三輪桃加 さん プロフィール

  •  
三輪桃加さん: 野菜&果物の美養栄養学
ハンドル名三輪桃加 さん
ブログタイトル野菜&果物の美養栄養学
ブログURLhttps://www.vege-bible.net/
サイト紹介文野菜ソムリエ上級プロが、野菜&果物の他、「食と健康」「食と美養」情報を発信するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供394回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2017/02/02 09:50

三輪桃加 さんのブログ記事

  • 米ぬかは免疫細胞を活性化してガン細胞を撲滅?
  • そろそろ夏日もなくなり、秋が深まってきましたね。寒くなるにつれて多くなる風邪やインフルエンザ、ノロウイルスなどの食中毒は自身の免疫力がカギとなってきます。免疫力をUPしてくれる食品は多数ありますが、日本人から昔から食べている漬け物のもと「米ぬか」にクローズアップしてみましょう。米ぬかに含まれるヘミセルロースに注目!玄米に含まれる米ぬかは栄養価が高いことで知られますが、体内での消化吸収が難しいのが難点 [続きを読む]
  • メタボ、高血糖、高血圧を黒豆が救う? その栄養は
  • 豆類というと、大豆製品ばかりが注目されますが、黒豆や小豆、金時豆、ひよこ豆まど種類は様々です。本日は、黒豆にフォーカスして、どんな栄養成分や機能性成分があるのか見てみましょう。メタボ対策、ダイエット、高血糖、高血圧など、様々な不調改善&予防に役立ちそうです。黒豆は数千年前から食されている黒豆は、漢方の世界では生薬として数千年前から食されており、黒豆の煮汁は咳止めや風邪薬代わりに用いられていました。 [続きを読む]
  • 目の疲れが災いする不調〜アントシアニンの必要量は
  • 近年、視力はいいのに、目が疲れ、ピントが合わない乱視傾向の人が増えているようですね。これはスマートフォンによる影響が大きく、時間と距離に比例する目の疲れだと考えられています。時間と距離に比例する目の疲れとは?仕事でパソコンを駆使し、そしてプライベート時間や通勤時間中はスマホやタブレット端末を駆使し、目を休ませてあげる時間が不足している人が増加中です。こうした場合、次第に目が疲れ、ピントが合わなくな [続きを読む]
  • ストレスから自分を守る行動や食生活とは?
  • 昨日の記事で、『万病のもと!ストレスによって現れる不調や病気とは』をお届けしましたが、日々の小さなストレスがやがて大きくなり、心だけではなく、カラダにも大きな負担がかかることをお伝えしました。本日は、ストレスから自分自身を守る行動や食生活についてご紹介します。その場しのぎのストレス解消は自己嫌悪・自滅に?ストレスを感じた時に陥りやすいのが、ヤケ食いやヤケ酒、買い物などです。その場はスッキリとして、 [続きを読む]
  • 万病のもと!ストレスによって現れる不調や病気とは
  • 年々、長時間労働などでストレスを抱え、うつ病などの精神疾患を発症している人が増えていますね。本日は、ストレスがどのようにカラダへと影響し、心身に不調を来してしまうのか、その原因やカラダのメカニズムなどを見ていきましょう。ストレスの原因は大きく2つストレスの原因は大きく2つに分かれており、人生を左右するような出来事と、日々重なる小さな悩み事に大別されています。人生を左右するような出来事主に環境の変化 [続きを読む]
  • 骨祖鬆症の原因や仕組み、改善食は?20代から注意
  • 骨祖鬆症(こつそしょうしょう)は高齢期の女性に多いのが特徴ではありますが、飽食の時代となった今日、新型栄養失調で、20代の時の食生活が後年に影響し、早ければ40代からかかる人も出てきています。特に骨量がピークを迎える20代は大切な時期なので、骨祖鬆症の仕組みや原因、食生活のことを早い時期から把握しておきましょう。骨がもろい若者が増えている?骨祖鬆症は女性に多い疾患で、男性の患者数の3倍に上ることがわかっ [続きを読む]
  • マグネシウムが多い食材リスト〜肥満、糖尿病を予防
  • 本日は、昨日の記事『マグネシウムの摂取を多くすれば肥満、糖尿病予防に』の続編として、マグネシウムを多く含む食材リストをお届けします。マグネシウムは日本の伝統的な和食の食材に多いので、和食をあまり食べない人は、何か1つ和のお惣菜を食べるようにすると取り入れやすいでしょう。マグネシウムの摂取を、少し増やすだけで肥満や糖尿病の予防になるので、リストを参考に、ぜひ実践してみてください。和食中心の食生活に戻 [続きを読む]
  • マグネシウムの摂取を多くすれば肥満、糖尿病予防に
  • 日本人が足りない栄養素の1つにマグネシウムが上がっており、実は深刻化しているそうです。 マグネシウムは必須ミネラルの1つで、日本人がマグネシウム不足に陥った時期と、糖尿病や肥満人口が増えた時期が一致するというデータもあるほど。 マグネシウムは玄米や大麦、雑穀類に多く含まれるので、日本人がこれらの摂取をやめて白米やパン食中心になったことも原因の1つのようです。 詳細を見てみましょう。マグネシウム不足の [続きを読む]
  • 海苔が貧血やイライラを救う?女性4人に1人が貧血
  • 季節の変わり目は日によって温度が違い、また1日の寒暖差もあるので、疲れを感じたり、イライラしたり、倦怠感が募ったりと、病院へ行くほどではない不調に悩む人が多いことでしょう。こうした不調は単純に「もう歳かな」「月経前だからかな」とガマンしてしまう女性がほとんどでしょう。そんな不調を助けてくれる食材が「海苔」。どんなパワーを秘めているのでしょうか?まずは貧血のカラクリから見ていきましょう。女性に多い不 [続きを読む]
  • 納豆から世界初!? 糖尿病を抑制する成分が発見
  • 納豆は特有の成分「ナットウキナーゼ」の健康作用で有名ですが、新たに血糖値の上昇を抑え、糖尿病や肥満の予防となる物質が発見されました。糖尿病の改善に大きく関与し、世界初の発見となるそうです。詳細を見てみましょう。血糖値の上昇を抑える注目の物質とは?日本人の糖尿病患者は2016年の『国民健康・栄養調査』(厚生労働省)によると、「糖尿病が強く疑われる者」の項目で約1,000万人となっています。また、「糖尿病の可 [続きを読む]
  • 食物繊維でアレルギーやアトピーを改善可能?
  • 野菜や穀類、海藻に含まれている食物繊維や食物繊維様と呼ばれる物質に、アレルギーやアトピーを改善するカギがあることがわかってきました。病原菌などの撃退には、どうやら腸内細菌が関わっている模様です。病原菌と腸内細菌の関係これから寒くなってくると、風邪やインフルエンザ、食中毒などの病原菌やウイルスが気になってくる季節ですね。そのために必要なのが免疫力。免疫とは、カラダに侵入してきた病原菌やウイルスを撃退 [続きを読む]
  • 酪酸を味方に付けた腸活が主流に? 日本・腸内研究
  • 長寿の人ほど腸内に「酪酸」が多く潜んでいるという報告が多く上がっており、耳にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。この酪酸を増やす食生活が、野菜やきのこ類、海藻類から摂れる食物繊維とレジスタントスターチやオリゴ糖などの食物繊維様たちです。詳細を見てみましょう。酪酸が多いほどスリムで健康に、そして長寿に?酪酸とは、腸内に潜む酪酸産生菌からつくり出される成分のことで、脂肪の蓄積を抑えたり、腸内の粘膜 [続きを読む]
  • 長寿食に生鮮肉も仲間入り? カナダ・最新研究
  • 主に心臓系の疾患予防には、高脂肪食であるお肉は控えるように言われることが多かったのですが、カナダの最新研究では、「生鮮肉」に限っては、心臓の健康や長寿食の推奨食材に入れてもいい!? ということがわかってきました。詳細を見てみましょう。生鮮肉は長寿食に?カナダのマクマスター大学の「心臓の健康と長寿を促す食事内容」の研究で、生鮮肉は心血管疾患や早期死亡のリスクを下げる食材の1つに入ると発表されました。た [続きを読む]
  • 秋バテは心臓系と頭痛・腰痛などに影響する?
  • 昨日の記事で「秋バテ」の特徴についてご紹介しましたが、本日は、秋バテが影響する代表的な病気や、頭痛・腰痛などの痛みについてです。秋バテは1日の寒暖差が5度以上あると起きやすいのが特徴です。10月は日中は真夏日、朝晩は寒いと10度以上の差もある時があるので、特に要注意の時期なのです。秋バテは心臓系の疾患に影響しやすい?秋バテは冒頭で述べた通り、1日の寒暖差で不調が起こりやすくなることを言いますが、この寒 [続きを読む]
  • 猛暑後の秋〜5℃以上の気温差が「秋バテ」を招く?
  • 今日から10月、秋も本番ですね。つい一ヶ月ほど前までは猛暑と闘っていたのに、一雨ごとに涼しくなって、5℃以上は確実に下がっていますよね。過ごしやすくなったはずなのに、だるさ、夜の不眠、昼間の睡魔、食欲がない、と夏バテがまだ続いているような状態の方も多いでしょう。これは今度はカラダが5℃以上の気温差についていけず、自律神経が乱れることから来ている「秋バテ」かもしれません。「秋バテ」とは?秋バテは冒頭で [続きを読む]
  • 1日50g減「3%ダイエット」が今秋のトレンド?
  • 残暑もほぼなくなり、これからますます秋が深まってきますね。「食欲の秋」なので、食べ物もおいしくなり、ダイエットは一休みしたいところでしょう。ムリなく太らない方法として、1日50g減量するダイエットが注目を集めているようです。詳細を見てみましょう。体重50gは食べ物のカロリー300kcal体重を1日50g落とすと聞いても、ピンときませんよね。食べ物の摂取カロリーに換算すると約300kcalです。なので、だいたい100kcal相当 [続きを読む]
  • 母乳育児は未来の脳卒中リスクを防ぐ?米・心臓研究
  • 昨日の記事に続き、本日も脳卒中についてです。アメリカの最新研究で、母乳育児(授乳)を経験した女性は、将来、脳卒中のリスクが低いということがわかりました。詳細を見てみましょう。母乳育児と将来の脳卒中の関連とは?アメリカのカンザス大学の研究で、母乳栄養(授乳)を行った女性は、特に閉経後の更年期に多くなる脳卒中のリスクが、低いということを突き止めました。この研究結果は、1993年から1998年の間に募集をかけて [続きを読む]
  • 1日30分の歩行が脳卒中を救う? 北欧・研究
  • 1日30分程度の歩行習慣があると、未来の脳卒中のリスクが有意に下がるようです。スウェーデンの最新の脳神経研究を見てみましょう。脳卒中とは?脳卒中は、大きく分けて2つに分かれ、脳の血管が詰まる脳梗塞(のうこうそく)系と、脳の血管が破れて出血する脳出血・くも膜下出血系です。動脈硬化も脳梗塞系の脳血栓症などの病気を引き起こします。脳卒中とは、これらの疾患の総称となります。血流が悪いと、体調が悪くなり、様々 [続きを読む]
  • 初秋の肌を整えるにはタンパク質とビタミンACE
  • 日に日に気温が下がってくる9月。そうかと思えば急に暑い日や日差しがキツイ日もあるので、カラダも肌も参ってしまいますよね。また、9月は夏の強い紫外線で肌にシミやシワ、たるみなどが浮き上がってきて、肌トラブルを起こしやすい時期でもあります。肌を元気にする栄養成分とは?肌トラブルを起こしにくくするには、化粧品だけでは追いつきません。カラダの内側からのケアも大切になってくるので、皮膚の基礎をつくるタンパク [続きを読む]
  • 初秋の肌を整えるにはタンパク質とビタミンACE
  • 日に日に気温が下がってくる9月。そうかと思えば急に暑い日や日差しがキツイ日もあるので、カラダも肌も参ってしまいますよね。また、9月は夏の強い紫外線で肌にシミやシワ、たるみなどが浮き上がってきて、肌トラブルを起こしやすい時期でもあります。肌を元気にする栄養成分とは?肌トラブルを起こしにくくするには、化粧品だけでは追いつきません。カラダの内側からのケアも大切になってくるので、皮膚の基礎をつくるタンパク [続きを読む]
  • オメガ3系脂肪酸はうつ病対策にも◎?米・最新研究
  • 魚介類や亜麻仁油などに含まれているDHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸は、脂肪燃焼作用や記憶力UP、心臓系の疾患予防になることで、よく知られていますね。ダイエット食品や美容にいいという見方をしている方も多いことでしょう。そのオメガ3系脂肪酸、今度はうつ病など精神疾患にもプラスになることがわかってきました。オメガ3系脂肪酸はうつ病にもいい?ストレス社会で心を病んでしまう人が多くなりましたが、アメリカのデュー [続きを読む]
  • オメガ3系脂肪酸はうつ病対策にも◎?米・最新研究
  • 魚介類や亜麻仁油などに含まれているDHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸は、脂肪燃焼作用や記憶力UP、心臓系の疾患予防になることで、よく知られていますね。ダイエット食品や美容にいいという見方をしている方も多いことでしょう。そのオメガ3系脂肪酸、今度はうつ病など精神疾患にもプラスになることがわかってきました。オメガ3系脂肪酸はうつ病にもいい?ストレス社会で心を病んでしまう人が多くなりましたが、アメリカのデュー [続きを読む]
  • つらい便秘、市販薬との付き合い方 一挙公開!
  • 便秘で悩んでいる人にとっては、市販の便秘薬は必須ですよね。なかなか便秘のためだけに医療機関へ相談にいく勇気がわかない人も多いことでしょう。しかし、服用しているうちに、効かなくなってきて、服用量が多くなり、副作用で他の病気に発展することもあります。少し割高でも漢方薬の方がカラダを温め、副作用が少ないので、その付き合い方を覚えておきましょう。便秘薬の薬効は2タイプに大別される便秘薬には、長期的に腸の改 [続きを読む]
  • つらい便秘、市販薬との付き合い方 一挙公開!
  • 便秘で悩んでいる人にとっては、市販の便秘薬は必須ですよね。なかなか便秘のためだけに医療機関へ相談にいく勇気がわかない人も多いことでしょう。しかし、服用しているうちに、効かなくなってきて、服用量が多くなり、副作用で他の病気に発展することもあります。少し割高でも漢方薬の方がカラダを温め、副作用が少ないので、その付き合い方を覚えておきましょう。便秘薬の薬効は2タイプに大別される便秘薬には、長期的に腸の改 [続きを読む]
  • 腸のぜん動運動を促して便秘を解消する簡単筋トレ
  • ここ数日、便秘についてお伝えしていますが、本日は腸のぜん動運動を促してくれる、簡単な運動習慣と筋トレのご紹介です。昨日の記事では便秘改善食についてお伝えしましたが、まずは、食事や運動習慣で便秘が改善していくと、排泄された便がどのように変わっていくかを見てみましょう。便の状態をチェックしてみよう!ご自分の便を、あまり観察することはないかもしれませんが、毎日、流す前にチェックすることも大切です。まず一 [続きを読む]