個人サロンオーナーを育てるサロンワークアドバイザー さん プロフィール

  •  
個人サロンオーナーを育てるサロンワークアドバイザーさん: 50万以上を稼ぎ続けるサロンワーク
ハンドル名個人サロンオーナーを育てるサロンワークアドバイザー さん
ブログタイトル50万以上を 稼ぎ続けるサロンワーク
ブログURLhttps://ameblo.jp/yotenn/
サイト紹介文個人サロンオーナー向けに、家族が応援したくなる、月50万以上を 稼ぎ続けるサロンワークを書いています
自由文家族を大切にする個人サロンの女性オーナー向けに、家族が応援したくなる、毎月50万以上を稼ぎ続けるサロンワークを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 293日(平均5.8回/週) - 参加 2017/02/04 10:44

個人サロンオーナーを育てるサロンワークアドバイザー さんのブログ記事

  • ロボットには決してできないサロンワーク
  • 共感は、こちらからお願いするものではないです。同意とか納得とか、感情的好意とか、思わず、頷いていたという感覚ですね。お客さまと共感の場をサロンワークで作る時も、同じです。それが誰かのよくない噂とか、悪口だったら、つまらないですよね。お客さまが愚痴ばかり言うような方なら、聞き流しているしか仕方ないですが、そんな人ばかり集まってくるようだと、あなたにも、原因があるのかも知れません。あなたが夢やビジョ [続きを読む]
  • 毎日の配信に書くこと
  • 毎日の配信に書くことはその中身が重要です。他のサロンでも書くようなことは意味がありません。あなたでなければ書けないこと、お客さまが、おもわず共感してしまうことを、毎日書く必要があります。ここで家族の応援が必要になります。あなたからの毎日の働きかけに対する家族からのフィードバックが、あなたの、お客さまとの共感の種になります。どんなフィードバックを受けても、しっかりと受け止めて、そこからの気付きを紙に [続きを読む]
  • お客様と接触頻度を増やす
  • リピートしてもらえない理由は、忘れていたからと、はっきりデータが出ています。ちょっとショックな理由ですが、お客さまは、あなたのサロンばかり考えているわけではないというわけです。今、リピートを作るためには、どうやって、接触頻度を増やすか、その競い合いになってきています。接触頻度を増やすには、毎日の情報発信なのですが、問題は、その情報の内容です。お客様にとって、役に立つか、面白いものでないと、お客さま [続きを読む]
  • 毎日の気付きを毎日書く
  • あなたのサロンのファンを作るためには毎日の気付きを書き出して、それをお客様に毎日配信します。その内容は、あなたのプライベートですが、ご主人から、どんなネガティブなフィードバックをもらっても、しっかりと受け止めて、さらにそこに気付きを探すという考え方は、他人のプライベートであっても、参考になります。参考にもなるし、共感が生まれやすくなります。お客様は、あなたの毎日の小さな努力に対して、応援をしてくれ [続きを読む]
  • 家族に対する気付きが、あなたの一生の財産
  • 家族から進んで喜んで応援したくなるように、まずあなたから、家族への働きかけを毎日していただきます。その時、特にやり初めの数日間、場合によって、人によっては数週間に渡って、ご主人と家族の皆様から、強烈なネガティブフィードバックを受けることがあります。それを受け止めて、どんなふうに解釈するかは、あなたの自由なので、あなたの決断にかかっています。家族への働きかけを続けるか、それとも途中でやめてしまうかの [続きを読む]
  • なぜサロンワークに家族の応援が必要か
  • お客様に、サロンのファン、あなたの応援者になってもらうためには、まず、お客様と信頼関係を作るところから始まります。例えば、お客様には幸福な時間を過ごしてもらうためにサロンをやっているんですと言いながら、実際は、幸福でなかったら、お客さまはがっかりですね。ある意味、あなたがとんでもなく幸福で、お客様には、そのお裾分けをしているくらいの感覚でいないと、他人に幸福感を味わってもらえないと思います。だから [続きを読む]
  • 夢を見せてくれるサロンワーク
  • 悩みや不安を解消してくれる美容知識はもちろん必要ですが、それ以上に大切なのが、夢を見せてくれる力だと思います。その場限りかもしれないけれども、もしかしたらその夢が、明日への活力になるかもしれない。それにはまず、あなた自身が、夢を見ている必要がありますね。それも、思いつきでなく、継続的である必要があります。時折、気の向いた時に夢を見るのは誰でもできることでしょう。でも、いつも夢を描けるのは、いつも自 [続きを読む]
  • サロンのファンを1人作る
  • 月間売り上げが50万でも100万でも、月の集客人数が100人でも200人でも、一人目の来客から、スタートしたわけです。一人目のお客様、一人目のファンくらい、大切な人はありません。それが、慣れてくると、同じように、接客することができなくなっていきます。すべてのお客様に、一人目と同じように接することができれば、今よりもっとたくさんのリピーター、ファンができているはずです。なぜそうならないかというと、1人のファンを [続きを読む]
  • 売上も集客も、時間も自分が作るもの
  • いつも何かに追われている感じがしますか。、それは、売上、集客、それとも時間でしょうか。毎日、やらなければならないことが多すぎて、今日も、やりたいことができなかった〜と、溜息をついているかも知れませんね。それがもう1年近くも続いて、気がついたら、あー今年が終わってしまうそんな状況でしょうか。この、家族が応援したくなる、毎月50万以上を稼ぎ続けるサロンワークは、売上も集客も時間も、自分がコントロールして [続きを読む]
  • サロン集客 紹介の秘密
  • 紹介による集客が一番堅実で、一番嬉しいものです。広告料もかからないので経費は安くすみますが、その変わり、手間と時間がかかります。紹介をしてもらうのは、誰かの紹介で来てくれた人に限ります。紹介での初来店時には、ウェルカムボードやお茶や香りやBGMなどは選べるようにして、できる限りのサービスをします。さらに、普通は選ばなかったり、メニューに載せていないオプションメニューを、紹介者特別メニューでサービスし [続きを読む]
  • サロンのファンを作り続ける
  • 毎月、コンスタントに新規顧客を30人集客しても、1人もファンになってもらえないなら、1年後の集客数は、やはり月30人です。これは恐るべき現実というか、恐怖以外の何物でもないですね。毎月、頑張って頑張って、30人の新規顧客を集めるなど、並大抵の努力ではありません。そのためにキャンペーンを張り、クーポンを仕掛け、利益の薄いお客様相手に限界まで、人数だけを頼りに施術を続けます。ぞっとしませんか。。。一方、月に1 [続きを読む]
  • サロンワークに付加価値を付ける
  • メニュー単価を上げる時とか、今よりもリピート率を上げたい時に、メニューに、付加価値を付けることが多いです。次回リピートなら数パーセントOFFとか、新しい技術やカウンセリングをプラスするとか、お得感を出して、単価アップに納得してもらおうとするわけです。でもこの方法も、限界が来ます。お客様は、あなたにつくのではなくて、ものや情報の、付加価値につくからです。家族が応援したくなるサロンワークは、あなた自身の [続きを読む]
  • サロンワークの目的
  • サロンワークの目的は、お客様に幸福な時間を提供することです。お客様の悩みや困り事を聞き出して、それを解決してあげることも大切ですが、それ以上の幸福な経験を提供できれば、他のサロンでは味わえないあなたのサロンの強味になります。その幸福な時間がサロンに来てもらっている時間だけでなくて、お客様が、日常生活でも味わえれば、あなたのサロンの印象は、ますます強くなっていきます。そのためには、施術で提供できる内 [続きを読む]
  • 家族の応援があなたのサロンの強味
  • 他のサロンとの差別化のためによく、サロンの強味を作りましょうと言われます。家族に応援してもらうあなたのサロンは、他のサロンにはない、家族の応援という強味を持つことになります。家族が応援してくれること自体、強味ですが、応援してくれるようになるまでのあなたの毎日の、家族との関わり方がお客様とのサロンワークで強味になってくるのです。家族に応援してもらう、家族から、進んで応援してくれる仕組みを作り上げるま [続きを読む]
  • お客様を全力で肯定する
  • お客様に信頼されるには、まず、お客様を徹底的に知らなければなりません。そのためには、お客様を全力で肯定する必要があるので、それいいですねの、連呼連発をします。自分の意見があっても、まず、それいいですねで、肯定してからにします。全力で肯定するというのは、お客様の心に寄り添うということです。できるだけお客様の心の近くまで行って、心に寄り添ってあげます。お客様は結果的にお金を払ってくれますが、それは結果 [続きを読む]
  • 気付きは人に伝えると価値を増す
  • 事実をよかったで受け止めてその後、「何で」と繰り返して、脳は動き出します。そうして新しい気付きを得るわけですが、それが何のためかというと、人にシェアして共有財産にするためです。癌を克服して一層大きな仕事をしたとか、事故にあって、パラリンピックで活躍しているとか、それらはみんな、事実を糧にしているからです。それを陽転思考と言っていますが、陽転するまでに、本人にしかわからない葛藤があったことが想像でき [続きを読む]
  • あなたの気付きはお客様との共有財産
  • 家族が進んで応援したくなるには、あなたからの働きかけがまず必要です。その働きかけに対して、強烈なフィードバックが予想されますが、そのフィードバックの受け止め方があなただけの気づきで、大きな財産です。気付きは、人に伝えるための勉強です。「なぜこんな言い方をされるんだろう」とか、「どうしてこんな態度をされなきゃいけないのか」とか、感情は波立ちますが、その時に、感情にどっぷりつからないで、事実の受け止め [続きを読む]
  • 家族の応援が、リピーターを増やす理由
  • 家族が喜んで、家族から進んで応援してもらうためには、初めにあなたから家族への働きかけが必要です。もちろん、応援して欲しいとか、手伝って欲しいなどと直接的なことを言ってもだめです。あくまでも、家族の方から進んで応援したいと思わせることが重要です。あなたからの働きかけに対してご主人初め、家族のみんなからは、相当強烈なフィードバックが返ってくることが予想されます。そのフィードバックを感情的にならずに受け [続きを読む]
  • サロンのお客様に質問すること
  • サロンのお客様へのヒアリングはサロンワークの、第1歩ですね。この第1歩目を、たいていの人が間違えます。お客様の現状把握は大事なので、生活上の悩みや、肌質、爪質などの確認、アレルギーの有無の確認も大切です。ポイントは、その次です。リピーターになってもらいたいとか、サロンの強味を知りたいと考えてしまって、次のような内容の質問を考えます。サロンに求めるものスピードか接客態度か、リラックスできる空間かなど [続きを読む]
  • 家族に応援を頼むと、気付きが多くなる
  • 人にものを頼むと責任も生まれるし、ものを頼まれることも多くなります。それを面倒くさいと思うか、手間がかかっても、応援を頼むか、分かれ目です。そこで諦めないで応援を頼み続けると、やがて、自分から進んで、しかも楽しんで応援するようになります。なぜなら、自分の応援がサロンの売上に結びついていることがわかってくるからです。あなたがサロンワークとして、自分とご主人とのやり取りについて、お客さまとシェアをする [続きを読む]
  • 家族が応援したくなると、サロンの売上が安定するのはなぜ
  • 家族に応援してもらうと応援してもらえない時とは、いろいろ違うことがあります。例えば、時間が作れるので、自分の体のメンテナンスができる。今まで、放ったらかしにしていたことができるので、そうすると、自分に余裕ができる。サロンワーク上、これはとても大きいですね。お客様にも、良い結果を引き起こして、リピートも増えます。だから、売上は安定します。或いは、家族の間でサロン経営の将来や、目標について話ができる。 [続きを読む]
  • 家族からのフィードバックも1つの事実
  • 家族に応援してもらいたければ、家族への働きかけが必要ですが、これが、ハードル高いんですね。なぜか。普段、やってないからです。家族への働きかけといっても、「応援して下さい」では、家族は動きません。思わず応援したくなるような言葉がひつようですが、それでも初めの1ヶ月のうちはネがティブな言葉や態度が返ってくるでしょう。向こうだって、機嫌のいいときもあれば悪い時もありますから。普通は、ここでめげてしまうん [続きを読む]
  • 家族に喜んで応援してもらうには
  • どうせ応援してもらうなら、嫌々とか義務感でなく、進んで喜んで応援してもらいたいですよね。そんな秘訣があるのでしょうか。あります!それは、あなた自身が家族との毎日の生活を喜んで送っている姿です。嬉しくって仕方がない姿をこれでもかと家族に見せつけて下さい。そんなアホみたいなこと。そう思ったあなた。考えてみて下さい。家族のみんなはあなたが幸福に毎日生活していることが、嬉しいのです。あなたが辛そうに疲れた [続きを読む]
  • 夢を伝えるサロンワーク
  • サロンワークのゴールは、商材の販売でも、高価格メニューの受注でもないでしょう。それは結果ですが、それがサロンワークの目的ではないでしょう。お客様が満足するように体調を整えたり、きれいにして差し上げるのはお客様が喜ぶのでサロンワークのゴールのようですが本当は、その先の何かをお客様と共有することではないでしょうか。それは夢とか願いとか、具体的には人それぞれですが、暮らしの上で実現したい何かのような気が [続きを読む]
  • 悩みを聞き出すサロンワーク
  • お客様の悩みを聞き出すのはヒアリングの第1歩ですが、本当の悩みを話してもらえるのは、信頼関係ができていることが前提です。信頼関係を作り前に悩みを聞き出そうとすると、当たり障りのない、本当の悩みではない答えが返ってきます。お客様の声を集めるときも同じで、信頼関係が、元になります。信頼関係を作るためには、まずお客様を信頼することですが、ここでも、普段の生活態度、心の傾向が表れます。普段、家族を信頼しな [続きを読む]