わんわんぶんぶん さん プロフィール

  •  
わんわんぶんぶんさん: 投資収益で温泉地リゾートに移住したい
ハンドル名わんわんぶんぶん さん
ブログタイトル投資収益で温泉地リゾートに移住したい
ブログURLhttps://wanbunresort.tokyo/
サイト紹介文専業投資家の元金融マンが、温泉リゾートでのセミリタイア生活を夢見るサイト。 先物・現物株に参戦中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供451回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2017/02/03 09:36

わんわんぶんぶん さんのブログ記事

  • ポイントを活用した投資は投資家と企業双方にメリットがある
  • 楽天スーパーポイントで投信を購入中私は今年に入り、楽天ポイントを活用して楽天証券で投信を買い始めました。但し、買い物はアマゾンが主体なうえ、クレカもジャックスがメインなのであまり楽天の通常ポイントが貯まりません。そのためポイントだけでは投信を買うことができないので、楽天銀行の定期預金・普通預金の利息が入金された際に楽天証券で楽天VTを購入するようして、その足しにしています。というのも、残念ながら楽天 [続きを読む]
  • Zenfone4をandroid8.0(Oreo)に早速アップデートした人柱報告
  • Zenfone4をアンドロイド8.0にアップデート当初は待つ予定がデータリリース後の数時間でアップデート実施昨日のIT系ニュースで目にしたのが、ASUSのZenfone3、Zenfone4シリーズの内の一部がandroid8.0にアップデートされるという記事でした。アップデート開始は4/19の15時。アップデートされるのは、前記機種の内で無印Zenfone3(ZE520KL/ZE552KL)、無印Zenfone4(ZE554KL)、Zenfone4Pro(ZE551KL)です。私が保有するZenfone4はCPU、RA [続きを読む]
  • メガバンク就職希望人気急落は安定神話が崩れた時代の流れ
  • 2019年春卒業予定者の就職戦線2019年春に卒業・就職予定大学生の就職活動がまさに活況の様相です。経団連に加盟する大手企業では3/1に企業説明会が始まり6/1に内々定が出されるようですが、それ以外の企業では既に内々定も出ていることでしょう。現在は空前の売り手市場であり、中堅・中小企業をはじめとして早めに優秀な学生を確保しようと内々定を出しているはずです。尤も、売り手市場であるということは、優秀な学生ほどそうい [続きを読む]
  • 今年の夏の沖縄旅行では特典航空券利用を断念〜競争率が物凄く高そう
  • 沖縄も大好き私は温泉が大好きで移住先も温泉地リゾートと決めているのですが、温泉地リゾートと同じくらい大好きなのが沖縄です。青い空と青い海、のんびりとした雰囲気は何物にも代えがたいものがあります。本来は沖縄も移住先候補の内の一つなのですが、気軽に入れる温泉が数えるほどしかないうえ、大気汚染・武力を含めた大陸からの力が気になり移住するのには躊躇します。旅行するにはとてもいいのですけどね。ちなみに宮古島 [続きを読む]
  • 貸株設定を間違えて解除されなかったので配当金相当額が雑所得になる
  • 保有株を利用した貸株サービス現物株式を保有している場合、多くの企業では半年もしくは1年に1回の基準日を設け、その基準日に受渡日ベースで株式を保有し株主名簿に記載されている保有者に対して、配当金を支払い株主優待を付与します。つまり、基準日以外に株主名簿に記載されていても配当などのインカムゲインは生まれません。もちろん、相場が上昇すれば評価額は増加しますが。一方で、株式を保有したままその株式を貸し出して [続きを読む]
  • 真鶴道路の激しい渋滞は抜け道の県道を通れば結構回避できる
  • 真鶴道路の渋滞にはまるとキツイ私がお気に入りの温泉リゾート地は伊豆です。しかし車で首都圏から東伊豆方面に行き、楽しい旅を楽しんだ後に待っているのが帰り道のキツイ渋滞です。ハイシーズンの日曜日昼過ぎともなれば伊東の手前から既に渋滞が始まり、網代・熱海中心部と続いた後にクライマックスは真鶴道路です…全線10キロ以上に渡る渋滞が発生することも珍しくなく、GWや夏休み・連休・お正月などは、それは考えただけでも [続きを読む]
  • 近所のレンタルDVD・CD店が閉店する〜たまにしか利用しないが寂しい
  • 近所のレンタルDVD店が閉店する先日久し振りに映画を観たいと思い、買い物ついでに近所のレンタル店に行ったところ衝撃の張り紙が!「突然ながら閉店させていただくことになりました。」です。閉店まで残り10日ほどになっており、レンタル用として提供されていた商品が大幅値引きで売られています。そのため陳列棚は隙間だらけ。今後閉店日が近づくに連れ更に値引率が拡大するようで、ますます商品が無くなっていくのでしょう…現 [続きを読む]
  • 汗脇パッドでTシャツ1枚の季節以外も超快適~小林製薬のメンズリフ
  • 昔から汗っかきなぜか昔から汗っかき私は昔から汗っかきです。太っているわけではないのですがかなり汗をかきます。この歳になっても新陳代謝がまだいいのか?それとも、子供の頃にエアコンの無い生活をずっと送っていたからなのか?今の若い方たちはエアコンのある生活を送ってきたたため、夏でも常に涼しい快適な環境に慣れており暑くても汗をかかない、というかかけない体質になっているとも言われています。私は田舎で育ったこ [続きを読む]
  • 東伊豆では月光による神秘的な道「ムーンロード」を見られる
  • お気に入りの温泉地東伊豆目標は温泉地リゾートへの移住とセミリタイア私の目下の目標は温泉地リゾートへ移住してのセミリタイアです。そして、現在の候補地としてNo.1なのが伊豆高原周辺です。伊豆もご多分に漏れず人口減少がきつく将来的にインフラ維持が厳しいですが、それでも伊東市周辺は温泉観光地として有名で観光客も多く、急速に衰退することはないと考えています。その伊豆高原周辺の温泉別荘地に関しては、9/30付移住セ [続きを読む]
  • 楽天銀行から証券会社に資金移動する際は振込限度額に注意
  • IPO抽選申込のため資金を移動するIPO市場が引き続き盛況IPO市場が活況です。初値が公開価格を大幅に上回る案件が常態化しており、今年に入ってからは特に初値が高騰するケースも多くなっています。例えば、REITを除いて4/10までに初値を付けた案件は全部で18件。その内、初値が公開価格を下回ったのは僅かに2件。一方、初値が公開価格の3倍以上になったのは5件。その内、3/28に公開したアジャイルメディアは何と公開価格の5倍以上 [続きを読む]
  • 賃貸住宅の強制加入損害保険料は結構安くすることが可能
  • 賃貸住宅入居に必須な損害保険加入春は引っ越しのシーズンです。進学や就職・転勤などで多くの人が引っ越しをします。そういった人たちの多くが入居するのが賃貸住宅です。私も長年賃貸住宅に入居しています。賃貸住宅を契約する際は不動産屋さんを訪問することになりますが、現在ではその前の段階としてネットで情報収集することが多いと思いますし、絶対に必要でしょう。まずは希望する地域の家賃水準などを知らなければ判断でき [続きを読む]
  • 一人暮らしの学生生活をさせてくれた親に感謝・感謝
  • 一人暮らしの学生生活にはとてもお金がかかる私は高校卒業後、親元を離れて一人暮らしをしながら大学に通いました。もう20年以上も前のことです。私の地元は相当な田舎なので、大学は国立大と公立大が一つずつとあとは女性が殆どの短大しかありませでした。地元の国立大や公立大に行けば自宅から通えるうえ学費も安いので親孝行なのですけど、友人たちが県外の大学を志望するのを見て私もと思ってしまったのです。尤も、友人たちの [続きを読む]
  • 合法的盗聴器になり得るAIスピーカーの設置はやはり躊躇する
  • AIスピーカーが盛況昨年、日本でもグーグルやLINEのAIスピーカーが発売され、最近はLINEの製品に加えアマゾンのEchoもTVCMでよく見るようになりました。本家のアメリカでは数年前からAIスピーカーが普及しだしており、もうAIスピーカー無しでは生活できないという人たちも出てきているようです。国内家電メーカーも、AIエンジンをアマゾンなどから導入することで製品化を急いでいるとの報道も。そして、AIスピーカーで何ができるか [続きを読む]
  • 季節的な動きを先取りする個別株に参戦してみた
  • 季節性を伴う株式四季とビジネスチャンス日本には四季があります。この四季があるおかげで豊かな生活を送れていると思っています。そして、四季により気候が変わるということは、その四季をビジネスチャンスにすることが出来るということです。例えば春を得意とする業種。ランドセルなどの教育関連、引っ越し関連。花粉症対策グッズ。夏清涼飲料水や一部アルコール、アイスクリームなど。夏を売り物にするリゾート地などのレジャー [続きを読む]
  • テレビ東京「厳選いい宿」経由の宿予約が結構使えることを発見
  • テレビ東京の宿紹介番組「厳選いい宿」個性的なテレ東による厳選いい宿キーテレビ局とはいえ、全国にネットワークを持ってはいないテレビ局。そして、その弱小度合いさえネタにしてしまうテレビ局。それがテレビ東京です。いろいろな政治イベントをやっている最中でもアニメ番組を放映するなど、独自の方針を貫きコアなファンが多いとか少ないとか…ちなみに、親会社は日経新聞社です。そのテレ東が放映している関東ローカル番組に [続きを読む]
  • 倒産リスク引受ファンドが登場すると、信用リスク縮小は末期段階
  • 債券投資のリスク債券投資の世界では、投資家が負うリスクは金利リスクと信用リスクに分かれます。金利リスクは単純に金利が上がる下がるだけでなく、利回り曲線の形状変化も含みます。例えば、長短金利差が縮小(拡大)するや、短期・長期の金利差は変わらないものの、真ん中の中期の相対的な居所が変わるなど(その形状からバタフライスプレッドと呼ばれます)。信用リスクについては想像がつきやすいと思います。同じ残存期間の債券 [続きを読む]