フエッピー さん プロフィール

  •  
フエッピーさん: 「家は、空調。」24時間全館冷房(除湿) by 一条工務店
ハンドル名フエッピー さん
ブログタイトル「家は、空調。」24時間全館冷房(除湿) by 一条工務店
ブログURLhttps://fjyocojp.net/
サイト紹介文これまでに注文住宅を四軒建てました。誤解の多い高気密高断熱住宅の使い方と最先端の家作りを解説します。
自由文一条工務店にて、実家を「さらぽかi-cube」に建替え、自宅を「平屋i-smart2」で建築しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2017/02/04 05:36

フエッピー さんのブログ記事

  • クインティプル(五重)サッシについて想う
  • 将来、一条工務店がクワトロ(四重:クアドラプル)サッシを開発するのか興味深々な私ですが、もしかしたらクインティプル(五重)サッシも可能かもなんて妄想をしてみたいと思います。 サッシの現状最近ではトリプルサッシを搭載したハウスメーカーが増えてきましたが、実は準防火地域では使えない窓が多くて、ペアサッシになる場合が多いと思います。さて、一条工務店のサッシは単体の断熱性能(U値)が、トリプルサッシ0.8W(ハ [続きを読む]
  • 内覧会♯10 浴室
  • 本日は我が四代目のi-smartⅡの浴室についてです。 スマートバス1.25坪タイプを採用浴室はお洒落さを重視してブラックで、浴槽はオプションの半身浴タイプです。浴室は1.25坪タイプですから2.5畳であり洗い場が非常に広々としています。三代目のi-cubeでは標準の1坪タイプのi-スタンダードの浴室を採用していますが、こちらと比較してどうかと言われるとどちらも良いと思います。i-スタンダードの浴室の壁はタイル張りでスマートバ [続きを読む]
  • 内覧会♯09 脱衣所
  • 本日は我が家の脱衣所についてです。 洗濯物の完全部屋干し対応の脱衣所 完全部屋干しを推奨する理由高気密高断熱住宅では冬季は全館暖房、梅雨から秋雨までは全館冷房による除湿を行い、春や秋といった中間期は日射制御された窓を閉めていれば室内は一年を通じて快適な温湿度になります。このような四季を通じて窓から侵入する日射と室内の湿度をコントロールできるように設計された高気密高断熱住宅では、以下のような理由から洗 [続きを読む]
  • エアパスファンの設置方法を公開します
  • 本日は問合せの多いエアパスファンについてです。 エアパスファンとはエアパスファンとは書斎などのエアコンがない非空調ゾーンに、空調をしているゾーンから冷暖房の風を送り、非空調ゾーンの空調をアシストするための換気扇のことです。三菱の商品名ではエアパスファンといい、Panasonicではルームツーファンという商品名ですが、三菱製の方が消費電力が少ないです。一条ハウスは床下断熱+天井断熱であるため、床下や小屋裏は室 [続きを読む]
  • 内覧会♯08 蔵
  • 本日の内覧会はミサワホームで有名な「蔵」を一条工務店で実現できるかについてです。一条工務店の課題は収納力上記は一条工務店のリーズナブルな小屋裏収納オプションです。一条の小屋裏収納はミサワの「蔵」に匹敵する収納力がありますが、小屋裏収納は気密エリア外であるため室内から簡単にアクセスができないという問題があります。さて、一条工務店はスキップフロアができず、天井断熱と床断熱を採用していていることから収納 [続きを読む]
  • 一条施主は理系が多いの?いえ、私は文系です。
  • 我が家の内覧会を実施している最中ですが面倒になってきたので、たまには息抜きに別の記事を書いてみます。さて、今回は一条施主には理系が多いと言われるようですが、論理的な思考とか数字で考えることが好きとかいうことなのでしょうか。 私は文系です私のブログには計算式が度々登場するため、私を理系だと思った方が多いのではないでしょうか。確かに注文住宅を四軒も建てれば家作りは理屈っぽくもなりますね。しかし、私が学 [続きを読む]
  • 内覧会♯07 エアコン
  • 前回、空調設備である床暖房をご紹介した関係から今回は空調つながりでエアコンをご紹介をします。なお、少しの冷房エネルギーで家が冷えてしまう超断熱の一条ハウスですから、肌寒くジメジメした梅雨に備えて、室温の下がり難い再熱除湿機能のあるエアコンを選定しております。平屋の全館冷房のエアコン設置場所を検討しました設置したのは8畳用のエアコン1台のみで、上記が画像の赤く囲ってある部分にエアコンを設置しました。な [続きを読む]
  • 内覧会♯06 床暖房
  • 昨日から冷え込んだことにより床暖房を使い始めましたため、今回は床暖房についてです。床暖房のエリアは家の日当たりで分けました家の広さによって床暖房のエリア分けが可能な数は変わりますが、今回は4エリアまでの区分けでしたので、色々と検討してエリア分けしてみました。上記の画像は我が家の床暖房のエリア分けの状況です。5系統で4エリアであるため、赤の範囲と緑の範囲は実質は1エリアです。廊下がない平屋であるため [続きを読む]
  • 内覧会♯05 トイレ
  • 今回は我が家のトイレについてです。Panasonic アラウーノ タイプ1 トップカバー黒狭い平屋にも関わらずトイレは1.5畳の広さがあります。これは住設は豪華に最大サイズという今回の設計方針に沿って行ったためであり、トイレは普通では0.75畳あれば足りるため、倍の面積があります。平屋でありトイレは1つしかないということもあって、トイレは奮発してオプション品にしました。価格的には差額で144,900円でした。手洗いはト [続きを読む]
  • 内覧会♯04 洗面所
  • 今回は我が家の洗面所についてです。概要今回は狭い71m2の平屋にも関わらず2マス半という標準選択が可能な中から最大サイズのリュックドレッサー(洗面台)を搭載しています。 一般的には浴室に併設される脱衣所に洗面台は洗濯機と共に設置されると思います。土地が狭い場合などはスペース効率からもその方が良いと思います。ただ、今回は豪華さを演出するために標準選択できる最大の住設を全て搭載するということが、私のミッシ [続きを読む]
  • 内覧会♯03 玄関 
  • 本日は寒冷地に建つ我が家の玄関についてです。概要面積としては2マスの間口に奥行が3マス分です。広くもなく狭くもないといったところでしょう。ただし、左の脱衣所側の洗濯機を設置するスペースが食い込んできている形状となっています。また、玄関ポーチは建物に食い込んできているため、床面積には入りませんが施工面積に入ってしまっています。これは寒冷地であるため、玄関庇としてアーバンルーフが設置できなかったためで [続きを読む]
  • 内覧会♯02 フローリング
  • 今回は一条施主にとって、最大の悩みともいうべきフローリングの選択についてです。フローリング選択の問題点i-smartで標準選択できる幅が広い2PのEBシートフローリングは凹み易いという欠点があるため、施主が後施工で20〜30万円程度の費用かけてフロアコーティングを業者に依頼しているケースが見受けられます。床をピカピカな状態で光沢を長期間維持したいのであればフロアコーティングは良いと思いますが、凹みの防止としてフ [続きを読む]
  • 内覧会♯01 住宅概要説明
  • 本日から私にとって四軒目の注文住宅となるi-smartⅡの内覧会の開始をさせていただきます。最近、年のせいか詳細な記事や長い記事を書くのに疲れてきましたので、簡単な内容で短めに分割した記事を書いていこうかと思いますので、内覧会はかなりの期間になると思いますが宜しければお付き合いください(・∀・)着手承諾は2018年3月で引き渡しは2018年10月です。現在は仕様が変わっている箇所があるかもしれませんがご容赦ください。 [続きを読む]
  • 四代目の建物工事
  • 本稿は私にとって四軒目の注文住宅であり、次世代省エネ基準におけるⅡ地域(改正省エネ3地域)という寒冷地に建築するi-smatⅡの建物工事についてのご紹介です。住宅ローンの金利が低いことから善は急げということで、44歳にして老後を過ごすための家を建てることになったのですが、床面積は71m2と非常に小さな2LDK+ロフトの平屋です。 土台据え〜剛床基礎コンクリート打設して1月近く養生してから土台および剛床が設置され [続きを読む]
  • 四代目の基礎工事
  • 本日は私にとって四軒目となる注文住宅(一条工務店としては2軒目)の基礎工事についてです。土地の購入は2017年の10月末、基礎の工事は2018年4月下旬〜6月上旬でしたが、こちらのブログの更新が随分と遅れてしまいました。これまで私が建てた家はすべて二階建てでしたので、今回は人生初の平屋の建築となります。地価の高い都市部では広い土地が必要な平屋なんて贅沢過ぎて建てられませんが今回は建設地が田舎なので老後に生活が [続きを読む]
  • 家は三軒建てないと満足しないの本当のところ
  • 施主がもっと家作りの勉強をしないと「いい家」は建たない本日はこれから家を建てる施主にとっては耳の痛い話ですが、一軒目からいい家を建てるためのアドバイスだと思ってご容赦ください。注文住宅を四軒建てた経験者である私から言えることは、一軒目から満足できる家を建てたいのであれば、ブログやSNSなどに含まれる多くの誤った情報や考慮が足りない情報に惑わされないことです。「家作り」の前に、ブレずに本質を見極める [続きを読む]
  • まぼこさんによる冬季の湿度管理に対する考察
  • 本日は福島県の一条ブロガーである、まぼこさんによる冬季の湿度管理についての考察をしてみます。まぼこさんによれば、湿度管理をしっかり行えば、窓の結露は概ね防止できるとのことです。一条工務店さんの家で基本的に標準採用される防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ。 準防火地域などではペアガラスが標準かと思いますが、こちらのトリプル樹脂サッシは本当に性能が良いものなんですね。 以前にこちらの記事にてトリプル樹脂 [続きを読む]
  • 予算が足りない場合
  • 予算が足りない全館床暖房に憧れて一条工務店で家を建てたいけど、i-smartなどは高額で建てられないという方も多いと思います。必ずしもi-smartなどでなければ住み心地が快適ではないと言う訳ではございませんから、他にも検討の余地はあります。また、i-smartなどで建てても夏場の全館冷房を実施していない方もいますから、四季の空調を考えて家を設計すべきでしょう。また、ハウスメーカーが謳う高気密高断熱住宅については、高 [続きを読む]
  • 土地探しと地盤調査結果
  • お久しぶりです。こちらのプログでは久々の投稿となります。しばらく土地探しをしていました。そして、良い土地が見つかったためいよいよ私にとって四軒目となる注文住宅の建築がスタートします。本日は土地探しと地盤調査結果についてです。ブログの内容が紛らわしいですが、三軒目の実家の建替えが「さらぽか i-cube」で今回の四軒目の建設が「平屋 i-smartⅡ」となります。 小屋ブーム(出典:無印良品の小屋)世間では「小屋ブ [続きを読む]
  • 四代目 平屋 i-smartⅡ
  • 寒冷地に建つ床面積71m2の小さな平屋のi-smartⅡ私が四軒目の注文住宅として一条工務店で建てる寒冷地の家です。引き渡し予定は2018年10月です。田舎で土地が安かったため土地は140坪程度あります。さらぽか空調は素晴らしいシステムですが消費電力が大きいため、今回はさらぽか空調を採用せず、エアコンでの全館冷房を実施します。(画像貼付け予定) 主な特徴次世代省エネ区分Ⅱ地域(改正省エネ地域区分3地域)一条工務店i-sm [続きを読む]
  • 【3点だけ注意】一条工務店空調攻略法
  • 本日はこれから一条工務店で家を建てる方は必見の空調に要点を絞った設計ポイントをご紹介します。あくまで私の個人的な感想ですから情報の判断は自己責任でお願いします。過去にブログに書いた内容をまとめているだけなのですが、高性能な一条工務店の家の空調の弱点は3点だけだと思います(冬季の加湿は個人差があるため除く)。これだけで、四季を通じて温度と湿度がコントロールできる家になると思います。 ポイントは3つだ [続きを読む]
  • 全館冷房 エアコンはいつ止めるの?
  • 本日は全館冷房におけるエアコンの止める時期についてです。結論からいうとまだエアコンを止めるのは早いので、もう少しまった方が良いと思います。また、室内の相対湿度が60%を切れるのであれば冷房運転の設定温度を25℃程度に上げてもよいでしょう。 日中の外気の絶対湿度が14グラム以下になったら「秋の気配」今朝の外気は絶対湿度が13.9g/m3とほぼ14g/m3以下でしたからそろそろ秋の気配を感じます。ただ、日中はまだ15g/m3程度 [続きを読む]
  • 浄水器は必要か?
  • 本日は我がi-cubeに設置した10年間カートリッジ交換不要という摩訶不思議な浄水器についてです。 水道水はおいしくない?(出典:東京都水道局)私は味覚音痴なのか水道水がまずいとあまり思ったことがありません。ですから、親が浄水器を付けてくれと設計の時に言って来たので、内心は要らないんじゃないのと思いました。建て替える前の実家は宅内の水道管の錆からか、朝一に蛇口から出る水が若干赤かったらしく、親は浄水器を通 [続きを読む]
  • 冷夏におけるエアコンの運転方法
  • 8月なのにずっと雨が降っていますね。こうなると24時間全館冷房の運転が難しくなってきます。 昨晩の状態現状では二階の1台のエアコンを使った24℃設定の冷房運転ですが、室温が24.5℃、相対湿度が63%、絶対湿度が14.2g/m3となっています。エアコンの設置場所が二階のホールであることから冷風が人に直撃する事はないため快適ではありますが、室内は若干寒いか涼しいといった感じで、もう少し暖かい方が私にはあっています。窓の [続きを読む]