秋子 さん プロフィール

  •  
秋子さん: ミニマリストになりたい 秋子のブログ
ハンドル名秋子 さん
ブログタイトルミニマリストになりたい 秋子のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/otta3/
サイト紹介文家族3人、猫1匹の持ちマンション暮らし。日々のこと、私の感じたことについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/02/04 20:31

秋子 さんのブログ記事

  • 「手作りお菓子」をやめた理由
  • クッキーやケーキ作りを楽しんだ時期がありますが作るのをやめました。 自分でお菓子を作るとバターと砂糖の量に驚愕しました。 気が向いたときお菓子や和菓子、ケーキをお店で買います。 手作りお菓子はやめて「果物」に変わりました。 すごく晴れていると遠回りして 行ったことはありませんがカリフォルニアっぽいと思っている場所で空を見ます。 ツヤのあるかっこいいからすを見つけました。 自転車に乗って汗をかき果物を [続きを読む]
  • 次世代「お金のたまる財布」
  • お金のたまる財布を使っています。 トレンドを全く追わない財布で子どもが使わなかったクマのポーチです。 非常に使いづらくこれを使うくらいなら「買い物労働をサボろう」といった調子で「無駄買い習慣」激減です。 買わなくてもできたと体感するとますます無駄買いは減ります。 その時間で遊んでいます。 ブランド財布をやめて人に見られることを過剰に気にして隠しながらクマちゃんを使い始めました。 内面を磨き狂っていず [続きを読む]
  • 服を減らして「できたこと」
  • 服を減らしたらクリーニングをお願いする時間とお金の「余裕」ができました。 1年に2回くらいクリーニングでしっかりお金を使うようになってから 嬉しくなったり満足できるようになり「どんどん服を買う習慣」がぱったり止められました。 9月まで服や靴、カバンを買わないと決めているのでお金の流れを単純に把握できます。 夏に着る予定の着物を手入れしてもらうことにしました。洗いだけなら6千円 染抜きなどまでしっかり [続きを読む]
  • たくさんの「紙袋」の使い方
  • たくさんの使わない「紙袋」をもらってきました。 私は「買い物労働」をできる限り全力でサボって遊んでいるので 紙袋やビニール袋がたまりません。 購入したりしながらやりくりしています。 紙袋はいつも取っておいて使いまくります。 小さくてかわいらしいお菓子が入っていたような紙袋は料理するときに野菜くずや皮を入れています。 みかんの皮はグリル掃除にも使います。 みかんの皮を熱して柑橘類のフレッシュな香りを楽し [続きを読む]
  • ミニマリストになって「増えたもの」
  • ミニマリストになって増えたものは「貯金」です。 前の生活よりも豊かになりました。 一人暮らしをして初めて好きなことをするにも食べる、出かける、電気をつける、電車に乗るにも全部お金が必要だとわかりました。 結婚したばかりの頃お金がなくて困りました。 携帯電話、クレジットカードの請求書などがくると非常に追い詰められた気持ちになりました。 不安な気持ちになるとますます買っていました。 賃貸物件の家賃を永続的 [続きを読む]
  • 電子レンジなしで「ある生活」
  • 電子レンジをやめて数年です。電子レンジをたくさん使っていた食生活が新しく変わりました。 レンジを使うものを買わなくなり家計が整いました。 レンジでチンする意味で使う「レンチン」という言葉を知らなくて はじめて聞いた時知っているふりをしました。恥ずかしいことです。 パンをガスレンジのグリルで焼くようになりました。 はじめて焼いた時には黒焦げになりました。 加減がわかりませんでした。 それから「火をみは [続きを読む]
  • 楽勝 ビニール袋の「カオス収納」
  • 休日に大量に余っているビニール袋や買い物袋をもらってきました。 私の家ではビニール袋が少ないのですが掃除やゴミを入れるのに使います。 たくさん余っているのをもらって助かっています。 綺麗な紙袋に詰め込んでお買い物気分で帰りました。 以前「素晴らしき収納人間」になろうと思って ビニール袋を1枚ずつたたんでビニール袋専用の収納グッズを使っていました。 ある時もらってきた大量のビニール袋を前に考えました。 [続きを読む]
  • デトックス「服を買う習慣」
  • 9月まで服を買わないことにしています。 街に出かけた時ネットで波乗りしている時 ものすごく自由に集中して遊べるようになりました。 服の数を減らすだけで核心のお気に入り服に近づきます。 もったいないと思う服から着て出かけます。 小学生の頃に感じていた気持ちはいつも私の「着地点」です。 ここに行けば大丈夫という気がします。 お小遣いをもらって「〜を買いに行こう!」と冒険のように出かけました。 みつけられない [続きを読む]
  • ハイエナ「母の日」
  • 「母の日」 朝目覚めたら良い香りでコーヒーが用意されていました。 部屋はカーネーションでいっぱいです。花をいけたのは主人でしょうか。 折り紙で製作したカードにメッセージ「お母さん いつもありがとう」 誰かが朝早く起きてえさをあげてくれたので猫たちが私の頭を叩きにきません。 いつもは自分で入れる一気飲みのカフェオレですが 美味しそうなコーヒーをゆっくりいただきました。 私の「幻の母の日」を思い描いてみま [続きを読む]
  • 母からの「贈り物」
  • 何年も前から実家には半分あけたスーツケースとかカバンで遊びに行きます。 使わないシャンプー、試供品、紙袋、古いタオル、食器 何でもかんでももらってきます。 この間の連休に懐かしい本をもらってきました。 もらってきたと言っても元は私の本です。 他界した母が私が小学生の頃くれました。 紙箱に入っていて重たくて何やら立派な本だと思いました。 いろいろなところが茶色に焼けています。 紙のケースはどこかにいきま [続きを読む]
  • 減らすと上がる「体感生活水準」
  • 10年以上同じ中古マンションで暮らしています。 激ボロだった部屋をリフォームしたマンションです。 途中で生活がうまくいかず爆発して 「時間」と「お金」を得たいという燃えたぎる欲望を胸に 物を減らして生活にかかるお金の負担とたくさんの家事労働から自分を解放するために ミニマリストという手段を活用してきました。 家電とか家具、洋服とか 食べ物や日用品以外の何かを買うときにはまずは中古品から探し価格を抑えま [続きを読む]
  • 大大大好き「ど生活料理」
  • 「ど生活料理」を毎日作って暮らしています。 私は子どもの頃からおにぎりもろくに作ったことがなくお手伝いゼロ暮らし 母が料理をしている時テレビを見ていました。 テレビのハウス食品劇場でセディ、セーラ、足長おじさんたくさん見ました。 お手伝いゼロ地点から一人暮らしに突入したためおにぎりの作り方が自己流です。しかもそれに気がついていませんでした。 ラップにのりを敷いて塩をまきご飯をのせて具をのせて握ります [続きを読む]
  • 激減「部屋干しのにおい」
  • 洗濯物の「部屋干し」の生乾きのにおいが激減しました。 「洗たくマグちゃん」で洗濯物を洗い始め マグちゃんの洗い心地と臭いがしないところも大好きですが 「部屋干しのにおいがなくなる」と教えていただいても 部屋干しを快適にするパワーはあるまいと侮っていた私は間違っていました。 部屋干しのこもった空気は最強のパワーでマグちゃんをもってしても解消できるはずがあるまいと決めつけていたのです。 洗濯機を回してい [続きを読む]
  • 「掃除機」なくした結果
  • 掃除機のない生活を何年もしています。 なくした結果はたきとほうきの使い方に慣れました。 持っていて当たり前とされる家電を持っていた頃は 家のものを管理しきれず仕事・レジャー・家事・育児いつも忙しすぎて体調が悪く 冬には風邪をこじらせ副鼻腔炎になり抗生物質を病院で処方してもらいました。 舞い上がるであろうちりやほこりが怖くてマスクをして掃除機をかけました。 そのうち緑茶とか紅茶の茶殻をまいてほうきで掃除 [続きを読む]
  • 「母の日」を使い果たした結果
  • 早くも「母の日」を使い果たしました。 風呂に入り歯磨きして水道水を一気飲み 大変ご機嫌で布団に入ったところすぐに眠くなりました 歯磨きしていた子どもに猫を連れてくるよう頼みました。 すぐに断られたので「母の日を今日にするから持ってきて」 というと少し考えて猫を抱いてきてくれました。 自分で猫をとりに行けばよかったかとも思いました。 乱れ布団に昼寝猫 猫をそばに置いて寝ると幸せな気持ちになります。 これで [続きを読む]
  • 「家エステ」
  • 連休の最後の日子どもはお友達と遊園地に出かけて行きました。 お友達のパパが車で連れて行ってくれました。 最近は子どもだけで遊ぶのが楽しいようでパパとも入り口で別れ終わりに合流してくれました。 主人が出張から帰り時差ぼけしているというので「家エステ」しました。 連休に私も熱く入れて苦味を出した緑茶にはまり それに合いまくる大福とか柏餅を欲張って食べていました。 体調を整えるべく「お米サラダ」を作りました [続きを読む]
  • ひますぎる「実家」
  • 連休に実家に遊びに行きました。実家に行くとひまです。 ひまを埋めるかのように「買い物労働」か お出かけスポットに連れて行ってもらい時間を埋めていました。 そういう習慣を減らして実験しています。 子どもは着く前から「暇だ」「やることがない」と嘆き 暇すぎるから宿題でもやろうとリュックに詰めていました。 子どもが駅で本を買います。それが定番の楽しみになりました。 実家の近くの道で中学生の時に遅刻しそうにな [続きを読む]
  • マグちゃんで「ワタシ漬け」
  • 洗たくマグちゃんで洗濯物だけでなく自分も洗い始めました。 マグちゃんの洗い心地特に臭いがしないところが気に入りすぎて 洗濯に使っているマグちゃんを風呂にも入れて自分を漬け置きしています。 洗った感じが違います。特に足のかかとや肘の触り心地がよくなります。 使うシャンプーの量がますます減りました。 【送料無料】【ヤマトDM便】洗濯用品 洗濯マグちゃんブルー ★部屋干しの嫌な臭いをスッキリ解消...1,368円楽天 [続きを読む]
  • 隠れ家でワンプレートランチ
  • 華麗なる「家掘り」 掘りたての食材で美味しいのにお安くランチを楽しみました。 混み合った街の喧騒を離れてハウスランチ 本当は誰にも教えたくない「穴場」です。 コース名「一期一会」 買って忘れていたたけのこ炊き込み御飯キットにてほかほかごはん もの珍しさから勢いで購入し放置された羊ソーセージの厚切り消費期限が迫るピクルス デザートにはシックスセンスを感じる野生的なフルーツをそのままに 手でむくワイルドな [続きを読む]
  • 「友達」なくした話
  • 主人が仕事で連休出張に行きました。 連休も仕事で気持ちが沈んでいたようで 「知り合いはいるけど本当に困った時に助けてくれる友達はいるのかなと思う」と話していました。 いない場合には友人にこだわらず専門家とか役所などで相談すると良いとも思いましたが言いませんでした。 肩を落としスーツケースを開けている姿を見ていると 大変気の毒になり私が友達になると主人に約束しました。 隣にいた子どもにいいところを見せ [続きを読む]
  • 「間取り」「寝室」捨てた結果
  • 中古で購入したマンションはローンが終わり 今や完全なる「生活実験」の場となりました。 主人が床で寝ることにはまり寝室のベッドを捨てて 「部屋」を捨てました。 主人はホテルに泊まると「床はホテルのベッドよりも広い」と言います。マンションが何LDKなのかとか 3人の人間と猫ベランダの亀でどのくらいの間取りが適正かも気にならなくなり自由です。 壁を捨てた名残の段差があり大量生産仕様のフローリングはキズだらけ [続きを読む]
  • 愛され「洗剤」にはまる
  • 「洗たくマグちゃん」のことを書いたらもうすでに使っている方は多く 使い込んで弱ったマグちゃんを復活させる方法まで教えていただいたり 愛される「洗たくマグちゃん」に驚かされました。 私もブレーキがきかないほどに夢中です。 洗濯は2日に1回ほどでいつも粉石けんを規定の半分以下で洗い 部分洗いは固形せっけんを使っていました。 「洗たくマグちゃん」を使い始めたら大好きになり 元の生活に戻れなくなりました。 ベ [続きを読む]
  • 次世代 「家旅(イエタビ)」
  • 「次世代」の旅スタイルは 「宇宙」か「家」だと思います。 ジャンヌ・ダルク コロンブス マゼラン (せかい伝記図書館 4) (児童書) / 浜祥子/他著810円楽天 小学生の頃に何かの本で幼きマゼランは真冬に窓を開けて眠り冒険にそなえたと読んで 真似して真冬に窓を開けて眠り1日でやめた軟弱な意志 ジェットコースターも乗れず 大気圏を超えることを想定し息を止める練習を風呂でしてみると続かず 宇宙までの道のりは遠く思われま [続きを読む]
  • 「次世代」 洗濯洗剤
  • 「次世代」とか「ネオ」と書くとカッコ良いかと思って題につけました。 アリは甘いものに集まって人は新しいものに集まるとどこかで読みました。 洗濯には粉せっけん部分洗いには固形せっけんを使っていました。 プレミアムフライデーにずっと気になっていた「洗濯マグちゃん」を手に入れました。 洗濯は2日に1回ほどですがいつも粉石けんを規定の半分以下で洗っていたため なかなかなくならず6月までに買えれば良いかと考え [続きを読む]