ぺーじいさん さん プロフィール

  •  
ぺーじいさんさん: ぺーじいさん
ハンドル名ぺーじいさん さん
ブログタイトルぺーじいさん
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/arakim_0826
サイト紹介文ぺーじいさんの『出雲ふるさと通信』
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 248日(平均3.9回/週) - 参加 2017/02/04 16:29

ぺーじいさん さんのブログ記事

  • エンゼルトランペット
  • エンゼルトランペットあまり目にしない花だと思います。友人の家の庭先で毎年咲いています.が気になっていた花なのに名を思い出せませんでした。記憶にとどめるために自分のブログに載せておくことにしました。珍しい花と思いますのでお見せします写真は友人の投稿から拝借しました。但し、毒性のある植物だそうですのでご承知おきくさい [続きを読む]
  • 出雲全日本大学駅伝
  • 出雲大社正門前をスタート出雲ドームをゴールに明日、9日月曜日第29回出雲全日本大学選抜駅伝が21チームの参加を得て午後1時号砲一発行われますフジテレビ系列で午後1時より生中継久々のふるさとをご覧ください駅伝の効果、影響もあってか出雲大社境内、表参道神門通りは一日中ごった返しています。 [続きを読む]
  • 一日一善
  • 昨日のお話です朝、いつものコーヒーブレイクのお店の玄関ドアの前で失神しているような小鳥を発見。たぶん、透明ガラスのドアに衝突したのでしょう。取り上げて、近くの木の下に放してやりました。キーと鳴き声を上げ少し歩きましたから大丈夫でしょう。 [続きを読む]
  • お寺でジャズコンサート
  • 菩提寺での手作りジャズコンサート平成14年に始まりました第一回、第二回は日野皓正さん第三回、第四回はバイオリンの寺井尚子さんジャズの大好きな方丈様を菩提寺の創立30年を超えた坐禅会会員平均年齢もいつの間にか70歳に近づいた『坐禅をして心にゆとりを持つ会』がお手伝いをして今年は数えて十一回目のコンサート熱情的なピアノ演奏にドラム。マジでピアノがぶっ壊れそうでした。演奏者曰く『ピアノは本当はピアノフォ [続きを読む]
  • 曼殊沙華
  • 出雲大社東神苑の南の端に、沢山の曼殊沙華が咲いている場所があります。彼岸花では仏様の臭いがするので、今日は曼殊沙華と呼びましょう。明日26日は彼岸明けで、今年のお彼岸も終わりを告げます。ヒガンバナはほかに十を超える名前を持っていることをご存知ですか。ただ、他の名前は、どちらかというと不吉な名前が多かったりで、あまり素敵な名前はないのです。 [続きを読む]
  • 素鵞社の大磐
  • 御本殿の北側に位置する素鵞社(御祭神スサノオノミコト)の裏手に回ると八雲山に繋がる大きな磐あり触れるとパワーをいただけるという。素鵞社にお参りしたときには必ず裏手のこの磐にもお参りするのだと教えられ大社で生まれ育った者は誰もが今までも忘れず守っています。 [続きを読む]
  • 沖ギス
  • いつものお店で、いつものメンバー5人でコーヒーブレイク一人の仲間の朝定食にでた沖ギスの塩焼きに『美味しそー』と皆が声を上げたすると、間もなく全員に沖ギス塩焼きがサービスされた\(^o^)/あまりの美味しさに思わず叫んだ『お銚子一本』!(^^)! それだけは聞き入れてもらえませんでした!(^^)! [続きを読む]
  • ウォーキング
  • 酷暑、熱中症、雨・・・高齢化を言い訳にして50日も遠ざかっていたウォーキングを区切りの良い、本日9月1日を期して心機一転、明日からの毎日の実行を目指して再開しました。久々のウォーキングは逢う人逢う人から『久しぶりですね』のありがたい言葉を頂きながら、月始祭が営まれていた出雲大社へ参拝。社殿の案内板にはQRコードが記されIT化、国際化が進んだ印象を受けた以外はいつもと変わらぬ出雲大社でした。秋めいた [続きを読む]
  • 神門通り線2工区(宇迦橋)ワークショップ3
  • 神門通り線2工区(宇迦橋)ワークショップ3に前回に引き続き参加!(^^)!先日、戸畑に出向き戸畑祇園大山笠行事と大社吉兆神事がコラボし、大社には動の祭りはないが、大社にある静の神事の素晴らしさ改めて気付かされ、その静こそが大社のイメージだと思うようになり、大社への入り口となる宇迦橋は、やっぱり静なるものが良いと考えはじめました。橋は石造りが一番だと決めつけていましたが、堂々とした風格がある反面、少々重く [続きを読む]
  • 吉兆さんと戸畑祇園山笠のコラボ
  • 22日、23日と北九州戸畑に行ってきました。出雲大社平成の大遷宮の際に奉納された戸畑祇園大山笠行事が、2016ユネスコ無形文化遺産に登録されたお祝い行事に、大社より吉兆さんを引っ提げて大社町吉兆神事保存会70名の一員として参加させて頂きました。正月三日の真冬の神事を、真逆の真夏の七月、動の祭りの代表格山笠に対して、正に静の神事の吉兆さんをビル街に立ち上げ大社神謡を高々と詠いあげました。静と動のコラ [続きを読む]