ミサナ さん プロフィール

  •  
ミサナさん: ソフトテニスを通して自分を取り戻した人の日記
ハンドル名ミサナ さん
ブログタイトルソフトテニスを通して自分を取り戻した人の日記
ブログURLhttps://misana.muragon.com/
サイト紹介文ソフトテニス、ガット張り、ファミリーキャンプ、写真撮影。熱中し夢中になっています。
自由文ソフトテニスにハマっています。
何かに導かれるように...そんな感覚です。
自分の意志であり、意志でないようなそんな感じなのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 245日(平均3.0回/週) - 参加 2017/02/05 18:03

ミサナ さんのブログ記事

  • 雨〜
  • 週末に雨降るんじゃねえよ〜 ソフテニの練習が出来ねえじゃねえか〜 水戸出張中、そんなことばかり考えていました。 雨に強いオムニコート(砂入り人工芝)のコートが予約出来る所が無いかと 探し回っていました。 雨だから練習が出来ない〜 物理的には理解が出来ます。 でも・・・ 納得が行かない〜 天気を恨んでしまうのです。 私の左足は、 左大腿骨骨頭剥離骨折、前十字靭帯断裂、内側外側の半月版損傷〜 今、普通 [続きを読む]
  • わがまま
  • 私は世界一宇宙一幸せなのです。 私の頭の中、 心の中は子供たちのことばかりです。 親とはこういうものなのでしょうか? 私の母も、こんな思いだったと感じることがあります。 子離れをしなければ行けない部分はあるのでしょう。 だけど、やはり家族は生きていくための原点なのです。 家族からはじまり、家族で終わる。 すべては家族のためなのでしょう。 私は、そんな大切なことを見失っていた時期もあります。 仕事は [続きを読む]
  • 没頭する大切さ
  • 久しぶりに天気に恵まれ、週末はソフトテニスに没頭しました。 日曜日は9時から自主練でした。 疲れているはずなのに、 娘は来週もこの位練習したいと言っています。 自分が進歩をしていると実感出来る瞬間こそが、 人生の最大の喜びだと感じます。 今の時代は情報に溢れ、 娯楽に溢れています。 大切なものが見えづらいのです。  一つのことに没頭する中で様々なことを学ばねばなりません。 情報に惑わされ、あれもこ [続きを読む]
  • 前に進むために
  • まだ気持ちの整理がつかないのですが、 愛犬が亡くなりました。 心配してくれている方たちにご報告です。 これまでありがとうございました。 大切な家族であったことを、身にしみて感じています。 愛犬をお迎えに来てくれる葬儀屋さんが到着する寸前に 突然、大雨が降り出しました。 雨は直ぐに上がり、綺麗な星空が見えたのです。 愛犬からのメッセージなのでしょう。 今晩がヤマと言われてから丁度1ヶ月のことでした。 [続きを読む]
  • 練習の前の練習〜
  • 全体練習の前の自主練です。 これが大事〜 全体練習だけでは足りないのです。 細かいところの調整、 自分の課題への挑戦は 自主練でしか補えません。 何処まで行けるか!ではなく。 今この瞬間に没頭してるか!です。 [続きを読む]
  • 私のガット張りに対する考え方(あくまで個人的見解)
  • 先ずは私がガットを張ってみようと思ったきっかけから。 私はソフトテニスのド素人ですから、子供たちに指導することや練習相手になることが 出来ませんでした。ルールも全く分からない状態でした。 カメラが好きでしたので写真撮影をしたり動画を撮ったりして応援するしかなかったのです。 娘の中学時代の恩師が生徒たちのガットを張っているのを知っていました。 軽い気持ちで先生に私でもガットを張れますかね?と聞きまし [続きを読む]
  • 今晩がヤマ。
  • 我が家の13歳の愛犬。 今晩がヤマといわれてから2週間。 一気に回復に向かったと思ったのですが ここ数日、元気がなかったりしています。 詳しい検査をしたわけではないのですが、 医者の診察では、肝臓破綻か肝臓癌の末期か。 年齢を考えると手術に耐える体力もないと思われる。 病院で死ぬか、自宅で死ぬか。 そんな選択でした。 とにかく食欲があるのが救いであり、 生命力の強さを感じます。 生と死 絆、 たく [続きを読む]
  • やばい、困ってねぇ〜
  • 衣食住はもちろん、 スマホを当然のごとく買ってもらえ、 そして好き勝手に使える。 子供たちはまったく困っていません〜 なのに大人たちは手取り足取り〜 私は反省しなければなりません。 子供たちの自主性を損ねているのは私なのです。 [続きを読む]
  • キャプテン
  • 真ん中は新6年生のキャプテンです。 ソフトテニスが大好き、 そしていつも真剣なキャプテンなのです。 我が娘にとって良き先輩がいることは、 最高の宝だと思います。 私の尊敬する指導者がキャプテンの顔を初めて見た時。 いい目をしてるね〜と一言。 ここでお見せ出来ないのは残念なのですが、 本当にいい目をしているのです。 目は口ほどに物を言う〜 目を見れば直ぐに分かりますね。 [続きを読む]
  • 背中で語る〜
  • 姉二人の応援に来ていた三女が、 今は選手として馴染みの会場で試合をしています。 親として感慨深いものがあります。 背中で語るではないですが、 後姿が凛々しく見えます。 私は、ごく平凡な人間ですが、 日々、心からの幸せを感じ、 最高に充実した毎日を送っています。 この瞬間に強烈なスポットライトを当てて生きて行きたいと思います。 [続きを読む]
  • 子供が急成長してしまう〜
  • 我がジュニアの指導者の元で、 子供たちが急成長しています。 とにかく礼儀に厳しい〜 人間としての成長を最も重視している。 子供たちをやる気にさせる天才である。 基本を大切にする。 何故なら、いつか行き詰ったとき戻る場所があるからだ。 基本は重視するが、 その基本をマスターしたら、その先はオリジナルを大切にする。 細かいことは言わない。 大切なことは伝える。 子供としてではなく、対等な人間として向き [続きを読む]
  • 指導者
  • あるソフトテニス指導者の言葉です。 正反対の人も知っています。 ある特定の選手を囲い支配する。 それ以外は排除までする。 過去の栄光にしがみつく。 あいつらは良かった。 お前たちはダメだ、とか。 選手は自分の評価を高めるための道具。 使えないやつは捨てる。 その指導者の結末は、 皆から捨てられる。 未来ある、無限の可能性を秘めた子供たちを指導するとは 重大な責任があるはずです。 [続きを読む]
  • 早起き
  • 朝早くの静寂な時間は、 心を癒やしてくれます。 メダカにご飯を上げながら、 更に癒されています。 出てくる結果を受け止める覚悟があります。 どうやら私の運気は高まるばかりのようです。 [続きを読む]
  • 初めての賞状〜
  • 低学年女子 予選リーグ2位抜けトーナメントで準優勝でした。 本人にとって三回目の大会でしたので大変に喜んでいました。 決勝で敗れた時には泣いていました。 この涙も初めての涙ですね。 ソフトテニスを通して心身共に成長させて頂いてます。 親である私をワクワクさせてくれ、夢中にさせてくれています。 子供の自立を妨げない、良きサポーターでありたいと思います。 [続きを読む]
  • 幸せになる勇気より
  • 先生のおかげで合格出来ました。と言わせる教育者は、 ほんとうの意味での教育には失敗しています。 胸に響きます。 ある高校の部活の子供たちは顧問の顔色を伺う子供ばかりです。 怒鳴る、罵声を浴びせる! 子供たちは自分の意志で行動する。 その結果が たとえ成功しても失敗しても 顧問は自分の思い通りでないと怒鳴る! だから子供たちは顧問の顔色ばかり伺うようになる。 行動の基準が顧問に怒られないようにするだ [続きを読む]
  • 指導の行きすぎか体罰か?
  • この世の中は白黒をハッキリつけるより、 グレーゾーンが広いほうがうまくいく。 そんなことを聞いたことがあります。 例えば宗教戦争など、その典型なのでしょう。 私たちの教えだけが正しい。 それ以外は排除するという思想です。 ここ暫く、ある部活動と顧問の問題で大変に混乱しています。 ブログを更新出来る状況ではありませんでした。 これだけ混乱した責任を学校側は認めず、曖昧にして終わらせたいようなのです。 [続きを読む]
  • 朝のひととき
  • 静かな朝のひととき その静寂の中にすべてがあります。 心を見つめるには最高の時間です。 今日も最高に楽しみます。 [続きを読む]
  • ミズノ ジストZZ
  • 様々なラケットを試打してきたのですが、 やはりこのラケット ミズノ ジストZZが一番打ちやすいようなのです。 このラケット以外を使いこなせないのか? 拘りがありすぎるのか? 柔軟性がないのか? ネガな部分を散々考えましたが、 結局、思うところは本人はきちんと自分に必要なラケットを分かっているということです。 逆にどんなラケットでも器用に使いこなす子供もいます。 その子はそれでいいのです。 親や指導 [続きを読む]
  • 桜吹雪
  • 日曜日 桜吹雪舞う中でのジュニア練習でした。 あのゴツゴツとした岩肌のような幹から、 こんなにも見事な花を咲かせる桜〜 自然の神秘、驚異、偉大さを感じます。 同じように私たち人間も、偉大な力を持って生まれてきたのです。 私には私の あなたにはあなたにしか出来ない使命を持って生まれてきたのです。 ナンバーワンではなく、 オンリーワンなのです。 [続きを読む]