもパートは9:00〜12:00 15:00〜17: [続きを読む]
  • 良い日ばかりじゃない
  • 月の20日以上はgoodコントロールですが、ホルモンバランスが崩れ出す頃は、漏れなくこんな感じ。1単位打って尚、これです。明日のみ(今夜打つ分)基礎を9単位で過ごす予定。因みに今日は、10弱から20位の誤差しかありませんでした。食前で、170、180mg/dlは毛細管採血であります。だから、それ以外の日は頑張るしかないのです。毎月のことながら恐るべし、インスリン抵抗性ぢゃ [続きを読む]
  • 間質液の限界。でもリブレはお利口さん。
  • リブレは素晴らしい機器だと思います。冬など家事で手荒れも酷い時に毛細管採血は、ちーっと嫌でした。全く痛くも痒くもなく測定出来るなんて、幼い同病者のことを考えたら 最高の物が世に出たと思います。でも、間質液の数値には限界があるなぁと実感します。リブレは正確なのだと思います。それは、あくまでも間質液の数値が!正確と云う意です。血糖値と間質液は、しっかりと相関していることは事実ですが、リブレ(間質液)数値 [続きを読む]
  • リブレさん。
  • リブレを手に入れました。前の病院の測定器も、そのまま返さなくても良いとのことで、今の病院の測定器(電極がなくなり次第返す)だから計3個ある。個人的に前の病院の緑のが私には正確でお気に入りでした。で、リブレの毛細管血からの採血。これは、専用の電極あり保険適応で120枚もらいました。これをしっかり使わないと、保険適応にて出して貰ってる以上、病院が赤字になるらしい。皆さん、ご存知。二の腕裏につけてあるセンサー [続きを読む]
  • 何てことのない日々。
  • 何てことはない日々を過ごしているkazukouです。PTAでは、じゃんけんに敗北し今年もポイントを取れませんでした。ヽ( ̄▽ ̄)ノそうそう。先日、PTA総会があって、体育館に保護者が大勢集まるのですが、手練保護者とかになると、玄関で受付を済ませ、総会資料の冊子を貰ったら こっそり帰ったりするのですがその願望を持ちつつ、だけども仲良くさせて頂いてる素敵ママ友が副会長とかやっていてね、すんなり帰るの悪いなぁと思い、後 [続きを読む]
  • 数多ある情報より自分の結果こそが全て
  • 最近また、糖質制限論争がメディアや偉い人たちでなされております。末端の末端の糖質制限者としては、それぞれの見解にがっかりしたり、感心したり。まだ、糖質制限を始めて2年弱の私。はっきり云って初心者??です。が、1食の糖質摂取量を20?以下で取り組むスーパーではなく、スタート時から10?以下で行い。現在では5?以下で取り組んでいます。世間で云うところの極端な糖質制限者です。けれど、開始した途端に血液検査も [続きを読む]
  • 糖質制限の講演会。
  • 今日は、江部先生とたがしゅう先生の講演会に行ってきました。もちろん、勉強になりましたし、楽しかったです。会場を見回したり、ミーハーしてきました。あ、あの方はブドゥ党の党首さんかな?とか、そうに違いない。うんうん。と、独りで盛り上がりました。糖質制限している人、興味がある人が、一同に会する場所というのに行ったことがないので、何とも感慨深かった。講演が終わり、質疑応答も終わり、会場がポツポツになった頃 [続きを読む]
  • 鹿児島の糖尿仲間さん朗報です!
  • どーもです。糖質制限しようが、カロリー制限しようが、ケーキは糖尿患者にはハードル高いですよね。自宅からローソンまで500メートル。シャトレーゼも車で7分。自分で作るのが面倒だったり、プロの味に頼りたい時は、最高の場所に住んでいると思います。子どもにも普通の菓子を当たり前のようには、与えるのが怖い私は、自分が食べなくても、低糖質商品情報が、気になります。でね、でね。ガチに低糖質なケーキ屋さんを見つけまし [続きを読む]
  • りんご酢
  • 私が、皆さまに低糖質商品をご紹介することは、そうそうないと思いますが、(情報収集が遅い)本日、近所のスーパーでこんなの見つけました。ミツカンのこのシリーズは知っておりましたが、去年はこんなのなかった!100ml当たり1?の糖質量なので、りんご酢好きな次男にも気にせず、飲ませてあげられる。しかも、かき氷大好き次男に市販のシロップかけるのが、家では、どうも躊躇うのですが、「祭の時はイチゴかき氷も良いけど、家で [続きを読む]
  • 3月の血液検査の結果。4月の定期受診。
  • 受診してきました。実は11月にcペプチドが、0.4に回復してました。主治医とも喜び合っておりました。IPDカプセルはアレルギーの薬ですが、他のアレルギーの薬とは少し違う効能があります。免疫系にアプローチする薬です。今でる喘息発作や鼻水への即効性はありません。息子が酷い鼻炎で、一年を通してジュルジュルです。悪化すると、臭覚過敏になり、車酔いも酷くなり、学校でも家でも毎日吐きます。クループ咳も併発し、朝は学校 [続きを読む]
  • 3月の血液検査の結果と、4月の定期受診。
  • 定期受診に行ってまいりました。IPDを夏から服用して実は公表しませんでしたが、11月の血液検査でCペプチドが0.2から0.4に上がりました。主治医と、喜び合い。抗IA-2抗体にも有効かもしれないね!なんて云い合ってました。IPDカプセルはアレルギーの薬ですが、他のアレルギーの薬とは少し違う効能があります。免疫系にアプローチする薬です。今でる喘息発作や鼻水への即効性はありません。息子が酷い鼻炎で、一年を通してジュルジ [続きを読む]
  • 春のいろいろ。
  • 3月の定期受診で各種抗体検査、その他諸々の血液検査をしたのですが、結果は4月になります。私の血液検査をお一方待って下さっているようなので、今回も、頗る悪かろうがup致します(  ̄▽ ̄)さて、変化のない日常を送っておりますが、基礎体力を上げるために夜は、19時半より3キロランニングをしております。新陳代謝が悪いのか、私は流れるような汗をかかないのですが。(サウナに入ってもカピカピに乾くのみ)サウナスーツを着て [続きを読む]