tadasi331 さん プロフィール

  •  
tadasi331さん: tadasi331岡ちゃんの菊の世界
ハンドル名tadasi331 さん
ブログタイトルtadasi331岡ちゃんの菊の世界
ブログURLhttps://ameblo.jp/tadasi331/
サイト紹介文巨大輪の菊を咲かせるために毎年試行錯誤してきた。これからも,より長く菊作りを続けていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2017/02/03 01:51

tadasi331 さんのブログ記事

  • 現状
  • このハウスで栽培して3年目になりますが,一番良くない出来具合です。 気持ちが入っていないことが,菊も微妙に分かったのでしょう。 それなのに,2週間くらいハウスに行けないので,どうなるのでしょう。 菊花展には,何が何でも出品したいのですが,先行き不透明です。 でも,目標がないと腑抜けになるのは目に見えていますので,諦めずに頑張ります。 スプレーマム 9号鉢と7号鉢に定植しました。 厄介な病気が再発し [続きを読む]
  • シクラメンとプリムラ
  • どちらも水やりだけは真面目にやっているので,少しずつですがそれなりに生長しているようです。 まずシクラメンです。 50本程度,定植を考えていましたが,日にちの経過に伴い1本1本と枯れていってます。 良く分からないままに育てているので,手の施しようがないです。 定植を30本に修正します。 次にプリムラです。 9号鉢に植え替え,ハウス内のパレットの上に置いていたのですが,菊の邪魔になるので,ハウスの東側に [続きを読む]
  • 摘心2週間後
  • 5号に鉢上後,最初の苗を摘心してから2週間が経ちました。 ビーナインを摘心直後に散布すると,上部の三芽が揃って伸びてくるのですが,全体的に徒長気味だったので,600倍を2回散布しました。 よって,効き過ぎたのか伸びが悪いようです。 摘心後1ヶ月経って,側芽が揃って15cmくらいに伸びれば成功ですが,その長さまでいきそうにないようです。 昨年も同じように伸びていませんでしたが,定植まで3週間しかありま [続きを読む]
  • 帰省(part3)
  • 昨日の続きです。 花が沢山咲いていたので,2回に分けました。 梅雨入り宣言が出て,雨が降っていたので,イマイチの写真が多いです。 記録用ですから,コメ欄閉めさせていただきます。 ご訪問,ありがとうございます。今月も,岡ちゃんだけの花・園芸ブログ「ポチッと」強化月間です。よろしくお願いします。  にほんブログ村 [続きを読む]
  • 帰省(part2) 
  • 野菜を持って帰るだけでは済まされないのが,実家の帰省である。 いつものコースで,花を見る,写真を撮る,あれやこれやの作業が待っている。 これから先,元気な姿はそんなにはないだろうと思うと,素直に動く自分が随分と変わったなと実感する。 1ヵ月ぶりということもあり,たわいもない話を長々とした。 冗談で葬式用の写真を撮ろうかと言うと,こんな作業服姿は写すなとの事である。 記念にと,ブログに載せようと思ってい [続きを読む]
  • 帰省
  • 広島地方気象台は昨日,中国地方4県が梅雨入りしたと発表しました。 平年より2日,昨年より15日早いそうです。 雨に濡れた鮮やかな紫陽花の色が楽しめる時期になりました。 1ヶ月ぶりの帰省ですが,今回はこの野菜を頂いたそうです。 万田酵素でも使ったのかと思うくらい大きなキャベツ,食べきるまで新鮮さはなくなるではと心配します。 今回も楽しみは言わずと知れた,いちじくであります。 1ヵ月見ていないので,大きく [続きを読む]
  • 福助づくり
  • 福助づくりは大菊をさし芽し,矮化材を使って草丈50cm以下に作る,一本仕立てです。 頭でっかちな福助人形に似ているから,この名がつきました。 福助づくりは栽培期間が短いので,苗の出来具合で花の良し悪しが決まります。 大菊3本仕立てのさし芽の苗で親株を作りますから,今回さし芽をした,余った苗を畑に植えました。 福助のさし芽の適期は,7月10日から15日頃ですから,この時期に摘心をしておくと,葉の数が12 [続きを読む]
  • 6月菊講習会
  • 今回は5号鉢上げ後の管理,三枝の高さと調整法と胴切り,三枝の整枝などが主な内容でした。すでに摘心は終えているので,今月末までいかにして勢いよく側芽を伸ばすかが,大切になってきます。 側芽の3本を揃えて伸ばすのが理想でありますが,揃わない時の調整など質問も多くありました。 それとこれからの管理としては,水やり,肥料,病害虫予防などに注意をし,吸肥力の強い根を育てることが大事であると再確認しました。 2 [続きを読む]
  • 苗が全てなくなりました
  • 今年のさし芽540本,多すぎた気もしないではありませんが,その苗が全てなくなりました。 特作花壇に出品する,クッションマムも鉢上げが終わり,後はスプレーマムとクッションマムが,2.5号ポットに残っているだけです。 これも,その内なくなるでしょう。 中央のパレットの上がスッキリとして,眺めがよくなりました。 これから,6月菊講習会ですが,1ヵ月は凄く早く感じるのに,今日は長い1日になりそうです。 5月1 [続きを読む]
  • 5号鉢上げ後の管理(part3)
  • 5号鉢上げ後の管理として,水やり,施肥に続き,最後は病害虫防除であります。 菊作りは,病害虫との戦いであると言っても過言ではありません。 それほど,病気や害虫がよく発生します。 ハウスで栽培しているので,危険な農薬散布は極力避けるためにやっている事として,EM・1,えひめAIなどで有用微生物を増殖させた土を作ります。 次に,竹酢,ニンニク,トウガラシなどの,自然農薬入っている活力剤を使ったり,シリカ [続きを読む]
  • 一雨ごとに緑が濃くなる6月(水無月)
  • 青田をわたる風もさわやかで,夏の訪れが感じられるようになりました。 折り返しの月になりましたが,いかがお過ごしでしょうか。 6月講習会資料ができました。 6月の内容は水やり,肥料,病害虫予防,三枝の高さ調整,三枝の整枝,定植(9号鉢)等です。 5号鉢で育てる時期ですが,梅雨と重なりますので,水やりが大切になってきます。 また,摘心も済まされていると思いますが,雨天が続き徒長しやすくなりますので,水やり [続きを読む]
  • 5号鉢上げ後の管理(part2)
  • 5号鉢上げ後の管理として,水やりについて書きましたが,強い根を作るための水やりに続き,大切なのは施肥であります。 5号鉢に鉢上げ後,活着したら施肥したくなりますが,小鉢期は活着後さらに4〜5日過ぎて,控えめに乾燥肥料を与えます。 そうすると,根が肥料を求めてよく伸び,吸肥力の強い根が育ちます。 菊専用の多くの乾燥肥料はありますが,育苗期専用に特化した,乾燥肥料「りんのちから」を今年は使ってみます。 [続きを読む]
  • 5号鉢上げ後の管理
  • 5号鉢上げ後の管理で大事にしたいことはいくつかありますが,長期に渡り一番気を付ける事は,9月上旬に行う追い込みに耐え得る,吸肥力の強い根をいかに育てるかであります。 追い込みに耐え得るとは,9月上旬から2週間毎日一気に豪雨のごとく,500〜1000倍の液肥を潅水するので,それに耐える根であります。 この時期から盆過ぎまで,水やりが極めて大事になってきます。 そのためには,水を控えめにし乾き気味に管理 [続きを読む]
  • 盆咲き菊
  • 5号鉢上げが終わり次にやることは,気になっていた畑の草抜きであります。 定期的に冬の時期から抜いてはいましたが,さし芽や鉢上げの作業が続き,抜くのをおろそかにしていて,アッという間に草がボウボウです。 盆咲き菊を植えるのはよいのですが,盆に咲いていないとシャレにもなりませんので,遅いのですが,5月中に植える目標を何とかクリアしました。 一昨年,墓参り用の盆咲き菊を,HCで購入しハウスの畑に植えました [続きを読む]
  • 5号鉢上げ終了
  • 22日まで155鉢が終わっていましたが,厚物の追加や管物(14鉢),一文字(6鉢)を鉢上げをしましたので,昨日やれやっと全てが終わりました。 予定より1日遅れです。 厚物はこれからの生長や,三枝の揃い方が上手くいかないのが出るので,どうしても不安になり,ついつい増えてしまい47鉢の追加となりました。 計算上は全部で222鉢でありますが,実際の鉢の数と合致しません。 厚物はこれで何とか,定植する100 [続きを読む]
  • 管物(くだもの)
  • 大菊は花の咲き方で,厚物,管物,一文字に分けられるということで,一昨日は一文字菊を紹介しました。 今回は管物です。 花が筒状の管弁であるものを管物と呼んでいます。さらに,管弁の太さによって,太管,細管,針管などに分けられます。 厚物がまだ20鉢くらい残っており,徒長気味なので早く鉢上げをしたいのですが,管物がそれ以上に徒長気味なので,こちらを先に鉢上げをしました。 全部で14鉢と少ないですが,6鉢く [続きを読む]
  • 広島城菊花展打ち合わせ
  • 昨日,菊友会と関係者とで,広島城菊花展について,打ち合わせを行いました。 今年は,10月27日から11月11日まで開催します。 それと来年は,浅野家第3代長晟(ながあきら)が,広島藩の藩主として入城してから400年に当たります。 こうしたことから,今年と来年はそれに関連するような,特作花壇にして頂きたいと要望がありました。 2年連続で同じテーマで特作花壇を構成するのは,難しい所もありますが快く了承し [続きを読む]
  • 一文字菊
  • 大菊は花の咲き方で,厚物,管物,一文字に分けられます。 厚物は大菊を代表する種類で,菊花展では最も多く出品され,大菊を栽培されておられる方ほ,ほぼ皆さんが栽培されています。 この度,会員さんより一文字の苗を頂き,その鉢上げが終わりました。 一文字は独特の咲き方をしますので,紹介したいのですが,初めての栽培なので写真がありません。 栽培方法は厚物,管物と変わりませんが,一重咲きで,幅の広い花びらが平た [続きを読む]
  • 摘心
  • 5号に鉢上げし9号鉢に定植するまで約1ヶ月あるので,少し余裕が出てきますが,やることは結構あります。と,昨日書きました。 鉢上げ後の管理としては,水やり,施肥(液肥,乾肥)         病害虫予防 摘心摘心後の三枝の整枝。ビーナイン散布 などがあります。 鉢上げ後20日を目安に摘心をしますが,スリットポットでさし芽をしているので,生長が早く徒長気味の苗がいくつかあります。 伸び [続きを読む]
  • 5号鉢への鉢上げ(part4)
  • 昨日まで白,黄各50本,赤55本,計155本の5号鉢への鉢上げをしましたので,今週くらいで予定の200本が終わりそうです。 でも,少ない品種を追加したり,管物や一文字を鉢上げしたりするので,おそらく200本は超えると思います。 昨年は4月26日にさし芽をして,5月26日に240本の鉢上げが終わっています。 今年は4月23日にさし芽をしましたが,鉢上げの終わる時期は,ほぼ昨年と同じペースです。 5号に [続きを読む]
  • 用土の突き固め
  • 5号鉢に植え替えるとき大切なことは,ふわふわした培養土を固めるために棒のようなもので,しっかりと突き固めるということです。 これは,9号鉢に定植する場合も同じです。 こうして植えますと,たっぷり水をかけても,鉢土が余分な水を含まないので過湿になりにくくなります。 それに,毛細管現象で水分がむらなく全体にいき,根がまんべんと張るので,根づまりがおこりにくくなります。 この植え付け法は,菊の小鉢から大鉢 [続きを読む]
  • 5号鉢への鉢上げ(part3)
  • 大菊の栽培方法は,さし芽箱から4号鉢,6号鉢,9号鉢の順で植え替えたり,さし芽箱から3号ポット,5号鉢,9号鉢の順で植え替えたりします。 実際この方法で,多くの方は栽培されています。 しかし植え替えの回数が多いと,根を傷め伸びの勢いがつきにくいようです。 勢いよく揃った三枝を作るためには,スリットポットにさし芽,5号鉢,9号鉢の順で植え替える方が,良いのではないかと感じます。 栽培方法は好みによりま [続きを読む]
  • スリットポット
  • これまでのポット挿しは,2.5号(7.5cm)か3号(9cm)の,ポリポットを使っていました。 スリットポットを使用してみますと,老化しにくいと言われている,縦に根が伸びたよりよい苗ができるようになりました。 しかし,スリットポットは2号(6cm)ですから鉢が小さく,スリット部からも乾きやすいので,草勢がつきにくいといった欠点があります。 したがって,トレーの底に新聞紙を敷いてから鉢を並べると,乾きも随分違 [続きを読む]
  • 5号鉢への鉢上げ(part2)
  • 昨日は曇っていましたが,とても蒸し暑くて作業も捗りませんでした。 予定の50鉢の鉢上げまで届かず,45鉢で終了です。 今日は晴れて更に暑くなりそうなので,熱中症に気を付け100鉢まで上げたいと思います。 余談ですが,以前,曇っていた日に作業していて,熱中症になったことがあります。 曇っており汗もかかなかったので,一日ほとんど水分を摂りませんでした。 医者曰く,曇っていた日はどちらかというと汗をかかない [続きを読む]
  • 5号鉢への鉢上げ
  • いよいよ5号に鉢上げでありますが,根が様子がどうなっているか毎年気になる所です。 4月24日に,さし芽箱に挿したものは,19日目でビニールポットに上げました。 4月23日にスリットポットとジフィーポット挿しをしました。 ポットの中に根がしっかり張り,外側に根が見えるようになってから5号鉢上げした方が,その後の生育がよいので,25日目を目安に植えつけます。 昨日の17日が丁度25日目になりますので,鉢 [続きを読む]