ちはかみママ さん プロフィール

  •  
ちはかみママさん: 邪馬台国大阪三島説
ハンドル名ちはかみママ さん
ブログタイトル邪馬台国大阪三島説
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yamataikokumishima/
サイト紹介文邪馬台国は畿内大和ではなく、畿内大阪の旧摂津三島にあったという新たな視点で探ります。
自由文「耶馬台国を三島に探る会」では、邪馬台国や卑弥呼の墓は大阪の茨木市にあると比定し研究を行っています。茨木市のある旧摂津三島郡は、古代より交通の要衝として栄え、弥生時代の遺跡が次々と発掘されています。記紀の伝承にみられる神社や地名、人物などとも非常にかかわり深いところです。新たな視点で、邪馬台国を考えてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2017/02/04 21:29

ちはかみママ さんのブログ記事

  • 石室と石槨
  • お歯黒の記事にJ−ISIさんから、石郭についてコメントをいただきました。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−棺を置いてから石を周りに積み上げて天井石置いて塞ぐのが石郭=せっかく。石で部屋を築いてから棺を入れるのが石室。石郭には棺の横に人の居... [続きを読む]
  • お歯黒
  • ミニチュア銅鐸作りましたの記事にJ−ISIさんからいただいたコメントにお歯黒のことが書いてありました。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−お歯黒の事です。今川義元のお歯黒姿、ドラマで見ましたが、東大阪市の石切大藪古墳では、発見された10体中... [続きを読む]
  • 銅鏡はザクロで磨く
  • Wikipediaに、「昔は銅鏡をカタバミやザクロで磨いた」と書いてありました。Wikipedia銅鏡より−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−銅鏡(どうきょう)は、銅合金製の鏡である。銅鏡は各時代に製作されたが、歴史・考古学用語としては中国、朝鮮、日本の... [続きを読む]
  • ミニチュア銅鐸作りました
  • みんぱくの「北大阪ミュージアムメッセ」というイベントの、茨木市文化財資料館のワークショップ『鋳造に挑戦!ミニチュア銅鐸」に参加しました。大人気の企画のようで、すぐに定員いっぱいになりました。出来上がったミニチュア銅鐸きれいに流水紋がでてますね。茨木市東奈... [続きを読む]
  • 鎌足公ゆかりの地
  • 前回の記事 阿為神社の蹴鞠の会 で、お伝えした阿為(あい)神社のとなりに大念寺(だいねんじ)というお寺があります。正式名称は、安威山善法院大念寺(あいさん ぜんぽういん だいねんじ)鎌足は長男の定(じょうえ)慧上人を開山上人として、656年にこの寺を建立... [続きを読む]
  • 阿為神社の蹴鞠の会
  • 毎年11月23日に茨木市安威にある阿為(あい)神社で奉納されている蹴鞠の会を見に行きました。阿為神社といえば、宝物が三角縁二神二獣鏡です。     参考記事 三島古道歩記(みしまこどうあるき)⑨ 三角縁二神二獣鏡蹴鞠の会は、午前の部と午後の部がありましたが... [続きを読む]
  • 銅鐸のルーツはドンソン文化
  • J-ISIさんから、銅鐸のルーツの記事にコメントいただきました。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−銅鐸のルーツはベトナムのドンソン文化にある様に思います。紀元前4〜5世紀から青銅器文化が花開き、銅鼓は銅鐸に似ていると言われます。しかし、ここに... [続きを読む]
  • 銅鐸のルーツ
  • J-ISIさんから、茨木市文化財資料館テーマ展「銅鐸をつくった人々-東奈良遺跡の工人集団-」の記事にいただいたコメントです。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−銅鐸のルーツは、家畜の首に着けるカウベルだと思います。銅鐸の製造技術は後々の馬具の鐸... [続きを読む]
  • 古代三島のひとつ、豊島の古墳
  • 前回の記事 比べてみました。将軍山と紫金山 でお伝えした将軍山古墳と酷似しているという古墳について、J-ISIさんから、コメントをいただきましたので、ご紹介します。将軍山古墳と言えば、なみなみならぬこだわりを持って作った古墳ですよね。−−−−−−−−−−−−−... [続きを読む]
  • 卑弥呼とアヘンのコメント
  • 卑弥呼とアヘンの記事に、J−ISIさんからいただいたコメントです。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−卑弥呼の墓との説がある箸墓古墳がある奈良の纒向遺跡で、三世紀の土壌からバジルとベニバナの花粉が見つかっています。原産地はインドから中央アジアで阿片(... [続きを読む]
  • 卑弥呼とアヘン
  • 卑弥呼が使ったという鬼道ですが、もしかしたら、アヘンなどを使っていたのかもしれません。アヘンなどの薬物を使って、「神懸った」状態で御神託を受けたり、民衆を惑わしたりしていただろうことは、十分に想像できることですよね。アヘンはアヘン中毒をおこして、人を廃人... [続きを読む]
  • パワースポットからの古代史
  • やっと古代史歴3年に突入というまだまだ新参者の私ですが、「耶馬台国を三島に探る会」のメンバーの方に、「なんで古代史が好きになったの?女性ではめずらしいね 」と言われたことがありました。ふと、なぜ私が古代史にはまったのか、考えてみると…そもそもは、おばちゃ... [続きを読む]
  • 阿為神社所有の三角縁二神二獣鏡
  • 三島古道歩記(みしまこどうあるき)⑨ 三角縁二神二獣鏡の記事でお伝えした、三角縁二神二獣鏡について、補足説明させていただきます。この鏡には、ほかに同型鏡2面と、斜格子部分だけが銘文帯になっている1面があります。鳥取県普段寺山1号墳出土鏡、島根県大成古墳出土... [続きを読む]
  • 活断層の上に古墳がある!
  • 卑弥呼の冢(ちょう)=墓に行ってきました。」のコメントによせて③の記事に、J−ISIさんから、いただいたコメントについて、調べてみました。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−最近、活断層に沿って古代の道があり、式内社、主な古墳の配置もその上に並んでい... [続きを読む]