srikandi-ayu さん プロフィール

  •  
srikandi-ayuさん: srikandi-ayuのインドネシアへ一直線!!
ハンドル名srikandi-ayu さん
ブログタイトルsrikandi-ayuのインドネシアへ一直線!!
ブログURLhttps://ameblo.jp/srikandi-ayu/
サイト紹介文インドネシア人夫と2人の息子に囲まれてドタバタの日々!バリ島移住を目指してます☆
自由文若い頃から海外に飛び出したい願望が強く、カナダホームステイ、アメリカ留学、アジアをバックパッカーしたり。今でもその願望は健在です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供239回 / 259日(平均6.5回/週) - 参加 2017/02/03 21:58

srikandi-ayu さんのブログ記事

  • うちの気まぐれ花屋
  • 毎週、長男にすぐ近くの花屋へ行ってもらうことにした。家にお花を飾りたい…そう思ったからだ。なんのお花を買ってくるかは、完全おまかせ。Z君の気まぐれ花屋である。記念すべき第一回目は、『ママ〜!バリみたいな花があったんだよー!』と、興奮しながら持って帰ってきた。この花…よく飾ってたのに、まるで初めて見たかのような興奮ぶりである。やはり、自分で選んだ記憶、購入した記憶は、強烈な印象と共に心に刻まれるら [続きを読む]
  • 引力か魔力か
  • 昔むかし、私が初めてバリを訪れた時、同じ宿に泊まっていた日本人女性は、バリに60回は来ていると言った。彼女は、買い付けをしに来ていた。私はその時、現在の夫と結婚を考えていたので、きっと将来は日本とインドネシアを往き来するだろうと考えていたが、彼女は、日本でご夫婦で住んでおり、バリにそのような相手がいるわけでもなかった。60回も、1人で往き来していた。なぜそんなにも狂ったようにバリに来ているのか。ただ [続きを読む]
  • ロデにぶつけた週末
  • ホント、退屈な週末だった…冷たい雨は降り続き、家族はゲホゲホ咳込みまくり、私は生理痛に落ち込み、待ちに待ったインドネシアフェスティバルにも行けず…。ただただ、フェス帰りのブロガーさんの記事を文面から写真から舐め回すように読み漁った…。さぁ、想像してほしい。そんな状況の中、うるさい兄弟がキッチンの床で転がり続けるのを、ただただ眺める私の心境を…。 …悲しくなってくるぜ…この憤りと虚しさを思い切りぶつ [続きを読む]
  • ブラックマジック飛ばして!
  • 雨…。東京は雨…。気温も、昨日と比べ14度もガタ落ちするというこの秋雨の中、私たち夫婦は悩んでいた。この冷たい雨は、今週末も降り続け、さらには来週までも突入するという。ねぇ今週末は、代々木でインドネシアフェスティバルなんですけど風邪気味の次男を連れて、雨の中野外には居れない…。さらには、この日を一番楽しみにしていた夫は一番寒さに弱い。絶対外出しないのである。その上、現在風邪で喉がガッサガサ…。我が [続きを読む]
  • 我が子の故郷をつくる
  • この間の日曜日に、長男が市の秋祭りに初参加した。この、手前の帽子のオトコ。私たち夫婦は、結婚当初は都内に住んだが、当時、非正規雇用の私と無職の夫で家賃を削らざるを得なくなり、沿線上を下り、埼玉にアパートを借りた。青森県出身の私と、インドネシア出身の彼。縁もゆかりもなく、知り合いも1人もいない埼玉の土地で暮らし、子を産み、根をはることになったのだ。全く土地勘もなく、地域活動もよく分からない。職場も [続きを読む]
  • 小枝でトントン
  • 長男の初バリは2歳の頃。夫の出身地ジャワ島へは行かず、逆に夫の家族全員がぞろぞろとバリ入りした。デンパサールに一軒家を借りて、全員で一緒に過ごした。はしゃぐ息子が『かくれんぼしよー!』と私に言った次の瞬間、カチャッ…。と、不吉な音がした。『カチャッ』…?見ると、一階の私たち家族の個室のドアが閉じている…。アイツ…中から鍵かけやがった…それからは地獄のようだった。大家族は慌てふためき、閉じ込められ [続きを読む]
  • 座ってみましょうか?
  • ある日のことです。疲れ切って仮眠をとっていた私の周りを、ウロウロする人がいました。おや?なんだかとても気になるものが落ちてるぞ?座ってみましょうか。うん、中々いい!シャキーーーーーンこのイス中々いいですね。背筋がピンと!なりますね。さてと。では失礼!去るなーーーーー!サクッと去るなーーーーー!人の頭で休憩しといて去るなーーーーー!!そしてこの一部始終を笑いをこらえながら写真に収めてた長男!やめさ [続きを読む]
  • シンプルかブリブリか2
  • そういえば、33歳になった。長男の運動会でバタバタし感動し、夜はご飯に行ったりして家族に祝ってもらった日だった。幸せだなと思った。もうすっかり誕生日なんて過ぎ去り忘れた頃。職場の先輩がパンを焼いてきてくれた。林檎で薔薇…。思わず漢字で書きたくなるほど、ウットリするパンだった。そのまま食べようとすると、『待て待て待て待てい!!!!』『ろーそくを立てなさい!!!!吹き消しなさい!!!』長男がどこからか [続きを読む]
  • 青年よ、ほっといてくれ
  • ファッションって奥が深い。昔の自分を思い返すと、思わず赤面してしまうような格好ばかり。10年後、20年後には、今現在の私も滑稽に映るのだろうか。大学時代の若かりし頃、友人と2人でニューヨークを旅したことがあった。多様な人種と個性がウジャウジャしてる、そんなイメージのニューヨークで、私はカラフルな古着ファッションを試みた。個性的な人々が行き交うその街で、私のファッションなど、誰の注目も浴びないはずだっ [続きを読む]
  • アラサー初めての十五夜
  • 私の実家は、年間行事にとてもドライである。幼少期はずっと、父親が出稼ぎに出ており、帰省するのが年に二度のみだったため、母親は三人の子供たちを抱え日々の生活だけで大変だったのだと思う。そのため、クリスマスにツリーは飾るものの、その他のお食い初めやひな祭りや柚子風呂や、色々な行事をすっ飛ばしてきた。昨日、職場のワーママ仲間たちが『今日は十五夜だから、ススキを買って帰らなきゃー』『お団子だけじゃなくて [続きを読む]
  • 一歳の権力者
  • 一歳半になった次男Bくんは、さらに勢いを増し、兄のマネに励んでいる。昨夜は、サンシャイン池崎の雄叫びを連発する兄の横で、片手で拳を握り、そのままのけぞり、『ウオーーーー!』と叫びまくっていた。喧嘩をすると、あまりの激しさに割って入らなくてはいけないが、ふと見るとペッタリくっつき、2人の頭上にハートマークが見えるような時もある。運動会で兄が使ったポンポンは彼の宝物だし、ママじゃ泣き叫ぶ歯磨きも、兄 [続きを読む]
  • ルンバの性別
  • 欲しい…やっぱり欲しい…アナタが欲しい…ルンバ??うちの最大の悩みは、ベッドの下が掃除不可なこと。クイックルワイパーで掃除していたが、悲しいことにうちの寝室はなんと和室。あんな優しく撫でてるだけじゃ畳のい草の隙間なんか綺麗にならない。あぁ今こうしている瞬間にもダニが!ホコリが!!!しかも!そのベッドの下が大好きなうちのワンコが潜り込み、ホコリやダニを体にまとい、そして出てくる…恐ろしい…ホラーや [続きを読む]
  • エンマコオロギをかぶる人
  • 保育園を卒園して小学校ももう二学期である。もちろん新しい友達も増えたが、未だに長男の親友は保育園の頃の友達のようだ。進学でバラバラになった友達同士を会わせてあげたいと、開催されたバーベキュー大会。やはり、子供達、集まるとすぐにあの頃に戻るから見ていて癒される。普段は虫にビビる長男も、はしゃぎまくり、エンマコオロギを素手で捕まえる。さらには、何を思ったか、キャップを脱ぎ、その中にエンマ様を入れ、パ [続きを読む]
  • 6年生ってオトナなのね
  • 昨日は我が家始まって以来の小学校の運動会。朝からお弁当作りや場所取りに駆けずり回り迎えた運動会。5クラスの学年と4クラスの学年が混ざるこの学校、調整がかけられ、4色対抗となった。結果、長男の属する赤組は優勝したのだが、私が最も感動したのは、応援する組の優勝ではなく、長男の成長した姿でもなく、赤組の6年生の姿だった。『1位、赤組』とアナウンスが流れた途端に飛び上がり跳ねながら雄叫びをあげる低学年の [続きを読む]
  • 毎日もらうプレゼント
  • クゥ〜〜〜〜1週間終わったぜ!!業務的にも体力的にもパンパンだった今週。大変だった…でも!!いいの!!もう終わったんだから!!ランチは持参したホワイトシチューとパン屋さんのパン。分かってますとも!手抜きでもいいの!!最終日だったんだから!!今夜はこの1週間でパンパンに余裕が無くなってしまった自分をゆっくりと癒したい…。お風呂に浸かったり、ヨガをしたり、海外ドラマ観たり、ネイルを直したり…なのにあ [続きを読む]
  • 押入れの奥に人毛
  • Facebookに上がってきた8 years agoの文字…。たまに昔の投稿が自動で上がってくるのだが、いつも2、3年前くらいのものばかりだった。そこへ突如現れたエイトイヤーズアゴウ…。それは、新婚半年くらいの若い私たちだった…。…なんだこの2人は…。何から何まで突っ込みどころが満載で、どこから手をつけていいのか分からない。まず、私については、身にまとっているもの全て、現在では何ひとつ持っていない。処分してしまった [続きを読む]
  • 深夜のホーチミン
  • バックパッカー中に出会ったのは、キャラの濃いローカルだけではない。思い出に残る日本からの旅人達もいたし、在住日本人もいた。ベトナムに降り立ったのは深夜1時。宿もまだ決まっていなかった。タクシーで街中まで出て、そこから手当たり次第に宿の門を叩いて値段交渉するつもりだった。浅黒い肌がコテコテに光るドライバーの『ユーアンドミー!オールナイト!ゴーイン!ゴーイン!』という叫びを無視してタクシーを降りると [続きを読む]
  • ドメスティックバイオレンス
  • 我が家でDVが起きました。DV。ドメスティックバイオレンス。家庭内暴力。『どうしたの!その顔!!』昨日出勤して同僚に心配されたのは、この顔。ファンデーションを塗ってもまだ目立つ。その他、鼻の下にも多数の傷…。なぜに鼻の下を集中攻撃…。事件が起きたのは先週金曜の夜。ぬくぬくと毛布にくるまり安らかに寝ていた深夜のこと。ガシガシガシガシッ突如、顔に激しい痛みを覚え飛び起きる!!うえーーーーーーーーーい夜中 [続きを読む]
  • 朝4時から夫婦問題
  • 前回の記事で、夫が不当に扱われた(子供のことも言われた)事で夜も眠れなくなったと書いた。すると、優しい方々がコメントを下さって、中には『そのことで夜も眠れなくなる奥さんをもって旦那さんは幸せですね』と言ってくださる方もいた。しかし、せっかくいただいた温かい言葉に反するようで言いづらいのだが、どうやら夫はそうは思ってなかったらしいなんと、今朝四時から話し合いをしていた私たち夫婦。どうやら、夫は私に [続きを読む]
  • マウンティングをバッサリ
  • 心がザワついてうまく眠れない夜は、犬を連れて月を探しに歩いてみたり。前に一度失敗したあのインドネシア料理をせっせと作ってみたり。テーブルの上を秋仕様にしてみたり。マウンティングが好きな人がいる。無意識にしている人もいる。夫がいつも参加している飲み会で、差別発言があったようだ。仲が良いと思っていたので、彼はショックを受けたのだろう、『もう行かない』と私に言った。私はその場に居なかったし、夫の日本語 [続きを読む]
  • チョコを顔で剥がす
  • 駅ナカのベルギーワッフル屋さんManneken。長男の大好物なのでたまに食べるのだが…味わってる長男の横で…ワッフルに突っ伏して、上にかかってるチョコレートを顔で剥がしながら食べているこの人…。サイコウダゼーーーー!!!!このマネケンってヤツ、サイコウダゼーーーー!!!!そりゃオッサン顔にもなっちゃうぜ!!!食べ終わったらすぐに水を飲ませ、歯磨きをさせ、仕上げ磨きをし、虫歯予防の口腔スプレーを吹きかける [続きを読む]
  • 本当はずっとこうしたかった
  • 2008年、私は新人バックパッカーとして第1カ国目の韓国に降り立った。すぐに安宿を見つけ、そこを拠点とした。バナナの絵が大きく壁に書いてあるゲストハウスで、多国籍の旅人たちが泊まっていた。そこで出会った白髪に白ヒゲにブルーの目のアメリカ人。Jと名乗るその老人と、バナナの宿を飛び出してバスを乗り継ぎ港町へ行った時の写真が出て来た。市場には活気が溢れ、朝の港は清々しく、夜の港の明かりには胸が踊った。確か… [続きを読む]
  • 新宿に置いていかれて
  • 年に一度の会社の健康診断。いつもは、会社近くの病院で行なっているのだが、今年は別のところにシフトしてみた。ヘルチェック新宿西口センター。前夜から何も口にしておらず、電車でめまいを催し、道に迷いながらたどり着いたヘルチェック。中に入ると、いつものあの病院とは違う落ち着いた雰囲気。明るく丁寧な接客。着替えようとロッカーを開けてビックリ。くくくくく靴下が添えられてある…しかも、小物や貴重品を入れるクリ [続きを読む]
  • 恐怖の三輪車
  • なぜ、あんな物を買ってしまったんだろう。そう思ったことは無いだろうか。私たち夫婦は、昨晩、ひどく後悔していた。次男が店頭で泣いて暴れ購入することとなり、レジに並んでいる間も降りたくないと駄々をこね、わざわざ店員さんがレジから出てきて次男が乗ったままを会計してくださった、この三輪車。その晩、通常通り20時過ぎに寝かしつけの体勢に入ったのだが、次男が泣き叫び、絶対に寝ようとしない。どうあやしてもどうな [続きを読む]
  • 濃キャラ兄さん
  • 断捨離断捨離ダンシャリシャリ…最近、私の断捨離欲が止まらない。昨日もかまってちゃんな次男を左胸にくっ付けたまま、私の右手は物の仕分けに動き続けた。断捨離は、不要なものを手放してスッキリする効果と、大事なものを見つけ人生を再確認する効果があると思う。昨日発掘したのは、数々の写真。私はそれらを兄弟のグループラインに流してみた。私には、兄と弟がいる。普段交流がない私たち、しかし誰かがラインを入れるとそ [続きを読む]