神無月 さん プロフィール

  •  
神無月さん: 窓の外には・・・
ハンドル名神無月 さん
ブログタイトル窓の外には・・・
ブログURLhttps://ameblo.jp/miracle-will-happen/
サイト紹介文間質性肺炎になった夫と共に闘病生活をより豊かに、 穏やかに暮らす為に模索中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 257日(平均3.2回/週) - 参加 2017/02/04 12:12

神無月 さんのブログ記事

  • 復活。
  • 今日は夫の大腸内視鏡検査の日、検査の結果、何もなければそのまま帰宅出来るが、車の運転は禁じられている。 もし、ポリープが見つかりそのまま切除となると、少なくとも今日は入院となる。なので一応入院の準備をして・・・先程私が車で送って行った。 過去にもポリープが二年続けて見つかったので、夫も私も今回も入院は覚悟しているが、後はポリープが良性か、悪性かが問題。(-。−;) そう、そう、7月の下旬、1週間ほど山 [続きを読む]
  • 30、大腸がん内視鏡検査前の診察を受け・・・
  • 陽性だった大腸がん検診、夫は先日、再検の為の診察に行きました。再び採血をし、内診。内視鏡検査は必要だとの事で、検査日は10月18日に決まりました。 大腸洗浄後、鎮痛・鎮静剤を静脈注射し、内視鏡で検査するのですが、この大腸洗浄には検査用下剤を1.5〜2ℓ飲み、その後5〜8回の排便で大腸内が綺麗になったことを確認し、内視鏡検査されるそうです。途中、痛みその他の理由で検査に支障をきたした時にはCTに切り [続きを読む]
  • 29、在宅医療用酸素濃縮装置の定期交換。
  • 先週末、帝人さんから電話が入り、午後から濃縮装置を交換に伺いたいが、如何でしょうか?と。出掛ける用事も無かったので、来ていただきました。 交換とはどういうことか?と、お話を伺うと、どうやら在宅酸素濃縮装置は2年ごとに新しい装置と交換する事が、義務付けられている様です。 振り返ってみれば・・・夫が間質性肺炎罹患が確認されたのが2015年4月、2回の入退院を繰り返し、酸素が必要になったのは、2回目の入院中 [続きを読む]
  • 常備食3、甘麹
  • ヨーグルトを作る機器(ヨーグルティア)を昨年8に購入する前は、スーパーで甘酒を買って飲んだり、酒蔵で酒粕を買って甘酒を作って飲んだりしていた。っが、純粋な甘酒(加糖無)は少ないし、酒粕で作る甘酒は砂糖が気になるし・・・(-。−;) ヨーグルティアを買ってからは米麹を麹屋さんから買い、甘麹を手作りすることにした。v(*^▽^*) 米麹を揉んでよくほぐし・・・ 米麹と同量の焚いたご飯を入れ、混ぜ・・・ お湯を回し入 [続きを読む]
  • 何故か気付かなかったマンホールの蓋。
  • 山小屋でのお散歩は、大概は多目的広場の駐車場に車を止め、湿原植物園横の道をお散歩します。 ここは道路が平坦で、周りの景色も広がりが有り、気持ちが良く、酸素を背負ってお散歩する夫にも最適なのです。о(ж>▽<)y ☆ そうそう、この道を何時もお散歩しているのに、何故か気付かなかったマンホールの蓋。有ったのです。それも2種類。Σ(~∀~||;)何処に行ってもマンホールの蓋は直ぐ見つけられるのにね。(*’艸3`):;*。 フ [続きを読む]
  • その名は”ころたん”。
  • 山小屋に行くときには、岐阜大和で高速を下り、やまとの町で本屋さんと、道の駅の新鮮野菜の店に寄り、白鳥のスーパーで買い物をしてから山小屋入りする。 今回、道の駅の新鮮野菜の店でメロン2個見っけ♪v(≧▽≦)迷わず買った!∵ゞ(≧ε≦o)ぶ! 去年この店で見て、同じメロンを1個買ってみたら見た目と違い、甘みも有って美味しかった♪その割にお値段も安く、500円。(≧▽≦) その後、見掛けることは無かったが、今年にな [続きを読む]
  • 高山の飛騨家具アウトレットへ。
  • 今回の山小屋行きは目的もなく、出来れば数軒先の山小屋のオーナーさんにお会い出来たら良いなぁ。くらいに思って行った。その方にはお会い出来たので良かった。(≧▽≦) 後は、のんびり過ごせば良いのだけど・・・今回は本も、パッチワークの材料も、何も持たずに行ったので、やる事もなく、めっちゃ暇してた。(υ´Д`)アツーなので高山にでも行こうか。ってことになり、日曜日に出掛けた。ひるがの高原SAのスマートインターから高 [続きを読む]
  • 山小屋にて、徒然なるままに・・・
  • 昨日から山小屋に来ている。 東名高速道路の集中工事の為、浜松西インターを入って間もなく車線規制で豊田ジャンクション迄一車線走行。(-。−;)途中、渋滞もあり、何時もの1.5倍の時間が掛かってしまった。(◎`ε´◎ )接続の東海環状線、東海北陸自動車道も微妙に何時もより混んでいた。 午後3時頃からの雨予報は・・・午前中、既に雨だし。(T▽T;)折角の3連休なのに。って、我が家オール日曜日なのだから関係ないといえば [続きを読む]
  • 手作り常備食2、カスピ海ヨーグルト。
  • 私がカスピ海ヨーグルトを手作りするきっかけとなったのは、スポーツジムクラブの友達との会話の中で「ヨーグルトの酸味と香りが苦手なの。」と言った私の言葉からその友達が「カスピ海ヨーグルト食べたことある?」と、聞かれ「無い。」と答えると、「カスピ海ヨーグルトだったら酸味も少ないし、まろやかだから食べられるわよ。」と言って、わざわざ自宅へ手作りのカスピ海ヨーグルトを届けてくれた。「半分食べてみて気に入った [続きを読む]
  • 手作り常備食 1、塩麹と塩麹キャベツ
  • 数年前、塩麹が流行った頃、夫が塩麹を作ってみようよ。と言った。メンドクサガリな私は毎日搔きまわすのは面倒だし、忘れちゃうから作らない。と言ったら夫は自分で麹と塩と水をガラスの瓶に入れ毎日搔きまわして作った。その塩麹をテレビ等で知ったレシピで漬物に使ったり、鶏ハム作りに使ったりしたが、ただの塩で作った味と何一つ変わらない様に思え、面倒なだけ!とか思って(夫も)塩麹作りは二度は無かった。( ´艸`) その [続きを読む]
  • お散歩用にします。( ´艸`)
  • 昨日は近くの小学校で校区町内運動会が開催されていた。聞こえ来る歓声やマイクの声に耳を傾けながら、私は先日、仕上げを残して放って置いたパッチワークのバッグを仕上げようとチクチク。 キルト作家斎藤謡子さんの作品が好きで、本も何冊か買い込み、好きな作品をチョイス、似た様な色合いの布を見つけてはキルトを楽しんでいる。 先日、作っていたのは↓の表紙にもなっているバッグ。題して「小鳥と樹木の2WAYバッグ」です [続きを読む]
  • 28、大腸がん検診が陽性判定。
  • 昨日、夫が電話をしている声が聞こえ・・・じゃぁ、○月○日の予約で・・・と、言う内容が聞えてきたので、電話が終わってから私:何の予約?夫:精密検査。私:えっ、何の精密検査なの?夫:大腸がん。 えぇーーー!!もう、ビックリ!!カテゴリー間質性肺炎の26、胃カメラ検査は断られた。の、胃腸科外科、肛門科専門のM医院で受けた法定検診結果が送付されていて、結果を見せて貰ったら、血液検査は先日の呼吸器定期検診時 [続きを読む]
  • ETC障害者割引の更新。
  • 夫の9月度定期検診の向かえ後、そのまま市役所に行き、ETC障害者割引の更新手続きをしました。 10月が私の誕生月で、2年ごとの更新の必要が有ったのです。ブログにも私が両股関節置換手術を受けていることを書いたりしてますので読んでいただいて、何気に覚えている方もいらっしゃるかもですが、実は私も両股関節置換手術後後、障害者となりました。 夫が障害者となる何年も前から障害者だったのです。なので、私の名前でE [続きを読む]
  • 27.9月度(9/25)の定期検診。やっぱり減薬ならず。
  • 昨日は夫の9月度の間質性肺炎の定期検診だった。何時もの様に朝はタクシーで出掛け、帰りは私が向かえに行った。 このところ、採血、レントゲン、Dr診察、診療計算、までに2時間半掛かり、支払い、隣接の薬局で薬を出して貰い、全てが終わるまでに3時間が通常となっている。 先月は診療計算後に電話を貰い、直ぐ家を出て向かいに行ったら、夫はまだ薬局で、そんな時には玄関に車を止め置き待つ事は不可能で、交通整理員&車の [続きを読む]
  • ちょっと大人な芳醇な味♪
  • 飛騨古川町の産地直売店で買ってきた桃1箱、そのまま食べた方が一番美味しいのでしょうが、何しろ大玉8個も入っていたので、そのままで4個頂き、残り4個は自宅に帰ってからコンポートにしました。 水、ハチミツ、レモン汁少量に白ワインも入れて、煮立ったら中火で7〜8分、煮込むだけです。桃1個を8等分に切って、4個でこ〜んなに沢山!(ノ´▽`)ノ そうそう、私、今まで桃の皮は入れないで煮てたのですが、改めてレシピ [続きを読む]
  • 八尾の町で、夫は「無理だ!」と一言・・・
  • 9月15日の記事に、風の盆に魅せられた知人の話を書いたが、そんなに彼を魅了して止まない八尾の町とは、風の盆とは・・・と、妙に気になりテレビのニュースでしか観たことの無い風の盆踊りを、改めてyoutubeで観てみた。 哀愁の有る胡弓の調べに、笠を顔が半分隠れる程に深く被った女性の緩やかで艶やかな踊りを観ていたら、やっぱり間近で観たい衝動に駆られた。と、同時に直木賞作家、高橋治の著書である「風の盆恋歌」も読んでみ [続きを読む]
  • 明るい未来を信じて・・・
  • 今回の山小屋滞在は3泊4日と短いが、7月から10月迄の長期に渡り、酸素濃縮装置をお借りしたので、テイジンの担当者さんから「ボンベもまとめて8本置いていきますね。6本使ったら又、お電話下さい。」と、言われていた。今回、7本目を使いはじめたところで連絡を入れ、新たにボンベも届けて頂いた。その時、濃縮装置の返却日の一ヶ月延長をお願いをしたら快く「良いですよ。」と、答えて下さった担当者さん。優しい柔軟な対応に [続きを読む]
  • 心配が止まらない。
  • 先週の木曜日から来るよう予定していた山小屋に、昨日から来ている。 予定を遅らせたのは、台風のせいだ。前線に影響を及ぼし遠隔豪雨の予報が出ていたのでそれを恐れて台風が過ぎ去るのを待ち、やっと行動したというわけ。 でも、確かその予報は東日本に出ていたような・・・(*’艸3`):;*。 プッだが、進路の予測も定かでは無かったし、もし、先週の木曜日に来ていたら今日、火曜日に帰宅予定だったから山小屋地方付近に丁度台風が接近 [続きを読む]
  • 処方されたルネスタを飲んでみて・・・。
  • この二年半、中々眠りに付くことが出来ず、精神安定剤や夫の飲み残しのレンドルミン0.25mgの半錠を貰って飲んだりしていたけど、そのどちらも服用後、1時間は眠りに付けない。どうやら私は入眠障害の様だ。 っで、年に二度、股関節の定期検診に行く整形外科でDrに相談したら入眠障害にはルネスタが良いと処方して貰ったルネスタは、非ベンゾジアゼビン系の眠剤で超短時間型なので内服後20分くらいで眠気が出現。ベンゾジア [続きを読む]
  • 風の盆に魅せられて・・・
  • 昨日(14日)から又、山小屋に行く予定だったが、大型台風が日本縦断するらしい予報が出ていたのでちょっと様子見。(-。−;) 今朝は今朝で又、北朝鮮が中距離弾道ミサイルを発射したというし・・・一体どうなちゃうのかしら?米国を交渉の場に引きずり出すことが目的とは言え、失敗したら日本に落ちないとは限らないのだ。考えただけで恐ろしい。(((゜д゜;))) そうそう、8月9日に「病気治療に必要な物は」という記事を書いたが [続きを読む]
  • 26.胃カメラ検査は断られた!
  • 夫は、8月の定期検査の折り、喉のつっかえ感をDrに訴えたところ、Drから逆流性食道炎かも知れない。がっ、当院では予約を取るのは難しいから他の病院で一度胃カメラで検査して貰う様にとアドバイスを受け、夫は早速、以前大腸検査等でお世話になっていた、胃腸科外科、肛門科専門のM医院に実施していなかった法定検診&胃の検査を電話で予約を取った。 その際、自分が間質性肺炎に罹患していて酸素吸っているので胃の検査は [続きを読む]
  • 今、余暇は全て・・・。
  • この夏は、山小屋で過ごす時間が多かったので、半年間手に取ることも無かったパッチワークを又、ちくちく縫い始めました。( ´艸`) 綿なしで作ってあったテーブルクロスを解き、綿を入れキルトに作り直したテーブルクロス、刺繍もするつもりが・・・良い案が浮かばず、先ずはキルティングが終わったところで完成とします。(;^_^A    自宅の食卓に掛けてみたが・・・このテーブル(180cmx90cm)には小さい。(_ _。) 110cmx [続きを読む]
  • 夫の眠剤を半分個。( ´艸`)
  • 6日(水曜日)に山小屋から帰って以来、夫は夜、眠りにつく時間が早くなった。( ´艸`)山小屋では10時半〜11時には眠っていたのでその時間には眠くなるのだと。 っが、2時間も眠ると一度目が覚め、トイレに起き、その時点で眠剤を服用。そのままほぼほぼ朝まで眠れるらしい。以前は夜中に尿意をもよおし、二度くらい起きていたらしいが、最近では起きても一度、トイレから戻りベッドに入れば直ぐ眠れるらしい。ププッ ( ̄m ̄*) [続きを読む]
  • 美味しかったから・・・許す。(*’艸3`):;*。 プッ
  • 山小屋滞在中に岐阜大和まで買い物に行き、道の駅「 古今伝授の里 やまと」に寄りました。私の好きな道の駅の一つです。お土産品や物産品販売に 加え、足湯(無料)、郷土料理店、レストラン等が有り、ゆっくり出来る空間(^ε^)♪です。 中庭 足湯 あっ、今ここで思い出しましたが前にもブログで書いた様な記憶が・・・。( ゚∀゚; )タラー ここでは、地元産のハチミツ1200g入り2本と、滅多にお目に掛かることの無いメロン「ころたん [続きを読む]
  • 疑問だけが残った。
  • 昨日の未明、夫の咳で目が覚めた。(-。−;) あまり声を掛けても本人も嫌がるかも。と、暫く様子を伺っていたが、一向に咳は止まらず苦しそうだった。 あまりにも続く(20分位)咳に黙っていられなくなり、大丈夫なの?と、声を掛けてしまった。夫は「何だか急に咳が出て、止まらない。」と、言い、ベッドから起き上がり寝室からリビングに降りて行った。私は「蜂蜜を少し舐めたら喉が楽になるかもよ。」と、声を掛け寝室から降りていく [続きを読む]